借金問題を解決するならおまとめローン

消費者金融やクレジットカードのキャッシングを重ねてしまい多重債務に陥ってしまった場合、まず考えるべき解決方法はおまとめローンです。
ローンを1本化する事により、借入総額が上がり、結果的に金利も安くなりますし、月々の返済額も軽減されます。
また、債務整理と違い、金融機関での借り換えなので信用情報に事故情報が載るなどの心配もいらないというメリットもあります。
万が一おまとめローンの審査が通らない場合はいよいよ債務整理を考えなくてはなりません。
そうなる前に早めのおまとめローンを検討して下さい。
債務整理について詳しくはコチラ→債務整理、過払い請求無料相談

 

目次

  1. おまとめローンシミュレーション
  2. おまとめローンにも種類があります
  3. 銀行のカードローンをおまとめ利用する
  4. 銀行のおまとめ専用ローン
  5. 消費者金融のおまとめローン
  6. おまとめローン比較表
  7. アイフル2種類のおまとめローン
  8. 今おまとめローンをするなら消費者金融が最もおすすめ!
  9. おまとめローンの審査基準を理解する
  10. 審査に通りやすい状態を作ったら銀行に借り換え!
  11. おまとめローンは金利の違いにも注目
  12. 借り換えローンとおまとめローンの違い
  13. 担保ありおまとめローンと無担保おまとめローン
  14. 遅れたら必ず発生!?知っておくべき遅延損害金について
  15. 申込時に必要になる書類
  16. おまとめローンが家族にバレないための対策
  17. おまとめローンの返済方法

おまとめローンシミュレーション

あなたの過去の状況を教えてください
5年以内に3ヶ月以上の滞納をしたことがある
過去10年以内に債務整理をしている
直近1ヶ月以内でローンの申し込みを3社以上している
あなたの現在の借入状況を教えて下さい
借入件数
借入総額 万円
月々返済額 万円
あなたはおまとめローンの審査に通らないでしょう

3ヶ月以上の延滞や債務整理を過去にしているとローンの審査に通ることはほぼ不可能です。

借金を精算するには債務整理しか手段は残されていないでしょう。

ただし、2回目の債務整理になる方で1回めが個人再生、自己破産だった場合は1回目以降7年経過していることが条件となります。

債務整理について詳しく調べる
あなたは申し込みブラックになっているかもしれません

申込みを1ヶ月に3社以上行ってしまうと、『申込みブラック』と呼ばれる状態に陥り、ローンの審査に通りにくくなってしまいます。

申込みブラック情報が解除されるのに半年かかるので、半年も待っていられないという方は債務整理を検討しましょう。

債務整理について詳しく調べる
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 15,000円 14.5%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 20,000円 12.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 30,000円 6.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 40,000円 5.5%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 50,000円 5.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 60,000円 4.5%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 65,000円 5.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
三井住友銀行のおまとめローン 70,000円 4.5%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
住信SBIネット銀行のおまとめローン 90,000円 3.5%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
月々返済額 金利
住信SBIネット銀行のおまとめローン 100,000円 2.49%
あなたはおまとめローンを諦め債務整理をするべきです。

1000万円以上を一括でまとめられるおまとめローンは存在しません。

借金を整理し一からやり直しましょう。

債務整理について詳しく調べる
あなたの返済額はおまとめローンで逆に◯◯円増えます

今以上に生活が苦しくなりますので、債務整理で借金を整理するべきでしょう。

債務整理について詳しく調べる

おまとめローンにも種類があります


おまとめローンで一本化する前におまとめローンにも種類があることを知っておきましょう。
おまとめローンは大きく分けて3種類。

  • 銀行カードローン
  • 銀行のおまとめ専用ローン
  • 消費者金融のおまとめ専用ローン

の3つです。

 

ひとつひとつメリット・デメリットがあるので解説していきますね。

 

銀行のカードローンをおまとめ利用する


近年、おまとめをする際に最もメジャーだったのが銀行のカードローンです。
低金利で高限度額な銀行カードローンは事業資金以外での利用なら目的を選ばないため、おまとめや借り換えに最適と多重債務者には大人気のローン商品でした。

 

銀行側もカードローンをおまとめ・借り換え利用OKと宣伝していましたので、ユーザーの需要と銀行の供給が一致して、銀行カードローン=おまとめローンとして人気を博しました。

 

銀行カードローンのメリット

とにかく低金利!
消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどを一本化するのであれば、ほぼ間違いなく金利が低くなるため、金利差のメリットがあります。
4.5〜14.5%くらいが平均的な金利ですが、なかには下限金利が1.7%(オリックス銀行)、上限金利が13.8%(イオン銀行)などと飛び抜けて低いカードローンもあります。

 

大きな借金もカバーする高限度額
銀行カードローンは500万円~800万円が最高限度額である場合が多く、大体の借金をカバーしておまとめすることができます。
なかには1000万円(みずほ銀行)もの限度額を設定しているところもあります。

 

繰り返しの利用が可能
限度額に余裕があれば通常のカードローンとして何度でも借り入れをすることができます。
借金で生活が苦しい方には一本化といざという時の備えができる一石二鳥。

 

銀行カードローンのデメリット

返済用の融資金がいったん自分の手に入ること
一本化のための返済は自分で全て行う必要があるため、借金をまとめる前に高額の融資金を手にできてしまうのが最大のデメリットです。
ついつい借入先への返済を後回しにして、おまとめ用の融資金を使ってしまったという事例が跡を絶ちません。

 

こうなってしまうと、おまとめして借金を軽減するつもりだったのが、逆に借金額が倍になりより苦しい状況に追い込まれてしまうのです。

 

金融庁から過剰融資に対する調査が入り審査が非常に厳しくなった
銀行カードローンが総量規制の対象外であることで、多額の限度額まで収入証明を不要にしたり、返済能力に疑問がある人に貸し付けたり、債務者が自己破産をしたりという事例が一部であ発覚し、金融庁が銀行カードローンの過剰融資の実態を調査しました。

 

これをきっかけに銀行側は融資に対して慎重になり、審査が非常に厳しくなってしまいました。
現在は銀行カードローンをおまとめ利用するには審査落ち履歴を作ってしまうだけの可能性大でおすすめとはいえません。

 

銀行のおまとめ専用ローン


これは東京スター銀行のおまとめローンといえばピンとくる方も多いのではないでしょうか?
おまとめローンの元祖とも言える専用のローン商品が「完済人になろう!」のフレーズのテレビCMでもおなじみだった東京スター銀行のおまとめローンです。
このおまとめ専用ローンが人気を集めて、各銀行がこぞっておまとめ専用ローンを作りましたが、徐々にカードローンで代用されることが増えたため、今では東京スター銀行くらいしか本当のおまとめ専用ローンを取り扱っていません。

 

銀行おまとめ専用ローン(東京スター銀行)のメリット

その東京スター銀行のカードローンが通常の銀行カードローンと違う点は返済専用の仕組みがあるという点です。
例えば、4社300万円の一本化をしようとした場合、300万円の4社への返済を東京スター銀行が代わりに行い、あなたは一本化された300万円を東京スター銀行に返済していくことになり、おまとめローンの融資額とは別に、利用限度額という枠が別で与えられます。

 

例えば、300万円の融資を受け、100万円の利用限度額が与えられた場合、差額の200万円までは返済専用となり、借入残高が100万円を切った段階から、カードローンとして差額を利用できるという仕組みになります。
220万円を返済していた場合、借入残高は80万円ですから、利用限度額100万円との差額である20万円がカードローン枠として借り入れすることができるようになるというものです。

 

一定額までは返済専用できちんと返済をしていくことができれば、与えた利用可能額のぶんはカードローンとして使ってもいいという、いわば計画的な利用を身につけるための仕組みにもなります。

 

しかし、これは再び借金を重ねてしまうきっかけにもなりかねないので、メリットとデメリットは表裏一体です。

 

銀行おまとめ専用ローン(東京スター銀行)のデメリット

東京スター銀行でおまとめローンをする場合、最大10年間までの返済期間を自分で設定します。
しかし、設定した期間内で返せない場合は一括返済を請求されてしまいます。

 

金利面においても銀行カードローンよりも高めの設定。
1000万円まで限度額がありますが、下限金利で5.8%は800万円で1.9%程度の銀行カードローンと比べると低金利であるとはいえません。

 

審査がとにかく厳しい
東京スター銀行のおまとめローンは審査が非常に厳しいのです。
年収は200万円以上、正社員、派遣社員、契約社員という制限があるので、申込み資格の段階から厳しさが垣間見えます。
また、前述したように銀行の無担保個人融資に対して金融庁が厳しく目を光らせているので、現在はさらに審査が厳しくなっています。

 

このように、銀行でおまとめローンをするには非常に審査が厳しい時代に突入したと言っても過言ではないでしょう。

 

消費者金融のおまとめローン


本来、貸金業法に則って融資を行う消費者金融は総量規制があるため年収の3分の1以上は融資できません。
しかし、「顧客に一方的に有利になる借り換え」は総量規制の例外として認められているローンになるため、総量規制対象外で年収の3分の1以上借りることができるのです。

 

銀行での個人向け融資の審査が厳しくなり、申し込んでもなかなか融資が受けられない状況になってしまったので、にわかに注目を集め始めたのが消費者金融のおまとめ専用ローンなのです。

 

これまで、銀行カードローンに顧客を奪われ続けてきた消費者金融ですから、本来銀行に流れるはずだったおまとめローン見込み客も積極的に取り込む姿勢を見せています。

 

こういった背景から元々銀行よりも審査に通りやすかった消費者金融のおまとめローンがさらに積極融資をしているのです。

 

消費者金融のおまとめローンのメリット

消費者金融のおまとめローンは東京スター銀行の一部返済専用とは違い、完全に返済のみを行うローンとなっています。
消費者金融側があなたの代わりに他社債務を代理返済し、あなたは消費者金融に完済するまで返済していくことになります。

 

借金生活を早く終わらせたいなら、この完全返済専用ローンが非常にメリットになります。
ゼロになるまで返済だけを続ける必要があるため、返済期間中に借金グセは抜け、完済後は自分の給料だけで充分に生活していけるスタイルが身についているはずです。

 

また消費者金融ならではですが、即日融資も可能です。
急ぎで一本化をするなら消費者金融しか手段はありません。

 

そしてなにより、審査に通りやすいということが一番のメリットになります。
多重債務から脱出するためには、まずおまとめローンの審査に通過することが大前提となります。
消費者金融ならその第一歩が踏み出しやすいのでおまとめするなら消費者金融がおすすめなのです。

 

消費者金融のおまとめローンのデメリット

消費者金融でのおまとめローンのデメリットは銀行に比べて金利が高いという点があります。
ただ、たとえ金利が銀行より高くても消費者金融は5年、7年と期間を設定して返済していく分割払い方式ですから、銀行カードローンの残高スライド返済と比べて短期間で済むため、かかった利息は消費者金融のほうが少なくなる場合もあるのでしっかりシミュレーションしましょう。

 

また、注意しておきたいデメリットとして、銀行やクレジットカードのショッピングリボなどが対象外になる業者もあります。
消費者金融大手3者で見てみると、銀行やクレジットカードのショッピングリボも対象に一本化してくれるのはアイフルだけです。

 

おまとめローン比較表


それでは、ここまで紹介してきた銀行カードローンと東京スター銀行、消費者金融大手3社でおまとめローンを表にして比較してみましょう。

 

種類 審査通過率 審査対象債務 即日融資 最大限度額 金利 返済期間
銀行カードローン 全て × 平均800万 平均4.5〜14.5% 約20年(100万円借入時平均)
東京スター銀行 × 全て × 1000万円 5.8〜14.8% 最大10年
アイフル 借り換えMAX 全て 500万円 12.5〜17.5% 最大10年
アイフル おまとめMAX 全て 500万円 15.0〜17.5% 最大10年
アコム クレカショッピング・銀行除く 300万円 7.7〜18.0% 最大13年7ヶ月
プロミス クレカショッピング・銀行除く 300万円 6.3〜17.8% 最大10年

※スマートフォンでご覧の方は横にスライドすると詳細が見れます。

 

このように見てみると、消費者金融は金利が高いのと限度額が若干低い以外でデメリットはありませんね。
逆に銀行カードローンの返済期間に注目してみてください。
100万円を借り入れた場合、残高スライドリボルビング払いのせいで平均20年ほど返済期間がかかる計算になります。
20年も返済をし続けるということはいくら低金利であっても、最終的に支払った利息総額は消費者金融よりも高くなる場合があることも頭に入れておきましょう。

 

金利と返済期間で見ると東京スター銀行が良さそうに見えますが、いかんせん審査が厳しすぎるのでそもそもおまとめに一番遠いローンでもあるのです。

 

となるとおまとめしやすい消費者金融で・・・となりますが、表に記載の通りアコムとプロミスはクレカのショッピングと銀行の借り入れは審査対象に入れてくれません。
銀行借り入れとクレカショッピングも一本化したい方はアイフルが最有力候補となるのですが、アイフルには2種類のおまとめローンプランが存在するのです。

 

それではアイフルのおまとめローンについて説明していきます。

 

アイフル2種類のおまとめローン


アイフルには「借り換えMAX」と「おまとめMAX」という2種類のおまとめプランが存在します。
違いは金利のみ。

  • 借り換えMAX:12.0%〜17.5%
  • おまとめMAX:15.0%〜17.5%

このように下限金利に差がつけられています。

 

アイフルを一度でも利用したことがある方は「借り換えMAX」に申し込みができますが、アイフルをおまとめローンではじめて利用するという方は「おまとめMAX」での申し込みとなり高い金利となってしまうのです。

 

アイフルを使ったことがなくても借り換えMAXに申し込む方法

どうせアイフルで一本化するなら金利の低い方で申し込みしたいですよね?
そんな方に条件はありますが、「借り換えMAX」に申し込みできる方法をお伝えします。

 

それは、
おまとめする前にアイフルで普通のキャッシングを借り入れすること!
これだけで「借り換えMAX」に申し込む資格を有すことになります。

 

ただし、通常のキャッシングは総量規制の対象になってしまうため、ご自分の債務総額が年収の3分の1以下であることを確認してからにしてください。
年収の3分の1以上の借り入れがあるのにアイフルに申し込んでしまうと、自動的に審査に落ちてしまうばかりか、おまとめ前にアイフルで審査落ちという履歴を作ってしまうことになります。

 

また3分の1以下の方もできる限り審査に落ちないように10万円以下での申し込みにして審査通過率を上げましょう。

 

今おまとめローンをするなら消費者金融が最もおすすめ!

 

アイフルのおまとめローン

2種類のおまとめローンで間口が広いアイフルのおまとめMAXと借り換えMAXがおすすめ!銀行やショッピングリボのおまとめも可能だから使い勝手良し!

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

・金利:12.0%〜15.0%

・限度額:1万円〜500万円
・融資スピード:最短即日
・返済回数:最長10年(120回)
キャッシング,お金を借りる,,おまとめローン,カードローン※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝える事!

 

 

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち? おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

 

プロミスおまとめローン

限度額は300万円と低いですが、返済期間が他社と比べて長く余裕を持った返済が可能です。また、審査も短く、最短即日融資はプロミスならでは!

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

・金利:6.3%〜17.8%

・限度額:300万円
・融資スピード:最短即日
・返済回数・期限:1〜120回(最長10年)
キャッシング,お金を借りる,,おまとめローン,カードローン※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝える事!

 

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち? おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

 

アコム借り換え専用ローン

即日融資も可能なアコムのおまとめローンは返済期間も余裕の13年7ヶ月!

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

・金利:7.7%〜18.0%

・限度額:300万円
・融資スピード:最短即日
・返済回数・期限:2〜162回(最長13年7ヶ月)
キャッシング,お金を借りる,,おまとめローン,カードローン※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝える事!

 

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち? おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

 

おまとめローンの審査基準を理解する

いくら消費者金融のおまとめローン審査が通りやすいからと言っても、通常のキャッシングよりは厳しいのは確かです。

 

申し込みをする前におおまかな審査基準は頭に入れておきましょう。

 

おまとめローンの審査も通常のカードローンの審査も見られるところは同じです。
申込者の情報を項目ごとにスコアリングして融資が可能か判断していきます。

 

ここでは主なスコアリングの項目を紹介していきます。

安定した収入

安定した収入とは、年収の多い少ないにかかわらず、毎月きちんと一定の金額の給与を得られているかを見られます。
極端な例ですが、年収1000万円でも1ヶ月で1000万稼いで、残りの11ヶ月が無収入というような稼ぎ方をしている方は不安定な収入と見られてしまうのです。
逆に、毎月10万円でも継続して収入を得られていれば安定した収入があるとみなされます。

 

勤務期間

勤務期間は長ければ長いほど評価は高くなります。
短いと退職して収入が無くなる可能性もあり、審査には通りづらくなってしまうのです。
一般的には1年以上の勤務実績が基準となります。

 

住環境

持ち家で住宅ローンなしが最も評価が高くなります。これは親の持ち家である場合も含みます。
また、住宅ローンがあっても評価が下がることはありませんが、収入とのバランスで返済が厳しいと判断される可能性もあることも覚えておきましょう。
また、賃貸に住んでいても、ちゃんと毎月家賃を支払っていることが信用につながりますので気にする必要はありません。
ただ、公営住宅の場合は若干評価が低くなります。
住所不定や住み込みなどでなければ、審査に大きく影響することはないでしょう。

 

他社借入状況

他社の借入件数や金額は当然ながら厳しく見られてしまいます。
同じ100万円の借金でも、5社から借りているのと、2社から借りているのでは圧倒的に後者のほうが評価が高くなります。
5社からの場合は20万円×5社ですから、少額の限度額しかもらえなかった人という判断をされます。
逆に2社の場合、50万円×2社ですから、50万円の限度額を付与される信用のある人と評価は高くなるのです。
件数が多いからと言って悲観する必要もありませんが、少額で多数の借入先を作ってしまっている人は注意が必要です。

このような項目で申込者をスコアリングして、審査基準に達しているかを判断するのが、おまとめローンの審査になります。
この辺はしっかり頭に入れておき、なるべく高い評価を得られるように改善できるところは積極的にしていきましょう。

 

注意!絶対に審査に通らない人

信用情報に事故情報が載ってしまっている人。

個人信用情報機関(CIC、JICC、JBA)に事故情報が掲載されていることをブラックリストといいます。
過去7年~10年以内に債務整理をしていたり、過去5年以内に3ヶ月以上の延滞をしていると、個人信用情報機関に事故情報が掲載されてしまうのです。

 

このような方は審査に通ることはほぼ不可能ですので、一定期間待って事故情報が消えるのを待つか、債務整理で借金を清算するしか手立てがありません。

 

申込みブラックになっている人

申し込みブラックとは1ヶ月間で3社以上のローンに申し込んでしまった人のことをいいます。
個人信用情報期間は申込の履歴も記録されるので、1ヶ月に3社以上の申込みがあると、
お金に困り、自転車操業をしているのではないか?
返済が滞るのではないか?
と疑われて審査に通りにくくなってしまいます。

 

当サイトでは今、積極的に貸し出しを行っている信頼性もバツグンな消費者金融を紹介していますので参考にして多重債務脱出の糸口を見つけてください。。

 

やっぱり最終的には低金利でおまとめしたい・・・


おまとめローンに申し込んで審査に通っても希望の限度額を融資してもらえないということはよくあることですし、限度額が大きくならないと金利面でのメリットが出づらい面もあります。

 

そんなときは、おまとめローンを段階的に考えましょう。

 

例えば、
20万円を5社から借りていて、総額100万円をおまとめしたいのに、40万円しか融資がおりなかった!
このような場合は、2社分だけ先におまとめしてしまうのです。
そうすることにより、債務先は4社に減らせますし、月々の返済額も多少は軽減されるはずです。

 

この手順を繰り返し、最終的に1社にできればおまとめローンで一本化に成功したと言えるでしょう。

 

銀行では今なかなか審査に通らないので、はじめは消費者金融のおまとめローンからチャレンジしていくのがベスト。

 

本来は年収の3分の1以上借りれない消費者金融ですが、おまとめローンであれば年収の3分の1以上借りることができますし、金利は高めですが銀行よりは審査に通りやすいので段階的におまとめローンを考えている方にはおすすめです。

 

ここまでこれば、堅実な返済実績と履歴から借金をなんとかしたいという思いが見えるので銀行でのおまとめも可能になる可能性が出てきます。

 

ファーストチョイスは消費者金融

アイフルのおまとめローン

2種類のおまとめローンで間口が広いアイフルのおまとめMAXと借り換えMAXがおすすめ!銀行やショッピングリボのおまとめも可能だから使い勝手良し!

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

・金利:12.0%〜15.0%

・限度額:1万円〜500万円
・融資スピード:最短即日
・返済回数:最長10年(120回)
キャッシング,お金を借りる,,おまとめローン,カードローン※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝える事!

 

 

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち? おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

 

プロミスおまとめローン

限度額は300万円と低いですが、返済期間が他社と比べて長く余裕を持った返済が可能です。また、審査も短く、最短即日融資はプロミスならでは!

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

・金利:6.3%〜17.8%

・限度額:300万円
・融資スピード:最短即日
・返済回数・期限:1〜120回(最長10年)
キャッシング,お金を借りる,,おまとめローン,カードローン※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝える事!

 

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち? おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

 

アコム借り換え専用ローン

即日融資も可能なアコムのおまとめローンは返済期間も余裕の13年7ヶ月!

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

・金利:7.7%〜18.0%

・限度額:300万円
・融資スピード:最短即日
・返済回数・期限:2〜162回(最長13年7ヶ月)
キャッシング,お金を借りる,,おまとめローン,カードローン※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝える事!

 

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち? おまとめローンの審査クリアで借金解決!銀行と消費者金融おすすめはどっち?

 

おまとめローンは金利の違いにも注目

ほとんどの銀行カードローンは最低金利から最高金利までの表記になっており、パッと見では自分にどれくらいの金利が適用されるのかがわかりづらくなっています。

 

例えば、最低金利と最高金利が[4.5%~15%]と全く同じ銀行があったとします。
見た目上はどちらで借りても金利は同じと思いがちですが、そうではないのです。

 

借入限度額によっての金利振り分けが銀行によって全然違いますのできちんと調べることが必要です。

 

200万円のおまとめローンをしようとした場合、
A銀行は7%、B銀行は10%
このように同じ借入額でも若干のズレが生じます。
たかだか3%と思うかもしれませんが、完済時点まででかかる利息の差は明白です。

 

毎月3万円を返済していった場合、
A銀行(7%)の総利息額:540,082円
B銀行(10%)の総利息額:931,451円

 

このように3%の金利差が約40万円もの利息の差になってあらわれます。
おまとめローンを選ぶ際、自分が借りたい額はいくらでどの銀行がどれくらいの金利設定にしているのかも重要な選択項目のひとつなのです。

 

借り換えローンとおまとめローンの違い


借り換えローンとおまとめローンは両方とも、現在ある借金を別の金融業者に乗り換えることという定義は変わりません。
分かりやすく言うと、より低金利で返済を楽にする目的ということですね。

 

借り換えローンとは、1社のローンを別の1社に借り換えることをいいます。
すなわち金利負担が軽くなることで返済を楽にしようということですね。

 

おまとめローンとは、複数の借金を別の金融業者1社にまとめることです。
こちらは複数の債務先があり、毎月の返済額が膨大、小口で何社も借りているためそれぞれの金利が高い。
このような状況の借金を1つの金融機関のおまとめローンでまとめることで、月々の返済額の負担が軽くなり、複数債務をまとめることで借入額が大きくなり金利も低く抑えることができる。
こんなメリットがあるのです。

 

ですから、借り換えローンは単一ローンをより金利負担を軽くしたい方向けのローン。
おまとめローンは複数の債務をまとめることで返済額も金利も減らしたいという方向けのローンということになります。

 

当サイトで紹介している銀行カードローンは借り換えもおまとめもOKな用途自由のカードローンなので、どちらの希望でも問題なく申し込みすることができます。

 

担保ありおまとめローンと無担保おまとめローン


おまとめローンを調べていると担保の有り無しが気になっている人もいるんじゃないでしょうか?
先に言っておくと当サイトで紹介している銀行カードローンは全て無担保のカードローンとなります。

 

無担保とは個人の信用のみで借入をすることができるというものです。

 

しかし、中にはびっくりするような低金利のローンを見つけることもあると思いますが、そのようなローンには担保が必要で、その担保とは不動産である場合が多いのです。

 

万が一返せなくなった時に担保をつけておくことで貸し手側も保険になりますし、限度額は大きく出来ることが多く、金利も低くなります。
また、担保があることで審査にも通りやすくなりもします。

 

ただ、気をつけておきたいのが、担保を元手に借りるわけですから、万が一返済が滞った場合などは住宅や不動産は自分のものでなくなってしまいます。

 

数百万単位までのおまとめ目的なら、無担保で借りれるローンを選択するのが懸命でしょう。

 

遅れたら必ず発生!?知っておくべき遅延損害金について


遅延損害金とは、返済が遅れてしまったときに債権者に払わなければならない延滞料金のようなものです。
ほとんどの金融業者において18%~20%で設定されています。
高い!と思うかもしれませんが、これは法律でも定められているので1日でも遅れたら支払う義務が発生してしまうのです。

 

遅延損害金の計算方法
借入残高 × 遅延損害金利率(年率) ÷ 365 × 延滞日数

 

例を挙げると、
遅延損害金20%の設定の業者で200万円の借入残高があり、20日の遅延をしてしまった場合
200万円 × 20% ÷ 365 × 20日=21,917円
このような設定では20日遅延するだけで22,000円もの遅延損害金が発生します。

 

返済期日は忘れない、金銭管理は返済優先と計画的に返していくことがとても大事ですね。

 

また、遅延すると遅延損害金以外にも個人信用情報機関というところに掲載される可能性があります。
これは俗にブラックリストと呼ばれるもので、延滞は自己情報として5年間掲載されその間は新規でローンを組んだりクレジットカードを作ったりできなくなる可能性があります。

 

申込時に必要になる書類


おまとめローンの申込みに必要な書類は予めすぐに出せるようにしておきましょう。
金融機関によって設定が違うこともありますが、下記の2つを準備しておけばほとんどの場合は問題ありません。

 

本人確認書類
運転免許証、パスポート、健康保険証など
※申し込んだ銀行の口座があれば必要ではない場合あり

 

収入証明書
会社員など勤め先がある方
源泉徴収票、課税証明書、給与明細書
※給与明細の場合は数カ月分必要になる場合あり
自営業、個人事業主の方
課税証明書、確定申告書

 

この2種類の書類の写しを準備しておけばおまとめローンへの申込みもスムーズになります。

 

 

おまとめローンが家族にバレないための対策


おまとめローンというローン商品の性格上、家族や会社にバレたくない人が多いのではないでしょうか?
いや、ほぼ100%の方がバレたくないと思っているはずです。

 

まずは申し込みに関してはネットで済むからバレないと思っている方いませんか?
確かに申込みはネットで済ませますので誰にも見られない場所や時間でスマホからでも申し込むことができます。

 

ここまでは大丈夫なんですが、銀行でカードローンを申し込む際は必ず在籍確認が発生します。
在籍確認とは申込時に記入した職場にちゃんと在籍しているかを確認する電話のことです。

 

銀行は消費者金融とは違い、しっかりと「〇〇銀行ですが」と名乗ってくることが多いようです。
ですから、ローンに申し込む前から電話を取りそうな人やその周りに伝わるように、

「車(住宅)のローンを借り換えようと思って銀行に相談してる」
とか、
「〇〇銀行のクレジットカードを申し込んだから電話かかってきたらよろしく」

とそれとなく伝えておくといいでしょう。

 

大きな嘘は小さな嘘で隠してしまうのです。

 

次の難関は、審査に通過し契約した後の契約書類とローンカードの郵送です。
ほとんどの銀行でその郵送は発生してしまうのでここでも対策が必要になります。

 

まずそもそも郵送を発生させないように出来る三井住友銀行のカードローンなら安心です。
契約後、店頭もしくは自動契約機でのカード受け取りにすれば、郵送を防ぐことができますので家族にバレないおまとめローンなら三井住友銀行カードローンがおすすめです。

 

その他の銀行の場合は、会社で行ったように先に家族に伝えておきましょう。

 

「取引先銀行との付き合いで銀行口座作らされたんだよ」

 

こんな言い訳をしておけば、おまとめローン先の銀行から契約書類とローンカードの封筒が届いても不思議がられることもないでしょう。

 

そこまでクリアしてしまえば、今はほとんどの銀行が利用明細の郵送などは行っておらず、ネットで確認すればOKという仕組みになっているのでバレることなく内緒でおまとめローンができてしまいますね。

 

ただし、返済は絶対に滞らないようにすることです。
遅延が発生すると強制的に明細書が郵送されてきますので家族バレの原因になってしまいます。

 

 

おまとめローンの返済方法は様々


おまとめローンに限らずお金を借りたら返すのが当たり前ですが、銀行のカードローンなら返し方も色々選べます。

 

主な返済方法はこの3種類です。

 

銀行口座自動引き落とし
口座開設が必要な銀行カードローンの場合は、このパターンが多いですし、指定の口座から引き落とすように設定できるところもあります。

 

自動引き落としはとても管理が楽な返済方法なのですが、その口座が給与振込などメインで使っている口座ではない場合は注意が必要です。

 

なぜなら、残高不足の場合は自動的に遅延となってしまうため必ず自分で入金しておかなければいけないからです。

 

これらの管理がしっかりデキる人、メインバンクの口座の場合などはおすすめの返済方法です。

 

ATM返済
この返済方法は口座に記録を残したくない方におすすめの返済方法になります。
銀行のATM、コンビニATMなど時間も場所も選ばず返済でき、年々利便性が上がっている返済方法です。

 

ただ、時間帯やコンビニATM、他行ATMで返済した場合は手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

 

ネットバンキング返済
インターネットバンキングとはパソコンやスマホで口座管理や取引が行える便利なものです。
いつでもどこでも入金や振込が出来るのでとても便利な返済方法と言えます。
また、銀行によっては毎月◯日に〇〇円を△△に振り込みといったように、振込予約機能がある場合もあるので、そういった機能を活用すれば完全に自動化できます。

 

注意点は完済したら必ず振込予約を解除することです。

 

 トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

おまとめローンコラム

 

債務整理の種類とメリット・デメリット

債務整理とは、借金がかさみ現状では返済の見込みが立たない場合に借金を減額する方法です。自分の返済能力を超える金額を毎月返し続けているような場合に、利息分をカットして元金のみを分割で返済する方法や、借金自体を帳消しにする方法もあります。ただ、当然メリットばかりではありませんのでその点はご注意を!債務整...

» 続きを読む

借金問題解決無料相談Q&A

毎月の返済が大変で、結局生活費が足らず返済して余裕ができた融資枠からまたすぐに借り入れをする日々で、何年も元金が減りません…。過払い金があるかも!今すぐ専門家に無料相談しましょうあなたが2010年以前から借り入れをしているなら、利息を払い過ぎている可能性があります。払い過ぎた利息を返してもらうことで...

» 続きを読む

多重債務者は要注意!審査なし超低金利のおまとめ詐欺とは?

近年、借金の一本化を希望する多重債務者をターゲットとしたおまとめ詐欺が横行しています。藁にもすがるような思いでいる多重債務者をだます卑劣な詐欺ですが、被害者はなかなか減りません。どうすればおまとめ詐欺の被害を減らす事ができるでしょうか?他人事ではない!多重債務に陥る原因と理由多重債務者、と聞いてどの...

» 続きを読む

おまとめローンと債務整理を徹底比較!あなたの借金解決にぴったりなのは?

複数の業者からの借り入れがあるけど、返済が負担になってきたという場合には早めに対策を考えたいものです。ただ、具体的にどうすれば良いか判断するのはとても難しいです。まずは、問題を解決するための方法を知るところから始めてみましょう。おまとめローンと債務整理の違い、各々のメリットデメリットとは?毎月の返済...

» 続きを読む

おまとめローンの評判や口コミってどう?正しい情報を見分けるのが大事

おまとめローンを利用してみようと思ってはみたものの、評判や口コミが正反対で何を信じたらいいのか困ってしまう、といった話を聞きます。 情報に振り回されないためにも一呼吸おいて、まず自分自身の状況を細かく把握することから始めてみましょう。 おまとめローンにはメリットもあればデメリットもあるおまとめローン...

» 続きを読む

消費者金融でおまとめローンする場合の注意点!銀行のローンはおまとめできない?

多重債務の最後の砦、おまとめローン。複数の借入れを一本化出来る為、精神的な負担からも解放されると人気の金融商品になっています。しかし実際おまとめをしたいのに出来ないパターンがあるのは、あまり知られていません。今回はおまとめローンの基本と共におまとめNGの例についてご紹介したいと思います。○知っている...

» 続きを読む

通りやすいおまとめローンを探すなら消費者金融の専用ローン!

債務をスッキリ1本にまとめたいなら、おまとめローンを利用してみてはどうでしょう?しかしそのためには、まずおまとめローンの審査に通過しなければいけません。銀行と消費者金融、どちらのおまとめローンを利用した方が審査に通過しやすいのでしょうか?おまとめローンの審査は一般のカードローンと比べて厳しいか複数の...

» 続きを読む

おまとめローンはクレジットカードのリボ払いも一本化できる?

クレジットカードって便利ですよね!だけど魔法みたいなクレカだからこそ、陥ってしまいがちなのがクレカのリボ地獄……毎月一定額さえ支払えばOKなリボ払いで、気づけば多重債務の卵の仲間入り。そんな地獄を抜け出す手段の1つがおまとめローンなんです。今回は気になるクレカのリボ支払いと、気になるおまとめのアレコ...

» 続きを読む

要注意!消費者金融のおまとめローンは銀行の借金が含まれない!

消費者金融のおまとめローンってどんな仕組み?複数の借り入れを一本化できる「おまとめローン」が人気ですが、銀行でしか扱っていないと勘違いしている人も多いようですが、実は消費者金融でも、おまとめローンを扱っています。仕組みは銀行と同様で、他社から借りている複数のローンを一つのまとめるというものです。銀行...

» 続きを読む

借金返済に悩んで自己破産する前におまとめローンで一本化!

自己破産には、どんなデメリットがある?多重債務の返済に追われて、自己破産を考える人は少なくありません。自己破産の申し立てをして、免責を受けられれば、借金をなくすことはできます。ですが、当然自己破産にもデメリットはあるのです。まず、信用情報機関にデータが残るので、5〜7年間はクレジットカードやローン、...

» 続きを読む

リボ払い地獄から抜け出すための3つの方法

クレカのリボ払いは元金がなかなか減らない!元金を減らすには毎月の返済額を増やすこと!リボ払いの欠点は普通に返済しているだけでは未払い残高はほとんど減らないということです。リボ払いの毎月に返済金額は発生した金利+未払い残高となっています。リボ払い地獄から抜け出す方法として、1つ目は毎月の返済額を増やす...

» 続きを読む

おまとめローンで失敗しないために知っておきたいこと

金利が高くなる場合も! どのように返済計画を立てたとき?おまとめローンは、複数の借金を1つの業者に一本化し、バラバラだった支払日や借金残高の管理などを1つにまとめることができます。借入額が大きくなることで利息が安くなり、毎月の返済が楽になることがあります。しかしこれは金利が低い場合であって、おまとめ...

» 続きを読む

おまとめローン前に過払い請求を促す業者に要注意!おまとめ後に過払いするべき理由

完済していない過払い金請求は債務整理扱い!おまとめ前に促す業者に要注意!過払い金請求とは、払い過ぎている金利を戻してもらう仕組みです。借入が法的利息を超える金利で取引をしていた過去の債務であっても、請求して戻してもらうことができます。また現在返済中でも、残債よりも過払い金が上回る場合は、差引して上回...

» 続きを読む

超低金利な国の教育ローン。実はおまとめローンに使えるってホント?

超低金利な国の教育ローン。年収や使途などの条件は?国の教育ローンとは、高校生以下の子供がいる家庭が対象で高校、大学、専門学校などに入学、在学する子供の保護者に対して、入学金、学校納付金、入学費用や授業料、通学費などの費用を融資してくれる制度です。条件として、・融資対象となる学校に入学、在学する子供の...

» 続きを読む

多重債務に陥る原因と一本化を考えるべきタイミングとは

もはや多重債務が当たり前の時代に突入してしまい、自分が多重債務者だと自覚出来ない人も少なくありません。7人に1人の割合で消費者金融を利用する昨今、お金を借りることが容易になったが故の多重債務者急増。今や10人に1人が多重債務者または多重債務者の卵と言う現実。今回は急増する多重債務の原因と対策方法につ...

» 続きを読む

多重債務とは複数の借り入れを抱えた債務者のことを言います

多重債務とは、消費者金融やクレジットカード会社など複数の借り入れ先からお金を借りたものの、返済のキャパシティーを超えて返済不能になっている状態を指します。取立てから逃れるためにさらに借金を重ねることになり、さらに事態は悪化してしまいます。従来は昭和58年に公布・施行された貸金業の規制等に関する法律、...

» 続きを読む