外国籍でもカードローンの利用してお金を借りられる?

外国籍でもカードローンを利用することはできるの?

 

近年、東京や大阪などの首都圏だけでなく、地方で暮らす外国籍の方々も増えているようです。
日本で仕事をして生計をたてているものの、時に現金が必要になり、カードローンを利用したいと考えることもあるかもしれません。
そんな時、外国籍であることを理由に融資を断られて、苦労した経験がある方もいることでしょう。
ですが、日本の金融機関のすべてが、外国籍の方に融資をしないわけではありません。
外国籍であっても、カードローンを利用できる可能性は十分にあります。

 

外国籍の場合、カードローンの申し込みをする時にはどういった書類や手続きが必要?

 

では、外国製の方がカードローンを利用するためには、どんな書類を用意し、手続きしなければならないのでしょうか。
実際には金融機関によって異なるのですが、多くで必要とされるのは、「身分証明書」「パスポート」「外国人登録証明書」「在留カード」「特別永住者証明書」のいずれかが必要です。
そして、日本で仕事をしていて、安定した収入があることを証明するために、給与明細書などを用意するように言われることもあります。
さらに、借り入れをするにあたり、日本語の読み書きができて、金融機関のスタッフと会話ができるという、日本語力が求められます。
英会話でカードローンを申し込もうとすると、断られるリスクが高まるかもしれません。

 

外国人でも借りられる金融機関を選ぼう!

 

外国人の場合は、融資にあたって、日本人に対してより、審査が厳しいことは否めません。
それは、返済しないまま、帰国してしまうリスクがあるからです。
そのため、外国人でも利用しやすい金融機関を選ぶのがポイントです。
消費者金融であれば、プロミスで申し込みが可能で、外国人は「運転免許証」もしくは「パスポート」が必要です。外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」を、同時に用意しなければなりません(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)。
三菱UFJ銀行でもカードローンの申し込みができますが、対象は永住許可を受けている人に限られます。
申し込みをする前に、金融機関のホームページできちんと確認しておきましょう。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン