おまとめローンは銀行カードローンでは対応できない?銀行がカードローンで一本化を謳わなくなった原因である総量規制の抜け道とは

複数の借金を一つにまとめる。
多重債務者には非常にありがたい借金問題解決の手法の代表格であるおまとめローン。

 

2017年以前までは銀行カードローンのほとんどが、「おまとめ目的OK」としていたのはご存知でしょうか?
消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで複数の負債を抱えてしまった方にとって、低金利の銀行カードローンでおまとめできることのメリットは多大なものです。

 

また銀行側にとっても消費者金融やクレカキャッシング枠の借入を自行で借り換えさせることで大型融資をすることができるため、積極的におまとめをすすめていました。

 

まさに、借入側と貸出側のニーズが一致したウィンウィンのローン商品、それが「おまとめローン」だったのです。

 

しかし、2017年5月の朝日新聞の報道で銀行カードローンでの一本化が総量規制の抜け道になっていると大々的に報道されたのです。
ただでさえ、金融庁からの調査で銀行が広告の自主規制を進めている状況でのこの報道は、おまとめローンでの集客も自主規制の範囲に含めるのに十分なものでした。

 

それ以降、横浜銀行などの一部を除いておまとめ目的をOKとする銀行カードローンはなくなってしまったのです。

 

なぜ銀行カードローンでおまとめをすると総量規制の抜け道となるのか?
2019年現在おまとめをしたい多重債務者にはどんな選択肢が残されているのか?
なぜ横浜銀行はおまとめローンをいまだにOKとしているのか?

 

一つ一つ紐解いていきましょう。

 

金無和也(キャッシング大全管理人)

 

過去にはキャッシングによるローン地獄と債務整理を経験済み。自らの体験を生かし「キャッシング大全」「債務整理のすすめ」などのサイトを運営している。

 

銀行カードローンでおまとめする最大のメリットはなんだったのか

銀行カードローンの最大のメリットは、その低金利にあります。
それはおまとめローンで最大の効力を発揮するといっても過言ではないでしょう。

 

どれほどメリットがあるか下記の表をご覧ください。

 

例えば3社合計200万円を借りていた場合

借入額 金利 毎月返済額
A社 50万円 18.0% 13000円
B社 70万円 18.0% 18000円
C社 80万円 18.0% 21000円
合計 200万円 18.0% 52000円

消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借りた場合、100万円未満の借入はほぼ例外なく18.0%となります。
高い金利で複数社の返済をしなければならないので、毎月の負担はかなり大きくなってしまうのです。

 

これが銀行カードローンでおまとめした場合
※横浜銀行カードローンの条件に当てはめています。

借入額 金利 毎月返済額
銀行カードローン 200万円 11.8% 25000円

総額の200万円を一本化したことにより、金利は、
・18.0%⇒11.8%
毎月の返済額は、
・52000円⇒25000円
と負担が大きく軽減したことが分かりますね。

 

これが多重債務者を救う大きな救済ローンだったことは間違いありません。

 

それがなぜ総量規制の抜け道と言われてしまったのか…

 

銀行カードローン利用での総量規制の抜け道

実際にこの抜け道を悪用すれば、かなりの金額を借入することが可能でした。
分かりやすく説明します。

 

総量規制とは貸金業者(消費者金融・クレジットカードのキャッシングなど)に課せられる年収の3分の1以上貸付してはならないという規制です。

 

例えば
「年収450万円のAさん」が3社の貸金業者からの合計150万円を借りていた場合、消費者金融などの貸金業者からは総量規制にひっかかるためこれ以上借入することはできません。

 

しかし銀行カードローンで150万円借り入れをし、それを3社の貸金業者の返済にすべて充てます。
そうすると総量規制に引っかかる借入額は完全に0となるのです。

 

銀行は銀行法という別の法律で動く金融機関で、総量規制の対象外となるため、貸金業法の枠から対象外に借金を移した状態になるわけですね。

 

勘のいい方はここでお気づきでしょう。

 

この「年収450万円のAさん」はもう一度、消費者金融から総量規制の範囲内150万円まで借入することが可能になってしまうのです。

 

分かりやすく表にしてみます。

設定 年収450万円だと総量規制で150万円までしか借りられない。
借入先 総量規制対象の借入額 銀行からの借入額 合計借入額 追加借入可能額
おまとめ前 150万円 0 150万円 0
おまとめ後 0 150万円 150万円 150万円
追加借入後 150万円 150万円 300万円 0

Aさんは年収450万円ですからおまとめ前は貸金業者から総量規制ぎりぎりまで借りており、追加でどこからも融資が受けられない状況です。
銀行カードローンでおまとめ後になると総量規制で借りれる枠が0になり、枠が150万円分空くことになります。
空いた枠で消費者金融などの貸金業者から再び150万円まで借りれるようになるということなんです。

 

このような抜け道が問題視され、銀行は金融庁や世間の目を恐れておまとめローン可能という文字をホームページから削除していきました。

 

しかし、借金をおまとめローンでちゃんと解決したいという債務者が完全に置き去りにされてしまった自主規制であると私は考えます。

 

一部の抜け道を利用して限度よりも多く借りてやろうという悪質なユーザーを規制するためとはいえサービス自体を取りやめる必要があったのでしょうか?

 

一部銀行がおまとめローン可能を謳い続け、ほとんどの銀行が取りやめた本当の理由

当時銀行カードローンはおまとめローンでの総量規制の抜け穴だけでなく、金融庁から過剰貸し付けに対して厳しい指摘を受けていました。
その内容は銀行カードローンに対し、総量規制に準じた基準を各銀行がそれぞれ自主規制として設けること、保証会社である消費者金融にカードローン審査を丸投げしていたずさんな審査体制に対して、自行で厳しく審査を行うように求めるものでした。

 

このような状況のもと、より慎重な審査が求められるはずのおまとめ目的の申し込みに対しても通常融資と同じように自行での審査を行わず、保証会社に丸投げという事態が起きていたはずです。

 

自行での審査体制ができていなかった銀行はおまとめOKという宣伝文句も当然取りやめる流れが起こったのは予想に難くありません。

 

なぜ横浜銀行など一部の銀行はおまとめ目的OKを継続しているのか

横浜銀行など一部の銀行が継続しておまとめローン目的をOKとしているのは、審査体制がしっかりしており、保証会社に丸投げしていた他行とは状況が違ったのではないか。
そのように考えることができますね。

 

ずさんな他社任せの審査ないのであれば、金融庁の審査に対する指摘は怖くありませんし、総量規制を抜け道にしようとするような悪質な申し込み者を自社の審査ではじける自信もあったのでしょう。

 

そのように考えると、極論になってしまいますが、

 

おまとめ訴求をやめた銀行の数=保証会社に丸投げのずさんな審査をしていた銀行の数

 

このように推察することができてしまうわけです。

 

この推察が正しければ、審査体制が各銀行で整い次第、再び銀行カードローンがおまとめ目的OKとなっていくのではないかと思います。

 

取り残された多重債務者がとるべき手段はなにがあるのか

とはいえ、現在進行形で借金に苦しむ方が銀行カードローンでおまとめできる道は限りなく少ないといって過言ではないでしょう。

 

では、多重債務を解決したい場合はどうするべきなのか。

手段@銀行カードローンにダメもとで申込してみる

銀行のカードローンでおまとめできればもっともリスクなく借金解決に近づけるのは間違いありません。
本当はおまとめローンの客層が欲しい銀行はたくさんあると思われます。
おまとめOKと書いてなくても、不可とも書いてありませんので、ダメもとでコールセンターに聞いてみるのも一つの手です。

 

銀行カードローンに聞いてみるなら

銀行カードローンなら低金利でおまとめ可能!

 

手段A消費者金融でおまとめローンを検討する。

銀行カードローンと比べると金利が高くメリットが出にくい消費者金融のおまとめローンですが、おまとめローンであれば総量規制の例外として貸し付けができるため、大手の消費者金融であれば必ずおまとめローンが準備されています。
消費者金融であれば銀行と比べれば審査に通りやすく、急ぎの場合は最短で即日融資も可能な場合があります。
消費者金融でおまとめする注意点
貸金業者からの借金しかおまとめできない場合が多いので、クレジットカードのショッピングリボや銀行カードローンからの借金は一本化することができません。
※アイフルのおまとめローンであればクレカのショッピングにも銀行カードローンにも対応しています。

 

消費者金融でおまとめするなら

消費者金融のおまとめローン詳細

 

手段B債務整理をして借金を整理する。

債務整理とは「任意整理」「個人再生」「自己破産」などで借金を整理することの総称です。
それぞれデメリットはありますが、借金生活から脱出できるというメリットに勝るほどではありません。

 

それぞれ簡単に説明します。

任意整理

債権者と話し合いの上、利息カット&元金の減額を行い、3年〜5年で完済を目指す方法。

メリット

整理対象を選べること。(クレジットカードを1枚残すなどが可能)
会社や家族にバレずに整理しやすい。

デメリット

利息カットが主で元金はあまり減らない。
ブラックリストに掲載される。(5年間)

個人再生

裁判所に申し立てをして借金を100万円または最大5分の1にする方法。

メリット

500万円以内なら100万円、500万円以上なら5分の1に借金が軽減されるため大幅に負担が軽減される。
会社や家族にバレる可能性が少ない。

デメリット

官報に掲載される
ブラックリストに掲載される(5〜10年間)

自己破産

裁判所に申し立てをして借金をチャラにする方法。

メリット

借金がなくなる

デメリット

住居などの保有資産を失う。
ブラックリストに載る。(5〜10年間)
官報に掲載される。
家族にはほぼバレる。

債務整理は必ず信用情報に事故情報が掲載されブラックとなってしまうので、5年〜10年はクレジットカードやローンなどを作ることができなくなります。
しかし、今の現状でもすでにローンやクレカを作れない方も多いでしょう。

 

そのような方は債務整理をお勧めします。

債務整理については金無和也が管理人のこのサイト

債務整理のすすめ|借金解決完全ガイド

最後に

銀行カードローンが過剰融資と審査体制のずさんさで金融庁から指摘を受けて以降、銀行では自主規制のせいで借りづらい状況が続いています。
銀行カードローンをおまとめローンとして利用するという非常にメリットのある利用方法もそのあおりを受けたのは間違いないでしょう。

 

総量規制の抜け道というのも総量規制が施行されて以降、何年も言われていた問題でした。
朝日新聞の報道はただのきっかけにすぎません。

 

それを証拠に、審査に自信があった一部銀行では今でもおまとめ目的OKを謳っています。

 

今後、審査体制が各銀行で確立されていけばおまとめローンも復活してくると思います。

 

ただ、この間にも借金問題を解決したい多重債務者の方は存在し、本来であればおまとめローンで救われたはずが、金利が高い消費者金融でおまとめせざるを得なかったり、債務整理するしかない状況が続いていくのです。

 

こういったユーザーを置き去りにするようなことはあってはならないと思いと私は思います。
多重債務になってしまう人に対して自業自得だという声もあるのも分かります。
しかし、事情があって借金が重なってしまう方もいれば、借金癖から立ち直るためにマジメに返済をしたい方だって大勢いるのです。

 

昨今、銀行の不祥事やノルマ主義な部分がクローズアップされていますが、お金を貸すことを生業としている以上、借り手側のこともちゃんと考えられる仕組みづくりをしてほしいと切に願います。

 

金無和也(キャッシング大全管理人)

 

過去にはキャッシングによるローン地獄と債務整理を経験済み。自らの体験を生かし「キャッシング大全」「債務整理のすすめ」などのサイトを運営している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

編集部コラム一覧

スルガ銀行の新店舗が乱立?賠償問題でお金ないんじゃないの?

どうもしちさんです。最近脱税やらで、世間の不祥事が絶えませんね。そんな折にふと気づいたのですが、不祥事で今だに騒がれているスルガ銀行の支店が地元で建設中でした。「あれ?そういえば最近も近くに1店舗できてたなぁ…。」賠償問題でそんな余裕ないと思うのですが‥。何か悪さでも企んでいるのかと気になり、しちさ...

» 続きを読む

沖縄ではポピュラーな模合って知ってますか?無尽とも呼ばれる、相互扶助のしくみ。

はいさい、ろんどん君です。以前私は、沖縄の友人Tと遊びに行く約束をしていたところ、直前になってTは「あ〜、やっぱり明日はモアイがあるから無理だぁ〜。」と予定日の変更をお願いされたのですが…ろんどん君は少し腹立たしい気持ちになりながらも、これが「うちなーたいむ」ってやつか…まあ仕方ないな、なんて言って...

» 続きを読む

QRコード決済が話題となった2019年…高齢者はどう認識しているのかインタビュー...

こんにちは。ろんどん君です。2018年の12月4日から始まったPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」をきっかけとして、いまや爆発的に知名度を高めたQRコード決済。Origami Pay、楽天Pay、Line Pay、Amazon Pay…乱立と言っても過言ではない中、ネット上で色々検索を...

» 続きを読む

中国でキャッシュレス不信が増大、また日本は時代の流れに逆行してる…?

どうもしちさんです。最近日本でキャッシュレス化の波が来ていますね。しちさんはPASMOしか使っていませんが‥。そんな日本とは逆に、中国ではキャッシュレス不信から利用者離れが起きています。もしかして、また日本は時代の流れに逆行しちゃうの?前回しちさんが書いた水道民営化についての記事でも他の国では、公営...

» 続きを読む

新生活に向けて就職内定者・新社会人向けローンの上手な利用方法と注意点

やっとの思いで就職内定をもらい一息つくことができると思う頃には、大学生活もすぐに卒業に向けての準備が始まります。卒業論文を終えたら卒業旅行の計画を立てるという人もいるでしょう。旅行から戻れば、今度は謝恩会の衣装決めに卒業式に着る袴や着付け、卒業記念の写真撮り、何かとお金がかかる予定が出てきます。入社...

» 続きを読む

情報銀行のメリット・デメリットとは?自分の情報を預けるとお金をもらえる時代が来る...

「昨日自分がいた場所」「毎日必ず食べるもの」「年齢や性別、体重などの身体情報」このような情報を匿名で企業に提供することで、お金やポイント、割引券がもらえるとしたら?自分なら企業の個人情報の漏洩が世間を賑わせていることもあり、躊躇してしまうかもしれません。しかし提供する情報やどこの企業に預けるかを自分...

» 続きを読む

大学提携のクレジットカードは大学生におすすめなの?大学独自の特典やメリット・デメ...

PayPayやLINE Payなど、キャッシュレス決済が盛り上がりを見せる昨今。クレジットカードや銀行口座を登録して、お店で支払いをすればポイント還元などでお得に買い物ができるようになっています。当サイトのライターろんどん君の初めてのPayPay利用体験記についてはコチラ♪私は如何にしてACマスター...

» 続きを読む

アイフルのCM、愛はあるんか?では見せて貰おうか、アイフルの愛とやらを!

どうも、しちさんです。そういえばアイフルって最短30分での審査が可能なんですよね。⇒アイフルの即日融資について知りたい方はこちらなんか公式のホームページは赤色が多い…。ん?3と‥赤‥、3倍と赤のトレードマーク‥、赤い彗星!シャア!、シャアなのか!・・・・・「どうも、しちシャアメガネです。」※特に理由...

» 続きを読む

銀行カードローンの貸付残高が8年ぶりに減少!自主規制に一定の効果が見えるもこれっ...

2019年2月に日銀が発表した銀行カードローンの貸付残高が8年ぶりに減少したとのニュースがありました。参考ニュース銀行カードローン、8年ぶり減少 自己破産申し立て増加2017年に銀行カードローンの過剰融資が社会問題となり2018年にかけて金融庁の指導の下、銀行が自主規制に努めた結果です。ずさんな審査...

» 続きを読む

プロミスのCMに出演の岡本玲さんがかわいい!なぜ家を演じる女優・俳優を歴代CMと...

※画像は岡本玲さんの公式Twitterから。こんにちは、金融ライターのJinです!日々当サイトのプロミスのページを担当しているのですが、実はこれまでプロミスのCMについて何一つ知らないことに最近気づきました。そもそも金融ライターになる前は、テレビをつけることもなく、「プロミスってCMやってたんだ…」...

» 続きを読む

水道民営化で水道料金って上がるの?えっ、5倍!?

どうも、最近ペヤング中毒になっているペヤングマンこと、しちさんです。そんなペヤングを愛し、愛されているしちさんですが、この度困ったことを見つけました。水道民営化により、水道料金が上がってしまうという情報です。水道料金が上がったらペヤングが高級品になってしまうやんけ…。その事実を解明すべく、しちさんな...

» 続きを読む

多重債務の温床となるソシャゲのガチャ規制の現状と、今後導入すべき規制案を考えてみ...

昨今スマホゲームの課金ガチャについて規制を求める声が多くみられます。最近ではFGOに400万円以上も課金した女性のはてなダイアリーが大きく話題になりました。参考ニュースはこちらFGOに400万課金した女が思うことガチャを回しているときは、「後悔しない」という気持ちだったそうですが、のちに激しく後悔し...

» 続きを読む

銀行カードローンは2017年金融庁の実態調査からどう変わってきたか?2019年現...

2010年の改正貸金業法完全施行以降、専業の消費者金融が、業績不振に苦しむのを尻目に、一気に存在感を増してきた銀行カードローン。その動きは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行といった大手都市銀行ばかりでなく、楽天銀行のようなインターネット専業銀行、セブン銀行やイオン銀行のような...

» 続きを読む

2020年から奨学金の制度が見直し!賛否両論ある中で返済中の金融ライターが思った...

前回のコラムを執筆中、奨学金制度を大きく変えるほどのニュースが飛び込んできました。なんと2020年春に奨学金の貸与者全員から、借入れ金額に応じた保証料が徴収されることになります!参考ニュースはこちら奨学金、全員から保証料 延滞増加で財務・文科省方針 これについてTwitterでは様々な声が上がってい...

» 続きを読む

私は如何にしてACマスターカードでQRコード決済をしようと決意したのか

こんにちは、ろんどん君です。PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」やOrigamiPay「オリガミで、半額。」などのQRコード決済を使ったバラマキともとれる大胆なキャッシュバックキャンペーンが世間で盛り上ったのは記憶に新しいところですね。「キャッシュバック」というワードが酒の肴として忘年会...

» 続きを読む

PB(プライベートブランド)ZOZOの現状と過剰なZOZO叩きへの疑問

こんにちは、ろんどん君です。先日、「ZOZO、下方修正へ…今までの施策を簡単に振り返って原因を探ってみよう。」という記事を書きました。そこで最終的に出た結論を最初に述べてしまいますが(細かい考察など興味がおありでしたらぜひご一読ください)、下方修正に至った経緯として社長のSNSなどでの振る舞いZOZ...

» 続きを読む

ZOZO、下方修正へ…今までの施策を簡単に振り返って原因を探ってみよう。

こんにちは、ろんどん君です。”社長のポケットマネーから100名に100万円、総額1億円のお年玉”が賛否両論を巻き起こしたのは記憶に新しいところですね。「貰った100万円って税金はどうなるの?」という疑問を抱き、以前ろんどん君はコラムに取り上げました。100万円にどのように税金がかかるのか考察したコラ...

» 続きを読む

学生から金融ライターになった自分が奨学金の返済を巡る問題について思ったこと

大学などに進学する際に、奨学金を利用される方もいらっしゃると思います。現在では、大学生の二人に一人がこの奨学金を利用しています。かくいう自分も過去に奨学金を借り、現在返済をしている一人。今回は現在奨学金を返済中のJinが、金融ライターになって気付いた奨学金のあれこれについて取り上げていきます。奨学金...

» 続きを読む

ZOZO前澤社長からの太っ腹お年玉!100万円は一時所得?それとも贈与?

100万円、総額1億円をプレゼントといういままで見たこともないような太っ腹な企画は、ツイッターで様々な賛否両論を呼びました。コチラがそのツイートになります。↓ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】...

» 続きを読む

ZOZO前澤社長のお年玉企画に続く人が続出!?一体何が起きている?

どうも、メガネの曇りで目の前も将来も見えないしちさんメガネこと、しちさんです。今回はビッグなニュースについてお伝えしたいと思います。paypayの100億キャンペーンが懐かしくなりつつある現在、新たなお祭り企画、100名に100万円(総額1億円)現金でプレゼントキャンぺーンが行われました。しかも、こ...

» 続きを読む

おまとめローンは銀行カードローンでは対応できない?銀行がカードローンで一本化を謳...

複数の借金を一つにまとめる。多重債務者には非常にありがたい借金問題解決の手法の代表格であるおまとめローン。2017年以前までは銀行カードローンのほとんどが、「おまとめ目的OK」としていたのはご存知でしょうか?消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで複数の負債を抱えてしまった方にとって、低金利...

» 続きを読む

銀行カードローンが審査厳格化で事実上即日融資から撤退へ。すぐにお金を借りたいとい...

少し古い話題ですが2017年9月14日、銀行カードローンの審査が厳しくなるというニュースが報じられました。2018年1月から、審査内容に申込者の警視庁データベースへの照会が追加で行われ、利用者に問題がないかを調べます。これにより、反社会的勢力へ融資してしまうことを避けるという目的もあるといいます。※...

» 続きを読む

PayPayのクレジットカード不正利用問題!キャッシュレス化の普及にどんな影響が...

2018年12月4日〜12月13日で爆発的に話題になり、あっという間に終了したPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」。使った人も乗り遅れた人もいると思いますが、期間中一度は耳にして興味を持った人は多いのではないでしょうか?当サイトでもライターのやっとさんが話題を取り上げて記事を書いてくれ...

» 続きを読む

【LINE Bank】2020年にLINEが銀行になる!?個人向けローン計画も不...

2018年11月27日に驚くべきニュースが入ってきました。あのスマホの無料通話アプリでおなじみの「LINE」が銀行業に進出するというのです。すべてのサービスがスマホで完結できる史上初のスマホ銀行とはどんなものになるのでしょうか??参考ニュースLINEが銀行業に参入 みずほと連携、20年開業へ最近はキ...

» 続きを読む

民法改正でカードローン利用はどう変わる?成人年齢は引き下げられても借りられない人...

2018 年、成人年齢引き下げで、改正民法が成立したことは、記憶に新しいところです。18歳、19歳の人たちは、急に「大人」として扱われるようになり、親の同意を得ることなく、お金が借りることができるなど、さまざまな契約を単独でできるようになります。これまで「未成年」として括られてきた子供たちの暮らしは...

» 続きを読む

カードローンの審査基準を公開?消費者金融、銀行、キャッシングサイトの担当者がざっ...

今回、元銀行と元消費者金融の社員だった方とキャッシング大全管理人の3者でざっくばらんに話す機会を得ることができ、貴重な情報を聞いてくることができましたのでお伝えしていこうと思います。銀行と消費者金融の違いや、ここでしか聞けない裏話など盛り沢山なのでぜひ読んでみてくださいね。関連ページカードローンの審...

» 続きを読む

債務者が死亡で借金の行方は?親の場合は相続問題あり?

「もし、親が多額の借金を残して亡くなってしまったら?」その返済義務は、身内である子供に降りてくるのでしょうか?身内の死というのは、あまり考えたいものではありません。誰もがそのようにして敬遠しているものだからこそ、実際に、身近な人の死に直面した時、何をしていいかわからず混乱してしまうものなのです。心身...

» 続きを読む

進化し続けるプロミス!利用者にとって嬉しい新サービスとは?

2018年10月、貸金業界のニュースを目にするたびに、「プロミス」の名前が上がり、最新技術導入のスピードに、改めて驚かれた方も多いのではないでしょうか?昨今、最新技術や人工知能に関するニュースは、「AIに仕事を奪われる」「ロボット導入でリストラ寸前」など、サラリーマンにとって、暗い話題となってしまっ...

» 続きを読む

地銀王者の失墜!?スルガ銀行不正融資問題の全貌と今後のゆくえ

最強の地銀として、君臨してきたスルガ銀行。今、スルガ銀行HPのトップには、「金融庁より行政処分を受けました」という報告と関係者や顧客へ迷惑を詫びる文章が掲載されています。これまで、スルガ銀行と言えば、投資家や経済アナリスト、さらには、金融庁の元長官などからも高く評価されてきました。全国でも都市銀行並...

» 続きを読む

日本に信用スコアは普及する?インフラにまでなった中国を例に未来を考えてみた

最近では個人が企業に情報を提供する代わりに、なにかしらの報酬や特典を受け取るようなサービスが増えています。なかでも今回取り上げるのは、個人の情報をもとに社会的信用力を数値化した「信用スコア」というもの。しかし匿名とはいえ、個人情報への意識がただでさえ高い日本で本当に普及するのでしょうか?前回、情報銀...

» 続きを読む

KDDIの「au WALLETスマートローン」は初めてのユーザーにおすすめなの?...

2019年4月4日、遂にauからキャッシュレス決済サービスである「au PAY」が発表されました。参考ニュースはこちらスマホ決済「au PAY」、4月9日より提供開始同時にスマートローンという便利なキャッシングサービスも始まり、au PAYとの連携も可能に!参考ニュースはこちらスマホで手続き完結、1...

» 続きを読む

アコムのCMの歴史を貸金業法の時代の流れとともに追ってみた

出典:【アコム公式】TVCM「ねごと篇」 こんにちは、ろんどん君です。突然ですが、昔のアコムのCMって覚えていますか?「ラララむじんくん、ラララむじんくん、ララララ〜♪」「はじめての、アコム♪」昔は今よりも頻繁にテレビで消費者金融のCMが流れていました。プロミスといえば、姫と付き人がコメディタッチな...

» 続きを読む

顔認証システムによるキャッシュレス決済の時代が来る!?その必要性について思うこと

こんにちは、金融ライターのJin(@jinpokopon_h)です!最近ネット上で顔認証決済という言葉をよく聞くようになりました。PayPayやau PAYなどのコード決済とは異なる顔認証決済。それが今、セブンイレブンやファミリーマートなど大手のコンビニで実証実験が進められているんです。決済での利用...

» 続きを読む

1,000以上の金融機関が提携するBank Pay|キャッシュレス決済が乱立する...

PayPayやLINE PayなどのQRコード決済が乱立している昨今。日本のスマホ決済、多すぎて終了のお知らせ・ファミペイ ← New・楽天ペイ・LINE Pay・PayPay・d払い・pring・オリガミペイ・Amazon Pay・au Pay・ゆうちょPay・セブンペイ・はまペイ・Pay ID・...

» 続きを読む