関西アーバン銀行 マイカーローン

関西アーバン銀行のマイカーローンは最大1,200万円まで借入が可能です。しかも、無担保・保証料込み。

 

金利は年2.70%からと借りやすく、さらに関西アーバン銀行で住宅ローンを利用している、もしくは利用予定の方や株式会社関西クレジット・サービスのVISAカード会員または同VISAカードを申し込むことで上記金利から年0.50%金利優遇が可能です。

 

金利は変動金利と固定金利が用意されています。

 

マイカーローンのように大きな金額を借りる場合は銀行に足を運ばなければいけないと考えている方もいるかもしれませんが、関西アーバン銀行は来店不要でネット申し込みで完結します。

 

さらに、「関西」という名前なので西日本限定と思われるかもしれませんが、全国対応です。

 

また、自家用車(新中古車)購入資金以外にも、251cc以上の自動二輪車購入資金や教習・検定、車庫建築、車検、修理等車に係る費用としての利用も可能です。

変動金利

年2.70%〜年3.80%

 

固定金利型

返済期間が5年以内 年2.95%〜年4.05% 返済期間が5年超 年3.10%〜年4.20%

【全国対応】関西アーバン銀行マイカーローンの金利とメリットデメリット

他行と比較してどうなのか?

関西アーバン銀行以外でもマイカーローンを提供している銀行はありますが、それらと比較して実際関西アーバン銀行で借りるのがお得か、あるいは損するかを見てみましょう。

銀行名 変動金利 固定金利 借入金額 借入期間
関西アーバン銀行 年2.70%〜年3.80% 年2.95%〜年4.20% 50万円以上1,200万円以内 6ヵ月以上10年以内
みずほ銀行 年3.700% 年4.350% 10万円以上500万円以内 6ヵ月以上7年以内
三井住友銀行 年4.475% - 10万円以上300万円以内 1年以上10年以内
三菱東京UFJ銀行 年2.975% - 50万円以上1,000万円以内 6ヵ月以上10年以内

このようにメガバンクと比較してみると、高スペックであることが分かります。

 

みずほ銀行と比較した場合、最低借入額が関西アーバン銀行が50万円からとなりますが、車を買うことを考えると特別問題ではないでしょう。金利に関しては圧倒的に関西アーバン銀行が有利です。

 

三井住友銀行を見た場合、固定金利がないということや変動金利が圧倒的に差があるということ、さらに借入上限も大きく違います。

 

三菱東京UFJ銀行に関しては固定金利がないという点はあるものの、変動金利の年利や借入金額の上限が遜色ないと言えますが、固定金利がある点など総合的にみると関西アーバン銀行の方が色々といい条件がそろっているのが分かります。

ディーラーローンよりもマイカーローン

車を購入する際に利用できるローンとして、マイカーローン以外に、ディーラーローン(オートローン)がありますが、こちらはあまりオススメしません。

 

まず基本的に金利が高いということもありますが、同じディーラーでも地域によって違うといった問題点があります。例えば、福岡だと年利3.90%なのに、東京だと年利7.80%といった具合に。

 

車は大きな買い物なので、年利が0.05%違うだけでも大きな差になってしまいます。

 

こういった問題点を避けるためにも予め銀行のマイカーローンを利用することをオススメします。

 

【全国対応】関西アーバン銀行マイカーローンの金利とメリットデメリット

 

読者から寄せられた関西アーバン銀行マイカーローン体験談

【関西アーバン銀行体験談】マイカーローンの支払いがラクに!

車を購入する際に組むのが「マイカーローン」。経験のある方も多いのではないでしょうか。今回は、奥様の妊娠を機に車を購入することになったという若いご主人からの体験談。ディーラーのローンを利用する人が多いようですが、このご主人は、銀行のマイカーローンにしたそうで何やらすごく満足そうです。一体どんなお話なの...

» 続きを読む