配偶者貸付ってどんなもの?専業主婦は旦那の収入証明がないと借りれないの?

配偶者貸付ってどんな制度なの?

 

2013年に貸金業法が改正され、総量規制が導入されました。
この改正により、個人の借り入れは年収の3分の1と制限され、専業主婦のように自分には収入がない人には貸し出しをしないという流れができたのです。
ですが、主婦が借り入れをする目的が生活費や教育費だった場合、借り入れができないと困ることもあります。
その点を考慮して設けられたのが、「配偶者貸付」なのです。
配偶者貸付とは、配偶者と自分の収入を合算した金額の3分の1まで借り入れを認めるという制度です。
例をあげると、夫の年収が250万円、妻の年収が50万の場合、妻個人で申し込みをすれば、15万円までしか借り入れることができません。
ですが、配偶者貸付を利用すると、夫と妻の年収の合算300万円の3分の1である、100万円まで借り入れることができるのです。
ですが、これは夫婦双方に借り入れがない場合の上限金額で、夫や妻が他から借り入れをしていれば、その分が減額されてしまいます。

 

専業主婦の私はどんな手続きをすることになるの?

 

この配偶者貸付は、専業主婦でも利用が可能です。
ですが、配偶者貸付を利用する場合は、配偶者の同意書や、住民票や戸籍抄本など夫婦関係にあることを証明できる書類が必要です。
つまり、専業主婦が夫に内緒で配偶者貸付を受けることはできないのです。
夫に同意書を書いてもらうなら、夫の名義で借り入れをしてもらう方が審査もスムーズです。
配偶者貸付を利用するかどうかを、夫婦で話し合って決めましょう。

 

配偶者貸付は借入先をリサーチして選ぼう!

 

銀行で配偶者貸付を行っているのは、楽天銀行スーパーローン、セブン銀行カードローンなどです。
楽天銀行は、配偶者の同意書がなくても契約できるのが魅力です。金利も1.9%〜14.5%で、入会すると楽天スーパーポイントがもらえる特典もあります。
セブン銀行は、本人確認書類や収入証明書が不要で、カードローンも10万円、30万円、50万円の3コースが設けられており、額が低いほど審査が通りやすいです。
このように、配偶者貸付の内容は金融機関によって異なるので、きちんとリサーチしてから申し込んでください。

 

専業主婦でも借りれる銀行カードローンはこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン