知ってる?年金を担保にお金を借りる制度【年金担保融資】

年金が担保になる!年金担保融資とは?

年金担保融資(年金担保貸付制度)とは、独立行政時法人「福祉医療機構」が実施する公的融資のことです。
高齢者などが医療費や住宅の改修費、冠婚葬祭、介護、生活必需品の購入などの費用で一時的に資金が必要になった場合に、公的年金を担保として小口の資金を低利子で貸し付ける公的な貸付制度のことで、年金を補完する役割を担っています。
そして金融業者が年金を担保に貸付をすることは法律で禁止されています。
資金が必要になった場合、その資金を用意できない時、闇金などの悪徳業者などから高齢者が騙され生活が困難に陥ったという事例があり、そのような事を防ぐために創設されました。

 

融資を受けられる対象者として、
厚生年金保険年金証書
(厚生年金基金および企業年金連合会から支払われるものは対象にはなりません)
国民年金、厚生年金保険年金証書

 

船員保険年金証書
(編成22年1月以降の事故による船員保険の障害、遺族年金は対象にはなりません)
国民年金証書
(無拠出制の老齢福祉年金、特別障害給付金および国民年金基金は対象にはなりません)
労働者災害補償保険年金証書
(石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金は対象にはなりません)
などの証書を持っている方で、現在その年金の支払いを受けている方が利用でき、年金の種類は、老齢年金、老齢基礎年金、障害年金、遺族年金のいずれも対象になります。

 

融資額は10万円〜200万円の範囲以内。
受給している年金の0.8倍以内。
1回あたりの返済額の15倍以内。
となっており、融資額は借入申込者本人が必要とする額を限度とし、上記の3つの要件を満たす額の範囲内になり、融資金の必要性などの確認のために見積書、請求書などの提出が求められることがあります。

 

返済方法は年金支給機関から偶数月に支給される年金のうち、申込者が指定した額を返済に充てることになります。
そして連帯保証人(審査基準あり)が必要な場合もあります。

 

担保にできるのはメリット?デメリット?

金利が低く、返済可能性が高いので審査も限度額も非常に緩いのがメリットです。
資金のない高齢者にとってはお金を貸してくれる機関があまりないので、このような制度は有り難いでしょう。

 

しかしデメリットもあります。
デメリットには、年金額が減額されて支払われるということです。
返済支払いが始まると年金から天引きされるので、「今月はお金がいるから待って欲しい」という訳にもいかないので、返済はきちんとしていかなければなりません。

 

そして自己破産しても年金を担保にした借入の債務は免除になりません。
したがって破産後も年金を担保にした借入の返済はしなければならないのです。

 

また年金担保融資をしている人は原則として生活保護が適用されません。
理由としては、年金担保融資を借入したために受けとる年金が少なくなった後、生活保護を受給することを避けるためなのです。!

 

年金を担保にしてお金が借りれるが、その分年金の受け取り額が減ることを理解しておこう!

年齢や収入がないなどが理由で消費者金融からの借入が難しくなっていので、高齢者にとっては年金を担保にまとまった金額を受け取れるのは、助かる制度です。

 

しかし年金を担保に借り入れをしてしまうと生活保護という救済策が受けられなくなったり、年金の受け取り額が少なくなるというデメリットがあります。

 

一歩間違えると普段の生活自体が苦しくなるということにもなりかねません。
デメリットを知った上で、よく考え、年金担保融資を利用するなら無理な借入額にならないように注意しましょう。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン