住宅ローンやマイカーローンの借り入れがあるので、年収の3分の1を超えてしまう。カードローンで借り入れできる?

住宅ローンやマイカーローンを組んでいても、カードローンは借りられるの?

 

住宅ローンやマイカーローンを組んでいる人が、その税金の支払いに困って、キャッシングを検討するのはよくある話です。

 

ですが、総量規制が適用されてからは、年収の3分の1を超えた借り入れができないことになっているので、住宅ローンやマイカーローンを組んでいることで、カードローンの審査に通らないことを心配する人が少なくありません。

 

ですが、住宅ローンやマイカーローンを組んでいても、カードローンから借り入れをすることは可能なのです。

 

 

年収の3分の1を超える借り入れができるのはなぜ?

 

ではなぜ、住宅ローンやマイカーローンの借入額が年収の3分の1を超えているのに、カードローンの審査が通るのでしょうか。

 

それは、住宅ローンやマイカーローンは総量規制の対象外だからです。

 

住宅ローンやマイカーローンは、住宅や車という担保があり、借り入れの目的も返済期間も明確なので、融資の規制が緩められているのです。

 

そのため、別口でカードローンの借り入れをすることができます。

 

 

総量規制外でもカードローンが借りられないこともある

 

とはいえ、消費者金融のカードローンを申し込む時には、個人信用情報機関から住宅ローンやマイカーローンの情報を得て、過剰貸付の状態だと判断されると、審査が通らないことがあります。

 

住宅ローンやマイカーローンを抱えているなら、銀行のカードローンに申し込むのも一つの方法です。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠が返済中の時なども、カードローンの審査に通らない可能性があります。

 

一度に複数の会社のカードローンの申し込みをすると、それが個人情報信用機関に登録され、かえって審査が通りにくくなってしまうので、事前にリサーチした上で、申し込みをするようにしましょう。

 

総量規制ってなんのこと?

 

総量規制対象外は銀行カードローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン