クレジットカードのリボ払いの借り換えはできる?

クレジットカードって便利ですよね!だけど魔法みたいなクレカだからこそ、陥ってしまいがちなのがクレカのリボ地獄……毎月一定額さえ支払えばOKなリボ払いで、気づけば多重債務の卵の仲間入り。そんな地獄を抜け出す手段の1つがおまとめローンなんです。今回は気になるクレカのリボ支払いと、気になるおまとめのアレコレをまとめてみようと思います。

 

あなたはクレカと上手に付き合っている?陥りやすいリボ地獄とは?

 

社会人なら1枚あると便利なクレジットカード。支払い方法も一括、分割にリボ払いが選択出来ますが、ちょっと待って?あなたは分割払いとリボ払いの違いについてキチンと理解していますか?

 

利子がカードローン並み?!分割・リボ払いの違いと特徴

 

大金が必要な時にこそ効力を発揮するリボ払いですが、リボの2文字がいつも一人歩きしてしまい、イマイチ本質が分からずじまい……簡単にリボ払いを説明すると、支払い金額の返済額を毎月設定出来る返済方法を指します。例として10万円の商品を毎月5000円でリボ払いする場合、毎月の返済額5000円には利子が含まれている為、元金の減り具合が分かりにくいのが特徴です。

 

一方分割払いはというと、リボ払いのように返済額を固定するのではなく、支払い回数を指定して返済することを言います。そのままですね!例えるならば10万円の商品を10回払いで支払い場合、10ヶ月後に返済が完了する計算になりますが、利用金額と残高により毎月の返済額は変動するのがポイント!リボ払いのように毎月の支払い額が固定されていない為、支払い回数が少ないと毎月の返済も高額になりがちです。

 

各クレジットカードで異なりますが、リボ払いの平均年率は15〜18%前後と分割より高く設定されています。(分割払いの場合、8〜15%前後)

 

 

クレカの複数持ち・ショッピングリボ払いで多重債務者が続出中!

 

リボ払いをする理由は人それぞれ十人十色。でもちょっと待って、気軽に使えるリボだからこそ注意が必要なんです。あなたはリボ地獄に落ちない自信は100%ありますか?

 

リボ払いが何故危険なのか?

 

リボ払い最大のデメリットは最低返済額が低い為、元金がなかなか減らない点にあります。支払いを先延ばしにすることで、債務者としての自覚が薄らいでしまうのもごもっとも。特にクレカの複数持ち、リボ払い専用のクレカでショッピングを楽しんでいる方は要注意!大きな買い物のリボ払いこそが、金銭感覚を麻痺させる大きな要因になってくるのです。

 

?リボ専用クレカの例:アコムACマスターカード、セディナJiyu!da!、ファミマTカードなど。

 

無知って怖い!リボに溺れた主婦Aさん(43)のケース

 

ここでパート主婦であるAさんの鬼気迫った家計についてインタビューに成功したので、少しだけ彼女のプライベイートをチェキラ!

〜念願だった某クレジットカードの審査に通過したことから始まった私の地獄。ネットショップラブな私の導火線に火をつけたのが、使えば使う程貯まるポイントの誘惑。高額な買い物についつい熱が入ってしまい、膨らむ返済を抑える為に、リボ払いで毎月5000円ずつ返済していたんです。

 

でも新しい買い物が出来ないので、新規でクレカを作ってまた大口の買い物に当ててしまって。リボでコツコツ支払いは続けていますが、元金が減っている様子は皆無……。そこで始めてリボ払いの怖さを知ったという訳ですね。あの時、リボ払いについてもっと慎重になって言えば……と悔やんでも悔やみきれません!奮発して買ったエルメスは、今や空虚な気持ちで満たされています。〜

 

 

クレカのリボ払いもおまとめローンで一本化出来る!?

 

前述のAさんのように、あなたがもしリボ地獄に陥ってしまったら……まずは金銭的価値観を修正する為にも、リボ払いのおまとめをオススメいたします。でもカードローンのおまとめって、リボにも対応しているのでしょうか?

 

おまとめローンって?初心者でも分かる、おまとめのまとめ

 

簡単におまとめローンを説明すると、複数抱えている負債額をそのまま他社の金融機関から借入れ、分散している支払いを完済し、借金の一本化を図ることを言います。通常おまとめローンはおまとめに当てる金額以上の借入れは不可!問題になってくる総量規制もおまとめローンの場合は、規制対象外なので大口の一本化も可能です。(消費者金融の場合)

 

ただしクレカのリボ払いのおまとめは、ショッピング枠に関してNGなんです!(キャッシング枠のおまとめは可能)その理由としてショッピング枠は貸金業法が適応されず、割賦販売法という法律が適応される点にあります。つまり消費者金融などのおまとめローンは基本的に、ショッピング枠のリボ払いのおまとめが出来ないのです!ただし銀行のフリーローンは使用用途が限られていない為、おまとめとして返済することは可能です。

 

クレカのリボ払いもおまとめ可能な銀行カードローン

 

銀行、消費者金融、どちらがリボ払いのおまとめ向き?

 

おまとめローンを利用する場合、消費者金融、または銀行どちらがリボ払いのおまとめに向いているのでしょうか?おまとめと一言で括っても、実はそれぞれ大きな特徴があるのです。

 

銀行、消費者金融のおまとめローンの特徴とは?

 

前述のように消費者金融のおまとめローンは、銀行と同じく総量規制の対象外になります。
消費者金融は特におまとめローンに力を入れており、審査も迅速・即日融資も可能ですが、金利が5〜18%と高いのが特徴です。

 

また銀行の場合はショッピング枠でのリボ払いのおまとめにも利用出来ますが、審査の点で地団駄を踏んでしまう方も少なくありません。ショッピングローンを返済したい方は銀行でのおまとめを推奨しますが、1本化については強い意思で返済が出来ない方は、借入れ額を返済に回さず使い込んでしまうケースも多発しています。

 

おまとめで逆に損をすることも……

 

おまとめをする一番のメリットは複数に渡る毎月の支払いから開放されること。精神的に追い込まれることなく1つの支払いに集中できる点はメリットですが、逆に注意しなければならないこと。そう、それこそがおまとめをしたのに利子が高くなってしまうケースです。

 

おまとめローンはその特質上大口の借入れになる場合が多いのは言うまでもありません。特に100万円以上の融資の場合、最高金利が15%に設定されている為、大きく金利を下げることも可能です。それにもかかわらず最終的に支払う利子が高くなる理由は、最低返済額が抑えられることにあり。

 

つまり毎月の返済が楽になる一方、返済期間が逆に長くなり最終的に支払う利子が大幅に高くなるということを意味します。その為、おまとめ前に比べ返済額が大きく減る場合は、余裕がある時にこまめに追加返済をすることが大切になってくるのです。

 

銀行だから低金利、消費者金融だから金利高!とは言い切れない

 

銀行は消費者金融よりも低金利、尚且つ1000万円近くまで融資可能ということで、やはりおまとめにも適しています。各銀行で異なるものの、借入れ額により明確に金利が設定されている点でも安心です。しかし消費者金融の場合、初回利用の場合高額な金利が設定されたり、融資額によってはおまとめ前よりも金利が上がる可能性も……

 

しかし逆に消費者金融は絶対銀行よりも金利が高いとは言い切れません。基本500万円以上の大型融資の場合は圧倒的に銀行の金利がお得ですが、逆に100万円以下のおまとめは消費者金融の金利が低くなるケースもあるのです。また消費者金融は融資限度額が銀行よりも低いですが、最高融資額近いおまとめの場合は最低金利が適応される為、その場合も銀行より利子が低くなる場合もありえます。

 

一概に銀行だからおまとめの金利が安い!とは言い切れないので、まずは自分の抱える負債を把握し、各金融会社の適応利率を熟考し申し込みをすることが大切になってきます。

 

オリックス銀行はリボ払いの借り換えが可能です!

オリックス銀行

・金利:1.7%〜17.8%

・限度額:最高800万円
・月々返済:7000円〜(30万円以下の場合)
・来店・口座開設不要・全てWEBで完結。
キャッシング,お金を借りる,,おまとめローン,カードローン全国99,000台以上の提携ATMが利用可能


 

 おまとめローンはクレジットカードのリボ払いも一本化できる? おまとめローンはクレジットカードのリボ払いも一本化できる?

まとめ

 

ショッピング枠でのリボのおまとめが消費者金融で出来ない点にはちょっと驚きでした!高額な買い物でリボ地獄に陥っていしまっている方は、大手銀行だけでなくネット銀行もしくは、地域性が顕著な地銀のフリーローンも考慮に入れてみましょう。複数の返済を1本化出来る優秀なツールであるおまとめローンは、総量規制対象外そして返済に追われる必要が無くなる等メリットばかりに目が行きがち。しかし借入れ額や信用情報によっては、任意整理や破産の方がベターなケースがあることも忘れてはなりません。

 

おまとめローンの審査に通らない人は債務整理を検討するべき

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン