ソニー銀行のカードローン・キャッシング・おまとめローン

ソニー銀行のカードローンには18種類の限度額が用意されており、自分のライフスタイルに合った限度額を選択することで、ゆとりのある借入・返済ができます。

 

  • 業界最低水準の金利 年2.5%から
  • 月々の返済は2,000円からなので安心
  • ソニー銀行の口座がなくても最短60分で仮審査
  • 低金利と返しやすさでおまとめローンニーズでも大人気

注目@ソニー銀行は『おまとめローン』『借り換えローン』目的でも利用が可能で、その低金利と返済のゆとりから多重債務の一本化や借り換えによる金利の低減にも貢献しています。

ソニー銀行でおまとめした場合のシミュレーション

 

注目Aソニー銀行は専業主婦に対しても良心的な融資を行っています。最大50万円までの貸付が出来るのはカードローン業界ではソニー銀行と数社しかありません。

専業主婦でも借りれる銀行カードローン

金利 2.5〜13.8% 利用限度額 10万円〜800万円
即日融資 審査時間 最短60分
担保・保証人 不要 返済方法 -

低金利なソニー銀行カードローンに申込

 

目次

  1. ソニー銀行のカードローンの特徴
  2. 返済方法
  3. 金利
  4. ソニー銀行のおまとめローン
  5. 専業主婦でも借りれるソニー銀行のカードローン
  6. ソニー銀行のその他のローン
  7. 読者から寄せられたソニー銀行のカードローン体験談

ソニー銀行のカードローンの特徴

ソニー銀行は、「第11回日経金融機関ランキング(発表:日本経済新聞社)」にて8年連続で顧客満足度第1位を獲得している信頼性の高い銀行です。

 

そのソニー銀行が発行しているカードローンですから、安心してキャッシングの申込ができます。

 

また、なんといっても圧倒的な低金利がソニー銀行の魅力のひとつ!更に設定された約定返済額の低さも人気の要因となっており、カードローン・キャッシング業界を揺るがしています。

 

利用限度額は、10万円〜800万円の中で細かく設定された18種類あり、必要に応じた限度額を選択することが出来ます。

 

利用限度額の上限は、審査の上、決定となります。

 

ここが強み!

最短60分で仮審査結果の回答がもらえる

ソニー銀行は書類の準備が必要なく、手続きはネットだけで完結します。最短60分で仮審査結果が分かるので、急ぎの時に助かります。
融資は本審査通過後に最短即日融資です。

 

300万円まで年収証明書不要

限度額300万円以下であれば、年収証明書の提出は原則不要です。

 

300万円を超える借入を希望する場合

ソニー銀行のカードローンは限度額が800万円ですから300万円を超える利用限度額を申し込む場合、本人の年収を確認できる資料のコピー(前年度のもの。以下のうちいずれか1通)を郵送またはFAXで送付する必要があります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 確定申告書
  • 納税証明書(その1・その2)

 

初回は指定口座に振込

ソニー銀行の口座を持っていない場合、初回は指定の本人口座への振込が可能です。
口座を持っていないけど早く借りたい!という方には嬉しいサービスになりますね!

返済方法

ソニー銀行のカードローンは、約定返済日に、下表の月々の返済額(元金と利息を合わせた一定額)をソニー銀行の円普通預金口座より自動引き落としとなります。
月々の返済額は利用限度額にかかわらず、前月の約定返済日の利用残高により決定する残高スライド返済方式となります。

 

一番の特徴は設定返済金額の低さです。
他行と比較しても圧倒的に最低返済金額が低いため、苦しい状況でも返済がしやすいと人気の理由のひとつとなっています。
おまとめローン目的でのユーザーが多いのはこういった要因があるのです。

前月の約定返済日の利用残高 月々の返済額
10万円以下 2,000円
10万円超 20万円以下 4,000円
20万円超 40万円以下 6,000円
40万円超 60万円以下 8,000円
60万円超 80万円以下 10,000円
80万円超 100万円以下 12,000円
100万円超 150万円以下 15,000円
150万円超 200万円以下 20,000円
200万円超 300万円以下 30,000円
300万円超 400万円以下 35,000円
400万円超 500万円以下 40,000円
500万円超 600万円以下 50,000円
600万円超 700万円以下 60,000円
700万円超 800万円以下 70,000円

 

選べる約定返済日

カードローンの多くは、約定返済日が毎月5日や10日といったように、カードローン会社や銀行が決定しています。

 

しかし、ソニー銀行のカードローンの場合、月々の返済日は毎月2日、7日、12日、17日、22日、27日の6つの日のいずれかから指定することができます。そのため、自分の都合に合わせやすく、返済の計算もしやすくなるのが特徴的です(約定返済日が土、日、祝日、その他法令で定められた銀行の休日にあたる場合は、ソニー銀行の翌営業日が返済日となります)。

 

ソニー銀行から他の借入をしている場合、同一の約定返済日となります。そのため、カードローンか他のローンの約定返済を変更すると、すべてのローン契約の約定返済日が一律変更されるので、その点は注意が必要です。

 

また、月々の返済日を変更する場合、540円(税込)の手数料がかかってしまうので、後から返済日の変更がないように返済日の指定を行うようにすることをお勧めします。

金利

ソニー銀行のカードローンの金利は利用限度額によって、下記金利が適用されます。

 

上限金利は13.8%と業界内でもトップクラスの低金利ですが、100万円借入時の金利が10%を切るのはソニー銀行の大きな特徴です。
借入金額が大きくなりがちなおまとめローンなどの目的のユーザーにも好評を得ているのはこういった優しい金利設定をしてくれているからですね!

利用限度額 基準金利
10万円 13.800%
20万円 13.800%
30万円 13.800%
40万円 13.800%
50万円 13.800%
60万円 12.800%
70万円 12.800%
80万円 12.800%
90万円 12.800%
100万円 9.800%
150万円 9.000%
200万円 8.000%
300万円 6.000%
400万円 5.000%
500万円 4.000%
600万円 3.500%
700万円 3.000%
800万円 2.500%

ソニー銀行のおまとめローン

ソニー銀行ではおまとめローンとしての利用も可能です。
ソニー銀行のカードローンでおまとめローンを組めればその低金利と低めの返済額で確実に借金は楽になりますので、多重債務者にはかなり人気のカードローン商品になっています。

 

ただし、おまとめローンをする上で重要な事は、月々の返済額がどれだけ軽減されるか、利息額をどれだけ圧縮できるかが成功の鍵となります。
ソニー銀行のカードローンでおまとめをする場合はその返済方法が残高スライド方式(返済を重ねて残高が減っていくと月々の返済額も比例して減る返済方法)であることで、結果、返済期間が長期間に及ぶことになり利息を無駄に払い、返済総額が大きくなってしまうことに注意しましょう。
できれば、初回の返済額以上の金額を最後まで払い続け、繰り上げ返済で返していくことをオススメします。

 

また、ソニー銀行のカードローンは東京スター銀行や消費者金融などのおまとめローン専用の商品とは違い、用途自由のカードローンですから、融資がおりた後は、自分で一本化したい借金を返済する必要があります。
これをしないとただ借金が増えただけで多重債務は解決しないので必ず今ある借金は返済してしまうようにしましょう。

 

100万円まとめる際の返済シミュレーション

例@3社150万円の複数債務をソニー銀行でおまとめした場合

借入額 年利 月返済額

A社

70万円

18%

25,000円

B社

50万円

18%

18,000円

C社

30万円

15%

15,000円

合計

150万円

-

58,000円

ソニー銀行

150万円

9.0%

15,000円

3社150万円をソニー銀行でおまとめした場合は43,000円も月の返済額が軽減されます。
残高スライド返済方式の特徴でありデメリットとメリットが混在するのですが150万円〜100万円までの間の返済額15,000円なのですが、残高が100万円を切った時点から12,000円となり、さらに月々返済金額が低くなります。
楽になると言えば聞こえはいいのですが、この残高スライド方式は無駄に長期間利息を払い続けることになるので、あまりオススメはできません。

 

実際に150万円を残高スライド方式に従って返済した場合のシミュレーションです。

借入残高 最低返済額 利息 返済回数
150万⇒100万 15,000円 88万5千円 92回
100万⇒80万 12,000円 26万円 38回
80万⇒60万 10,000円 22万5千円 42回
60万⇒40万 8,000円 18万円 47回
40万 ⇒ 20万 6,000円 12万5千円 54回
20万 ⇒ 10万 4,000円 4万円 35回
10万 ⇒ 完済 2,000円 2万5千円 63回
合計 324万円 174万円 371回

上記の表だと371回(約31年)もの返済回数になることが分かりますし、利息総額も174万円と元金を大きく上回ってしまいます。
これが無駄な返済の仕方というのは一目瞭然ですよね?
できれば毎月決まった金額を返済して回数を減らせば利息額も比例して低くなり低金利なおまとめローンに借り換えたメリットが出るというものです。

 

例えば、完済まで毎月15,000円を返していけば返済回数は186回で済みますし、利息総額も128万円と50万円近く削減できますね。
もし、毎月3万円返していくことができれば、回数は63回で利息総額は39万円となり、残高スライド返済の4分の1以下まで減らせるんです。

 

 

300万円まとめる際の返済シミュレーション

それでは300万円をソニー銀行のカードローンでおまとめした時のシミュレーションも見ていきましょう。

 

例A5社300万円の複数債務をソニー銀行でおまとめした場合のシミュレーション

借入額 年利 月返済額

A社

100万円

13%

25,000円

B社

70万円

15%

24,000円

C社

50万円

18%

18,000円

D社

50万円

18%

15,000円

E社

30万円

18%

15,000円

合計

300万円

-

97,000円

ソニー銀行

300万円

6.0%

30,000円

5社300万円をソニー銀行でおまとめした場合は更にメリットが大きく、67,000円も月の返済額が軽減されます。
ここでも注意しておきたいのが銀行カードローンにおける落とし穴の残高スライド返済方式です。

 

ソニー銀行で300万円借りた場合の残高スライド返済シミュレーションを見てみましょう。

借入残高 月返済額 利息 返済回数
300万 ⇒ 200万 30,000円 72万5千円 57回
200万 ⇒ 150万 20,000円 39万円 44回
150万 ⇒ 100万 15,000円 36万円 57回
100万 ⇒ 80万 12,000円 12万円 57回
80万 ⇒ 60万 10,000円 10万5千円 30回
60万 ⇒ 40万 8,000円 9万円 36回
40万 ⇒ 20万 6,000円 6万5千円 44回
20万 ⇒ 10万 4,000円 2万5千円 30回
10万 ⇒ 完済 2,000円 1万5千円 58回
合計 489万5千円 189万5千円 382回

300万円を残高スライド返済で返していくと382回もの回数の返済が必要になります。
さらに、金利は189万円も払わなくてはなりません。
限度額が上がり、金利が低くなった分、回数や総利息額は150万から大幅に増えるということはありませんが、それにしても返済期間が長過ぎますね。

 

ここでもやはり毎月一定金額を支払っていくことで改善することが出来ます。
例えば毎月3万円返済していった場合では返済回数139回、利息額117万円と相当短い期間で払う利息も少なくなります。
さらに毎月5万円返済することができれば回数は72回で済みますし、利息も57万5千円となるので相当なメリットとなりますね。

 

このように、ソニー銀行でおまとめローンをする場合は、返済のシミュレーションと、自己管理(毎月上乗せして繰り上げ返済していくこと)が重要になります。
せっかくの低金利ですから、ムダに期間を伸ばして利息額が大きくならないような返済の仕方が大事になります。
イベントが重なったり、出費が多くて・・・という月に返済金額が低いことのメリットを感じるくらいがちょうどいいですよ。

 

 

おまとめローンをもっと比較・検討したい方は、おまとめローン特集をチェック!

おまとめローン特集はこちら

専業主婦でも借りれるソニー銀行のカードローン

 

ソニー銀行の専業主婦への貸出規定

 

総量規制の影響で消費者金融が専業主婦への貸出をしなくなりました。
配偶者貸付という制度があり、収入が全く無い専業主婦でも借りれないことはないのですが、主な消費者金融(プロミスやアコムなど)は規約で『専業主婦お断り』という方針を打ち出しています。
そんな中で総量規制の対象外である(対象の場合年収の3分の1以上を貸し付けてはいけない)、銀行だけが専業主婦が借りることができる唯一の金融機関となったわけですが、銀行でも専業主婦お断りのところは少なくありません。

 

そんな時代ではありますが、ソニー銀行のカードローンは収入のない専業主婦でもお金を借りることができます。
さらに限度額は50万円までとなっていますが、専業主婦への枠としてはカードローン業界最大です。

 

金利の安さ、返済金額の低さも専業主婦が借りれる銀行カードローンの中で一番人気を支える理由のひとつです。

 

ただし、専業主婦がソニー銀行のカードローンを借りるには、最低限配偶者(夫)に安定した収入があることが条件となりますし、あなたの状況次第では旦那さんの収入証明書が必要になる場合もありますのでそこだけは注意しておきましょう!

 

低金利なソニー銀行カードローンに申込

その他のローン

ソニー銀行には下記のローンサービスもあります。

 

住宅ローン

変動セレクト住宅ローン金利プラン 変動金利の大きな引き下げ幅が特徴のプランです。借入後に固定金利へ変更することも可能です。
住宅ローン金利プラン 借入時の取り扱い手数料を抑えたプランです。変動金利・固定金利いずれの選択も可能です。

他行の住宅ローンと比較するならこちらをチェック

 

目的別ローン

ソニー銀行の目的別ローンは、幅広い目的で利用できる無担保ローンです。

 

「教育ローン」「新車ローン」「一般ローン」の3つの商品から選ぶことが可能です。

 

最大500万円、最長10年の返済が可能なので、ゆとりを持った返済プランを立てることができるのが魅力的です。
※現在、目的別ローンの新規申込受付は停止していますので、カードローンでだいたい利用がオススメです。

体験談特集