葬儀費用が足りない時、借金することはできる?

葬儀で費用が足りない場合、どこから借りたらいいの?

 

事故や病気が原因で、突然、身内が亡くなるのは珍しいことではありません。

 

また中高年になれば、親の介護だけでなく、葬儀の費用のことも考え、準備しておく方がよいものです。

 

とはいえ、不幸は自分の都合に合わせて起こるわけではないので、急に葬儀費用を準備しなければならないこともあります。

 

葬儀は、短時間で会場や祭壇、香典返しなどを決めなければならず、勧められるままに選ぶと、予想外の高額請求に驚くことも多いものです。

 

そんな時、銀行や消費者金融のカードローンなどを申し込むより、葬儀ローンを利用することをおすすめします。

 

 

葬儀ローンって何?他のローンと何が違うの?

 

葬儀ローンとは、葬儀費用のために用意されたローンのことをいい、銀行や労金、信販会社、ローン会社などが取り扱っています。

 

葬儀社と提携した葬儀ローンを持っているのは、オリコとJACCSだけです。

 

この2社の提携ローンは、金利が7.2〜10.0%と少し高めです。

 

ですが借入金額が少額で、生命保険金を受け取れば一括返済できるという見込みがあれば、早期返済することで金利負担が数千円で済みます。

 

葬儀社の提携ローンであれば、そこが窓口になってくれるので、手続きが進めやすいというメリットもあります。

 

ただし、返済期間を長期にしたいと考えていたり、借入金額が高額な場合は、銀行や労金などの葬儀ローンに申し込めば、金利がもっと低いので、支払総額を下げることができます。

 

 

葬儀をトラブルなく執り行うために。葬儀ローンの借り入れをする前にここをチェック!

 

葬儀費用は、終了後すぐに支払いをしなければなりません。

 

そのため、必要な期日までに葬儀費用を用意できる金融機関かどうか、金利がどの程度か、返済総額はどれくらいになるのかを、きちんとリサーチして申し込む必要があります。

 

労金や信金などの葬儀ローンは金利は低いですが、審査が厳しく、連絡がくるまでに2〜3日かかるのが普通です。

 

また、葬儀ローンを申し込む際に必要な書類がすぐに準備できるのか、自己負担ができるのかなどもチェックする必要があります。

 

都市銀行のフリーローンを申し込むという方法もあるので、必要額や支払期日、返済方法などを検討して、しっかり選びましょう。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン