しばらく滞納していた借金を完済したのにカードローンの審査に通らない理由とは?

滞納していた借金を完済したら、カードローンの審査は通る?

 

過去に収入減などにより借金を滞納したものの、その後にきちんと完済した人が、新たにカードローンの申し込みをした時に、審査が通らないという話をよく見聞きします。

 

これは、過去の借入状況や返済状況が個人信用情報機関に残っており、その履歴が新たな貸し出しに適さないと判断されるケースがほとんどです。

 

ローンやクレジットカードの事故情報は、契約や返済、任意整理に関する情報は最長で5年間、延滞や強制解約はその状態が解消された時点から最長で5年間、自己破産や個人再生は最長で10年間、保存されています。

 

その間は、カードローンの審査には通らないと考えておくべきでしょう。

 

 

カードローンの審査で最も重要な信用情報機関について

 

カードローンの審査で最も重要なのが、申込者の信用情報審査です。

 

現在はもちろん、過去の借入件数や借入状況、金額、返済額などが個人信用情報機関に記録されています。

 

この個人信用情報機関には、申込者の個人情報に加え、ローンやクレジットカードの申し込み先、申し込み日、希望金額といった申し込み情報の他、返済予定日や返済日、滞納の有無、完済日などの返済情報、債務整理、強制解約、代位返済など取引に関する情報が記録されています。

 

この個人信用情報機関に長期の返済延滞や強制解約、債務整理の記録が残っていると、カードローンの審査には通りません。

 

また、短期間で複数の金融機関に申し込みをすると履歴が残り、生活が困窮していると判断されることもあるので、注意が必要です。

 

 

もしかしてブラックかも!? と思ったら、信用情報を確認してみよう!

 

ブラックリストとは、個人信用情報機関に金融事故情報が登録されていることをいいます。

 

具体的には、クレジットカードやローンの返済ができずに契約解除されたり、支払いはしているものの何度も延滞を繰り返したり、任意整理や個人再生、自己破産などを行った場合、金融事故として登録されます。

 

もし、自分がブラックリストに載っているかもしれないと思ったら、自分の信用情報を確認してみるのが一番です。

 

日本で個人信用情報を管理しているのは、CICと全国銀行個人信用情報センター、JICCの3つです。

 

これらの個人信用情報機関から、自分の情報を取り寄せてみましょう。

 

窓口で申し込むのが一番早いですが、インターネット経由や郵送での申し込みを受け付けているところもあります。

 

まず、各社のホームページで確認してみましょう。

 

信用情報について詳しくはこちら

 

滞納をしてしまう前におまとめローンで一本化をしよう

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン