カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

キャッシング大全では消費者金融銀行、クレジット会社など様々な種類のカードローンを紹介していますが、そのすべてのカードローンに必ずついて回るのが審査です。

 

カードローンの審査とはで言うと、「お金を貸してもきちんと返済が見込める信用できる方を選ぶこと」です。

 

審査がないカードローンというものは違法業者でしか存在しません。

そうなると、

  • 「私はちゃんと審査に通るんだろうか?」
  • 「収入少ないパートなんだけど大丈夫?」
  • 「他に借り入れがあるけど審査大丈夫かな?」

こんな心配が湧いてくる人がいると思います。

 

さて、金融機関は個人向け融資のカードローンでどのような審査をして、どのような方がどれくらい審査に通っているのか?

 

例えば消費者金融大手のアコムが、審査の通過率を公表しています。
それによると、審査に通る確率は48%前後です。

 

つまり、約半数の人は審査に通っているわけですが、落ちてしまった人との差は一体どこにあったのでしょうか?

 

この記事では、公式サイトでは決して知ることのできない、カードローン審査の必須の知識や裏側を紹介しています。

 

    この記事で分かること

  • カードローンの審査で重要視される3つの情報とは
  • なぜ年収が低くても通るのか
  • 総量規制、年収規制って何?
  • 絶対に審査に通らない人の特徴とは?
  • ブラックリストとは?一度登録されたらもう2度と借りられない?
  • 銀行カードローンと消費者金融はどちらが審査に通りやすい?

 

審査が心配ならこの3社

アコム

カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

  • 金利:3.0%〜18.0%

初回30日間無利息!
即日融資にむじんくんが超便利!
カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

アイフル

  • 金利:3.0%〜18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

 

絶対に覚えておきたい予備知識「信用情報機関」と「総量規制」

カードローンの審査の全貌を理解するには、信用情報機関と総量規制の2つを理解する必要があります。

 

ちょっと難しいと感じる人もいるかもしれません。
でも、この2つを知らずに審査申し込みするのは、あなたの審査通過率を下げてしまう可能性がありますので、しっかりと勉強して把握しておきましょう。

 

信用情報機関とは?

信用情報機関とは金融機関同士が協力して作っている個人の金融取引状況の共通データベースです。

 

ある利用者がどの金融機関でいくらお金を借りているか、といった情報が全て記録されます。
1度でもカードローンやクレジットカードを利用した人は、信用情報機関に以下のような情報が登録されます。

  • どの金融機関から、現在いくら借りているか
  • 毎月きちんと返済しているか
  • 延滞情報
  • 過去に自己破産や任意整理など借金の整理をしていないか
  • 審査申し込み

これらの情報は、どの金融機関からも参照することができ、

  • 「すでに他社で借りすぎているようだから、限度額を少なめにしよう」
  • 「過去に借金を踏み倒しているから審査は落とそう」

といった具合に金融機関はカードローンの審査の際に必ず確認するのです。

 

例えばアコムの場合!

即日融資がウリのアコムでも信用情報の照会は全申込者分きちんと目視で信用情報を確認しています。
アコムはCICとJICCの2社で照会を行うそうです。

 

もっと知りたい信用情報について

審査に悩む方は知っておくべき信用情報機関の徹底解説

 

総量規制とは?

2010年より、総量規制というルールが設けられました。
年収の3分の1を超える借入はできないというルールです。

 

例えば、年収が300万円の人は、その3分の1である100万円を超える借入はできません。
本格的な審査をするまでもなく、自動的にカードローンの審査には落ちしてしまいます。

 

これまで総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社のみでしたが、2017年より状況が劇的に変わっています。
銀行カードローンの安易な融資が自己破産を増加させているという批判から、金融庁が銀行の過剰融資を問題視するようになりました。
金融庁からの指導を受けて銀行も自主的に総量規制を導入し、多くの銀行で年収の3分の1を超える借入ができなくなっています。

 

現在は銀行、消費者金融を問わず、年収の3分の1を超える借入は厳しくなっていると考えておいてください。

 

もっと知りたい総量規制について

総量規制の基礎知識【改正貸金業法】

 

カードローンの審査で最も重要視される3つの情報

カードローンの審査はほとんどが自動化されています。
申し込み時に申告した情報と、信用情報機関のクレジット歴を元に、自動的にスコアリングされて「審査の可否」「限度額」が決まります。

 

審査時には様々な情報を用いますが、最も重要なのは以下の3つです。

  • 年収
  • 他社借入額
  • 延滞などの金融事故歴

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

年収

審査において最も重要視される情報の1つです。
年収が高ければ高いほど、評価が高くなるのは言うまでもありません。

 

基本的には自己申告制ですが、限度額が多い場合は「所得証明書」の提出を求められる事があります。

 

他社借入額

年収と並んで重要なのは他社借入額です。

 

例えばアコムで30万円、プロミスで20万円借りている人がいるとしましょう。
この場合の他社借入額は、30万円+20万円=50万円となります。

 

他社借入額が高すぎる人は審査で不利になります。

 

Aさん…年収500万円、他社借入額0円
Bさん…年収1000万円、他社借入額700万円

 

年収は2倍もの開きがあるAさんとBさん。
年収だけ見れば当然Bさんの方が審査に通りやすいように見えます。

 

しかしBさんは他社借入額が年収の70%にまで達しています。
明らかに危険水域を超えていて、返済できなくなるリスクが高いです。

 

金融機関はBさんよりもAさんの方を優良顧客と判断します。
審査に通りやすくなるのはAさんの方なのです。

 

延滞などの金融事故歴

金融事故歴とは、借りたお金を正常に返済しなかった記録のことです。

  • 2〜3ヶ月以上の長期延滞
  • 債務整理(自己破産、任意整理、個人再生など)

これらの金融事故は、全て信用情報機関に登録されています。
つまり他社で起こした長期延滞や自己破産などでも、他の金融機関から把握することができるのです。

 

金融事故歴の中でも、任意整理や自己破産はいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれます。
過去に自己破産を起こした人に対して、お金を貸そうと考える金融機関はほとんど無いでしょう。
ブラックリスト状態の人の審査は、非常に厳しいと言わざるをえません。

 

なお、金融事故は発生から5年?10年経過すると信用情報機関から記録が抹消されます

 

手軽にできる審査に通りやすくするための2つの対策

審査に通りやすくするために、何かできる対策はあるでしょうか?
年収が上がれば審査には通りやすくなるでしょうが、自分の意思だけでは難しいですよね。

 

ここでは、比較的簡単にできる2つの対策を紹介しましょう。

 

年収と他社借入額のバランスを改善する

金融機関は審査時に年収と他社借入額のバランスを重視します。
いくら年収が高くても、他社借入額も高すぎる人にはお金を貸してくれません。
逆に言えば年収がさほど高くない人でも、他社借入額が全く無い人は審査に通りやすくなります。

 

複数の金融機関に同時に借入を申し込まない

カードローンやクレジットカードの申し込みは、即座に信用情報機関に登録されます。
審査の可否とは関係なく「申し込んだ」という情報が記録されているのです。

 

よく審査に落ちてしまった時の保険として、複数の金融機関に同時に申し込んでしまう人がいます。
しかし、多重同時申し込みは、審査に悪影響を及ぼしますので注意してください。

 

申し込み履歴は、6ヶ月間は信用情報機関に登録されています。
なるべく6ヶ月は間隔を置いて申し込むようにしましょう。

 

審査に絶対に通らない人とは?

何度も審査に申し込んでも通らない人は、いったいどこに原因があるのでしょうか?

 

総量規制に引っかかっている人

他社借入額の合計が年収の3分の1を超えた場合、総量規制に引っかかります。
法律で決められたルール上、消費者金融では絶対に審査に落ちてしまうのです。

 

また、2017年以降は銀行でも自主的に総量規制を導入していますので、年収の3分の1を超える借入審査はほぼ通らないでしょう。

 

金融事故歴がある人(ブラックリスト)

金融事故歴は審査に致命的に悪影響を及ぼします。
長期延滞、自己破産、任意整理などの経験がある人は審査落ちを覚悟しておきましょう。

 

特に自己破産と任意整理歴がある人は、審査にはまず通りません。

 

なお、金融事故は5年間(銀行系は自己破産歴10年間)で記録が抹消されます。
いわゆるブラックリスト入りしてしまった人でも5年間経てば通常の状態に戻ります。
それまでお金を借りるのは諦めた方がよさそうです。

 

他社借入額や借入件数をごまかす人

「本当は100万円借りているけれど、40万円と書いておこう…」といったごまかしは通用しません。
金融機関は信用情報機関に問い合わせ、借入額を把握できるからです。
他社借入額をごまかして嘘の申告をしても必ずバレてしまいます。

 

少しでも審査に通りやすくしたいなら消費者金融カードローン

カードローンの審査について徹底解説してみました。
これまでなかなか審査に通らなかった人は、自分のどこに原因があったのか理解できたのではないでしょうか?

 

カードローンの審査は、きちんと対策を立てておかないと通りません。
他社借入が全く無い人ならともかく、すでに何十万円も借りている人は対策が必須です。
この記事を何度も読みなおして、少しでも審査に通りやすくなる対策を立ててみてください。

 

最後に、少しでも審査に通る可能性を上げたい人にオススメの方法を紹介しましょう。
それが「消費者金融カードローンを選ぶ」ということです。

 

消費者金融と銀行カードローンの比較
  消費者金融カードローン 銀行カードローン
審査基準 比較的ゆるい かなり厳しい
審査スピード 即日審査、即日融資が可能 最短でも翌営業日以降
総量規制 対象 自主的に規制

銀行カードローンは、過剰融資が金融庁から問題視されています。
安易な貸付や審査基準の見直しを迫られた結果、2017年よ り自主的な総量規制を導入して、年収の3分の1を超える借入は事実上不可能になりました。
さらに2018年1月より、暴力団関係者への貸出を防ぐための仕組みを導入した結果、即日審査ができなくなっています。
以前と比べると非常に使い勝手が悪くなっているのです。

 

銀行カードローンは今非常に借りにくい!?

銀行カードローンが即日融資から事実上の撤退へ。すぐにお金を借りたいというニーズの受け皿はどうなる?

 

少しでも審査に通る可能性を上げたいなら、消費者金融カードローンが圧倒的にオススメです。
審査の通りやすさなら右に出るものはありません。
アコムなどの大手業者なら即日審査、即日融資も当たり前。
とても使い勝手がいいカードローンと言えるでしょう!

 

審査に通りやすい消費者金融3社

カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

アコム

・金利:3.0%〜18.0%

・限度額:1万円〜800万円
・融資スピード:最短1時間
※当日14:00まで即日融資可能
カードローン,審査むじんくん来店なら22時まで申込→その場でカード発行。土日祝日でも即日キャッシングが可能です。

 

カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える! カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

 

カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

アイフル

・金利:3.0%〜18.0%

・限度額:1,000円〜800万円
・融資スピード:最短即日
※最短30分でカード発行
カードローン,審査土日祝日も自動契約機なら21時まで契約から借入までが可能で、最短30分でカード発行。

 

カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える! カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

 

カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!

プロミス

・金利:4.5%〜17.8%

・限度額:1万円〜500万円
・融資スピード:最短1時間
※即日での振り込み融資の場合、平日14時までに契約完了が必要。
カードローン,審査WEB契約なら最短1時間でカード発行前でも即日融資可能。30日間無利息サービス実施中!

 

女性の方は女性専用レディースプロミス!

 

カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える! カードローンの審査に通るための必須知識!基準を知れば対策が見える!