PB(プライベートブランド)ZOZOの現状と過剰なZOZO叩きへの疑問

こんにちは、ろんどん君です。

 

先日、「ZOZO、下方修正へ…今までの施策を簡単に振り返って原因を探ってみよう。」という記事を書きました。

 

そこで最終的に出た結論を最初に述べてしまいますが(細かい考察など興味がおありでしたらぜひご一読ください)、下方修正に至った経緯として

 

  • 社長のSNSなどでの振る舞い
  • ZOZOSUITの失敗とPBの誤算
  • ZOZOARIGATOという施策の、ユーザーへのメリットよりも話題になってしまった大手アパレルの「ZOZO離れ」

 

などが複合的に重なった結果であると結論付けました。

 

その前回の記事の締めに「プライベートブランドの業績予想と実際の利益の大きなへだたりについて」はあまり触れていなかったので後編で…というわけで、今回はその点について触れていきたいと思います。

 

ろんどん君(キャッシング大全専属ライター)

 

恥の多い生涯を送って来ました。音楽、芸術、ファッション、フットボール、あとは自分が好きです。

 

 

そもそもPB(プライベートブランド)ZOZOの業績予想はどれくらいだったのか?

まず、本年度にZOZOは一体どれくらいの売り上げ予想を立てていたのかを見てみましょう。

 

年度売上高目標200億円としていたPBですが、実績は3通期で30億円にも満たない見通しとなっており、今期は125億円もの赤字が見込まれると発表されています。

 

やはりZOZOSUITの配送遅延、サイズがそもそも合わない、などのネガティブなニュースはネタとしてSNSで拡散されやすく、プラス前澤社長のメディアでの成金的な扱われ方、女優との恋愛、特殊な結婚観などによる世間からのやっかみもあり…今ではまるで魔女狩りかのような様相を呈しています。

 

 

こういったマイナスの面白おかしい記事がチラホラ見受けられました↓

 

ですが、おそらくこれくらいのマイナス想定はZOZOも当然ながら持っていたはずだと思います。

 

それよりもろんどん君的には、メディアの掌の返しようが不気味に感じてなりません。

 

社長、社長と持ち上げるだけ持ち上げTV番組や取材に引っ張りだこにしたあげく、業績が落ちたとなると一斉に叩く始末。

 

メディアに露出し知名度が高くなった経営者は「ロックスターCEO」などと呼ばれ一挙一動が株価や業績に顕著に表れるそうです。

 

前澤社長本人もそれを意識していたとみられるツイート↓

 

このように、前澤社長はあえて多大な影響力を持ちたいと思い茨の道に進んだのかなと思うと、むしろここからが本当の勝負、今後の展開こそ注視すべきなのだと思います。

 

どことなく同じ印象の残る「先輩」からのエールとも取れる記事もありました。

 

それにしても、メディアの掌返しは(2回目の言及)本当にいつ見ても腹立たしいものですね。

 

前澤社長がTwitterを休止してしまった今、正直以前より情報は入ってきにくい状況となってしまいました。

 

PBのZOZOからパーカが新登場したというニュースもさほど話題にはなっていません。

 

 

ZOZOSUITで得たビッグデータに基づいた体形予測エンジンにより、身長・体重・年代・性別などの項目を入力することで計測不要でありながら最適なサイズがはじき出され購入可能、という変更は吉と出るか凶と出るのか…。

 

過剰なZOZO叩きへの疑問

前回のコラムでも触れましたが、そもそもセールで売ることを前提とした値段設定にもかかわらず「安売りされてはブランド価値が下がる」と言い出したアパレル側の旧態依然な姿勢はよくないものだと思います。

 

良いときは30%の手数料を払っても採算がとれるからいままで出店し続けたにもかかわらず、報道が過熱してくると尻尾を巻いて逃げ出す有名ブランドたちに正直失望しました。

 

ZOZOTOWNの不義理はあったにせよ、今後これらのブランドがECサイトでどのように展開していくのかには注目…なのですが、よほど革新的な何かがない限りさほど話題にも売り上げにもつながらないでしょう。

 

 

消費者にとってはありがたい値段、いわゆる安売りを「ZOZOTOWN」でしていたブランドたちは「ZOZOARIGATO」などのサービスに反発し「ZOZO離れ」をしていきました。

 

それを皮切りに、その後「下方修正」というネタまで得たメディアの突如の手のひら返し。

 

 

あれだけもてはやしていたにも関わらず、「ブランドを大切にしていないし、そのくせ社長がチャラチャラとスーパーカーだの月旅行だの、女優と付き合って株価を上下させいいように私腹を肥やしている!今後どうするんだ!」とZOZOを叩く構図ははっきりいって理解が出来ません。

 

そしてそれを見たSNSのユーザーや視聴者たちが、普段はメディアはク〇だとか言っている割には、ネガティブな情報となると嬉々としてずいぶん簡単に情報に流されてしまうのが不思議です。

 

この種の同調圧力を心地よいと感じる人もいるでしょうし、そんなことすらもはや考えないような思考が停止したような人たちが……ハアハア…

 

 

あれ、なんだか記事の方向性が…。

 

まとめ

話を戻しますが、先ほど紹介したニュースで、堀江氏が”ZOZOは一流のファッション百貨店ってイメージからイオンモールになってしまった”という指摘は誰もが思うことで、ZOZOTOWNのイメージが以前とは変わってしまいPB(プライベートブランド)ZOZOに集中するしかないような状況が生まれたのは間違いなく事実です。

 

スタートして間もないサービスなので、今後の予測や結果はまだまだ未知数ですが、ろんどん君は今後もZOZOを追いかけていこうと思います。

 

 

色々思うところがあったので、思いの丈をハッシュタグに乗せてみました。

 

そして、ZOZOSUITを発注し上司である金無和也さんに着せ、その計測結果からオーダー、どのようなサイジングのスーツが出来上がるか企画をそのうち必ず実現しようと思います。

 

ネタとして最高なので、どうか体に合わないスーツが来ますように…。

 

ろんどん君(キャッシング大全専属ライター)

 

恥の多い生涯を送って来ました。音楽、芸術、ファッション、フットボール、あとは自分が好きです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン