J.Score(ジェイスコア)で即日キャッシングしたい方必見!審査の流れや申し込み時の注意点まで徹底解説

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが提携して2016年11月に株式会社J.Scoreとして設立された消費者金融です。今までの消費者金融とは一線を画した金融機関として注目されています。

 

2017年9月にサービス開始しており、このビジネスモデルは今まで信用が低かった若者でも低金利で借りることがでできる、アメリカのフィンテック企業SoFiを参考にして作り上げられています。

 

参考:【消費者金融人気ランキング】審査が早くてすぐに借りれるキャッシング

実質年率 0.8%〜12.0% 借入上限 10万〜1000万円
審査時間 最短即日※ 即日融資
担保・保証人 不要 返済方法 借入後残高スライド元利定額返済方式

ジェイスコアの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談

 

「AI審査」「低金利」「申込前に融資条件の目安が判明」の3つが特徴的!

J.Score(ジェイスコア)は従来の消費者金融の概念を打ち破る3つの特徴があります。

 

特徴1:AIが審査

最大の特徴は、AI(人工知能)が審査をする点でしょう。
審査の可否、金利や限度額の決定などはほとんどAIによって行われます。
年齢や年収、職業、他社借入額など基本的な情報の他に、趣味や性格などをJ.Score(ジェイスコア)のAIに伝えることで「AIスコア」が自動的に算出されます。

 

AIスコアが600点以上になれば申し込みが可能で、AIスコアが上がるほど金利や限度額などが有利になっていく仕組みです。
日本初のAIが審査するまさに新時代の消費者金融なのです。

 

参考:従来のカードローン審査の基準はこんな感じ

 

特徴2:申込前に融資条件の目安が判明

AIスコアが600点を超えれば、金利や限度額といった融資条件の目安が分かります。
年収が低い人は「通るかどうか心配…」と、カードローンへの申し込みに及び腰になる場合もありますよね。
J.Score(ジェイスコア)であればどのような融資条件になるかが、申し込み前にわかります。

 

特徴3:消費者金融なのに銀行並みの低金利

J.Score(ジェイスコア)のもう1つの特徴として、消費者金融なのに低金利という点があげられるでしょう。
一般的な消費者金融の上限金利は、ほぼ横並びの年18.0%です。
それに対してJ.Score(ジェイスコア)の上限金利は年12.0%と、非常に低く抑えられています。
消費者金融としては異例の金利の低さです。

 

ジェイスコアの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談

 

J.Score(ジェイスコア)のキャッシング基礎情報

 

申し込み可能な人

  • 安定した収入がある人
  • 申し込み可能な年齢は満20歳〜70歳まで

この2つの条件を満たしていれば、どんな人でも申し込めます。
パート、アルバイト、契約社員など非正規雇用でも申し込み可能です。
自営業(個人事業主、経営者)も大丈夫です。

 

ただし収入がない人は申し込めません。
J.Score(ジェイスコア)は消費者金融なので、法律によって年収の3分の1までしか貸し出すことができません。
専業主婦など年収が0円の人は申し込めないので注意してください。

 

参考:パート・アルバイトでも借入可能なカードローン

 

  • パート・アルバイト・契約社員・個人事業主でもOK
  • 専業主婦など収入がない人はNG

 

J.Score(ジェイスコア)の審査の要、AIスコアとは

AIスコアはJ.Score(ジェイスコア)独自の人工知能が利用者を診断することで弾き出される点数です。
点数が高ければ高いほど評価が高くなり、金利や限度額が有利になります。

 

AIスコアが600点を下回ると審査申し込みができません。

 

AIスコアは、J.Score(ジェイスコア)のAIからのいくつかの質問に答えるだけですぐに計算されます。
年収、年齢、勤続歴、他社借入額などの基本的な質問に答えるだけであれば、1分もかからずにAIスコアが算出されます。

 

さらに、趣味など様々な質問に答えるとスコアアップする可能性があります。
600点に満たなくて申し込みできなかったり、金利や限度額に不満がある場合は積極的に質問に答えてAIスコアを上げていきましょう。

 

  • AIスコア600点が申込み可否のボーダーライン
  • 詳細な質問に答えるほどAIスコアは上がる傾向にある

 

申し込みの簡単な流れ

AIスコアを計算する

まずはスマホやパソコンからAIスコアを計算しましょう。

 

600点以上で申し込み可能

AIスコアが600点以上でないと申し込みはできません。

 

仮審査結果がメールで通知

ブラックリストに登録されていないか、他社借入額の正確な金額などをJ.Score(ジェイスコア)が調査し、仮審査の結果が出ます。
AIスコア600点以上でも落ちる場合があります。

 

本人確認書類、収入証明書の提出

WEB上から書類をアップロードします。

 

本審査結果がメールで通知

全ての書類に不備がなければ審査に通ります。;

 

審査に通れば即日融資可能

平日14時45分までに契約完了し借り入れ申込みができれば、即日で振り込み融資を受けることができます。

 

J.Score(ジェイスコア)の金利と限度額

金利と限度額は、AIスコアによってほぼ自動的に決まります。
人間が金利を決めているわけではありません。

AIスコア 金利 契約限度額
950〜1000 0.8%〜2.1% 〜1000万円
900〜949 1.9%〜3.7% 〜730万円
850〜899 3.5%〜5.4% 〜540万円
800〜849 5.2%〜7.0% 〜400万円
700〜799 6.8%〜9.5% 〜260万円
600〜699 9.3%〜12.0% 〜150万円
400〜599 融資不可 融資不可

※最低限度額は10万円

 

注目すべきは年12.0%という上限金利の低さです。
他の消費者金融や、銀行カードローンと比較してみましょう。

  • 消費者金融の通常の上限金利…年18.0%
  • 銀行カードローンの上限金利…年14%台が多い
  • J.Score(ジェイスコア)…年12.0%

他の消費者金融とは比較にならないぐらい低く、銀行カードローンと比べても低いです。
上限金利が年12.0%の消費者金融は、他には例を見ません。

 

  • 上限金利が年12.0%と消費者金融では異例の低さ

 

ジェイスコアの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談

 

J.Score(ジェイスコア)の審査・融資スピード

J.Score(ジェイスコア)は最短で即日審査、即日融資が可能です。
審査スピードは消費者金融らしく非常に早いですね。

 

参考:とにかく即金!即日融資!今すぐ借りれるカードローン

 

振り込みによって融資する関係で、平日の14時45分までに契約完了し、借り入れ申込みをしないと当日の融資は受けられません。
土日の場合は、融資は翌営業日の月曜日となってしまう点にも注意してください。

 

参考:土日祝でも今すぐお金を借りる方法教えます

 

  • J.Score(ジェイスコア)は最短即日で審査・融資が可能

 

借り入れ方法は振り込みのみ

J.Score(ジェイスコア)の借り入れ方法は「振り込み」のみの対応となっています。
一般的な消費者金融のように、ローンカードを使ってATMで現金をキャッシングすることはできません。

 

外出中に現金が必要な場合は、一度自分の銀行口座に振り込みで融資を受けて、キャッシュカードを使ってATMから引き出すという手順が必要です。

 

当日中に融資を受けるには、14時45分までに契約完了し、借り入れ申し込みをする必要があります。

 

夜になってから急に飲食代が足りなくなってしまった!というシチュエーションでは使えない点には注意が必要です。

 

  • なお、振り込み時にかかる手数料は無料です。
  • J.Score(ジェイスコア)が負担します。

 

J.Score(ジェイスコア)の返済方法は3つ

J.Score(ジェイスコア)への返済方法は3つ用意されています。

  • 口座振替(銀行口座からの自動引き落とし)
  • 銀行振り込み
  • ペイジー

ペイジーについては説明が必要でしょう。
インターネットバンキングに対応している銀行口座から、24時間365日いつでもJ.Score(ジェイスコア)に返済ができる便利な方法です。
手数料はかかりません。

 

ジェイスコアの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談

 

J.Score(ジェイスコア)と他社カードローン比較

ここではJ.Score(ジェイスコア)と他のローンを比較してみましょう。
J.Score(ジェイスコア)の低金利さが際立つはずです。

金融機関 種別 上限金利(年) 融資スピード

※最短の場合

J.Score(ジェイスコア) 消費者金融 12.0% 最短30分
アコム 消費者金融 18.0% 即日
アイフル 消費者金融 18.0% 即日
三井住友銀行 銀行カードローン 14.6% 翌営業日以降
みずほ銀行 銀行カードローン 14.0% 1週間以上
りそな銀行 銀行カードローン 12.475% 翌営業日以降

 

J.Score(ジェイスコア)の金利

消費者金融の上限金利はほぼ18.0%で並んでいます。
銀行カードローンも14%台を中心に、一部のカードローンで12%がある程度です。

 

やはりJ.Score(ジェイスコア)の圧倒的な低金利が目立ちます。

J.Score(ジェイスコア)の審査スピード

銀行カードローンは即日審査が不可能な決まりになっています。
最短でも翌営業日以降にしか審査結果が出ません。
また、銀行口座の開設が必須なカードローンですと、利用開始までに2週間程度かかる事もあります。

 

一方でJ.Score(ジェイスコア)を含む消費者金融は、即日審査・即日融資が当たり前です。
審査スピードでは消費者金融に勝てる金融機関はありません。

最近のカードローンの審査事情

銀行カードローンは低金利な分、審査基準が厳しめです。
2017年以降はより厳しくなる傾向にあり、年収が低い人やパート・アルバイトはなかなか通りづらくなっています。
もし審査に通っても金利や限度額で不利な契約になりがちです。

 

例えばアコムでは利用者の4分の1が年収100万円台です。

 

J.Score(ジェイスコア)も消費者金融ですから、アコムやプロミスなどの消費者金融と同等程度の審査基準ではないかと考えられます。

 

また、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアは様々な質問に答えることでスコアアップする可能性がありますし、600点に及ばなかった人でも、みずほ銀行の口座と連携設定するだけでも数十点高くなる可能性があります。

 

ジェイスコアの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談

 

J.Score(ジェイスコア)の注意点

J.Score(ジェイスコア)に申し込み、審査の際、利用する上での注意点をいくつか抑えておきましょう。

 

ブラックリスト入りしている人はAIスコアに関係なく審査落ちするかもしれない

AIスコアの計算時には「ブラックリスト」の情報が反映されていません。
そのため、AIスコアは600点を超えても、実際の審査には落ちるかもしれません。

 

過去に債務整理歴があったり、他社で長期の延滞などを起こした人は、金融機関共通の「ブラックリスト」に入ってしまっています。
AIスコアが600点以上でも、ブラックリストに入っている場合は審査に落ちる可能性があります。

 

ブラックリスト入りする条件はこちらです。

  • 債務整理…自己破産、自己再生、任意整理など
  • 2〜3ヶ月以上の延滞
  • 強制解約…延滞が続きローンを強制的に解約された状態

心当たりのある人は注意してください。

 

参考:【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう!

 

夜間、土日祝日は借り入れできない

銀行振り込みで融資を受ける関係上、平日14時45分過ぎや、土日祝日には一切借り入れができません。
他の消費者金融や銀行カードローンであれば、銀行営業時間以外でもATMでの借り入れができます。

 

この点は、数少ないJ.Score(ジェイスコア)の欠点と言えるでしょう。

 

ジェイスコアの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談

 

低収入の人はJ.Score(ジェイスコア)の低金利メリットが大きい!

以上、新時代の消費者金融であるJ.Score(ジェイスコア)について解説してきました。
最後にJ.Score(ジェイスコア)が向いている人についてまとめておきましょう。

 

J.Score(ジェイスコア)は様々な年収帯におすすめできます。
例えば年収200万円の20代の人がローンを申し込むと、金利はどうなるか見ていきましょう。

 

アコムなどの消費者金融 → ほぼ年18.0%
銀行カードローン → そもそも審査に通らない可能性がある
J.Score(ジェイスコア) → AIスコア600点以上なら年12.0%以下で借りられる可能性がある

 

年収200万円はお世辞にも返済能力が高いとは言えません。
金融機関からの評価は低くなりがちです。
それでもJ.Score(ジェイスコア)ならAIスコア600点以上であれば、年12.0%以下の低金利で利用できる可能性があります。

 

J.Score(ジェイスコア)の最大の強みは「低金利」です。
どうしても「AI審査」という点に注目が集まりがちですが、むしろAI審査によって実現した低金利の方に注目すべきでしょう。

 

AIスコアは申し込み前でもスマホやパソコンから簡単に試すことができます。
年収はさほど高くないけれど低金利で借りたい人は、今すぐJ.Score(ジェイスコア)のAIスコアを取得してみましょう!

 

ジェイスコアの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談