消費者金融でおまとめローンする場合の注意点!銀行のローンはおまとめできない?

多重債務の最後の砦、おまとめローン。
複数の借入れを一本化出来る為、精神的な負担からも解放されると人気の金融商品になっています。
しかし実際おまとめをしたいのに出来ないパターンがあるのは、あまり知られていません。
今回はおまとめローンの基本と共におまとめNGの例についてご紹介したいと思います。

 

○知っているようで知らない、おまとめの事実

 

・おまとめローンの基本

 

まずは簡単なおまとめローンのイロハについて、わかりやすく完結に説明したいと思います。
おまとめローンは基本的に他社からの借入れを返済する為だけのローンです。通常おまとめローンに限っては、カードローン融資のように返済した分の追加融資は出来ません。
ただし消費者金融のおまとめローンであっても、年収の1/3以上の借入れが不可能な総量規制の括りには縛られない為、多額のローンも一本化可能です。
因みに大手銀行はおまとめローンという名称での金融商品は持たず、使用用途を問わないフリーローンとして一本化が可能な点も覚えておきましょう。

 

・おまとめの金利と返済方法

 

おまとめローンを申し込む前に、まずは気になるおまとめ先の金利を熟知することが大切になってきます。おまとめローンの金利は一概に低いとは言えず、中にはおまとめ後の金利が高くなってしまうケースも報告されています。つまりおまとめ前の複数の金利の平均値(加重平均利率と言います)より、低くなるであろうおまとめ先を見つけることが大切なんです。

 

また返済方法に関しても各社異なりますが、元利均等返済方式と呼ばれる返済額に金利が含まれる返済方式はオススメ出来ません。なぜなら月々の負担額が少ない一方、元金が減りにくく、完済まで時間がかかってしまうからです。その為おまとめローンを選ぶ際は、低額の元金プラス金利が上乗せされる元金定額返済方式を採用している金融機関を選びましょう。

 

○おまとめローン対象外!このパターンは借入れ不可!

 

・銀行からの借入れをおまとめしたい場合

なかなか知られていないおまとめローンの罠、それが複数ある銀行からの借入れをおまとめしたいケースです。多くの独自サービスに柔軟な審査、そしておまとめローンにも力を入れている消費者金融ですが、実は銀行からの借入れに関してはおまとめ対象外という新事実。つまり銀行で借入れしているフリーローンに関しては、額や自身のスペックにもよらず、消費者金融でのおまとめは不可能。信販系の金融機関、中央リテールのようなおまとめ専用のローン会社でも、銀行からの借入れの一本化はNGなんです。どんな借金にでも適応出来るように見えるおまとめローンですが、実はこんな所に落とし穴があったのには驚きですね。

 

・クレジットカードのショッピング枠のおまとめの場合

 

銀行からの借入れ以外にもおまとめNGの事例がもう一つ。それはクレジットカードのショッピング枠に関して。しばし陥ってしまいがちなパターンが、クレカによる高額商品のリボ払いによるリボ地獄……複数枚のカードでリボ払いにしている方は、リボ分をおまとめローンで一括して、さあ多重債務からの脱却!と意気込んでいても、基本おまとめローンはクレカのショッピング枠へのおまとめの適応は不可能。その為リボ地獄に陥らないような金銭感覚を身に付け、クレカに依存しない生活へと価値観を改めることが借金返済の一番の近道になってくるのです。ただしキャッシング枠に関しては、おまとめの適応範囲内になっています。

 

○銀行カードローンをおまとめしたい場合

 

・銀行カードローンを検討する

 

低金利でお金を借入れ出来るから、また銀行という大きな傘下で安心感を持って返済できるのが魅力……
だけど複数の銀行カードローンからの毎月の返済も、大きな負担になることは言うまでもありません。
しかし消費者金融でおまとめろ検討したい場合、銀行からの借入れを帳消しにするには別の方法を検討する必要があります。

 

消費者金融でのおまとめが利用出来ないのであれば、複数の銀行からの借入れ分を新たに銀行のカードローンで返済する方法です。
しかし銀行の審査は現在の借入れ先・額が厳重に審査されるので、あまりに大口な融資の場合は審査落ちする場合が殆ど。
ただし、おまとめ/借り換え利用可能な銀行カードローンを選べば、複数の銀行カードローンをおまとめをすることが可能になってきます。
通常大手銀行は多重債務に特に厳格な場合が多いので、ネット銀行や地方に点在する地銀のフリーローンを検討するのも一つの手と言えるでしょう。

 

おまとめが可能な銀行カードローンを比較

 

・債務整理という最後の手段も……

 

昨今総量規制対象外である銀行カードローンからの借入れ多数が原因で、毎月の返済に苦しむ多重債務者が増えています。
金利が低くて大口融資可能が故、多重債務者の急増という皮肉な結果……
そして銀行ローンという特殊さが為に、消費者金融によるおまとめはNG!
更に新たな銀行の借入れが不可能な場合は、最悪債務整理を行う勇気が必要になってきます。

 

債務整理と一言で言っても、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産に分かれています。
特に多いパターンは借金の返済額を見直す任意整理になってきますが、借入れ額の大きさや財産の有無等、様々な事象を考慮しなければなりません。
その為、自分にあった債務整理は何なのか?果たして本当に債務整理をするべきなのかを、司法書士や弁護士の元で熟考する必要が出てきます。
メリットも多い分、新たな借入れが出来なくなったり、財産を失ったりとデメリットも大きいですが、気になる方は勇気を出して専門家の意見に耳を傾けることも大切です。

 

債務整理についてもっと詳しく知るならこちら

 

○上手におまとめ完済する為のポイントと注意点とは?

 

・確実に金利が下がる商品と追加返済の重要性

 

おまとめローンを単なるローンの一本化と考えるのは、若干リスクが伴います。
前述のように現在の金利とおまとめ後の金利差をキチンと把握しないと、毎月の支払いはシンプルになれど、元金の返済を後回しにするだけという最悪な自体にも……
基本100万円以上のおまとめはMAXの金利が15%に抑えられますが、おまとめの場合必ずしも銀行の金利がお得になる訳ではありません。
おまとめ額によっては消費者金融の方がお得な場合もあるので、その点に関しては注意しましょう。

 

またおまとめをしたところで、借金を完済したわけではありません。
ローンの1本化をするとしばし陥る幻影こそが、借金を返したつもりになってしまう点です。
おまとめ後に消費者金融から再度融資を受けるパターンを避ける為にも、毎月一定額の追加返済を習慣付けて完済を早める努力を忘れてはなりません。

 

まとめ

 

おまとめローンも全てのケースで借入れを1本化出来るわけではない、そんな新事実……
便利な反面おまとめNGな事象、金利や利子の増加など、決してメリットばかりの金融商品ではないということが判明しました。
毎月複数の返済に追われる日々を送っていると、返済の為だけに生きていると錯覚してしまいがちです。
しかし本当に困った場合は安易におまとめをするのではなく、専門家の意見を仰ぎ、自分に合った救済方法を見つけることこそが一番の解決策だということを忘れてはなりません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン