株式会社ビジネスパートナーのビジネスローン

株式会社ビジネスパートナーの「ビジネスローン」は利用者の限度額内であれば何度でも利用できる商品となっています。限度額は最高500万円。追加融資は10万円以上から可能です。

 

銀行融資の場合は審査に時間が掛かりますが、スモールビジネスローンは審査に必要な書類がそろったら、原則翌営業日に回答があります。

 

また、WEBから申込が可能なので、来店不要で申込から契約までを来店不要で行えます。

年利 9.98%〜18.0% 融資額 50万円〜500万円
担保・保証人 不要(法人の場合、代表者の連帯保証が必要) 返済方法 残高スライド元金定額リボルビング返済

返済シミュレーション

元金90万円 実質年率18.0%の場合(単位:円)

支払回数 支払元金 支払利息 支払総額 返済後残高
1回目 20,000 13,315 33,315 880,000
10回目 20,000 10,652 30,652 700,000
30回目 20,000 4,737 24,734 300,000
45回目 20,000 295 20,295 0
総額 900,000 306,225 1,206,225 -

 

元金200万円 実質年率15.0%の場合(単位:円)

支払回数 支払元金 支払利息 支払総額 返済後残高
1回目 40,000 24,657 64,657 1,960,000
10回目 40,000 20,219 60,219 1,600,000
30回目 40,000 10,356 50,356 800,000
50回目 40,000 493 40,493 0
総額 2,000,000 628,743 2,628,743 -

ビジネスパートナーの強み

ビジネスをしていると、どうしてもお金が必要になりますよね。

 

運転資金、つなぎ資金、設備投資、とにかく手元にお金がないと経営がままなりません。

 

資金調達方法として代表的なのは銀行融資でしょう。

 

しかし、銀行に融資を頼んだが断られた…というのは珍しくない話。

 

しっかりと返済できる見込みがなければ、銀行はなかなか融資をしてくれません。設立してまだ1、2年程度であれば、尚更です。

 

かといって、アコムやプロミスといったカードローンは事業性資金での利用を認めていません。

 

そのため、そういったところに頼ることも出来ないと言えます。

 

そんな時に活用したいのがビジネスパートナです。

 

ビジネスパートナーはここがすごい!
書類が揃ったら原則翌営業日に回答

銀行融資は審査に時間が掛かりますが、ビジネスパートナーは原則翌営業日に回答してくれます。

 

最高500万円

最高500万円まで借りられるだけではなく、限度額の範囲内であれば、10万円以上から追加融資が可能です。

 

原則来店不要

通常、初めて銀行融資を受ける場合、代表者が銀行に足を運ぶ必要があります。

 

資金繰りに関わることなので、対面での交渉も大切な仕事と言えますが、時間が取られないのに越したことはありません。

ビジネスパートナーはここが弱い

ビジネスパートナーには、銀行融資と比べると劣っている部分もあります。

銀行と比べると融資額の上限が低い

銀行融資の場合、融資額の上限が1,000万円とか5,000万円というところもあります。それと比べると、ビジネスパートナーは最高500万円と、融資額の上限がやや低いと言えます。

 

銀行と比べると金利が高い

ビジネスパートナーの金利は9.98%〜18.0%となっており、銀行と比べると金利が高いです。

とは言え…

 

「原則来店不要」「書類が揃ったら原則翌営業日に回答」「限度額の範囲内で繰り返し利用可能」というのは、事業者にとっては非常にありがたいと言えます。

 

特に銀行融資でなかなか融資が下りない事業者の方にとっては、すぐに回答がもらえるので、資金繰りに関する計画が立てやすくなるでしょう。

個人事業主でも申込が可能

個人事業主でも、銀行から融資を受けることは可能です。

 

ただし、基本的に借りられるのは事業を開始する時に受けられる創業融資ぐらいで、それ以外の融資を銀行から受けるのは難しいと考えた方がいいです。

個人事業主の信頼度は低い

個人事業主は世間的に見れば収入が低く、安定もしていないと見られます。それは銀行から見ても同じで、貸し付けたお金を回収できるか分からないところに、基本的に融資は行いません。

 

創業時は創業融資を利用すればある程度の資金調達が可能ですが、経営が厳しくなった際に融資を受けるのはかなり難しいと言えます。

 

上限が決まっている

借りられる場合でも、自己資金が融資額の20%必要とか、上限が自己資金の2倍まで、といったように、融資の上限金額があります。

 

上記の例で自己資金が100万円の場合、

  • 自己資金が20%必要な場合:上限500万円
  • 自己資金の2倍まで:上限200万円

上記は満額借りられた場合の金額です。この金額を多いと見るか、少ないと見るかは必要な額によって変わると思いますが、法人の銀行融資の場合、融資額の上限が1,000万円以上は珍しくないので、かなり少ない金額と言えます。

 

また、融資を受けたい状況であれば、自己資金の用意自体が難しいはず。

 

それを考えると、ビジネスパートナーは個人事業主でも申込ができ、自己資金のどれぐらいまでといった制約がないので、申込がしやすいです。

体験談特集

ビジネスローンコラム

【ビジネスパートナー体験談】人生の勝負に挑むために借り入れ!

整体院を地元で地道に営んできたFさんでしたが、昨今同業者のライバルも増えてきて、経営状態は頭打ち。この状況を打開するためにFさんが考えたのは、近頃話題の酵素カプセルの導入でした。ただし酵素カプセルはかなり根の張る代物で、Fさんの手持ち資金では手が届かない…そこで、Fさんが考えた一手とは!?それではお...

» 続きを読む

【ビジネスパートナー体験談】廃業の危機が乗り越えられた理由とは

今回ご紹介するMさんは、30歳過ぎに一念発起して事業を立ち上げ、独立してかねてからの夢を実現した…までは良かったものの、現実はそう甘くなくて、すぐに資金繰りに苦しむ羽目に。一年ちょっとはなんとかやりくりしてきたものの、それももう限界に陥り、銀行も大手の消費者金融からも断られた彼がついに見つけた救世主...

» 続きを読む

国から融資が受けられる開業資金って?開業前に知っておきたい資金調達法

新規開業のために融資が受けられる行政機関とは?新規開業をしたいと考えた時、ネックになるのは資金調達ではないでしょうか。もし、独立起業を考えているなら、いきなり銀行に融資の相談に行くのではなく、国や地方自治体の制度融資を利用することも、検討してみましょう。制度融資とは、各地方自治体が、中小企業の支援を...

» 続きを読む

ビジネスローンの審査って個人向けカードローンと比較してどう違う?

そもそもビジネスローンと個人向けカードローンは何が違うの?個人事業主が資金繰りを考える時、ビジネスローンを組むか、個人向けカードローンに申し込むか、悩むことがあるかもしれません。どちらもお金を借りることに違いはないのですが、ビジネスローンと個人向けカードローンは、まったく違う金融商品です。ビジネスロ...

» 続きを読む

雇用する前に知っておきたい助成金の仕組みについて。どうやったら受給できる?

助成金って何?どんな会社が利用できるの?助成金とは、厚生労働省が取り扱っている支援金のことです。これは融資ではなく、条件を満たした企業であれば、返済不要で国からもらうことができます。似たような仕組みに、補助金や公的融資があります。補助金は経済産業省が取り扱うもので、研究開発など、特殊で専門的な分野が...

» 続きを読む

事業者の急場しのぎに総量規制対象外のビジネスローン!賢い利用の仕方とは?

急に資金調達が必要になったらビジネスローンの利用を検討しよう!中小企業の経営者あるいは個人事業主としてビジネスを行っていると時折、資金繰りに悩まされることがあります。それが運転資金やつなぎ資金、設備投資などいかなる理由であっても、すぐに現金を用意できるほど、余裕を持って経営できている人は少数派なので...

» 続きを読む

法人が銀行からお金を借りるときにお世話になる信用保証協会とは?

信用保証協会って何?法人は必ず関わるの?企業が銀行から融資を受ける際、信用保証協会への申し込みが紐づていることが多いです。信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者の金融円滑化を目的に設立された、公的機関のことをいいます。中小企業・小規模事業者が金融機関から事業資金を調達しようと考える時に、信用保証協...

» 続きを読む

起業・独立する前にクレジットカードとカードローンを作っておこう

起業・独立後の収入は不安!お金が不足する事態に備えるには?最近ではインターネット系の事業が増えたことで昔より年齢の若い方でも独立しやすくなりました。その背景として、バブル崩壊後、企業の終身雇用制度の崩壊とともに働くという事に対しての意識が変化し、働き方が様々になってきているからです。起業・独立のメリ...

» 続きを読む

個人事業主の社会的信用は?銀行からお金を借りられるのか

個人事業主が銀行から借り入れをするのは、それほど簡単ではない理由とは?個人事業主であっても、仕事をする上で運転資金は不可欠です。ですが、銀行などで借り入れをしようとすると、なかなか融資をしてもらえない現実があります。それは、個人事業主は仕事や収入が不安定で固定されにくく、会社員のように勤務実態がつか...

» 続きを読む

個人事業主でも借りられるビジネスローン。銀行の融資との違いとは?

個人事業主が借りられるビジネスローンってどんなもの?そもそもビジネスローンとは、金融機関が借り主に対し、無担保・保証人なしで融資を行うものを指し、開業資金や運転資金、仕入れの費用、つなぎの資金、新規事業立ち上げのための資金など、使途の目的も様々です。個人事業主が借り入れできるビジネスローンには、「事...

» 続きを読む

個人事業主が融資を受ける方法とは?

個人事業主が融資を受けにくい理由とは?融資を受けるのに必要なポイント個人事業主が銀行などの金融機関から融資を受けるのが難しいと言われているのはなぜなのでしょうか。その理由として、収入が安定していないと判断されるからです。個人で会社などを経営する場合、その時の景気や流行などに左右されやすく収入も不安定...

» 続きを読む