ZOZO前澤社長からの太っ腹お年玉!100万円は一時所得?それとも贈与?

100万円、総額1億円をプレゼントといういままで見たこともないような太っ腹な企画は、ツイッターで様々な賛否両論を呼びました。

 

コチラがそのツイートになります。↓

 

社長が事業の売上の新記録を記念して、個人のポケットマネーから1億円をばらまく…賛否両論があるのは当然ですよね。

 

ろんどん君がこのツイートを見た時、すでにかなりの数のいいね、リツイート、リプライがついていました。

 

これをリツイートする人たちって、プライドがないのかな…」とちょっと引いてしまったのが正直なところです。

 

しかし、普段から人間はお金じゃないよと言っている友人たちが次々と「100万円!すごい!」と前澤氏をフォロー&リツイートしてあっさりと陥落していく様は本当に地獄でしたし(もちろんその友人たちはミュートしました)、大好きなあの子が前澤氏に夢を語るリプライを送っているのを見た瞬間、僕は意識が遠のいていくのでした。

 

 


「このロケットに乗った人、そのまま飛んでいくと月じゃなくてどこか地上に不時着するだろ、どう見ても…」と思いながら…。

 

ろんどん君(キャッシング大全専属ライター)

 

恥の多い生涯を送って来ました。音楽、芸術、ファッション、フットボール、あとは自分が好きです。


 

100万円、当選した場合はどのような類の収入になるの?

もし当選したら、どう使おうか…

 

そんな調子で、当たってもいない100万円の使い道に夢を思いめぐらせた人たちも多いことでしょう。

 

けれど、万が一当たった場合、税金は?そして収入としては何の分類になるのか?というのを忘れてはいけません。

 

この100万円を巡って、どのように法律的に扱われていくのかというのは主に下記の二つの意見があるようです。

 

一時所得となり、所得税がかかるという意見

前澤社長がポケットマネーからお年玉を現金で提供するという今回の100万円キャンペーン。

 

この企画を始めたきっかけがZOZOの売上記録達成と書いてあるので、法人の宣伝活動と見なされる可能性もあります。

 

その場合はオープン懸賞としての扱いとなり、一時所得になると考えるというものです。

 

税率・税額は当選者の所得によって変わるそうですが、100万円のうち25万円が課税対象となるのではないかとの見方を示す専門家も多いとのこと。

 

「一時所得となる」との見解を示したツイートはこちら↓

 

贈与となり、基礎控除の範囲内なので税金はかからないという意見

一方で、前澤社長個人としてのお年玉と銘打っているキャンペーンということで個人間のやり取りとなり、贈与税の対象となるという見解もあるようです。

 

このケースでは贈与税の対象となるにしても、年間110万円の基礎控除があるため、2019年のうちにその他で10万円以上を贈与されない限りは受け取った100万円は課税対象とならないとのこと。

 

ZOZOという法人のキャンペーン記念とはいえ、ZOZOTOWNへのリンクなどはツイートにはなく、「お年玉」、「僕個人から」という表現があることからこちらの意見に該当するであろうと賛同する人々も多いようです。

 

「贈与となる」との見解を示したツイートはこちら↓

 

その他、やはり個人の「お年玉」とはいえ、「法人」の販促キャンペーンにも見えるので、景品表示法内の「不当景品類及び不当表示防止法」に違反をしていないのかといった意見もあるようですが、ZOZOTOWNの利用者に限定しておらず、前澤氏個人のポケットマネーから配るとしているので、法的に問題はない模様です。

 

ZOZOTOWNという「法人」のキャンペーンなのか、前澤氏「個人」からのキャンペーンなのかというのが大きなポイント

 

一時所得となった場合は、100万円のうち確定申告で25万円を納めなければならない

 

贈与税対象の場合は、110万円以内なので2019年は他から10万円以上受け取らなければ100万円をまるまる受け取れる

 

二つの意見に割れている今回の100万円キャンペーンですが、当選者に振り込まれたという情報やどのような法律が適用されるなどの確定情報はまだなく、実際のところどのような扱いになるのかは未知数ですので、今後注視し追記していきます。

 

ところで、Twitterの規約上は問題ないの?

今回のキャンペーンで、人々の注目はその当選額だけにはとどまりませんでした。

 

ご存知の通り、キャンペーン前に51万人ほどだったフォロワー数は、キャンペーン中に最大で616万人に激増し、リツイート数は世界記録を塗り替え最終的に530万RTを記録するという驚きの結果となったのです。

 

この一連の企画についての意見の中で、一番多くTwitter上で見られたのは、お金をばらまいて結果的にフォロワーを買いリツイートを伸ばしたと同義ではないか?という意見が多く見られました。

 

そんな中、Buzzfeedさんが直接Twitter Japanに取材した記事がこちらになります。

 

こちらの記事によりますと、全員にお金を渡すわけではなくあくまで100人限定となると「フォロワーの購入」とはいえず、懸賞自体もTwitterルールに則ったものであり問題はないとの回答が得られたのことです。

 

ZOZOTOWNの創業者、前澤友作氏ってどんな人?

さて、今回のTwitterによる100万円プレゼント企画で、Twitterのフォロワー数がキャンペーン後は減り続けているとはいえ、フォロワー数は10倍に、リツイートは世界記録を達成し、前澤社長の知名度はさらに上がりましたね。

 

きっかけとなった100人に100万円のツイートの文章もZOZOの新記録記念、お年玉、個人から、あくまで抽選とは言わずプレゼント…など、非常に考えられたツイートである事はご理解いただけたと思います。

 

詳しくは触れませんが、ZOZO株価の上昇により自社株を持っている前澤社長の資産が増えたなど、非常にやり手の実業家なのは私が説明するまでもないのは間違いありません。

 

ですが、大抵の人が実は前澤社長がどんな人なのかは詳しくは知らないと思います。

 

ZOZOの社長だよね

 

剛力彩芽さんの彼氏

 

アート作品や車を買い漁っているらしい

 

結婚歴がないのに子どもが3人いるらしい

 

これくらいの認識がどうやら一般的なようですね。

 

では、前澤社長について調査した結果について最後に紹介していこうと思います。

 

名前 前澤 友作(まえざわ ゆうさく)
生年月日 1975年11月22日 (43歳)
学歴 早稲田実業高校卒
職業 株式会社ZOZO 代表取締役社長
公益財団法人 現代芸術振興財団会長

 

高校在学中にインディーズバンドSwitch Styleを結成し、ドラムを担当していた

実はろんどん君が高校生の頃、Switch StyleのCDを聞いていたので、まさかこのバンドのドラマーだったという情報を知って驚きました。

 

音楽性は1stの頃は完全にニューヨーク・ハードコアですね。

 

高校を卒業後はアルバイトで貯めたお金で半年間渡米し、帰国後に輸入レコード・CD・Tシャツなどの通販ビジネスを開始しそれが評判になったそうです。

 

有限会社スタート・トゥデイを設立したのと同時期にBMG JAPANからメジャーデビューを果たすという成り上がりっぷり。

 

メジャーデビュー時にはこんなポップパンクな楽曲も。

 

その後何があったかは知る由もありませんが、メジャーというフィールドで色々な葛藤があったのかもしれませんね。

 

スタート・トゥディを株式会社とした後にバンド活動を停止し、経営者としてビジネスに専念

バンド活動を停止し、その後は経営者としての道を突き進んでいきます。

 

東証マザーズに上場し勢いに乗っている前澤社長のインタビュー↓

 

その後は東証一部に市場変更、公益財団法人の設立、芸能人との数々の浮名を流す、など他方でステップアップしてきた前澤社長。

 

ろんどん君は他のサイトではあまり触れられていない音楽活動をしていたドラマーのユウサクとしての一面を中心に書いてみました。

 

椅子が合ってないので社長の座り方がなんともいえないシュールさを出しているお気に入りの一枚です。

 

あとがき

アート作品や、高級車の頻繁な購入が成金などと批判されますが、音楽というフィールドで戦い続けてきた彼ならではの、芸術に対する考え方、造詣の深さは私たちの想像をはるかに超えているのかもしれません。

 

あれ…!?

 

調べて書いているうちになんだかすごいほめたたえる記事になってしまったような…。

 

そして、このツイートを見て皆様は何か気がつきましたか…?

 

 

 

 


後ろにだれか乗ってる!!!

 

以上です。

 

あ、ちなみにろんどん君も便乗で「100名様から100万円」お布施キャンペーンを始めたので何卒よろしくお願いいたします!!!

 

 

 

あとがきのあとがき

先ほど、今回のキャンペーンは一時所得となる可能性もあるというお話が出てきました。

 

ところで、キャッシング大全の記事内には多数の消費者金融で借り入れる際に年収の1/3以上は借り入れできないという総量規制という決まりに関しての記事があります。

 

もしかしたら年収が増えて借り入れられる額って増えるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、一時所得の場合は年収には含まれませんので借り入れられる額に変化はないのです。

 

興味をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください。

 

カードローン申込みに関わる2つの法律とは?総量規制と利息制限法を解説

 

ろんどん君(キャッシング大全専属ライター)

 

恥の多い生涯を送って来ました。音楽、芸術、ファッション、フットボール、あとは自分が好きです。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン