【LINE Bank】2020年にLINEが銀行になる!?個人向けローン計画も不安要素あり?

2018年11月27日に驚くべきニュースが入ってきました。
あのスマホの無料通話アプリでおなじみの「LINE」が銀行業に進出するというのです。
すべてのサービスがスマホで完結できる史上初のスマホ銀行とはどんなものになるのでしょうか??

 

 

最近はキャッシュレス化の波に乗って、LINEpayが世間をにぎわせているところです。
銀行業進出のニュースと同時に「We Chat Pay」と提携も発表しており、2020年の東京オリンピックを見据えたインバウンド需要の獲得に向けてキャッシュレス決済の主導権を握りにかかっていることは明白ですね。

 

 

キャッシュレス決済サービス以外にも証券、保険と金融業界への展開を貪欲に強めていますね。

 

いやぁ「LINE」の勢いがすごい!

 

金無和也(キャッシング大全管理人)

 

過去にはキャッシングによるローン地獄と債務整理を経験済み。自らの体験を生かし「キャッシング大全」「債務整理のすすめ」などのサイトを運営している。

LINEbankはすでに個人ローンを視野に準備中

LINE Bankをキャッシング大全として無視できない理由が、すでに個人向けローンをやると宣言しているところ。

 

さらには、共同設立の相方がメガバンクのみずほ銀行のみずほフィナンシャルグループです。
みずほといえば、2017年にはソフトバンクと組んで新しい消費者金融の「J.score(ジェイスコア)」を立ち上げたのが記憶に新しいですね。

 

話題のジェイスコアの詳細はこちら

 

この2社が出してくるローン商品が一体どんなものになるのか内容が楽しみでありつつも、

 

不安もありつつ・・・

 

LINEBankカードローンの不安要素

まずは銀行カードローンが2017年〜2018年に金融庁から立ち入り調査を受けたこと、まだ記憶に新しいですよね。
今回の不安要素としてみずほFGが審査のノウハウを提供するという部分。
銀行カードローンが審査を保証会社に丸投げしていたことが大きな問題としてたたかれました。
みずほ銀行でも実際に審査業務にあたっていたのはオリエントコーポレーション(オリコ)です。

 

また、銀行カードローン即日融資不可になってしまった要因に、反社会的組織への融資をしてしまった問題がありましたが、その問題になったのが、まさに「みずほ銀行」だったわけで・・・

 

ジェイスコアで消費者金融業を立ち上げて審査の経験を積んだのか、はたまた金融庁からの指導で審査をきちんと自社でやれるようになったのか・・・

 

どちらにせよ不安要素の一つですね。

 

また、LINEがターゲットにしているデジタルネイティブ層というのが若い層の顧客獲得を指していると思います。
金利面やローン内容、申し込み、審査についてなど、まだまだ詳細不明な点が多いのは確かですが、スマホと若い世代の相性の良すぎるところが二つ目の不安要素なんです。

 

2016年に話題になった「ZOZOのつけ払いサービス」これが若者の安易な購入に繋がってしまい、払えなくなって自己破産するという問題もありましたね。

 

若者と服とつけ払い・・・

 

問題が起きてしかるべきと感じましたが、

 

若者とスマホとカードローン

 

こちらも相性がよく安易な借り入れで問題にならなければいいのですが・・・
(ちょっとこじつけ感ありますけど笑)

 

金融庁が銀行のカードローンに目を光らせている今の時代ですから、そのようなことが起きることはないと思いますが・・・

 

まだまだ発表されたばかりです!今後も最新情報追いかけます!

 

将来的にキャッシング大全で紹介することになるかもしれないLINEBankはこれからも情報を追いかけて最新情報をお届けしようと思います。

 

不安材料なんか蹴散らすくらいのユーザーにとっていいサービス展開があるといいですね!

 

LINEの動向に注目です!

 

金無和也(キャッシング大全管理人)

 

過去にはキャッシングによるローン地獄と債務整理を経験済み。自らの体験を生かし「キャッシング大全」「債務整理のすすめ」などのサイトを運営している。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン