無職でもお金を借りたい!借入方法に抜け道とかないの?

「消費者金融が指す無職とは?」

 

消費者金融では無職の人とはどういったことを指すと思いますか?
実は、消費者金融では単に定職に就いていない人を指しているということではなく、
収入が完全に無い人のことを指します。
例えば、専業主婦や、仕送りで生活している学生なんかは、配偶者や親が収入を得ており、その本人からの収入ではないため、無職といえますね。

 

 

無職だと消費者金融では借りれない!その理由を徹底解説

ではなぜ、消費者金融では借入できないのかというと、基本的な問題として、総量規制の問題があります。
これは年収の3分の1を超える貸付を行ってはいけないというものです。
その基準により年収が0だと借入できる金額も0となるため、そもそも借入ができません。⇒総量規制について
その上で、大手消費者金融での申込条件は、

 

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

となっています。
これは大手消費者金融は貸倒れのリスクを避けるために申込者本人に安定した収入があることを申込条件にしているため、そもそも申込自体を受け付けていません。
また、年金、生活保護、失業保険などによる収入は安定した収入とみなされないので審査には通らないので注意が必要です。

 

安定した収入とは?非正規雇用でも借りれる!

 

それでもお金が必要!何か抜け道はないの?

とにかくお金を借りたいという人はいると思います。
中にはどうにかして借りれないかと抜け道などを考えたりと、いろいろあるものです。
結論から言うと、そんなこと出来ません
例えば、借入希望額が50万以下の場合、収入証明書が必要ないため、嘘をついてもバレないと思っている人は多いと思います。
ですが、勤務先を偽って申請しても、在籍確認で発覚してしまい、通りません。
また、他人の名義を使用した場合も、身分証明書、在籍確認、信用情報機関にあるデータとの照合で発覚します。
それだけではなく、他人の名義を使用したことが発覚した場合、詐欺罪に問われるかもしれません。
また、いくらお金を借りたいといっても闇金業者を利用することは危険なのでやめましょう。
特に、「収入がなくても〜、審査なしで〜」といった誘い文句でお金の貸付をしてくれる業者は間違っても利用しないでください。
大抵は闇金業者であり、返済時に法外な利子の請求や、借入した額より多く払っても完済を認めてくれず、利子を払らわされ続けたりと、トラブルに巻き込まれます。
使ってしまったら最後、人生が終わることもあるので、甘い言葉に惑わされないでください。

 

危険な実態!闇金の関連記事はこちら

 

無職でお金を借りるならこれしかない

先ほどまでは収入がない場合、申込すら出来ないといいましたが、実は収入の無い人でも条件によっては借入が出来る場合があります。
例えば、専業主婦は収入が無いですが、配偶者が代わりに収入を得ているので、借入が出来る場合があるのです。
では、その他に当てはまる条件も踏まえて、以下で説明していきます。

 

専業主婦の場合

実は、一部の中小消費者金融では、総量規制の例外貸付を認めているため借入が出来るのです。
総量規制の例外貸付とは

 

配偶者と併せた年収の3分の1以下なら借入が可能(配偶者貸付

 

となっています。
そのため専業主婦でも例外貸付を認めている所を利用すると借入が出来る場合があるのです。⇒総量規制対象外について
その他に、銀行カードローンを利用するといった方法もあります。
何故かというと銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法が適用されるため総
量規制の適応外となるためです。
そのため、銀行カードローンの中には専業主婦専用のローンを準備しているところもあります。
ただし、基本的には配偶者の年収の3分の1を超える融資は受け付けていません。
これは、銀行側が、配偶者の収入のみで借入額を返済していくことを考慮し限度額を設定するからです。

 

 

学生の場合

学生の場合、親からの仕送りを受けていれば借入が出来そうに思えますが、仕送りでは、収入と認められないので借入は出来ません。
ですが、20歳以上でアルバイトをしていて安定した収入を経ていれば、借入は可能です。
そのため学生であれば、まずは、アルバイトすることから始めましょう。
それから学生ローンの利用などを考えていくことをおすすめします。

 

安定した収入があれば学生でも借りれる!

 

年金受給者の場合

年金受給者にも貸付を行っているのが、銀行カードローンです。
問題として、申込条件に65歳〜70歳未満の年齢制限があり、おすすめはできません。
その他の方法として、公的機関の利用といった手もあります。
公的機関として

 

 

  • 独立行政法人福祉医療機構(WAM)
  • 株式会社日本政策金融公庫(JFC)

 

の2つの機関は、例外的に年金を担保とした貸付が許されているからです。
また、金利が低く設定されており、年金担保融資の場合だと、年率1.8%となり銀行カードローンと比べ10分の1ほどとなります。
また、銀行カードローンにはあった年齢制限もないので、銀行カードローンの前に上記2つの公的機関に問い合わせを行ってみるのがおすすめです。
ただし、デメリットとして、公的機関のため融資まで時間が掛かり、約1か月程、場合によってはそれよりも掛かるといった点があります。

 

 

それ以外の場合

上記に当てはまらない人はどうすればいいのかというと、生活福祉資金貸付制度を利用する方法です。
収入が低く、消費者金や銀行カードローンなどを利用できない人にお金を貸す公的な制度で、無利子または、低利子でお金を借りることができます。
この制度は、厚生労働省の管轄で行われており、貸付の窓口は、各都道府県・市町村の社会福祉協議会です。
大まかな基準として、

 

 

  • 必要な資金を他から借りることが困難な低所得者世帯
  • 65歳以上の高齢者がいる世帯
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳を持つ人がいる世帯

 

となっています。
ただし、この基準に当てはまれば必ず借入が出来るわけでもなく、返せる見込みがないと判断されると生活に困っていても制度を利用できないといったことも少なくありません。

 

総量規制についての関連記事はこちら

 

無職が借りる前にやるべき大事なこと

結局のところお金を借りる前にまずどうすればいいのかというと、「仕事を得る」ことです。
お金を借りる上で重視されるのは、年収ではなく、安定した収入になります。
アルバイトやパートといったものでも、1ヶ月以上同じ場所で働き、安定した収入得ることで、消費者金融なら審査に通る可能性がでるのです。
確かに急にお金が必要になった際、お金を借りる方法を考えると思います。
ですが、収入を得ていなかったら借りることすら出来ないので、まずはお金を借りれる状態にする準備が大切です。
それから自分に合ったお金の借り方を探しましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン