審査に全く通らない人は「信用情報」が原因かも

消費者金融などのカードローン審査に落ち続けてしまった人は、その「原因」について考えたことがあるでしょうか?

 

審査に通らなかったのは、決して運が悪かったからではありません。
たまたま落ちたわけではなく、はっきりとした原因があるのです。

 

年収が低すぎたり、他社の借入額が多すぎたりと様々な原因が考えられますが、その中でも「信用情報のブラックリスト入り」が原因で落ちてしまっていることもよくあります。

 

もし立て続けに審査に落ちてしまった人は、いったん審査申し込みの手を休めて自分の信用情報をチェックしてみましょう。

 

思わぬ形でブラックリストに入っていることも…?

 

 

 

審査が心配ならこの3社

アコム

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

  • 金利:3.0%〜18.0%

初回30日間無利息!
即日融資に自動契約機(むじんくん)が超便利!
【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

アイフル

  • 金利:3.0%〜18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

 

そもそも信用情報とは?

信用情報とは、言い換えれば「利用者のクレジット歴」のことです。

  • どの金融機関から、いくらお金を借りているか
  • 毎月きちんと返済できているか
  • 過去に延滞などはしていないか
  • クレジットカードの利用状況

これらの情報が登録されているデータベースです。

 

信用情報は消費者金融、銀行、クレジットカード会社などの金融機関が協力して、共通のデータベースを作っています。
つまり、ある利用者がアコムで50万円借りているという情報を、信用情報を通して他の金融機関も把握できるのです。

 

信用情報機関は3つ存在する

信用情報機関は国が指定した3つの機関が存在します。
それぞれの信用情報機関ごとに、情報を登録する金融機関の種類が異なっているのです。

信用情報機関 情報を登録している金融機関
CIC(シーアイシー) 消費者金融

クレジットカード会社
スマホ本体分割払い情報など

JICC(日本信用情報機構) 消費者金融

クレジットカード会社
スマホ本体分割払い情報など

JBA(全国銀行個人信用情報センター) 銀行

信用金庫など

もしアコムプロミスのような消費者金融からお金を借りるとCICやJICCに情報が記録されます。
銀行のカードローンや住宅ローンを利用するとJBAに情報が登録されることになっています。

 

信用情報機関に登録されるクレジット情報とは

信用情報機関には様々な情報が記録されています。
審査に関係する重要なものとしては以下があげられます。

登録情報 説明
本人を識別する情報 氏名、住所、電話番号、勤務先、運転免許証や保険証の番号など
ローン審査への申込情報 審査の可否に関わらず登録される
現在の借入金額 金融機関ごとの借入残高が記録されている
毎月の返済状況 正常に返済したかどうか
与信枠 ローンやクレジットカードの限度額
ローン審査への申込情報

何月何日にどの金融機関へ審査融資の申し込みをしたかという情報です。
あまりにも多くの金融機関に同時にローン審査の申し込みをすると、多重申し込みとして審査に悪影響を及ぼします。

 

現在の借入金額

消費者金融、銀行、クレジットカード会社から借りている金額が全て掲載されています。
一般的にローン申し込み審査の際には「他社借入額」「他社借入件数」を申告しますが、もし偽っても信用情報を通して嘘がバレてしまいます。

 

毎回の返済状況

毎回の返済日に、正常に返済しているかどうかも記録され続けています。

 

与信枠

限度額のことです。
他社ですでに年収に対して多すぎる限度額が設定されていれば、審査には悪影響を及ぼすでしょう。

 

このように、金融機関は信用情報に記録され続けているクレジット歴を審査の際に重要視します。
他社で借りすぎていたり、頻繁に延滞しているような利用者は審査の際のマイナスの評価になり、審査落ちしやすくなります。

 

また、これらの情報以外に長期の延滞や自己破産など、いわゆる「ブラック情報」も記録されています。
次の章で詳しく解説しましょう。

 

信用情報に登録されるブラック情報はこれ!

信用情報には明確な「ブラックリスト」は存在しません。
しかし、以下の情報が信用情報に登録されていれば、金融機関はその利用者をブラックリストに入っていると判断します。

 

ブラック情報 概要 ブラック度
長期の延滞 61日〜3ヶ月以上の延滞 軽い
任意整理 金融機関と交渉して利息などを減額する、債務整理の一種

完済していない過払い金請求は任意整理扱いになる

中程度
個人再生 債務を0円にする、債務整理の一種 軽い
自己破産 債務を0円にする、債務整理の一種 かなり重い
強制解約 携帯電話の料金などを滞納し続けて契約を解除された状態 軽い〜中程度
代位弁済 借り手に代わって保証会社が返済した状態 重い

 

長期の延滞(異動情報)

返済日から61日〜3ヶ月以上経っても延滞が解消されていない場合は、長期延滞としてブラック情報が記録されます。
数日から数週間程度の延滞であれば長期の延滞とは見なされません。

 

任意整理

任意整理は債務整理の一種で、金融機関と交渉して返済中の支払利息や支払金額を減額することです。
後で詳しく解説しますが、完済していない状態で過払い金請求をすると任意整理扱いになり、ブラックリストに登録されてしまうことがあります。

 

個人再生

個人再生も任意整理の一種で、裁判所を通して借金を約5分の1に減額します。
任意整理と自己破産の中間のような性質を持った債務整理です。

 

自己破産

現在借りている借金を完全に無くしてしまうのが自己破産です。
借金した理由などを裁判所が厳格に審査し、債務整理の中で最もハードルの高い手続きです。
信用情報に自己破産歴が記録されている人に対しては、金融機関は絶対にお金を貸さないでしょう。
ブラック情報の中でも最もブラック度が高いのが自己破産です。

 

強制解約

ドコモやAUなどの料金を滞納し続け、利用契約を強制的に解約されて使えなくなると「強制解約」という種類のブラック情報が記録されます。

 

代位弁済

銀行系カードローンや住宅ローンでは、借り手が銀行に返済できなくなると代わりに保証会社が銀行に返済します。
この状態を代位弁済と呼びます。

 

ブラック情報もいつか消える!ブラック情報の保持期限とは?

ブラック情報は一定期間で抹消されることになっています。
1度でもブラックリスト入りしてしまったら、もう2度とお金を借りられなくなるわけではありません。
以下のようにブラック情報の保持期限は信用情報ごとに定められています。

 

ブラック情報 記録の保持期限
長期の延滞 1年(JICC)

5年間(CIC、JBA)

任意整理 5年間
個人再生 5年間
自己破産 5年間

10年間(JBA)

強制解約 5年間
代位弁済 5年間

このように、大半のブラック情報は5年経過すると記録が信用情報から完全に抹消されます。

 

 

ブラック情報が消えてもすぐにお金を借りることができない訳とは

ブラック情報の保持期間が過ぎると、ブラックリストから解放されることになります。
それ以降は通常通り審査に通り、お金を借りられると思いがちですが、なかなかそう甘くはありません。
それが「スーパーホワイト問題」です。

状態 説明 審査の通りやすさ
ホワイト 適度なクレジット歴が信用情報に記録されており、延滞などが一切無い
ブラック 信用情報にブラック情報が記録されている ×
スーパーホワイト 信用情報にクレジット歴が全く記録されていない

スーパーホワイトとは、信用情報にクレジット歴が全く登録されていない状態の事を指します。
つまり、借金やクレジットカードの利用が一切無い状態です。

 

金融機関は他社借入額が0円のスーパーホワイトの人になら喜んでお金を貸すようにも思えます。
しかし実際にはスーパーホワイトはなかなか審査に通りません。

 

なぜなら、金融機関は「スーパーホワイト=元ブラック」と考えるからです。

 

自己破産などでブラックリストしてしまった人は、その間は借金することができません。
信用情報にクレジット歴が一切記録されないため、ブラック情報の保持期限が過ぎた時には自動的にスーパーホワイトとなります。

 

ですから金融機関はスーパーホワイトの人を「元ブラックリストに入っていた危険人物」と見なします。
ブラック状態を脱したからと言って、すぐにお金を借りるのは難しいのが現状です。

 

自分の信用情報を調べる方法

何度申し込んでも審査に通らない人は、ブラックリストに入っているかもしれません。
心当たりがある人も無い人も、自分の信用情報を調べてみることをオススメします。

 

自分の信用情報を調べることは「本人開示」と呼びます。

 

信用情報の本人開示の方法

開示方法は信用情報機関によって異なります。

信用情報機関 開示方法と費用 備考
CIC インターネット(1000円)

郵送(1000円)
窓口(500円)

インターネット開示にはクレジットカードが必要

窓口は東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、岡山のみ

JICC

郵送(1000円)
窓口(500円)

インターネットからも申し込めるが、開示結果は郵送で送られてくる

窓口は東京、大阪のみ

JBA 郵送(1000円) 郵送のみ

最も手軽なのはCICのインターネット開示でしょう。
クレジットカードが必要になりますが、スマホやパソコンで即座に開示結果を確認できます。

 

郵送での開示には1週間〜10日程度かかりますが、全ての信用情報機関で利用できます。

 

どの信用情報機関に開示すればいいのか

日本では現在CIC、JICC、JBAの3つの信用情報機関が存在します。
このうち全ての信用情報機関を開示するのが面倒だと感じる人もいるかもしれません。

 

その場合、最低限CICとJICCの2つは必ず開示するようにしましょう。
消費者金融に加えて、クレジットカード会社やスマホ本体のローンなどはCICやJICCの管轄です。
大半の人はCICとJICCに何らかの記録が登録されていますので、この2つだけは開示しておきましょう。

 

JBAは銀行系ローンの信用情報機関です。
これまでに銀行や信用金庫のローン(カードローン含む)を利用したことがあれば、JBAも開示してください。
もし1度も銀行でお金を借りたことが無ければ、JBAでの開示は省いても支障はありません。

 

信用情報に関する豆知識

盲点!スマホ本体の分割払いが原因でブラックになる事も

自覚の無いままにブラックリスト入りしてしまっている人の中で、携帯電話料金の滞納が原因の人が多くいるようです。

 

携帯電話の通話料・通信料を数カ月滞納しただけであれば、信用情報には記録されません。
しかし、スマホの本体代金を毎月分割で支払っている場合は別です。

 

スマホ本体をローンで契約して分割払いしていることになるため、61日〜3ヶ月以上の滞納で「長期の延滞」扱いになり、ブラック情報が記録されてしまいます。

 

もしクレジットカードやカードローンの滞納をしたことがないのに全く審査に通らない人は、スマホ代金が原因でブラックリストに入ってしまっているかもしれません。

 

スーパーホワイトでも作れるクレジットカードはある?

スーパーホワイトはなかなか審査に通りません。
銀行カードローンや大手消費者金融ですんなり審査に通るのは期待できないと考えてください。

 

ブラック期間明けのスーパーホワイトは、まずクレジットカードを使ってクレジット歴を積みましょう。
審査が緩めのクレジットカードなら、スーパーホワイトでも審査に通ることがあります。
限度額は10万円以下になるかもしれませんが、電気代や携帯料金などを毎月カード払いにして、地道に信用情報のクレジット歴を積み上げましょう。

 

過払い金請求でブラックリストに入る?

以前の消費者金融は、法律で定められた金利よりも高い金利での貸付を行っていました。
払いすぎてしまった利息を取り戻すのが「過払い金請求」です。

 

過払い金請求だけではブラック状態とはなりません。
しかし、もし完済してないければブラック状態になることがあります。

 

例えばある消費者金融から50万円を借りているとしましょう。
もし過払い金請求で100万円が返還されれば、現在の借入残高50万円と相殺して完済扱いになります。
この場合はブラック状態にはなりません。

 

しかし、過払い金で20万円しか返還されないとどうなるでしょうか。
借入残高50万円と相殺しても、まだ30万円を借りたままという扱いになります。

 

この場合はブラック状態となってしまいます。
債務整理の一種である「任意整理」という扱いになるからです。

 

【まとめ】自分の信用情報を大切にしよう

以上、お金を借りる際に重要な「信用情報」について、主にブラック情報の観点から解説してきました。

 

金融機関は審査の際に必ず信用情報機関にあなたの信用情報を問い合わせます。

 

きちんと毎月返済しているか。
他社で借りすぎていないか。
延滞はしていないか。
過去に自己破産歴などはないか。

 

このようなことを信用情報を通してチェックしているのです。

 

1度でもブラックリストに入ってしまうと、その後通常の状態に戻るのに大変な時間がかかってしまいます。
ブラック情報が抹消された後も、すんなりとお金を借りることはできません。

 

「ちょっとぐらい延滞してもいいだろう」

 

このような安易な考えであなたの信用情報に傷をつけてしまうと、その後に何年も後悔し続けることになるかもしれません。

 

信用を積み重ねるのには時間がかかります。
でも、信用を失うのは一瞬です。

 

お金を借りたらきちんと返済して、あなたの信用情報を綺麗なまま維持しましょう!

 

おすすめの消費者金融3社

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

アコム

・金利:3.0%〜18.0%

・限度額:1万円〜800万円
・融資スピード:最短1時間
※当日14:00まで即日融資可能
ブラックリスト,信用情報,審査通らない自動契約機(むじんくん)来店なら22時まで申込→その場でカード発行。土日祝日でも即日キャッシングが可能です。

 

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう! 【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

 

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

アイフル

・金利:3.0%〜18.0%

・限度額:1,000円〜800万円
・融資スピード:最短即日
※最短即日でカード発行
ブラックリスト,信用情報,審査通らない土日祝日も自動契約機なら21時まで契約から借入までが可能で、最短即日でカード発行。

 

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう! 【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

 

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

プロミス

・金利:4.5%〜17.8%

・限度額:1万円〜500万円
・融資スピード:最短1時間
※即日での振り込み融資の場合、平日14時までに契約完了が必要。
ブラックリスト,信用情報,審査通らないWEB契約なら最短1時間でカード発行前でも即日融資可能。30日間無利息サービス実施中!

 

女性の方は女性専用レディースプロミス!

 

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう! 【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

 

カードローン審査関連記事

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう...

消費者金融などのカードローン審査に落ち続けてしまった人は、その「原因」について考えたことがあるでしょうか?審査に通らなかったのは、決して運が悪かったからではありません。たまたま落ちたわけではなく、はっきりとした原因があるのです。年収が低すぎたり、他社の借入額が多すぎたりと様々な原因が考えられますが、...

» 続きを読む

アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち? 大手消費者金融2社を徹底比較!

目次アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?アコム、プロミス、キャッシング20項目徹底比較!!個人融資サ-ビスに大きく響く!? 大手消費者金融2社の会社概要や企業気質とは?終わりに〜結局、アコムとプロミスどちらで融資を受けるべきなの?〜アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?アコムとプロ...

» 続きを読む

公務員はカードローンの借り入れがしやすいって本当? 審査に落ちるとしたらどんな場...

公務員がカードローンの審査に通りやすい理由都道府県庁の職員、市区町村の職員、警察官、消防士、教員、裁判所事務官、自衛官、国税専門員、労働基準監督官、防衛庁職員など、公務員に分類される職種は様々です。国家公務員あるいは地方公務員は、安定収入があり、給料もよいことから、カードローンだけでなく、クレジット...

» 続きを読む

カードローンの審査に通りやすい時期はあるのか?

審査に通りにくい時期はいつ? 利用者が増える時期は要注意!審査に通るにはカードローン会社の審査基準を満たしていなければ通らないのは当たり前ですが、その他に利用者が殺到している時期に申し込むのは審査に通りにくいと言われているので要注意です。その理由がカードローン会社が忙しいときに申し込み者の審査基準に...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンの審査と職業の関連性

この職業だと審査に通りやすい!キャッシングの審査に有利な職業とは?キャッシングやカードローンの審査には有利になる職業、不利になる職業があります。有利な職業の特徴はやはり、安定した収入があり確実な返済が見込める職業となります。そういった観点から一番有利な職業としてあげられるのが安定の代名詞ともいえる公...

» 続きを読む

保証人不要のカードローンはどこ?そもそも保証人って必要なの?

カードローンの利用を検討している人の中には、保証人について悩んでいるかもしれません。というのも、保証人がなければお金を借りることはできない、と思っている人が多いためです。たとえば、日本学生支援機構の奨学金では、保証人と連帯保証人が必須ですから、そういったローンを利用していた人ほど勘違いしやすいでしょ...

» 続きを読む

住宅購入時にキャッシング利用歴があると不利になる?

キャッシングの利用がある場合、住宅購入のローンを組むときに審査が通らないのではないかと心配される方がいますが、キャッシングの利用履歴だけで住宅ローンが通らないということはありません。もちろん住宅ローンの審査の場合、信用情報機関で経歴を調べて審査を厳しく行いますので、5年ほどのクレジットカードやキャッ...

» 続きを読む

カードローンの審査に影響大!信用情報機関の基礎知識

カードローンの審査に影響大!信用情報機関ってどんなもの?クレジットカード会社やカードローン業者は、申し込みのあった消費者を審査するために、個人信用情報機関に登録された情報を確認しています。個人信用情報機関とは、金融機関が申し込みをした消費者の信用情報を、管理・提供する機関をいいます。新たなクレジット...

» 続きを読む

知っておきたい滞納の恐ろしさ! キャッシングの審査に影響する滞納とは?

滞納は信用情報に記載される!それによって考えられる影響とは?滞納はあなたの個人の信用に直接影響してきます。滞納を続けるとCICをはじめとした信用情報機関に記載されてしまいます。3回滞納があればCICに「異動」と書かれ、事実上のブラックリストに載ったという事になります。一番大きな影響として、クレジット...

» 続きを読む

しばらく滞納していた借金を完済したのにカードローンの審査に通らない理由とは?

滞納していた借金を完済したら、カードローンの審査は通る?過去に収入減などにより借金を滞納したものの、その後にきちんと完済した人が、新たにカードローンの申し込みをした時に、審査が通らないという話をよく見聞きします。これは、過去の借入状況や返済状況が個人信用情報機関に残っており、その履歴が新たな貸し出し...

» 続きを読む

銀行員が暴露!銀行カードローン審査の実態

実は審査がゆるゆる!お堅いイメージの銀行カードローンの審査なぜゆるい?貸金業改正で消費者金融の総量規制が利用者の年収の3分の1を越える貸付が禁止されたのですが、適用されるのがキャッシングとサラ金からの借入とされたため銀行のカードローンには適用されないのです。そのため消費者金融から融資を断られた人が銀...

» 続きを読む

銀行カードローンで借りると保証会社が必ず出てくるけどなんなの?

銀行でカードローンを組む時に出てくる保証会社って何?銀行でカードローンの申し込みする際、申込条件に「保証会社の保証を受けられる方」という一文が入っていることを知っていますか?保証会社とは、借主が万が一返済できなくなった時に、代わりに銀行に返済を行ってくれる会社のことです。保証会社がついてくれるからこ...

» 続きを読む

審査なしのカードローン探してる?審査に通らないあなたに伝えたいこと

審査なしのカードローンを希望する人は、おそらく何らかの理由で審査に自信がないということでしょう。どうせ自分は審査に通らない…と最初から決めつけずに、解決策を探ってみましょう。「審査なしのカードローンじゃないと、自分は審査に通らない」と考えがちな人に、それぞれ解決策をご紹介します!生活保護受給中など、...

» 続きを読む