自動車ローンは販売店で契約すると損?自動車ローンを組むなら銀行一択!

ディーラーの自動車ローンは結構金利が高いって本当?

ディーラーの自動車ローンとは、ディーラーと提携している信販会社やクレジット会社が提供するローンのことです。
ディーラーで自動車を購入する際にディーラーから自社のローンを勧められますよね。
ディーラーローンは手続きもディーラーがしてくれ手間もかからず審査結果もその日か翌日には分かり早くローンを組むことができるというメリットがあります。

 

しかし言われるがままディーラーでローンを組んでしまうとディーラーの自動車ローンは他と比べると金利が高めに設定されているため、高い金利による利息の支払いで大きく損をしてしまう可能性があります。

 

なぜディーラーの自動車ローンの金利が高いかというと、ディーラーは提携している信販会社やクレジット会社に審査を出し契約をしているのでディーラーが行ってはいません。なので当然ながら信販会社やクレジット会社が儲け分の取るべき金利に加え、販売店の儲け分が金利に加算されるので金利が高くなっているのです。

 

こんなに金利が低いとは!銀行の自動車ローンの特徴は?

自動車ローンはディーラーだけではなく、銀行などでも自動車ローンを扱っています。

 

銀行の自動車ローンは無担保で申し込める自動車専用のローンのことで、銀行の自動車ローンの一番の特徴は金利が低いということです。
ディーラーの自動車ローンは一般的に4〜10%の所が多いですが、銀行は2〜4%の金利で、中には1%台の自動車ローンもあります。金利を見れば断然銀行の方が金利が安いですよね。

 

そして車だけではなく、バイクや車に関わるものにならいろいろな物に使えるローンになっていて便利です。

 

しかしデメリットもあります。
銀行の自動車ローンは無担保なので、審査では年収や勤続年数、雇用形態などが審査基準になり、審査が厳しく、安定した収入がなければ審査に通るのは難しいでしょう。
そして審査にも時間がかかり、申し込み手続きも自分でしなければいけないので、手間と時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

銀行の自動車ローンは金利が低いので利用しないともったいない!

銀行の自動車ローンの申し込みには時間と手間がかかり審査もディーラーに比べれば厳しいですが、金利面を考えれば銀行の方が得になるので、利用できるなら銀行の自動車ローンを利用する方がいいでしょう。

 

自動車の購入はローンの返済だけではありません。
ガソリン代、保険代、自動車税に、車検代、駐車場代…など維持費がかかってきます。
こういう事も考えた上でローンの返済計画を立てるようにしましょう。

 

車を購入してもローンの返済だけで精一杯で維持ができなければ結局手放さなければいけなくなるので、少しでも金利の安いところを選び毎月の返済を無理なく出来るようなローンを組むようにしましょう。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン