カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

 

最近では一つの会社に定年まで勤めるということも減り、人生の中で数度、転職を経験するという人も少なくありません。

 

ただ、定年で退職するにしても、より良い仕事を探して転職するにしても、お金の心配というのはついて回ります。

 

そのような場合に便利なのが、契約限度額の範囲内であれば自由に借り入れができるカードローンですが、退職の前と後ではどちらのタイミングで申し込みをすべきなのでしょうか?

 

この記事では以下の点について詳しく説明をしていきます。

 

退職したことをカードローン会社に連絡するべきかなど、意外と知らないであろうことにもふれているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

退職する前に申し込むなら!即日融資も可能な大手消費者金融

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

アコム

カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

 

まずはカードローンの申し込みをすべきタイミングについて説明します。

 

すでに退職を考えている、退職する日付が決まっているという場合には、現在の職場に籍がある間に申し込みをしてください。

 

カードローンの審査では自身に安定収入があることが必須なので、定年退職であったり次の仕事が決まっていなかったりする場合には退職後だと審査には通りません。

 

たとえ預貯金がありしばらく働かなくても大丈夫という場合でも、カードローンの審査は無職だと通過できないのです。

 

カードローンの申し込み時に収入があることの証明として源泉徴収票などを提出することもありますが、退職をしても前年度分の書類であれば提出ができるでしょう。

 

しかし、カードローンの審査では在籍確認が必須となっているため、収入証明書の提出の有無に関係なく、必ず申告のあった職場に勤め先確認の電話が金融機関から入ります。

 

そうなると、すでに退職していることがバレるため、審査には落ちてしまうのです。

 

また、以前の職場を記入することで金融機関を騙す意図があったと捉えられてしまうと、社内で要注意人物に指定されるかもしれません。

 

その場合、後で再就職したり、アルバイト・パートなどを始めたとしても、その金融機関の審査には通らなくなる可能性が高いため注意してください。

 

必ず退職する前に申し込みをして、審査通過、契約までを済ませておきましょう。

 

 

では、すでに離職してしまっており、カードローンの申し込みを退職後にした場合にはどうなるのでしょうか?

 

以下の3つのケースに分けて説明していきます。

 

  1. 退職後、すぐに転職している場合
  2. 解雇、自主退職で求職中の場合
  3. 定年退職して働く予定はない場合

 

@退職後、すぐに転職している場合

はじめに、ステップアップなどを目的に転職をした、すでに内定を貰っている状態で退職をしたというケースです。

 

この場合には、退職をしても仕事には就いているため、カードローンの申し込みができます。

 

もし、転職によって年収がアップした、非正規雇用から正社員になったなどがあれば、カードローンの審査では退職前よりも有利になるかもしれません。

 

ただし、転職をしたことによる次の2つの影響については不可避です。

 

勤続年数がリセットされる
見込み年収での審査となる

 

カードローンの審査では、生活が経済的に安定しているのかを見るために勤続年数もチェックします。

 

たとえ職歴に空白はなくても、転職をしてしまえば勤続年数はリセットされてしまうため、カードローンの申込内容では「1年未満」を選択する必要があるのです。

 

就職してすぐというのは離職率が高い時期でもあるため、金融機関としては審査において慎重にならざるを得ません。

 

また、職場が変わると前年度の年収が違う職場での実績となります。

 

そのため、カードローンの申し込み時に申告する年収は、基本的には前年度のものではなく、今の職場での見込み年収となるのです。

 

やはり、実際に支払われた金額と比べて見込み年収は評価が低くなりやすいと言えるでしょう。

 

もし転職したばかりで申込書の記入方法に迷う部分があれば、何となくでは書かずしっかりと金融機関に確認を取るようにしてください。

 

加えて、転職先から内定を貰っていてもまだ入社する前という場合には、退職してしまっていればカードローン審査上は無職です。

 

勤務を開始してからカードローンの申し込みをしましょう。

A解雇、自主退職で求職中の場合

退職した理由に関係なく求職中だと無職と一緒です。そのため、求職中ではカードローンの審査に通ることはありません。

 

カードローンの申し込みをするためには、まずは仕事に就く必要があります。

 

アイフルのよくある質問「誰でも申し込みは可能ですか?」には、次のように記載されています。

 

「無職の場合は、お仕事(パート、アルバイト可)が決まりましたら申込いただけます。」

 

消費者金融は貸金業法における総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える貸し付けはできず収入がない人への融資が法律上できません。

 

また、一部の銀行では配偶者に安定収入がある専業主婦への融資はしているもののそれ以外の無職の方は融資対象から外れます。

 

人によっては失業手当の給付を受けているかもしれませんが、カードローンの審査では失業手当は収入には含まれません。

 

正社員としての仕事が見つかるまでのつなぎとしてアルバイト、パート勤務をしているという場合でもカードローンの申込条件は満たせます。

 

まずは、仕事に就くことを優先しましょう。

B定年退職して働く予定はない場合

定年退職をして、再就職の予定がないという場合も無職の扱いとなります。

 

求職中の方と同様に、カードローンの契約をするには何かしらの仕事に就かなくてはいけません。

 

フルタイムの勤務でなくてもよく、アルバイト、パート、派遣社員などでもカードローンの申し込みは可能です。

 

一部の銀行では年金を収入として認めている金融機関もあります。

 

ただ、収入が年金だけという場合には年間所得もそこまで大きくないため高額融資は期待できません。

 

年金は決まった金額がコンスタントに振り込まれるため安定性はありますが、金融機関によっては収入が年金だけだと申し込めないことも多いです。

 

まずは、年金だけで申し込めるカードローンを探しましょう。

消費者金融は年金以外に収入があることが前提条件

 

消費者金融のカードローンは、貸金業法により融資が行われており、年収の1/3超の借入ができないという総量規制の制限を受けます。

 

年金生活者の方でどうしても借入したいという方は、アルバイトやパート、自営業などで年金以外に収入がある場合にのみ申込ができるようになります。

 

中小規模の消費者金融の中には、ベルーナノーティスのように70代の高齢者でも利用可能なサービスを用意しているところもあるので検討してみるのもいいでしょう。

ベルーナノーティスは70代の高齢者の方、専業主婦の方も申し込み可能のカードローンです。
専業主婦の方は配偶者に安定した収入があれば利用可能!
※審査の結果ご希望に沿えない場合もあります。
※申し込みの時間帯によっては翌日以降となる場合があります。
※ご高齢の方は審査に時間がかかる場合があります。


申し込み条件 20歳〜78歳の安定した収入のある方 即日融資 可能
金利 4.5%〜18.0% 限度額 1〜300万円

 

カードローンの審査を受けるのであれば、退職する前が良いということは分かったと思います。

 

しかし、転職するならまだしも、無職になる場合、退職直前に申し込みをしても問題はないでしょうか?

 

また、退職前に審査に通過しても、会社を辞めたとバレれば利用停止になるのでしょうか?

 

契約後に会社を辞めてもバレる可能性は低い

まず、一度カードローンの審査に通ってしまえば、金融機関が勤務先について再調査をすることは少ないです。

 

金融機関は契約中でも利用者のことを調査することはあるのですが、基本的には途上与信と言われる信用情報の確認のみとなります。

 

そのため他社での借り入れの増減、延滞などは把握できても職場が変わった、仕事を辞めたことは分かりません。

 

契約期間中に在籍確認、収入証明書の再提出が実施されることはないと思って良いでしょう。

会社を辞めたことが金融機関にバレるとどうなる?

ただ、カードローン契約後に会社を辞めたことが金融機関に知られると次のような措置が取られる可能性があります。

 

追加借入ができなくなる

通常は、カードローンは毎月一回の返済ができていれば好きなタイミングで借り入れが可能です。
しかし、退職などで返済能力がなくなったと判断された場合には追加借入ができなくなることがあります。
つまり、返済専用のローンになり、毎月の返済だけを完済まで続けることになるのです。

 

利用限度額が減額される

また、追加借入の停止までいかなくても、利用限度額が減額されることもあるので注意しましょう。

 

カードローンの限度額は収入、信用情報などをもとに決まりますが、退職したことで収入がなくなれば返済能力は下がります。

 

そのため、退職したことを金融機関が把握すると、返済できないような金額を借りてしまわないように利用できる金額を減らすのです。

 

もしカードローンの契約をした後に退職したという場合には、原則として金融機関への報告が必須です。

 

たとえ、金融機関が知る可能性は低いとしても自分から報告をするようにしてください。

 

カードローンの利用規約には、職場、連絡先などの情報が変更になった場合には速やかに届け出をするように明記されていることがほとんどです。

 

そのため、会社を辞めたのに登録情報の修正を行わないのは規約違反にあたります。退職を伝えていなくても返済が滞らなければ大きな問題にならないことが多いですが、返済できなくなると分かっていながら退職後に限度額いっぱいまで借り入れをしたというケースでは悪質だと判断されるでしょう。

 

そのような場合には追加借入の停止、限度額の減額というだけでなく、強制解約、一括での返済請求になる可能性が高いです。

 

通常、カードローンは分割払いで返済ができますが、規約に違反をすると「期限の利益の喪失」という状態となり、一括返済請求を金融機関が求めることができるようになります。

 

退職後に返済できないと分かっていながら追加借入をするのも、返済できないと思いながらも退職直前に申し込みをするのもNGです。

 

規約に従い、職場などの情報が変更になった際には速やかに登録情報の変更手続きをするようにしましょう。

 

色々な借り入れ方法が知りたい方はこちら

 

無職になるとカードローンでの借り入れはできませんが、退職後でも借り入れをする方法はいくつかあります。

【退職後にお金を借りる方法】

 

質屋の質預かり
生命保険の契約者貸付
年金担保貸付

質屋の質預かり

質屋では預かった商品の価値に応じてお金を貸す「質預かり」を行なっています。

 

質預かりでは預かったものが担保になるため、無職であっても利用可能です。

 

融資が受けられる商品はブランド品、高級腕時計、宝石類、パソコンなど様々なので店舗に確認をしてみてください。

生命保険の契約者貸付

生命保険に長期間加入しているという場合には、契約者貸付が利用できる可能性があります。

 

契約者貸付は生命保険の解約返戻金の一部を前借りする制度です。

 

もともと解約時に戻ってくるお金を借りるため、契約者貸付の利用には審査はありません。

 

ただ、借りたお金の返済ができないと保険の契約が解除されてしまいます。

 

他にも利息に対しても利息が発生する複利であるなどのデメリットもあるので、まずは貸付内容を保険会社に問い合わせてみましょう。

年金担保貸付

国が認可した一部の金融機関では年金を担保とした貸し付けをしています。

 

ただ、独立行政法人 医療福祉機構では年金担保貸付を行なっていますが、すでに年金担保貸付事業の終了を国が決定しているのです。令和4年の3月末で申込受付が終了する予定となっています。

 

すでに年金を貰っている方だと令和4年3月末までであれば申し込みは可能ですし、その期限が過ぎても一括での返済などは不要です。

 

契約通りに返済をしていけば良いので、年金を受給している方は検討してみても良いでしょう。

 

カードローン審査を受けるなら退職前に!離職・転職などは金融機関への報告は必須

カードローンの審査を受けようと思っているなら、退職前がおすすめです。

 

退職後、仕事が決まっていない場合には申込条件を満たしませんし、すぐに転職したとしても勤続年数がリセットされるため審査で不利になることもあります。

 

ただし退職直前にカードローンを契約しても、職場が変更になったり無職になったりした場合には金融機関へ報告をしなくてはいけません。

 

そうなると、カードローンの利用停止、限度額の減額などの措置が取られる可能性が高いでしょう。

 

どのような措置が取られるかは金融機関の判断次第ではありますが、まずはすぐに報告をするようにしてください。

 

電話などは必要なく、ほとんどのカードローン会社ではインターネットの会員サービスで登録情報の修正が可能です。

 

故意に連絡をしない、バレる前に借入残高を増やしたという場合には悪質だと見なされる可能性が高く、強制解約、一括返済請求のリスクがあります。

 

どのようなケースでも職場の変更があったなら、速やかに連絡をしましょう。

 

退職する前に申し込むなら!即日融資も可能なこの3社

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

アコム

カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

審査関連記事

突然カードが利用停止に!原因は途上与信?その内容と頻度、対策について徹底解説!

「突然普段使っているカードが使えなくなった」「気付いたら利用限度額が減ってる」「解約されているんだけど、どうしたらいいのか分からない」こうした状況になると、とても慌ててしまいますよね。原因はいくつか考えられますが、途上与信で問題があった可能性があります。この途上与信という言葉、あまり聞きなれない方も...

» 続きを読む

カードローンの審査でよく聞く「信用情報」ってそもそも何?審査にどんな影響があるの...

「前提として、クレジットカード・カードローンはなぜ成り立っているのか・・・」個人の人間同士がものを貸し借りするうえで、非常に大切なのが「信用」です。貸す人が借りる人に対して、今まで培ってきた関係の中で信頼に足る人物だと判断したからこそ、そこに「信用」が生まれ、貸し借りが成立することは皆さまもご存知の...

» 続きを読む

カードローン審査で重視される属性とは?どんな属性が通りやすい?

「属性とは、何のことを指しているの?」カードローン審査を申し込む上で重視されるのは信用情報ですが、実は次に大事なのが属性と言われるものです。そもそも、属性って何のこと?と思う方もいると思います。簡単に説明しますね。属性とは、年齢、職業、年収、勤続年数、他社借入などの申込情報に基づき申込者をグルーピン...

» 続きを読む

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう...

消費者金融などのカードローン審査に落ち続けてしまった人は、その「原因」について考えたことがあるでしょうか?審査に通らなかったのは、決して運が悪かったからではありません。たまたま落ちたわけではなく、はっきりとした原因があるのです。年収が低すぎたり、他社の借入額が多すぎたりと様々な原因が考えられますが、...

» 続きを読む

アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち? 大手消費者金融2社を徹底比較!

目次アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?アコムとプロミス、キャッシング10項目徹底比較!!個人融資サービスに大きく響く!?大手消費者金融2社の会社概要や企業気質とは?終わりに〜結局、アコムとプロミスどちらで融資を受けるべきなの?〜今回比較していくアコム・プロミスの基本スペックはこちらアコム...

» 続きを読む

公務員はカードローンの借り入れがしやすいって本当? 審査に落ちるとしたらどんな場...

公務員がカードローンの審査に通りやすい理由都道府県庁の職員、市区町村の職員、警察官、消防士、教員、裁判所事務官、自衛官、国税専門員、労働基準監督官、防衛庁職員など、公務員に分類される職種は様々です。国家公務員あるいは地方公務員は、安定収入があり、給料もよいことから、カードローンだけでなく、クレジット...

» 続きを読む

カードローンの審査に通りやすい時期はあるのか?

審査に通りにくい時期はいつ? 利用者が増える時期は要注意!審査に通るにはカードローン会社の審査基準を満たしていなければ通らないのは当たり前ですが、その他に利用者が殺到している時期に申し込むのは審査に通りにくいと言われているので要注意です。その理由がカードローン会社が忙しいときに申し込み者の審査基準に...

» 続きを読む

保証人不要の消費者金融や銀行のカードローンはある?今は保証人なしが基本

カードローンの利用を検討している人の中には、保証人について悩んでいるかもしれません。というのも、保証人がなければお金を借りることはできない、と思っている人が多いためです。たとえば、日本学生支援機構の奨学金では、保証人と連帯保証人が必須ですから、そういったローンを利用していた人ほど勘違いしやすいでしょ...

» 続きを読む

知っておきたい滞納の恐ろしさ! キャッシングの審査に影響する滞納とは?

滞納は信用情報に記載される!それによって考えられる影響とは?滞納はあなたの個人の信用に直接影響してきます。滞納を続けるとCICをはじめとした信用情報機関に記載されてしまいます。3回滞納があればCICに「異動」と書かれ、事実上のブラックリストに載ったという事になります。一番大きな影響として、クレジット...

» 続きを読む

しばらく滞納していた借金を完済したのにカードローンの審査に通らない理由とは?

滞納していた借金を完済したら、カードローンの審査は通る?過去に収入減などにより借金を滞納したものの、その後にきちんと完済した人が、新たにカードローンの申し込みをした時に、審査が通らないという話をよく見聞きします。これは、過去の借入状況や返済状況が個人信用情報機関に残っており、その履歴が新たな貸し出し...

» 続きを読む

銀行カードローンの審査でよく聞く「保証会社」とは?消費者金融や信販会社がやってる...

銀行カードローンで融資を受ける際、詳細の「ご利用いただける方」の項目に「当行が指定する保証会社の保証を受けることができる方」という一文があるのは、ご存知ですか?この「保証会社」とはいったい何か?という疑問についてお答えします。銀行のカードローンにおける「保証会社」とは、・利用者が借り入れ可能かどうか...

» 続きを読む

審査なしのカードローンって存在する?落ちるとは限らない!審査に不安がある場合の解...

審査なしのカードローンを希望する人は、おそらく何らかの理由で審査に自信がないということでしょう。どうせ自分は審査に通らない…と最初から決めつけずに、解決策を探ってみましょう。「審査なしのカードローンじゃないと、自分は審査に通らない」と考えがちな人に、それぞれ解決策をご紹介します!生活保護受給中など、...

» 続きを読む

申し込みブラックになってしまった…これって本当に審査に通らないの?

「申し込みブラックとはいったい何のこと?」という人のために説明します。申し込みブラックとは、複数の金融会社に対して、短い期間での申し込みを行うことで、一時的に審査に通りにくい状態。その状態になってしまったことを、申し込みブラック状態といいます。引っかかってしまう申込期間や申込件数について、金融機関や...

» 続きを読む

カードローンの審査は2種類!仮審査と本審査の違いを理解してからカードローンを申込...

仮審査と本審査、カードローンを申込む際に、何となく耳にしたことがある方も多いと思います。カードローン審査に通過するためには闇雲に申込むのではなく、いかに仮審査、本審査のポイントを押さえながら適したカードローン選びをできるのかにかかっているのです。今回はそんなカードローンの審査のイロハを解説しながら、...

» 続きを読む

銀行カードローンの審査基準|消費者金融よりも審査が厳しい理由とは?

お金を借りたいときに便利なカードローンですが、多くの方は金利を重視して借入先を選んでいるそうです。そのことは日本貸金業協会の「資金需要者等の借入れに対する意識や行動に関する調査結果報告」(2016)でもデータとして示されており、約65%の人が借入先の選択基準として「金利が低いこと」をあげていました。...

» 続きを読む

消費者金融の審査では何をする?〜審査基準から在籍確認まで徹底解説!

消費者金融は、便利に利用できるところが魅力です。給料日までの一週間、あと1万円あれば…というような、日常生活の「少し足りない」を、消費者金融なら気軽に補えますね。しかし、利用しやすいといっても誰もが簡単に借りられるわけではありません。初めて消費者金融に申し込みをする場合には、どのような審査が行われる...

» 続きを読む

生活保護の審査に通らなかった!考えられるその理由と対処法を紹介

「働いても最低限の生活レベルを維持することができない。」「病気や怪我など働くことができない理由がある。」そのような場合には厚生労働省が行う国の支援制度、生活保護を受給できる可能性があります。働くことができない、資産を持っていないなどで生活をしていくのも困難だという人に対して、最低限の生活ができるよう...

» 続きを読む

カードローンの審査は退職前が必須?!退職後は利用停止になる可能性あり?

最近では一つの会社に定年まで勤めるということも減り、人生の中で数度、転職を経験するという人も少なくありません。ただ、定年で退職するにしても、より良い仕事を探して転職するにしても、お金の心配というのはついて回ります。そのような場合に便利なのが、契約限度額の範囲内であれば自由に借り入れができるカードロー...

» 続きを読む