銀行カードローンの貸付残高が8年ぶりに減少!自主規制に一定の効果が見えるもこれって銀行だけが悪いんじゃない!?

2019年2月に日銀が発表した銀行カードローンの貸付残高が8年ぶりに減少したとのニュースがありました。

 

 

2017年に銀行カードローンの過剰融資が社会問題となり2018年にかけて金融庁の指導の下、銀行が自主規制に努めた結果です。

 

ずさんな審査体制、年収以上の融資、過度な広告露出などが問題のやり玉に挙がったのですが、特に問題となったのは「ずさんな審査体制」の部分でしょう。

 

スルガ銀行の不正融資問題が大きく報じられたのは記憶に新しいところですが、融資を行うために資料を改ざんしたりと、銀行ってそこまでやるのか…という印象を世間に与えました。
すべての銀行がここまでひどくないにしろ、体質的な問題は業界として問題になっており、銀行カードローンの審査においても、件数や貸付額を稼ぐために審査の部分が軽視されてしまったのは、こういった問題から考えると納得できるところでもありますね。

 

しかし、審査体制の見直し、年収の2分の1〜3分の1を貸付上限に設定するなど、など銀行の急速な業務改善は目に見えた形となって表れたといえるでしょう。

 

 

しかし、イメージ的には安心安全な銀行がなぜこうなってしまったのか…

 

銀行にも多分に言い分があると思うので、私「金無和也」が銀行が言いたくても言えない言い訳を代弁してみたいと思います。

 

金無和也(キャッシング大全管理人)

 

過去にはキャッシングによるローン地獄と債務整理を経験済み。自らの体験を生かし「キャッシング大全」「債務整理のすすめ」などのサイトを運営している。

 

そもそものきっかけは改正貸金業法

時をさかのぼること2006年。
国会で改正貸金業法が成立し、2010年には完全施行されました。

 

これは貸金業者のグレーゾーン金利問題や、過剰融資、それを発端とする取立ての厳しさ、借金苦による自己破産増、自殺者の増加などが社会問題として大きく扱われたことが原因でした。

 

国は貸金業者に総量規制を課すことで過剰融資対策を強制的にかけたのです。

 

その際に、
「総量規制が貸金業者を市場から撤退させる要因になり業界をつぶしかねない」

 

ということも危惧されていましたが、メディアや世論の

 

「貸金業者は適切な融資ができないが、銀行はできる」

 

といった流れに押し切られるように総量規制は制定され、とある政治家は

 

「貸金業界がつぶれても貸金業は銀行がやればいい」

 

とまで言ったそうです。

 

結果的に貸金業者では借りられなくなった人たちが銀行カードローンへ駆け込む流れとなっていくのは必然でした。

 

【金無が銀行の気持ちを代弁】
おまえらがあぶれた顧客に金を貸せといったんじゃねーか!!!!

 

過剰貸し付けに追い込まれた原因は金融緩和政策?

まずはこちらのグラフをご覧ください。

画像引用元:内閣府ホームページ

 

2006年から2012年まではほぼ横ばいだった銀行カードローンの貸付残高を見ても分かるように、消費者金融で借りられずに、あぶれた顧客は最初から銀行に流れていたわけではありません。
銀行側も当初は一件あたりの貸付金額が少額な個人向け融資に本腰を入れていなかったのです。

 

ところが、2013年から急激な貸付残高の増加が始まっていますね。
実際には何があったのでしょうか?

 

2010年に日銀が打ち出した「包括的金融緩和政策」に始まり、2013年には「量的・質的緩和」も施行され銀行は窮地に追い込まれていったからです。

 

これらの政策は「超低金利政策」とも呼ばれ、バブル崩壊から続いていた低金利がさらに加速する要因ともなりました。
要するに、「住宅ローン」や「企業への融資」など銀行の収益源となる金利が安くなることで、それを収益源とする銀行は経営危機になっていったというわけです。

 

そこで活路を見出したのが個人向け少額融資の市場でチリツモ金利を稼ぐ方法、いわゆる「銀行カードローン」です。
一人当たりの融資額は少ないものの、住宅ローンや企業融資とは比べ物にならないくらいの高金利で貸し付けを行えるということもあり、個人向け融資の残高を増やして金利収入を確保しようと躍起になっていきました。

 

2013年以降、急激に貸付残高が増えたのは政府の政策が原因だったのです。

 

【金無が銀行の気持ちを代弁】
政府の金融緩和政策のせいで金利が取れるところに貸付せざるを得なかったんだよーーーー!!

 

銀行カードローン乱立で置き去りになった適切な審査

消費者金融が総量規制による衰退

    ↓↓↓

超低金利時代の貴重な金利収入源

    ↓↓↓

銀行カードローンに最注力!!

 

くしくも上記の流れで国がとった政策によりカードローンに注力をせざるを得なくなった銀行でしたが、どこの銀行でも個人向け融資に力を入れ始めたため、銀行同士の競争が激しくなっていくのも必然でした。
テレビCM、ネット広告には安易な借り入れを促すような文言がどんどん飛び交うようになっていきます。

 

  • 収入証明書が原則300万円まで不要!
  • 消費者金融よりも低金利!
  • 総量規制対象外で年収関係なし!

 

お金を借りたいユーザーにとってはこれほど魅力的な文言はなかったでしょう。

 

さらには、サラ金などと呼ばれてイメージの悪かった消費者金融ではなく、社会的に信用されている銀行が謳うのですから、ユーザーはどんどん飛びついていったというわけですね。

 

殺到するユーザーに対して個人向け融資への審査ノウハウが少ない銀行は保証会社へ審査を丸投げしてしまいます。

 

そうして、銀行カードローンの貸付残高は消費者金融を追い越して過剰融資が問題視されていき金融庁から怒られてしまったというわけですね。

 

【金無が銀行の気持ちを代弁】
全部国が仕向けたことなのにひどくない!?収益源がなくなるじゃねーーか!!

 

貸付残高は抑制傾向も銀行は体質に問題も多い

日本では銀行というものに対して絶大な信頼を寄せてしまう国民性です。
ところが、銀行も一般企業と同様の株式会社ですから、収益がなければ倒産するしかありません。
利益が取れるところに注力していくのは営利を目的とした株式会社としては当然のことです。

 

また、社会問題にまで発展したスルガ銀行の不正融資問題でもわかるように、銀行の営業体制はノルマ主義で超体育会系ということも露見されつつあります。

 

ノルマの厳しさに負けて不正融資などが横行してしまうというのが体質的問題として根強い部分です。

 

数字というノルマを求めすぎてカードローンの審査のずさんさや、過剰な融資額に繋がっていったのは想像に難くないですよね。

 

新卒社会人が就職したい企業として銀行をあげなくなって久しいですが、こういったブラック企業的体質を変えていくことこそが今後の銀行の適切な融資に繋がっていくのではないでしょうか?

 

世の中には様々な事情でお金を借りざるを得ない方たちがたくさんいます。
貸金業を営む企業(銀行も消費者金融も含め)には、そういった方たちを置き去りにしてしまうことがないようにしてもらいたいと金無和也は常々考えています。

 

金無和也(キャッシング大全管理人)

 

過去にはキャッシングによるローン地獄と債務整理を経験済み。自らの体験を生かし「キャッシング大全」「債務整理のすすめ」などのサイトを運営している。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

編集部コラム一覧

ひととき融資って何?闇金も驚きのやわらかなネーミングに隠された悪質な個人間融資の...

こんにちは、ろんどん君です。先日、聴き馴染みのない「ひととき融資」についてのニュースを目にしました。ひととき…甘いひととき、優雅なひととき、ひととき融資…言葉の響きがとてもやわらかく、なんだかロマンティックな印象を受けるかもしれません。「ひととき融資」ということばだけを見ると、セレブリティが戯れに借...

» 続きを読む

「老後二千万円必要」金融庁の報告書を巡る問題について―年金に頼らない生き方とは?...

昨今マスコミやネット上で騒がれている金融庁の報告書の内容を巡る問題。「老後二千万円必要」、「老後を見据えた投資での資産形成」を呼びかける内容から、国民から「年金詐欺」、「100年安心プランとはなんだったのか」など批判が相次いでいます。一部報道では政府が年金の限界を認めたとの報道がありますが、年金は本...

» 続きを読む

1,000以上の金融機関が提携するBank Pay|キャッシュレス決済が乱立する...

PayPayやLINE PayなどのQRコード決済が乱立している昨今。日本のスマホ決済、多すぎて終了のお知らせ・ファミペイ ← New・楽天ペイ・LINE Pay・PayPay・d払い・pring・オリガミペイ・Amazon Pay・au Pay・ゆうちょPay・セブンペイ・はまペイ・Pay ID・...

» 続きを読む

顔認証システムによるキャッシュレス決済の時代が来る!?その必要性について思うこと

こんにちは、金融ライターのJin(@jinpokopon_h)です!最近ネット上で顔認証決済という言葉をよく聞くようになりました。PayPayやau PAYなどのコード決済とは異なる顔認証決済。それが今、セブンイレブンやファミリーマートなど大手のコンビニで実証実験が進められているんです。決済での利用...

» 続きを読む

アコムのCMの歴史を貸金業法の時代の流れとともに追ってみた

出典:【アコム公式】TVCM「ねごと篇」 こんにちは、ろんどん君です。突然ですが、昔のアコムのCMって覚えていますか?「ラララむじんくん、ラララむじんくん、ララララ〜♪」「はじめての、アコム♪」昔は今よりも頻繁にテレビで消費者金融のCMが流れていました。プロミスといえば、姫と付き人がコメディタッチな...

» 続きを読む

KDDIの「au WALLETスマートローン」は初めてのユーザーにおすすめなの?...

2019年4月4日、遂にauからキャッシュレス決済サービスである「au PAY」が発表されました。参考ニュースはこちらスマホ決済「au PAY」、4月9日より提供開始同時にスマートローンという便利なキャッシングサービスも始まり、au PAYとの連携も可能に!参考ニュースはこちらスマホで手続き完結、1...

» 続きを読む

スルガ銀行の新店舗が乱立?賠償問題でお金ないんじゃないの?

どうもしちさんです。最近脱税やらで、世間の不祥事が絶えませんね。そんな折にふと気づいたのですが、不祥事で今だに騒がれているスルガ銀行の支店が地元で建設中でした。「あれ?そういえば最近も近くに1店舗できてたなぁ…。」賠償問題でそんな余裕ないと思うのですが‥。何か悪さでも企んでいるのかと気になり、しちさ...

» 続きを読む

沖縄ではポピュラーな模合って知ってますか?無尽とも呼ばれる、相互扶助のしくみ。

はいさい、ろんどん君です。以前私は、沖縄の友人Tと遊びに行く約束をしていたところ、直前になってTは「あ〜、やっぱり明日はモアイがあるから無理だぁ〜。」と予定日の変更をお願いされたのですが…ろんどん君は少し腹立たしい気持ちになりながらも、これが「うちなーたいむ」ってやつか…まあ仕方ないな、なんて言って...

» 続きを読む

QRコード決済が話題となった2019年…高齢者はどう認識しているのかインタビュー...

こんにちは。ろんどん君です。2018年の12月4日から始まったPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」をきっかけとして、いまや爆発的に知名度を高めたQRコード決済。Origami Pay、楽天Pay、Line Pay、Amazon Pay…乱立と言っても過言ではない中、ネット上で色々検索を...

» 続きを読む

中国でキャッシュレス不信が増大、また日本は時代の流れに逆行してる…?

どうもしちさんです。最近日本でキャッシュレス化の波が来ていますね。しちさんはPASMOしか使っていませんが‥。そんな日本とは逆に、中国ではキャッシュレス不信から利用者離れが起きています。もしかして、また日本は時代の流れに逆行しちゃうの?前回しちさんが書いた水道民営化についての記事でも他の国では、公営...

» 続きを読む

新生活に向けて就職内定者・新社会人向けローンの上手な利用方法と注意点

やっとの思いで就職内定をもらい一息つくことができると思う頃には、大学生活もすぐに卒業に向けての準備が始まります。卒業論文を終えたら卒業旅行の計画を立てるという人もいるでしょう。旅行から戻れば、今度は謝恩会の衣装決めに卒業式に着る袴や着付け、卒業記念の写真撮り、何かとお金がかかる予定が出てきます。入社...

» 続きを読む

情報銀行のメリット・デメリットとは?自分の情報を預けるとお金をもらえる時代が来る...

「昨日自分がいた場所」「毎日必ず食べるもの」「年齢や性別、体重などの身体情報」このような情報を匿名で企業に提供することで、お金やポイント、割引券がもらえるとしたら?自分なら企業の個人情報の漏洩が世間を賑わせていることもあり、躊躇してしまうかもしれません。しかし提供する情報やどこの企業に預けるかを自分...

» 続きを読む

大学提携のクレジットカードは大学生におすすめなの?大学独自の特典やメリット・デメ...

PayPayやLINE Payなど、キャッシュレス決済が盛り上がりを見せる昨今。クレジットカードや銀行口座を登録して、お店で支払いをすればポイント還元などでお得に買い物ができるようになっています。当サイトのライターろんどん君の初めてのPayPay利用体験記についてはコチラ♪私は如何にしてACマスター...

» 続きを読む

アイフルのCM、愛はあるんか?では見せて貰おうか、アイフルの愛とやらを!

どうも、しちさんです。そういえばアイフルって最短30分での審査が可能なんですよね。⇒アイフルの即日融資について知りたい方はこちらなんか公式のホームページは赤色が多い…。ん?3と‥赤‥、3倍と赤のトレードマーク‥、赤い彗星!シャア!、シャアなのか!・・・・・「どうも、しちシャアメガネです。」※特に理由...

» 続きを読む

銀行カードローンの貸付残高が8年ぶりに減少!自主規制に一定の効果が見えるもこれっ...

2019年2月に日銀が発表した銀行カードローンの貸付残高が8年ぶりに減少したとのニュースがありました。参考ニュース銀行カードローン、8年ぶり減少 自己破産申し立て増加2017年に銀行カードローンの過剰融資が社会問題となり2018年にかけて金融庁の指導の下、銀行が自主規制に努めた結果です。ずさんな審査...

» 続きを読む

プロミスのCMに出演の岡本玲さんがかわいい!なぜ家を演じる女優・俳優を歴代CMと...

※画像は岡本玲さんの公式Twitterから。こんにちは、金融ライターのJinです!日々当サイトのプロミスのページを担当しているのですが、実はこれまでプロミスのCMについて何一つ知らないことに最近気づきました。そもそも金融ライターになる前は、テレビをつけることもなく、「プロミスってCMやってたんだ…」...

» 続きを読む

水道民営化で水道料金って上がるの?えっ、5倍!?

どうも、最近ペヤング中毒になっているペヤングマンこと、しちさんです。そんなペヤングを愛し、愛されているしちさんですが、この度困ったことを見つけました。水道民営化により、水道料金が上がってしまうという情報です。水道料金が上がったらペヤングが高級品になってしまうやんけ…。その事実を解明すべく、しちさんな...

» 続きを読む

多重債務の温床となるソシャゲのガチャ規制の現状と、今後導入すべき規制案を考えてみ...

昨今スマホゲームの課金ガチャについて規制を求める声が多くみられます。最近ではFGOに400万円以上も課金した女性のはてなダイアリーが大きく話題になりました。参考ニュースはこちらFGOに400万課金した女が思うことガチャを回しているときは、「後悔しない」という気持ちだったそうですが、のちに激しく後悔し...

» 続きを読む

銀行カードローンは2017年金融庁の実態調査からどう変わってきたか?2019年現...

2010年の改正貸金業法完全施行以降、専業の消費者金融が、業績不振に苦しむのを尻目に、一気に存在感を増してきた銀行カードローン。その動きは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行といった大手都市銀行ばかりでなく、楽天銀行のようなインターネット専業銀行、セブン銀行やイオン銀行のような...

» 続きを読む

2020年から奨学金の制度が見直し!賛否両論ある中で返済中の金融ライターが思った...

前回のコラムを執筆中、奨学金制度を大きく変えるほどのニュースが飛び込んできました。なんと2020年春に奨学金の貸与者全員から、借入れ金額に応じた保証料が徴収されることになります!参考ニュースはこちら奨学金、全員から保証料 延滞増加で財務・文科省方針 これについてTwitterでは様々な声が上がってい...

» 続きを読む

私は如何にしてACマスターカードでQRコード決済をしようと決意したのか

こんにちは、ろんどん君です。PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」やOrigamiPay「オリガミで、半額。」などのQRコード決済を使ったバラマキともとれる大胆なキャッシュバックキャンペーンが世間で盛り上ったのは記憶に新しいところですね。「キャッシュバック」というワードが酒の肴として忘年会...

» 続きを読む

PB(プライベートブランド)ZOZOの現状と過剰なZOZO叩きへの疑問

こんにちは、ろんどん君です。先日、「ZOZO、下方修正へ…今までの施策を簡単に振り返って原因を探ってみよう。」という記事を書きました。そこで最終的に出た結論を最初に述べてしまいますが(細かい考察など興味がおありでしたらぜひご一読ください)、下方修正に至った経緯として社長のSNSなどでの振る舞いZOZ...

» 続きを読む

ZOZO、下方修正へ…今までの施策を簡単に振り返って原因を探ってみよう。

こんにちは、ろんどん君です。”社長のポケットマネーから100名に100万円、総額1億円のお年玉”が賛否両論を巻き起こしたのは記憶に新しいところですね。「貰った100万円って税金はどうなるの?」という疑問を抱き、以前ろんどん君はコラムに取り上げました。100万円にどのように税金がかかるのか考察したコラ...

» 続きを読む

学生から金融ライターになった自分が奨学金の返済を巡る問題について思ったこと

大学などに進学する際に、奨学金を利用される方もいらっしゃると思います。現在では、大学生の二人に一人がこの奨学金を利用しています。かくいう自分も過去に奨学金を借り、現在返済をしている一人。今回は現在奨学金を返済中のJinが、金融ライターになって気付いた奨学金のあれこれについて取り上げていきます。奨学金...

» 続きを読む

ZOZO前澤社長からの太っ腹お年玉!100万円は一時所得?それとも贈与?

100万円、総額1億円をプレゼントといういままで見たこともないような太っ腹な企画は、ツイッターで様々な賛否両論を呼びました。コチラがそのツイートになります。↓ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】...

» 続きを読む

ZOZO前澤社長のお年玉企画に続く人が続出!?一体何が起きている?

どうも、メガネの曇りで目の前も将来も見えないしちさんメガネこと、しちさんです。今回はビッグなニュースについてお伝えしたいと思います。paypayの100億キャンペーンが懐かしくなりつつある現在、新たなお祭り企画、100名に100万円(総額1億円)現金でプレゼントキャンぺーンが行われました。しかも、こ...

» 続きを読む

おまとめローンは銀行カードローンでは対応できない?銀行がカードローンで一本化を謳...

複数の借金を一つにまとめる。多重債務者には非常にありがたい借金問題解決の手法の代表格であるおまとめローン。2017年以前までは銀行カードローンのほとんどが、「おまとめ目的OK」としていたのはご存知でしょうか?消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで複数の負債を抱えてしまった方にとって、低金利...

» 続きを読む

銀行カードローンの審査が金融庁の指摘で厳格化!不可能になった即日融資のニーズの受...

少し古い話題ですが2017年9月14日、銀行カードローンの審査が厳しくなるというニュースが報じられました。2018年1月から、審査内容に申込者の警視庁データベースへの照会が追加で行われ、利用者に問題がないかを調べます。これにより、反社会的勢力へ融資してしまうことを避けるという目的もあるといいます。※...

» 続きを読む

PayPayのクレジットカード不正利用問題!キャッシュレス化の普及にどんな影響が...

2018年12月4日〜12月13日で爆発的に話題になり、あっという間に終了したPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」。使った人も乗り遅れた人もいると思いますが、期間中一度は耳にして興味を持った人は多いのではないでしょうか?当サイトでもライターのやっとさんが話題を取り上げて記事を書いてくれ...

» 続きを読む

【LINE Bank】2020年にLINEが銀行になる!?個人向けローン計画も不...

2018年11月27日に驚くべきニュースが入ってきました。あのスマホの無料通話アプリでおなじみの「LINE」が銀行業に進出するというのです。すべてのサービスがスマホで完結できる史上初のスマホ銀行とはどんなものになるのでしょうか??参考ニュースLINEが銀行業に参入 みずほと連携、20年開業へ最近はキ...

» 続きを読む

民法改正でカードローン利用はどう変わる?成人年齢は引き下げられても借りられない人...

2018 年、成人年齢引き下げで、改正民法が成立したことは、記憶に新しいところです。18歳、19歳の人たちは、急に「大人」として扱われるようになり、親の同意を得ることなく、お金が借りることができるなど、さまざまな契約を単独でできるようになります。これまで「未成年」として括られてきた子供たちの暮らしは...

» 続きを読む

カードローンの審査基準を公開?消費者金融、銀行、キャッシングサイトの担当者がざっ...

今回、元銀行と元消費者金融の社員だった方とキャッシング大全管理人の3者でざっくばらんに話す機会を得ることができ、貴重な情報を聞いてくることができましたのでお伝えしていこうと思います。銀行と消費者金融の違いや、ここでしか聞けない裏話など盛り沢山なのでぜひ読んでみてくださいね。関連ページカードローンの審...

» 続きを読む

債務者が死亡で借金の行方は?親の場合は相続問題あり?

「もし、親が多額の借金を残して亡くなってしまったら?」その返済義務は、身内である子供に降りてくるのでしょうか?身内の死というのは、あまり考えたいものではありません。誰もがそのようにして敬遠しているものだからこそ、実際に、身近な人の死に直面した時、何をしていいかわからず混乱してしまうものなのです。心身...

» 続きを読む

進化し続けるプロミス!利用者にとって嬉しい新サービスとは?

2018年10月、貸金業界のニュースを目にするたびに、「プロミス」の名前が上がり、最新技術導入のスピードに、改めて驚かれた方も多いのではないでしょうか?昨今、最新技術や人工知能に関するニュースは、「AIに仕事を奪われる」「ロボット導入でリストラ寸前」など、サラリーマンにとって、暗い話題となってしまっ...

» 続きを読む

地銀王者の失墜!?スルガ銀行不正融資問題の全貌と今後のゆくえ

最強の地銀として、君臨してきたスルガ銀行。今、スルガ銀行HPのトップには、「金融庁より行政処分を受けました」という報告と関係者や顧客へ迷惑を詫びる文章が掲載されています。これまで、スルガ銀行と言えば、投資家や経済アナリスト、さらには、金融庁の元長官などからも高く評価されてきました。全国でも都市銀行並...

» 続きを読む

日本に信用スコアは普及する?インフラにまでなった中国を例に未来を考えてみた

最近では個人が企業に情報を提供する代わりに、なにかしらの報酬や特典を受け取るようなサービスが増えています。なかでも今回取り上げるのは、個人の情報をもとに社会的信用力を数値化した「信用スコア」というもの。しかし匿名とはいえ、個人情報への意識がただでさえ高い日本で本当に普及するのでしょうか?前回、情報銀...

» 続きを読む

銀行業界はオワコンなの?最近の動向から考える今後の展望

近年さまざまなところで銀行業界の不況を報じるニュースが相次いでいます。かつては銀行業界は就活生に人気だったようですが、数年前まで就活をしていたJINにはあまり実感がなく…。「銀行業界はオワコン」という声すら聞こえてくる昨今。一体どうしてそのようにいわれるまでになってしまったのでしょうか?今回は、金融...

» 続きを読む

SMBCモビットのCMに出演の小芝風花さんがかわいい!竹中直人さん・夏菜さんなど...

2019年7月からSMBCモビットの新CMが公開されています。これまでのCMは竹中直人さん&夏菜さんコンビでおなじみでしたが、新CMでは竹中直人さん&小芝風花さんコンビに変更。夏菜さん・小芝風花さんと次々に綺麗な女優の方と共演される竹中さんがうらやましい…!また消費者金融のCMといえば、どれも個性的...

» 続きを読む