あなたのピンチを救うのは消費者金融、それとも銀行カードローン?

カードローンといえば、なんとなく銀行カードローンのほうが安心感がある…なんて人も多いと聞きます。
確かに消費者金融に比べて低金利ですし、自分が使っている銀行でそのままお金を借りれるという安心感は大きいですよね。

 

ただ、金利が低いから絶対銀行がお得とは言い切れない、それがカードローンマジックなんです。

 

今回はカードローン選びに迷いがちなあなたに送る、消費者金融と銀行カードローンの違いについてお話したいと思います。
それぞれのメリット、デメリットを理解して申し込む、これこそが賢くお金を借りる秘訣です。

 

PR:キャッシング大全一押し銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底比較!メリット・デメリットは?

吉高由里子さんのCMでもおなじみの三井住友銀行は日本最大のメガバンクで安心感もバッチリ!

口座がなくても融資を受けることが可能で柔軟なサービスが強みのひとつです。
また、1500台近くある無人契約機が郵送物を不要にしばれないカードローンとしても大人気なのです。
詳細はこちら>>

実質年率 4.0%〜14.5% 借入上限 最大限度額800万円
担保・保証人 不要 返済方法 残高スライド方式

銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底比較!メリット・デメリットは?

 

PR:キャッシング大全一押し消費者金融

アコム

 

銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底比較!メリット・デメリットは?

業界随一の実績と30日間無利息サービスの実施で評判の初心者にも利用しやすいカードローン。

ネット申込みなら来店不要で即日融資可能。楽天銀行口座があれば原則24時間365日いつでも最短1分で振込完了します。
むじんくん来店なら22時まで申込が可能でその場でカードを発行してくれます。
詳細はこちら>>

 

カードローンの審査を通過するとクレジット機能付きのACマスターカードも同時に作ることができるので、クレカも欲しかったという方には断然アコムがおすすめです。 ACマスターカードの詳細はこちら>>

実質年率 3.0%〜18.0% 借入上限 1万円〜800万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 返済方法 定率リボルビング形式

銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底比較!メリット・デメリットは?

銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底比較!メリット・デメリットは?

 

消費者金融、銀行カードローンを語る前に、まずは総量規制について知ろう!

 

総量規制……この言葉を聞いたことがある方は少なくないと思います。

 

この総量規制の4文字は、カードローンを語る上で欠かせないキーワードになってくるのです。まずはカードローンの本質を知る為にも、この総量規制について復習してみましょう。

 

総量規制とは?

総量規制とは貸金業法で制定された規定の1つで、個人の借入れ総額は年収の1/3までに制限する仕組みのことです。

 

???という方もいるかもしれませんが、例を挙げると分かり易くなります。

 

例:Aさんの年収は900万円です。この場合総量規制の対象となる個人貸付けの場合、最大で300万円までの借入しか出来ない計算になります。

 

また総量規制は貸金業者・銀行1社に制限される訳ではなく、複数の借入れ先がある場合は、トータルの借入れ額が年収の1/3以下にならなければなりません。

 

この総量規制は法人への貸付けには適応されず、あくまで個人への貸付けのみに適応される法律になっています。

 

 

消費者金融と銀行カードローンの決定的な違いについて

まずカードローンで一番大切で尚且つ基本的なことを整理しますと、消費者金融は総量規制の対象になり、そして銀行は対象外になることです。

 

 

つまり自分の年収に左右されなく、大型融資にも対応可能になるのが、銀行カードローンというわけです。
消費者金融の場合、その規模の大きさや知名度関係なく、全て総量規制の対象になるので、年収の1/3以上の借入れは不可能になります。

 

 

ただし例外的に借入れの1本化目的のおまとめローンに限っては、例えそれが消費者金融のおまとめ商品だとしても、総量規制の対象には入りません。
そのため、消費者金融での1本化は、自分の年収に関わらず大口のおまとめが可能なのです。

 

 

これらの大原則は、もはやカードローンを借りる上での、基本中の基本なので、決して忘れてはなりません。

 

銀行がお金を貸し渋ってるって本当?

返済能力は、人それぞれ異なりますよね?
総量規制は個々人の返済能力に見合った貸付けが出来るように制定された規定です。

 

しかし昨今銀行が大盤振る舞いで個人にお金を貸し過ぎた点が問題になり、金融庁が銀行による過剰貸付けの防止に言及したことは記憶に新しいこと。

 

原則的に銀行は総量規制に縛られませんが、各銀行が自主規制をする方向でまとまり、幾つかの銀行では総量規制に則った貸付けを始めています。

 

大手の銀行に関しても審査の厳格化や収入証明提出の義務化、即日融資の廃止などに乗り出し、今まで以上に銀行からの借入れが難しくなってきました。

 

金利が安くて、しかも大口でお金を借りれるのがメリットの銀行カードローンですが、今後はより一層融資が難しくなってきそうです。

金利高しされど、サービス精神旺盛な消費者金融!そのメリットとデメリットはコレだ

消費者金融と聞いて、好印象を抱いている方はあまりいないかもしれません。
しかしそのメリット、デメリットをしっかり理解して、借入れをしてみると、アララ!意外に消費者金融も捨てたもんじゃないんです。

 

管理人は消費者金融好きですよ。
体験記事を読んでもらえるとそのあたりも理解してもらえると思います。

 

 

消費者金融の特徴まとめ

いきなりですが、消費者金融の特徴をドドンとまとめてみたいと思います。

 

@平均的な上限金利が18%と高い
A迅速審査、即日融資が自慢
B初回限定の無利息サービスが利用出来る所多し
Cそれぞれの消費者金融で独自のサービスが充実
D即時振込みサービスが嬉しい
E連携ATMが多い

 

ざって見積もっても、コレだけの特徴が挙げられます。

 

金利が高い点はデメリット以外のなにものでもなりませんが、それに目を瞑れば、なかなか利便性が高いカードローンだと思いませんか?

 

審査は銀行に比べて良心的

消費者金融カードローンの詳しい申し込み方法については割愛しますが、基本定収入があり勤続歴が長く、多額な借入れ状況がなければ十分借入れ可能です。
勿論年齢制限や総量規制の関係上、年金生活者や専業主婦の借入れが出来ないなどの制限も出てきます。(ただし中小規模の消費者金融の中では、配偶者に収入があれば借入れ出来るケースもあり)

 

※以下の記事のように、「審査なし」を謳う業者は危険です。何かしらの審査は必ずあるものと認識してください。

 

 

正規雇用、非正規雇用に関しても消費者金融では銀行ほど厳格に審査されないので、様々な就業形態・年収幅の方が利用可能な点が大きなメリットになりえます。

 

 

更に審査に通過しやすくするには、

 

@闇雲にカードローンを申し込まない⇒多重申し込みを避ける
A特に新規契約率の高いアコムやプロミスに狙いを定める
B希望額を敢えて下げて審査に望む
C50万以下の借入れでも収入証明証を提出する

 

これらの点を踏まえた申し込みをすれば、より審査通過の可能性は高まることでしょう。

 

おまとめ向けの理由

消費者金融のメリットとして、おまとめローンの充実も挙げられます。
消費者金融を検討する方の中でも、もう既に幾つかの貸金業者から借入れている方も少なくないはずです。

 

そんな時返済計画をよりシンプルに行える、おまとめローンは大変重宝します。

 

消費者金融のおまとめローンは前述の通り、総量規制に縛られないので、年収に関係なく借入れ可能です。その性質上追加融資は一切不可能ですが、消費者金融側が借入れ先へ一括で代理返済してくれるのも、大きなおまとめローンのメリットと言えるでしょう。

 

ただしクレジットカードのショッピング機能に関しては、貸金業法ではなく賦活販売法になるので、消費者金融でのおまとめはできません。

 

 

こんな人にオススメ

 

消費者金融のメリット、デメリットを加味して消費者金融での借入れに適した方をまとめてみると……

 

@自分の年収や勤続歴などスペックに自信がない方
Aとにかく今すぐ借入れしたい方
Bクレカのようにサービス精神旺盛にカードローンを利用したい方
Cおまとめ目的の1本化を考えている方
D来月の給与日に合わせて、無利息サービスを利用したい方
E毎月のピンチに合わせて小口融資がメインになる方
F会社への在籍確認電話を避けたい方

 

さて、あなたはどれかに当てはまりますか?

 

厳しめ審査の銀行カードローンを利用するメリットとデメリット、その特徴を理解して申込もう

年々、いや日々借入れしにくくなっている銀行カードローン。
それでも低金利の引力にグイグイ引き込まれてしまいそう。ここではそんな銀行カードローンの特徴を踏まえながら、銀行で借入れするメリット、デメリットを考えていこうと思います。

 

銀行カードローンの特徴まとめ

 

銀行カードローンと言えば、もはやその金利にしか目が行かない!それこそが利用者心というものです。ここでは銀行カードローンの特徴をまとめてみたいと思います。

 

@上限金利平均15%前後で借入れ可能
A総量規制によらず借入れOK
Bメインバンクのカードローンは、口座と紐付けすることで利便性UP
C専業主婦でも小口融資なら借入れ可能
D審査に融資スピードが遅い
E無利息サービスがない!

 

消費者金融と比べると細かなサービスが期待出来ない点は否めませんが、それでも総量規制によらない借入れ、そして金利が低い点は大きな魅力です。

 

ただし現在殆どの銀行では即日融資でお金を借り入れることはできなくなっているので、翌日〜数日間の余裕を持って審査に臨む必要が出てきます。

 

審査難!なかなか審査に通らない

耳にタコが出来る程繰り返していますが、銀行の審査は本当に厄介です。

 

金融庁直々の通達の件もあり、特に最近の審査は厳しくなっており、今までは審査に通っていたであろう方もバシバシ審査落ちしています。

 

ご存知の方もいると思いますが、銀行カードローンの審査には各々の銀行による審査と、保証会社による審査の2段階審査が必須です。通常保証会社は大手の消費者金融が担うことが多く、それぞれが持つ膨大な顧客情報から、融資していいものか否かをじっくり判断するという訳ですね……

 

平均的な消費者金融審査通過率が40%前後だとすると、銀行カードローンのそれは約20%前後。つまり5人に1人の割合でしか審査に通過しない、そう考えると消費者金融で落ち着いてしまった方が楽なのかも……と安全策に走る方が多くなってきている点には納得です。

 

ただしメインバンクで利用しており、年収も勤続歴も問題なし、また借入れがあっても問題なく返済している方ならば、審査通過も夢ではありません。

 

銀行でおまとめるすることは可能?

通常銀行では幾つかの例外の地銀を除いて、おまとめ専門商品は用意されていません。

 

ただし審査にさえ通ってしまえば、おまとめ目的に利用しても問題ありませんが、銀行側は代理返済サービスなどは承っていないので注意しましょう。
また銀行の場合は追加融資も可能な為、完済をゴール地点だとすると、逆にその終着点が遠のいてしまいそうです。だからこそ意思の弱い方には、銀行カードローンでのおまとめはオススメ出来ません。

 

こんな人にこそ、銀行カードローンをオススメしたい

 

金利は低いに越したことはありませんが、それ以上に大切なのは使いやすさです。銀行カードローンをオススメ出来る人は以下のような方だと言えるでしょう。

 

@自分のメインバンクでカードローンを作りたい
Aとにかく大型融資が必要な場合
B付随サービスよりも金利に重きを置きたい方
C正社員の方で、堅実なカードローンを選びたい方

 

消費者金融と比べると審査が厳格な上、即日融資も期待出来ません。正直利便性の点では、消費者金融に大きくかけ離されているのが現状です。

 

便利を取るか金利を取るか……それはあなた次第!

 

【まとめ】借入れ状況、個々人の年収等を考慮してのカードローン選びを

カードローンはみんな同じに見えて、全く異なる金利、サービスそして審査基準を持っています。お金がない時、まず迷うのが銀行?もしくは消費者金融?の二者択一の疑問です。

 

しかしカードローン選びをする前に、よくよく自分の年収、勤続歴に借り入れ状況を整理してみましょう。まずは自分のスペックを可視化して整理してみる。そこから今の自分にあったお金の借り方が見えてくるはずです。

 

安易に銀行カードローンで借りるのがベストとは言い切れないので、まずは自分の経済状況をきちんと把握することから、カードローン選びを始めましょう。