免許取得時にお金がない時に使える運転免許ローン(教習所ローン)って?

運転免許ローンって何?その特徴は?

 

満18歳を超えると、車の運転免許をとることができます。
就職活動の際に、運転免許があると有利なことがあり、高校生や大学生が自動車教習所に通うのも珍しくありません。
とはいえ、通学するタイプの自動車教習所の場合、28〜35万円の費用が必要になります。
その費用を、ポンと現金で支払える人は、少数派といえるでしょう。
運転免許ローンとは、まさに運転免許証をとるための費用を融資する商品です。
通常、銀行カードローンなどは、未成年に融資をすることはありません。
ですが、運転免許ローンは18歳以上で、保護者の同意が得られれば、申し込むことができます。
また、分割払いにしたり、支払いが始まる時期を遅らせたりすることもできます。

 

運転免許ローンにはどんな種類があるの?

 

運転免許ローンを用意している金融機関も、銀行から信販会社、大学生協など様々です。
銀行の運転免許ローンは限度額が高く、金利も低めに設定されているのですが、審査は厳しいようです。未成年や学生には、融資しない銀行もあるそうです。
信販会社の場合は、若年層をターゲットにしているので、比較的融資が通りやすいといわれています。同時にクレジットカードをつくることもでき、独自にポイントをためることもできます。その分、金利は13%と高めのところが多いです。
大学生に一番おすすめなのが、大学生協の運転免許ローンです。金利が9.0%と低いのが魅力です。ですが、保護者が連帯保証人になることが義務付けられた莉、指定された合宿免許にしか対応しないケースもあります。

 

運転免許ローンとフリーローンのどちらがおすすめなの?

 

運転免許証の取得に必要な金額なら、銀行などでフリーローンを検討すればよいのでは?と思う人もいることでしょう。
運転免許ローンに申し込む際には、自動車教習所を経由して申し込んだり、用途を証明する必要がありますし、一度入金されると、その後は返済を続けるだけの商品です。
ですが、フリーローンの場合は、月々返済を続けていれば、利用限度額に枠ができるので、いざという時に借り入れができたり、自動車教習所に関する必要書類を用意しなくてもよいというメリットもあります。
銀行や消費者金融の中には、アルバイトなどで安定収入があれば、借り入れが可能なフリーローンがあるので、一度内容を確認してみることをおすすめします。
金利や返済方法、月々の返済額など、運転免許ローンとフリーローンのどちらが自分にとって利用しやすいかを検討し、申し込むようにしましょう。

 

20歳以上なら銀行カードローンを検討してみよう

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン