通りやすいおまとめローンを探すなら消費者金融の専用ローン!

債務をスッキリ1本にまとめたいなら、おまとめローンを利用してみてはどうでしょう?しかしそのためには、まずおまとめローンの審査に通過しなければいけません。銀行と消費者金融、どちらのおまとめローンを利用した方が審査に通過しやすいのでしょうか?

 

 

おまとめローンの審査は一般のカードローンと比べて厳しいか

 

複数のカードローン会社からの借り入れがある場合、おまとめローンで借り入れを一本にまとめれば、返済の負担をこれまでより小さくすることができるかもしれません。しかし、おまとめローンを利用するには改めて審査を受ける必要があります。審査に通過できるかどうかは、おまとめローンの利用を検討するに際して最も気にかかる点でしょう。一般のカードローンと比較しておまとめローンの審査の基準は厳しいのでしょうか?

 

おまとめローンの審査では他社からの借り入れが何件あるか、多重申し込みの履歴はないか、また金融事故を起こしていないか、そして安定した収入があるか等についてチェックされます。こうした辺りは一般のカードローンの審査内容とは大差はありません。ただ、おまとめローンに申し込む人は全員が多重債務者であり、どうしても一般のカードローンより借入金額が大きくなりがちです。その点でおまとめローンの審査は一般のカードローンの審査よりは厳しくなる傾向にあると言われます。しかし一定以上の勤続年数があり、これまで滞ることなく毎月きちんと返済できていれば、おまとめローンの審査に対して過剰に身構えることもありません。

 

おまとめローン審査について

 

おまとめ可能なローン、銀行と消費者金融ではどのような違いがある?

 

銀行では専用のおまとめローンを提供しているケースはかなり少なく、通常は既存のカードローンをおまとめローンとしても利用できるようにしています。つまり一般的なカードローンの貸付の範囲内で複数の借り入れの1本化に対応していますので、月々の返済によって利用限度額に枠が空けば追加でお金を借り入れることが可能です。また、銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合は、他社への返済は利用者自身が手続きを行います。

 

一方、消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外扱いになっているので、債務の合計が年収の3分の1を超える場合でも借り入れは可能になっています。しかし、消費者金融のおまとめローンは借金の返済のみを目的としていますので、 追加の借り入れはできずローンカードの発行も行われません。また、返済が終了すれば契約も終了します。消費者金融のおまとめローンでは他社への確実な返済を期するため、消費者金融が利用者に代わって返済手続きを行います。

 

 

銀行と消費者金融、まとめる場合のメリットとデメリット

 

銀行のおまとめローンを利用する最大のメリットは何といっても低金利であることです。計画的に利用すれば返済の負担を圧縮できます。ただ融資までに時間がかかるので、おまとめローンの利用を急ぐ方には不向きかもしれません。また他社への返済は利用者自身が行います。借金の完済に対する意識を強く持っていなければ、おまとめローンで借り入れをしても他社への完済を怠り、借金だけが膨れ上がってしまう恐れもあります。加えて、結局は一般のカードローンを利用しているので、利用限度額までは追加で融資を受けられることは、借金を確実に減らすという観点から見ればデメリットとして挙げられるでしょう。

 

対する消費者金融のおまとめローンのメリットは、融資までの時間が短いことです。多くの消費者金融では即日融資に対応しており、利用を急ぐ方には大変重宝します。おまとめローンは総量規制の例外ですので、年収の3分の1以上の借り入れも可能です。ただし銀行のおまとめローンと比較して高金利なのがデメリットです。おまとめローンを利用しても返済の負担が小さくなったという実感は得られにくいかもしれません。また消費者金融のおまとめローンを利用すると追加の借り入れは一切できなくなります。本当に借金を減らしたいという人にとってはメリットとなりますが、返済を続けながら借り入れもしたいという人には向かないでしょう。

 

消費者金融のおまとめローン情報

 

審査通過のしやすさで軍配が上がるのは…?

 

一般的なカードローンでは、銀行よりも消費者金融の方が比較的審査が緩やかだと言われます。それは消費者金融の業務が銀行とは異なって貸付に特化されており、ノウハウが充分に蓄積されていることが大きく関係しています。消費者金融では優れたスコアリングシステムを利用して利用者の属性を瞬時に判断しています。また総量規制によって貸付金額に厳しい制限が設けられているため、利用者の借入金額が低めになっていることも審査に通過しやすい理由となっています。

 

一方、銀行ではそうしたノウハウの蓄積も充分ではなく、総量規制による貸付金額の制限などもありません。結果として利用者に対する貸付金額は大きくなり、審査に慎重にならざるを得ないという面もあるでしょう。おまとめローンについてもほぼ同じことが言えます。ただし審査を慎重に行うことが利用者にとって「審査に通りづらい」と感じられることは否めません。このような理由から利用者にとって審査に通過しやすいと感じられるのは、消費者金融のおまとめローンであると言えます。

 

 

銀行カードローンが自主規制に乗り出した

 

銀行のカードローンは低金利で比較的大きな金額を借りられることがメリットでした。消費者金融のカードローンでは、総量規制によって借入可能金額が年収の3分の1までに制限されています。それに対し多くの銀行カードローンでは年収の3分の1以上の金額の借り入れが可能になっており、利用者に歓迎されてきました。しかし近年、カードローン利用者の増加とともに多重債務者も増加し、大きな社会問題となっています。

 

そうした背景を受けて2017年4月、メガバンク3行が審査内容や貸付金額について自主規制に乗り出すと発表しました。利用者の返済能力を把握するために三井住友銀行では収入証明書の提出要件を融資額50万円以上に引き下げました。またみずほ銀行では、利用限度額を消費者金融と同じ年収の3分の1までに制限することを決定しています。メガバンクのこうした動きは、今後銀行カードローン業界に広がっていくでしょう。消費者金融ではおまとめローンは総量規制の例外とされ、年収の3分の1以上の融資が可能になっています。しかしそのような法規制のない銀行では、おまとめローンのように融資額が大きくなる商品を取扱うことが困難になっていくのではないでしょうか?

 

銀行の自主規制に関する情報はこちら

 

まとめ

 

カードローンを取り巻く環境の変化などを総合して考えると、金利の面では確かにデメリットがありますが、審査の通りやすさやサービス性で優れているのは消費者金融だと言えるでしょう。おまとめローンを利用したい場合は、銀行カードローンの借り入れ条件などがどのように変化していくかの見極めがつかない間は消費者金融のおまとめローンを利用するのが良いと思われます。銀行カードローンの融資金額が総量規制並みになるのであれば、おまとめローンとして利用しようとしても審査に通過しにくいでしょう。また、消費者金融のおまとめローンが法規制によって確実に借金を返済できるシステマチックな仕組みとなっているのも大きな理由です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン