銀行カードローンで借りると保証会社が必ず出てくるけどなんなの?

銀行でカードローンを組む時に出てくる保証会社って何?

 

銀行でカードローンの申し込みする際、申込条件に「保証会社の保証を受けられる方」という一文が入っていることを知っていますか?
保証会社とは、借主が万が一返済できなくなった時に、代わりに銀行に返済を行ってくれる会社のことです。
保証会社がついてくれるからこそ、銀行のカードローンは担保や保証人なしでも借り入れが可能なのです。
保証会社は、消費者金融や信販会社であるのがほとんどです。

 

保証会社はどんな役割を担っているの?

 

あなたが銀行カードローンの支払いができなくなった時に、遅延損害金が発生します。
そして、定められた期日までにカードローン利用者が返済しなかった場合、保証会社が銀行に代位弁済し、その債権を譲渡してもらいます。
その後、銀行カードローンの返済請求は、保証会社が行うようになるということです。
そうした事態に陥らないために、保証会社は銀行カードローンの申し込みがあった際に審査を代行します。
申込者の借入の履歴や現状、収入の安定度、過去に金融事故がないかどうかを調べるのですが、消費者金融の審査基準より厳しく設定されています。

 

保証会社によって、銀行カードローンの審査基準が変わる!

 

銀行には、特定の保証会社がついているものです。
具体例をあげてみると、みずほ銀行はオリエントコーポレーションが、三井住友銀行にはプロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が、三菱東京UFJ銀行はアコムが、保証会社になっています。
そして、この保証会社によって、審査基準にも違いがあります。
銀行カードローンの審査は、個人信用情報機関への登録情報に基づいて行われるのが基本です。
ですが、現在は借入件数や借入額に問題がなく、個人信用情報機関に事故情報が登録されていないにも関わらず、審査が通らない人もいるのです。
これは、保証会社である消費者金融が独自に保有している情報に基づいては判断するからです。
個人信用情報機関に金融事故が登録される年数には制限がありますが、申込者が過去に債務整理を行った際に迷惑を被った消費者金融は、社内限定の独自のブラックリストを持っており、そこで照会することも多いのです。
過去に任意整理をした経験があり、銀行カードローンに申し込もうと考えているなら、保証会社がどこなのかを調べ、審査に通りやすいところを選ぶことをおすすめします。

 

自分にあった銀行カードローンがかならず見つかる!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン