結局どっちが得?マイカーローンの残価設定型と普通の自動車ローンの違い

残価設定型ローンのメリットとデメリットを知っておこう!

 

近年、マイカーローンの一種である「残価型設定ローン」を利用する人が増えているようです。
残価型設定ローンとは、新車を購入する際、3〜5年後のローン終了時に、想定される車の買い取り価格分をあらかじめ差し引いた金額で、ローンを組むことをいいます。
ローンの返済が完了すると、新車に乗り換えるか、販売店にその車を返却するか、本来の金額の残価を一括払いして自己所有するかを、選択することになります。
残価型設定ローンのメリットとしては、頭金なし、ボーナス支払いなしでも、月々の支払額を抑えられること、ローン完了後に再び残価型設定ローンを利用して新車に乗れること、買い取り価格が保証されることがあげられます。
一方で、残価型設定ローンを利用できる車種は限定されていること、ローン期間を修了する際に「乗り換え」「売却」「買い取り」のいずれかを即断しなければいけないこと、走行距離が月1000km以内など制限されること、事故などで車が損傷したりカスタマイズをすると引き取りを拒否され、残価を一括請求される可能性があることがあげられます。

 

通常のマイカーローンにもメリットとデメリットがある!

 

月々の支払額が安いというところだけを見れば、残価型設定ローンの方が魅力があるように感じられるかもしれません。
ですが、通常のマイカーローンにもメリットはあります。
まず、頭金を入れたりボーナス払いを併用するとローン期間を短縮できること、支払総額が結果的に残価型設定ローンより安くなることもあること、ローンが終了した時点で車が事故所有物になること、好きなように車体をカスタマイズできること、違うメーカーの車に乗り換えしやすいことなどです。
とはいえ、残価型設定ローンよりは月々の負担が大きく、車検やメンテナンスの費用が必要になり、頭金がないと審査が厳しいといったデメリットもあります。

 

自分にあったローンはどちらなのか、慎重に検討しよう!

 

残価型設定ローンと通常のマイカーローンのどちらが得かというのは、車の使用頻度や使い方、こだわり方によって異なります。
使用頻度が低く、カスタマイズに興味がない、車を使用する期間が限定されているなら、残価設定型ローンの方がよいでしょう。
ですが、月の走行距離が1000kmを超えたり、車体のカスタマイズが趣味な人なら、通常のマイカーローンがおすすめです。
自分に合っているのはどちらか、よく考えて選択してください。

 

銀行マイカーローンのメリット・デメリットはこちら

 

人気の低金利銀行カードローン一覧はこちら

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン