カードローンの審査でよく聞く「信用情報」ってそもそも何?審査にどんな影響があるの?

「前提として、クレジットカード・カードローンはなぜ成り立っているのか・・・」

 

個人の人間同士がものを貸し借りするうえで、非常に大切なのが「信用」です。

 

貸す人が借りる人に対して、今まで培ってきた関係の中で信頼に足る人物だと判断したからこそ、そこに「信用」が生まれ、貸し借りが成立することは皆さまもご存知の通り。

 

見ず知らずの人に道で「お金を貸してください。」と声をかけられても相手にもしませんよね。

 

初めて申し込む消費者金融やクレジットカード会社を、私たちは調べてから連絡するのでこちらはよく知っていても、向こうからすれば「はじめまして」なので簡単にはお金を貸したりローンを組んだりは出来ないのは当たり前です。

 

そこで、消費者金融やクレジットカード会社は「信用情報」というものを使って私たちが「お金を貸して、その後返ってくるのか?」という信頼できる人間かを判断するのです。

審査の際に必ず確認される「信用情報」とは具体的に何?

審査について調べると、必ず話題になるのが信用情報。

 

「信用情報」とは、本人を識別する個人情報なのですが、

 

  • 情報クレジットやローンなどの申し込みの内容
  • 契約に関する返済・支払いの記録
  • 利用残高

 

と主に金銭面での情報が中心となっています。

 

消費者金融やカード会社は、上記の信用情報を保有している信用情報機関に問い合わせ、あなたが「お金を貸すことができる人かどうか?」を判断する手段として使います。


 

返済・支払いの記録から、

 

  • 過去に延滞を繰り返している
  • 債務整理をしている

 

などの金融事故、俗に「ブラック」と呼ばれるネガティヴな情報があると、審査に通ることがほぼ不可能となるでしょう。

 

どんなことで「ブラック」が決まるんだろう?そしてどんな影響を与えるの?

「ブラック」とは一体何か、映画やドラマ、漫画などでほとんどの人が聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

しかし「信用情報」にはどのように記載され、また借り入れなどを申し込んだ際にどれほど影響があるのかについて具体的には知らない方も多いと思います。

 

ブラックと呼ばれる3つの情報が信用情報に記載されると、カードローンやクレジットカードの審査にはまず通ることはなくなります。

 

その3つの情報について詳しく知っておきましょう。

 

ブラックとは「延滞」、「強制解約」、「債務整理」の3つの項目が「信用情報」にひとつでも記載されている状態であり、ブラックリストというものは存在しません。

 

延滞」は2〜3ヶ月の滞納がある場合、記載されます。
1日程度ではされないとも言われていますが、繰り返しの延滞は短い期間であっても記載される可能性がありますので注意が必要です。

 

強制解約」はクレジットカードの延滞を続け、その後の督促の連絡を無視し続け、支払いの意志がないと判断されると記載されます。

 

以上2点は完済して契約終了から5年ほどで掲載はなくなりますが、金融事故を起こした会社内にある独自のデータベースに残る、いわゆる「社内ブラック」になってしまうので同じ会社では半永久的に契約ができなくなると考えてよいでしょう。

 

もうひとつ、

債務整理」は任意整理、個人再生、自己破産などの総称でこちらも5年ほどで掲載はなくなりますが、官報情報には10年の記載は免れない(任意整理は除く)ので注意が必要です。

債務整理について詳しく知りたい方はこちら

カードローン、クレジットカードの滞納などの他にも、奨学金のローン携帯電話本体の割賦での支払いも滞納すると「信用情報」に記載されてしまいます。

 

もちろん携帯電話に限らずですが、うっかり滞納してしまった、でも携帯電話が利用停止になるだけだから後回しでいいや、というわけにはいきません。

 

こちらが原因となってローンが組めない、借り入れができないこともありますので月々の支払いに滞納がないようにしましょう。

 

奨学金ローンの返済について詳しく知りたい方はこちら

 

また、「信用情報」にはカードや借入を申し込んだという記録も6ヶ月間残るため、審査に落ちたからと言って次の申し込みをすぐにすると、「金策に困っている」と判断され「申し込みブラック」となり審査に通らなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

それにしても、何故そんなプライベートな個人情報を信用情報機関は持っているのか、という疑問が生まれますよね。

 

実はローンやクレジットカードの申し込みをした際、必ず契約書や規約の中に信用情報機関の利用と登録の同意の文章が織り込まれているのです。

 

3つの信用情報機関

CIC クレジットカード会社が主に加盟

JICC
(日本信用情報機構)

消費者金融が主に加盟

KSC
(全国銀行個人信用情報センター)

銀行、信用金庫が加盟

 

現在、3つの信用情報機関があり、それぞれ保有している情報や加盟している会社が異なります。

 

また、この3社からなるCRINという信用情報交流ネットワークがあり、お互いのブラック情報を共有しているので、
「クレジットカードは延滞を繰り返してブラックだけど、消費者金融から借り入れしよう」というのは不可能です。

 

 

信用があるか不安…そんな時は開示してみよう!

いざカードローンやクレジットカードを契約しようとして、何度申し込みをしても審査に落ち続けてしまう…とお悩みでしたら、いちど信用情報の開示をお勧めします。

 

開示の請求をするにあたり、CICJICCは「インターネット」、「郵送」、「窓口」と3種類の方法があり、KSCは「郵送のみ」となっています。
窓口での受付は500円ですが、その他はすべて1000円の費用がかかります。

 

CICのインターネット受付は、特定のクレジットカードでの支払いのみ可能なので、これから始めてクレジットカードを作ろうという方で信用情報が知りたいとなると、郵送か窓口での受付になります。

 

開示をした際にブラックが発覚しても、金融の事故情報は延滞解消日から5年たてば削除されるので、あとどれくらいの期間がたてば再度申し込みができるかの目安になりますね。

 

もう一つ心配になる事項、開示請求したことによって「信用情報」に残ってしまい、審査に影響したりしないの?という心配はまったく必要ありません。

 

あくまで信用情報の開示は本人のみに限られますので、見える場所に置いておくなどしない限りは他人に知られることは100%ないのです。

 

デメリットは強いて言えば手数料がかかってしまうことですが、自分が審査に通るかどうか疑問を持った際には必要な情報なので、これを高いとみるか安いとみるかですね。

 

確認が終わり一安心、では申し込みをしてみよう!その際の注意点など。

無事に信用情報が開示され全く問題がなく一安心、そんな時に色々な場所に同時に申し込みをしてしまうのは考えものです。

 

お金に困っていてクレジットカードを悪用するのではないか、複数同時にキャッシングをしてそのまま貸し倒れになるリスクが高いのではないか、と申し込んだ会社に悪い印象を与えてしまいます。

 

必ずしも複数申し込みをしてすべての審査に落ちるとは限りませんが、念には念を入れ、まずは自分自身がもっともメリットが大きいと感じるカードローン、クレジットカードを精査し選ぶことが大切です。


カードローンの審査について詳しく知りたい方はこちら

 

おわりに

これまでの内容で、ローンの審査における信用情報の重要性について触れてきました。

 

個人同士でも、「あの人は色々な人から、同時にお金を借りている」そんな人はどうしても信頼を勝ち取るのは難しい。少し考えると当たり前のことです。

 

カードローン、クレジットカードを上手に利用すれば、日々の暮らしが豊かなものになりますが、借りすぎは自分の首をしめる行為なのは間違いありません。

 

カードローン、クレジットカードの契約に限らず、車のローンや住宅ローンにも「信用情報」の影響は非常に大きいので、事故情報をつけないための計画性を身につけることが何よりも大切です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

カードローン審査関連記事

突然カードが利用停止に!原因は途上与信?その内容と頻度、対策について徹底解説!

「突然普段使っているカードが使えなくなった」「気付いたら利用限度額が減ってる」「解約されているんだけど、どうしたらいいのか分からない」こうした状況になると、とても慌ててしまいますよね。原因はいくつか考えられますが、途上与信で問題があった可能性があります。この途上与信という言葉、あまり聞きなれない方も...

» 続きを読む

カードローンの審査でよく聞く「信用情報」ってそもそも何?審査にどんな影響があるの...

「前提として、クレジットカード・カードローンはなぜ成り立っているのか・・・」個人の人間同士がものを貸し借りするうえで、非常に大切なのが「信用」です。貸す人が借りる人に対して、今まで培ってきた関係の中で信頼に足る人物だと判断したからこそ、そこに「信用」が生まれ、貸し借りが成立することは皆さまもご存知の...

» 続きを読む

カードローン審査で重視される属性とは?どんな属性が通りやすい?

「属性とは、何のことを指しているの?」カードローン審査を申し込む上で重視されるのは信用情報ですが、実は次に大事なのが属性と言われるものです。そもそも、属性って何のこと?と思う方もいると思います。簡単に説明しますね。属性とは、年齢、職業、年収、勤続年数、他社借入などの申込情報に基づき申込者をグルーピン...

» 続きを読む

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう...

消費者金融などのカードローン審査に落ち続けてしまった人は、その「原因」について考えたことがあるでしょうか?審査に通らなかったのは、決して運が悪かったからではありません。たまたま落ちたわけではなく、はっきりとした原因があるのです。年収が低すぎたり、他社の借入額が多すぎたりと様々な原因が考えられますが、...

» 続きを読む

アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち? 大手消費者金融2社を徹底比較!

目次アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?アコム、プロミス、キャッシング20項目徹底比較!!個人融資サ-ビスに大きく響く!? 大手消費者金融2社の会社概要や企業気質とは?終わりに〜結局、アコムとプロミスどちらで融資を受けるべきなの?〜アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?アコムとプロ...

» 続きを読む

公務員はカードローンの借り入れがしやすいって本当? 審査に落ちるとしたらどんな場...

公務員がカードローンの審査に通りやすい理由都道府県庁の職員、市区町村の職員、警察官、消防士、教員、裁判所事務官、自衛官、国税専門員、労働基準監督官、防衛庁職員など、公務員に分類される職種は様々です。国家公務員あるいは地方公務員は、安定収入があり、給料もよいことから、カードローンだけでなく、クレジット...

» 続きを読む

カードローンの審査に通りやすい時期はあるのか?

審査に通りにくい時期はいつ? 利用者が増える時期は要注意!審査に通るにはカードローン会社の審査基準を満たしていなければ通らないのは当たり前ですが、その他に利用者が殺到している時期に申し込むのは審査に通りにくいと言われているので要注意です。その理由がカードローン会社が忙しいときに申し込み者の審査基準に...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンの審査と職業の関連性

この職業だと審査に通りやすい!キャッシングの審査に有利な職業とは?キャッシングやカードローンの審査には有利になる職業、不利になる職業があります。有利な職業の特徴はやはり、安定した収入があり確実な返済が見込める職業となります。そういった観点から一番有利な職業としてあげられるのが安定の代名詞ともいえる公...

» 続きを読む

保証人不要のカードローンはどこ?そもそも保証人って必要なの?

カードローンの利用を検討している人の中には、保証人について悩んでいるかもしれません。というのも、保証人がなければお金を借りることはできない、と思っている人が多いためです。たとえば、日本学生支援機構の奨学金では、保証人と連帯保証人が必須ですから、そういったローンを利用していた人ほど勘違いしやすいでしょ...

» 続きを読む

住宅購入時にキャッシング利用歴があると不利になる?

キャッシングの利用がある場合、住宅購入のローンを組むときに審査が通らないのではないかと心配される方がいますが、キャッシングの利用履歴だけで住宅ローンが通らないということはありません。もちろん住宅ローンの審査の場合、信用情報機関で経歴を調べて審査を厳しく行いますので、5年ほどのクレジットカードやキャッ...

» 続きを読む

カードローンの審査に影響大!信用情報機関の基礎知識

カードローンの審査に影響大!信用情報機関ってどんなもの?クレジットカード会社やカードローン業者は、申し込みのあった消費者を審査するために、個人信用情報機関に登録された情報を確認しています。個人信用情報機関とは、金融機関が申し込みをした消費者の信用情報を、管理・提供する機関をいいます。新たなクレジット...

» 続きを読む

知っておきたい滞納の恐ろしさ! キャッシングの審査に影響する滞納とは?

滞納は信用情報に記載される!それによって考えられる影響とは?滞納はあなたの個人の信用に直接影響してきます。滞納を続けるとCICをはじめとした信用情報機関に記載されてしまいます。3回滞納があればCICに「異動」と書かれ、事実上のブラックリストに載ったという事になります。一番大きな影響として、クレジット...

» 続きを読む

しばらく滞納していた借金を完済したのにカードローンの審査に通らない理由とは?

滞納していた借金を完済したら、カードローンの審査は通る?過去に収入減などにより借金を滞納したものの、その後にきちんと完済した人が、新たにカードローンの申し込みをした時に、審査が通らないという話をよく見聞きします。これは、過去の借入状況や返済状況が個人信用情報機関に残っており、その履歴が新たな貸し出し...

» 続きを読む

銀行員が暴露!銀行カードローン審査の実態

実は審査がゆるゆる!お堅いイメージの銀行カードローンの審査なぜゆるい?貸金業改正で消費者金融の総量規制が利用者の年収の3分の1を越える貸付が禁止されたのですが、適用されるのがキャッシングとサラ金からの借入とされたため銀行のカードローンには適用されないのです。そのため消費者金融から融資を断られた人が銀...

» 続きを読む

銀行カードローンの審査でよく聞く「保証会社」とは?役割とメリット、デメリット

銀行カードローンで融資を受ける際、詳細の「ご利用いただける方」の項目に「当行が指定する保証会社の保証を受けることができる方」という一文があるのは、ご存知ですか?この「保証会社」とはいったい何か?という疑問についてお答えします。銀行のカードローンにおける「保証会社」とは、・利用者が借り入れ可能かどうか...

» 続きを読む

審査なしのカードローン探してる?審査に通らないあなたに伝えたいこと

審査なしのカードローンを希望する人は、おそらく何らかの理由で審査に自信がないということでしょう。どうせ自分は審査に通らない…と最初から決めつけずに、解決策を探ってみましょう。「審査なしのカードローンじゃないと、自分は審査に通らない」と考えがちな人に、それぞれ解決策をご紹介します!生活保護受給中など、...

» 続きを読む

申し込みブラックになってしまった…これって本当に審査に通らないの?

「申し込みブラックとはいったい何のこと?」という人のために説明します。申し込みブラックとは、複数の金融会社に対して、短い期間での申し込みを行うことで、一時的に審査に通りにくい状態。その状態になってしまったことを、申し込みブラック状態といいます。引っかかってしまう申込期間や申込件数について、金融機関や...

» 続きを読む

カードローンの審査に通過できない!その原因と対策方法を教えます!

いつでも手軽にお金を借りることができ、困った時に備えて一枚持っておくと便利なカードローンですが、なかなか審査に通らないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。審査に落ちてしまうのには必ず理由がありますが、その理由というのは本人に通知されないため、なぜ審査に落ちたのか疑問が残るままで終わるケースも少な...

» 続きを読む

カードローンの審査は2種類!仮審査と本審査の違いを理解してからカードローンを申込...

仮審査と本審査、カードローンを申込む際に、何となく耳にしたことがある方も多いと思います。カードローン審査に通過するためには、闇雲に申込むのではなく、いかに仮審査、本審査のポイントを押さえながら、適したカードローン選びをできるのかにかかっているのです。今回はそんなカードローンの審査のイロハを解説しなが...

» 続きを読む