母子父子寡婦福祉資金貸付金の審査は厳しい?貸付対象と融資までの流れを解説

 

生活をしていく上でお金に困ったら、公的な支援・貸付制度を利用できる場合があります。

 

銀行や消費者金融といった金融機関とは異なり貸し付けによって利益を出すことが目的ではないため、かなり低い金利で借り入れができるのがメリットだと言えるでしょう。

 

そのような公的な貸付制度の1つが「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」です。

 

融資を受けたい理由によって、修学資金、技能習得資金などのいくつかの種類に分けることができ、それぞれに限度額、貸付期間、利率が設定されています。

 

そのほとんどは保証人がいれば無利子での借り入れとなるため、制度の対象となる母子家庭や父子家庭の方は民間の金融機関よりも先に母子父子寡婦福祉資金貸付金制度が利用できないかを検討してください。

 

ただし税金を財源としているということもあり、申請があったからといって簡単に貸し付けを決定するということはなく、申込条件が厳しく審査はとても厳格に進められます。

 

この記事では、母子父子寡婦福祉資金貸付金の融資対象者になるための条件、審査の難易度、融資までの流れについて説明をしていきます。

 

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金とはどのような制度?

この制度は厚生労働省が所管する制度で、申請先や相談先は住んでいる地方自治体の福祉担当窓口です。

 

融資対象者については、簡単に言えば母子家庭や父子家庭となります。

 

カードローンのように借りたお金を原則自由に使えるというわけではなく、申請をした資金の種類によって使途が限定されます。

 

資金の種類ごとに貸し付けの対象者、融資限度額、返済開始までの据置期間、返済期間、利率が変わるため事前の確認が必須です。

 

主な資金の種類には次のようなものがあります。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金の資金の種類

資金の種類 資金使途
事業開始資金 事業を始めるために必要な初期費用
修学資金 高等学校、大学などの授業料、および、その他の修学するにあたり必要になる費用
技能習得資金 事業を始める、就職するために必要な知識や技能を習得するための費用(親が融資対象)
修業資金 事業を始める、就職するために必要な知識や技能を習得するための費用(子が融資対象)
就職支度資金 就職するにあたり必要な衣類や自動車などを購入する費用(子が融資対象)
医療介護資金 医療や介護を受けるために必要な費用
生活資金 次の期間中の生活を安定させるための補填資金
@知識や技能を習得している間
A母子・父子家庭になって7年未満
B失業中
住宅資金 住宅の建設、補修などにかかる費用

 

上記以外にも、いくつか資金の種類があるので、詳しくは地方自治体で相談をしてください。

 

次に、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の対象者について説明をしていきます。

 

貸付対象となるのはどんな人?

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の対象になるのは次のような方です。

 

  1. 20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない女性(母子家庭)
  2. 20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない男性(父子家庭)
  3. 過去に20歳未満の児童を扶養していた女性(寡婦)
  4. 上記が扶養する児童

 

基本的に1〜4の通りですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

母子(1)・父子家庭(2)は離婚や死別だけに限定されない

母子家庭や父子家庭というと、配偶者と死別した、離婚したというイメージが強いかもしれませんがそれだけではありません。

 

配偶者には法律上の婚姻関係があった方だけでなく、内縁関係(事実婚)の方も含まれます。

 

そして、配偶者のいない状態には、次のような方も該当するのです。

 

  • 配偶者の生死が不明である
  • 配偶者が外国にいる、もしくは法律によって拘束されており扶養できない
  • 配偶者に身体的、もしくは精神的な障害があり働くことができない

想像している母子・父子家庭よりも制度の対象になる範囲が広いと思います。貸付対象になるかどうか迷ったら自治体に相談をしてみると良いでしょう。

かつて母子家庭であった母親(3)も制度の対象になる

寡婦という言葉に馴染みがないかもしれません。

 

この制度においては、かつて20歳未満の児童を扶養していた女性という意味で使われています。

 

今現在、扶養している児童がいなくても母子父子寡婦福祉資金貸付金の制度を利用できるのです。

 

ただし、現在扶養している児童がいない場合には、申込者自身の年収に制限がかかるケースもあるので注意してください。

母子・父子家庭の子ども(4)も制度の対象になる

母子・父子家庭の親だけでなく、子も融資の対象になります。

 

ただ、子が申込者となるためには、親(母・父)が連帯保証人としての条件を満たしていないといけません。

 

また、借り入れの主体になるのが親か子かによっても利用できる資金の種類が違います。

 

子が利用できるのは主に修学や就職に関係するものです。

 

親が申請をする場合とは要件が異なるので、利用できるかどうかをしっかりと確認しましょう。

 

審査難易度は厳しい?

ここからは審査について説明をしていきます。

 

記事の冒頭でも説明した通り、公的な貸付制度は民間金融機関の融資審査よりも厳格です。

 

そして、消費者金融や銀行の融資と異なるのは、収入や財産が多すぎても制度の利用ができないということです。

 

生活に困窮している方の経済的な自立が目的の1つなので、支援がいらない人は貸し付けの対象にはなりません。

 

そのため、審査が厳しいというよりも「融資対象者になるための要件が多い」といった方が正確でしょう。

 

先に説明した貸付対象者であることに加えて、次のような条件を満たしている必要があります。
※ 自治体によって貸付対象になる条件が異なる場合があります。詳しくは、住んでいる地方自治体で確認をしてください。

 

返済能力がある(返済の見込みがある)

母子父子寡婦福祉資金貸付金は国の貸付制度ですが、借りたお金なので返済の必要があります。

 

そのため、基本的には返済能力がない人への融資はできません。

 

ただ、連帯保証人を付けることもできるため、今後、就労によって安定した収入を得ていける見込みがあるなら申請が許可されるケースもあります。

世帯所得が一定金額以下である

一方、世帯の所得が一定金額より多い場合にも審査に通過できません。

 

個人の所得ではなく世帯の所得なので、安定した収入があるご両親や兄弟と同一生計であるという方もNGです。

連帯保証人を付けることができる

絶対ではありませんが、申請には連帯保証人が必要になります。

 

連帯保証人になるための条件は自治体によっても異なりますが、60歳未満の親族である、申込者と別生計であるなどが要件となっています。

 

いなくても申請はできますが、連帯保証人がいた方が審査には通りやすく、無利子で融資を受けられるというのが大きなメリットです。

申込者・連帯保証人は面接も必要

申請にあたって申込者、連帯保証人は面接を受ける必要があります。

 

面接を行うのは、より正確に制度の要件を満たしているのかを判断すること、保証能力を見極めることが目的です。

 

消費者金融や銀行のローンでは書類だけで融資の可否を決定することが多いので、この点は一般的な貸付審査と大きく異なる点でしょう。

審査に落ちてしまう人の特徴

母子父子寡婦福祉資金貸付金も、カードローンなどの審査と同じように総合的に判断されます。

 

ただ、カードローンよりも融資対象になるための条件が多いため、審査落ちの理由を特定するのは難しいでしょう。

 

後ほど詳しく説明していきますが、自治体の福祉担当窓口で事前相談を行ないます。

 

そのため、基本的な条件を満たしているかどうかは、相談をした時点で分かるでしょう。もし、申請をしたものの審査で否決されてしまったというケースでは、次のような可能性が考えられます。

 

提出書類の準備ができなかった

利用するためには次の書類が必要になります。

 

  • 母子父子寡婦福祉資金貸付申請書
  • 申請者と連帯借主の戸籍謄本、および世帯全員の住民票
  • 連帯保証人の世帯全員の住民票
  • 申請者、および連帯保証人の所得課税証明書
  • 個人情報に関する同意書
  • 利用したい資金の種類ごとで必要な書類

本人確認書類だけでも借り入れができる消費者金融のカードローンと比べると、かなり必要な書類が多いことが分かりますね。

 

これらの書類をすべて用意できなければ、審査に通ることはありません。

健康保険料・住民税、借金の滞納がある

利用には返済能力が必要ですが、健康保険料や住民税、借金などを滞納している場合にも要注意です。

 

それらの返済が滞っていると、十分な返済能力なしとみなされる可能性が高く、審査に通過することはないでしょう。

 

厚生労働省が進める制度ではありますが、一般的な金融機関の貸し付けと同じように他社借入なども重要になります。

 

非営利の貸し付けだからといって、審査基準は甘くありません。

申請内容に嘘があった

事前相談で伝えた内容と事実が異なるという場合、審査に通過することはないでしょう。

 

先ほども説明したように申請をするときには様々な書類を提出します。そのため申請条件を満たしているように偽っても、書類などを確認すれば事実ではないことはすぐにバレてしまいます。

 

貸し付けの可否は時間をかけて審査されるので、必ず正確な情報で手続きを進めてください。

 

融資を受けるまでの流れ

最後に融資を受けるまでの流れを説明していきます。

 

カードローンの審査は最短で即日、長くても1〜2週間程度ですが、母子父子寡婦福祉資金貸付金は融資までには1ヶ月程度かかるので注意が必要です。

 

通常、母子父子寡婦福祉資金貸付金を利用するためには、次のような手順になります。

 

  • @住んでいる地方自治体での相談
  • A申請可否の判断
  • B申請の準備
    書類の準備
    保証人の選定
    連帯保証人などとの面接
  • C申請
  • D審査
  • E貸付可否の決定
  • F借用書、口座振替書の提出
  • G貸付金の交付

融資を受けるまでには、A申請可否の判断、B申請の準備、D審査といった工程があります。

 

制度の主旨にそぐわない場合、審査の必要なく融資対象にならないと判断できる場合には自治体での事前相談をした段階でその旨が伝えられるでしょう。

 

ただ、母子家庭、父子家庭が利用できる制度は他にもあるので、別の公的な支援・貸付制度を教えてもらえることもあります。

 

そして申請をするためには書類の準備と並行して、保証人を選び面談をこなさなくてはいけません。

 

これらすべてをクリアした段階で正式な申し込みができ、審査が開始されるのです。

 

無事に審査に通過すれば借用書、口座振替書を提出して融資を待つことになります。ただ、申請ができた方でも審査の結果貸し付けができないと判断されるケースもあるので注意してください。

 

事前相談から融資までは約1ヶ月で、その後据置期間の終了とともに返済が始まります。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金の利用条件は多い!まずは自治体の窓口で相談

カードローンを利用したことがある、申し込みを検討したことがあるという方は分かると思いますが、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用するための条件は非常に多いです。

 

これは、公的資金を財源としている国の貸付制度であるからだと言えます。

 

連帯保証人を立てることで無利子での貸し付けとなり、連帯保証人なしでもとても低金利なのは大きなメリットですが、利用するためには厳しい条件をすべて満たし、審査に通過しないといけません。

 

また、融資までも1ヶ月程度はかかるので、すぐにお金が必要というシチュエーションには向いていないでしょう。

 

まずは、申請できるか、審査に通る見込みがあるのかが重要なので、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の利用を考えている方は自治体の窓口で相談をしてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

お金を借りる方法関連記事

マイナンバー制度の導入で借金が会社や家族にバレる可能性がある!?

マイナンバー制度で借金がバレる?バレない?平成27年10月からマイナンバー制度の通知が届き、平成28年1月以降、本格的に運用が始まるマイナンバー制度。マイナンバー制度とは、国民1人1人に番号を割り振り、社会保障、税金、災害対策の面で、個人情報を一括に管理していくという制度です。このマイナンバー制度に...

» 続きを読む

外国人でもカードローンでお金を借りることはできる?日本の金融機関の対応徹底解説

文化や環境が違う異国の地で「すぐに必要なのにお金がない!」というのはとても不安になるものです。少し前までは、日本の金融機関で外国人がお金を借りるのは非常に難しく、日本でお金を調達することができずに窮地に立たされる外国人が大勢いました。そうした印象が根強く残っているせいか、今でも「日本での借り入れは難...

» 続きを読む

個人間でのお金の貸し借りで注意すべき点

個人間のお金の貸し借りでトラブルになる事例とは?個人間でお金を借りることは、よくあることです。ですが、金融会社から借りる時とは違い、借用書の取り交わしをしていなかったり、利息や返済期限を明確に定めなかったり、返済を求めても応じてもらえないなどのトラブルが発生することも多いです。また、借用書はお金の貸...

» 続きを読む

借用書がないとお金を貸しても返してもらえないの?

なぜそんなに借用書が必要なの?どうしてもお金が必要なとき、消費者金融からは借りたくないという時は友人や家族に「すぐ返すからちょっとお金を貸して」ということはありませんか。友人や家族からお金借りるという時、借用書を書く人は少ないでしょう。友人だから、家族だからと信用して口約束で済ましてしまう事が多いの...

» 続きを読む

高齢者は何歳までローンが組める?70歳以上は年金担保という選択も詐欺に注意!

高齢者でも利用可能なカードローンはあるの?銀行と消費者金融で違いはある?高齢者になると、会社を退職して年金生活を送っている方が多くなるものです。晩婚化・少子高齢化が進む日本では定年退職後にお孫さんへの出費が増える家庭が少なくありません。そんなときにまとまったお金が必要になると、カードローンを利用しお...

» 続きを読む

免許取得時にお金がない時に使える運転免許ローン(教習所ローン)って?

運転免許ローンって何?その特徴は?満18歳を超えると、車の運転免許をとることができます。就職活動の際に、運転免許があると有利なことがあり、高校生や大学生が自動車教習所に通うのも珍しくありません。とはいえ、通学するタイプの自動車教習所の場合、28〜35万円の費用が必要になります。その費用を、ポンと現金...

» 続きを読む

ホームエクイティローンってなに? 仕組みを分かりやすく解説!

ホームエクイティローンとは、自宅を担保にお金を借りる、不動産担保ローンの一つです。自己所有の住宅の評価額からローンの残高を引いたのがホームエクイティ部分となり、これが正味価値となります。この正味価値が融資限度額となる不動産担保ローンなのです。自宅を担保にするリバースモーゲージとはどう違うの?他に自宅...

» 続きを読む

キャッシングで借りたお金で株式投資やFXには勝てない!その理由は?

キャッシングしたお金で株式投資やFXはできるの?株式投資やFXを始める時に、どのように用立てたお金かを審査されることはありません。そのため、キャッシングで借りるお金で、株式投資やFXを行うことはできます。そして、銀行や消費者金融などのカードローンの中には、資金使途が自由な商品があり、実際に株式投資や...

» 続きを読む

葬儀費用が足りない時、借金することはできる?

葬儀で費用が足りない場合、どこから借りたらいいの?事故や病気が原因で、突然身内が亡くなるのは珍しいことではありません。また中高年になれば、親の介護だけでなく葬儀の費用のことも考え準備しておく方がよいものです。とはいえ不幸は自分の都合に合わせて起こるわけではないので、急に葬儀費用を準備しなければならな...

» 続きを読む

買い物をして店舗で組む分割払い。仕組みってどうなってるの?

ショップで高額商品を分割払いした時って、お店が信販会社と交渉するの?高額商品を購入する際、クレジットカードを使わずに、分割払いにできるシステムを導入しているショップが増えています。これは、信販会社がショップへ立て替え払いをし、商品の購入者が信販会社に分割払いをするというシステムになっています。こうし...

» 続きを読む

一生の思い出になる結婚式を諦めない!ブライダルローンという選択肢がありますよ

理想の結婚式のお手伝い!ブライダルローンとは?結婚に関して、「まとまったお金がなくて結婚式が挙げられない」、「費用面で妥協したくない」などという人にオススメのブライダルローン!ブライダルローンとは、「目的ローン」の1つで、結婚式や披露宴の費用など結婚に関する費用を対象としたローンの事です。ローンの中...

» 続きを読む

デンタルローンって知ってる?多種多様化していく目的ローンは危険もいっぱい。

保険のきかない歯科治療に最適!デンタルローンとは?デンタルローンとは、目的ローンの利用目的を「歯科治療費」に限定した立替払制度の事です。信販会社が患者の代わりに治療費を立て替えし、患者は信販会社に対し治療費に手数料を加えた額を分割で返済していくという立替払契約になっています。インプラントをしたい、矯...

» 続きを読む

エステなどの自社クレジットには要注意!カードローンを使ったほうが金利が安い場合が...

エステ店独自のローンは便利!でも実は高金利って知ってた?全身エステやエステ脱毛などエステにかかる費用は結構高くつきます。店舗によって金額はさまざまですが、内容によっては高額になるものもあります。体験コースは500円などと安く表示されていますが、勧誘され契約すると高額な金額を請求されます。そこで助かる...

» 続きを読む

知ってる?年金を担保にお金を借りる制度【年金担保融資】

年金担保融資(年金担保貸付制度)とは、独立行政時法人「福祉医療機構」が実施する公的融資のことです。高齢者などが医療費や住宅の改修費、冠婚葬祭、介護、生活必需品の購入などの費用で一時的に資金が必要になった場合に、公的年金を担保として小口の資金を低利子で貸し付ける公的な貸付制度のことで、年金を補完する役...

» 続きを読む

公的資金返済目処が立たず!新生銀行が危ないって本当?

新生銀行がピンチ!?公的資金を返せないとはどういうこと?新生銀行は、メガバンクや地銀と同じことをせず独自のビジネスモデルを追求し存在意義を発揮していくと意気込んでいますが、公的資金を注入された大手銀行の中では立ち遅れているようです。りそなホールディングス(HD)やあおそら銀行が公的資金を完済、前倒し...

» 続きを読む

教育ローンと奨学金、借りるならどっちがお得?メリットとデメリットを徹底解説

奨学金のメリットとデメリット奨学金とは、公的なもの(国、都道府県、市区町村)や民間の育英組織(学校独自、新聞奨学金など)が学費の一部を負担してくれたり、学費を貸出しする制度で、奨学金は学生本人が自分名義でお金借りるローンの事です。家庭での経済的なことなどは関係なく、学生本人の能力や学力に対して給付さ...

» 続きを読む

楽天銀行の住宅ローンのメリット。借入の流れや申し込みについて

楽天が提供する住宅ローンのメリットをいくつか紹介します。変動金利と固定金利の2種類の金利タイプがあり、借り換えも可能フラット35は業界最低金利で、最長35年間全期間固定金利なので金利の上昇の心配なし楽天銀行口座を返済口座に指定すれば他の口座と比べて0.3%低い金利で借入可能団体信用生命保険料は楽天銀...

» 続きを読む

住宅ローンはネット銀行だとなぜ低金利? 大手銀行と比較

こんなにも低金利!ネット銀行と大手銀行の金利を比較ネット銀行は営業する為に最小限必要な店舗のみ保有し、インターネットや電話等の通信手段を使った取引がメインになる銀行の事です。住宅ローンを組むとき、多くの大手銀行は1%〜2%の低い金利で住宅ローンを設定していますが、ネット銀行では1%より低い金利の設定...

» 続きを読む

住宅ローンの種類。「公的ローン」と「民間ローン」について

公的ローンとは?条件や審査のポイントについて公的ローンには、住宅金融支援機構融資、財形住宅融資、自治体融資があり、物件に所定の条件が設けられていますが、「人」に対しての審査が甘いという特徴があり、金利面も比較的有利になっています。住宅金融支援機構や雇用、能力開発機構が一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形...

» 続きを読む

自然災害で住宅が被害を受けた場合、住宅ローンは返済しなければならないのか

自然災害で住宅が壊れた!それでも住宅ローンは払わないといけないの?自然災害で被災したことで住宅ローンの返済を免除、減額されるという制度や法律はないので、住宅が壊れても住宅ローンは払わなければなりません。住宅ローンを組むとき、大体の人が火災保険に加入すると思いますが、火災保険に加入していても地震が原因...

» 続きを読む

災害復興住宅融資とは?被災者向け住宅ローンの審査方法や難易度を徹底解説!

日本は、古くから多くの地震と共存してきた国です。特に、2011年に起こった東日本大震災以降、日本人の防災意識はさらに高まったといえるでしょう。また地震だけではなく、近年多発する局地的な豪雨や大型の台風も深刻な災害ですね。災害は、決して「対岸の火事」ではありません。私たちは、いつ被災者になってもおかし...

» 続きを読む

年金担保融資って何?その申込から審査、そして申込受付終了の噂までを検証

国が定めた年金担保ローンがあるということは、年金生活当事者にもあまり知られていません。借入するというと、ついつい高金利だけれども利便性の高い消費者金融を考えてしまいがちですが、実は年金を担保に入れると銀行にも勝るような低金利で借入が可能なのです。残念ながらこの制度は、令和4年3月に新規受付を停止する...

» 続きを読む

母子父子寡婦福祉資金貸付金の審査は厳しい?貸付対象と融資までの流れを解説

生活をしていく上でお金に困ったら、公的な支援・貸付制度を利用できる場合があります。銀行や消費者金融といった金融機関とは異なり貸し付けによって利益を出すことが目的ではないため、かなり低い金利で借り入れができるのがメリットだと言えるでしょう。そのような公的な貸付制度の1つが「母子父子寡婦福祉資金貸付金制...

» 続きを読む

10万円借りたい方必見!低金利かつ審査が早く済む方法とは!?

お給料日前や急な出費で10万円だけ借りたいという時、申込みも手軽で、10万円という少額融資であれば比較的審査にも通りやすいカードローンがオススメです。カードローンは各銀行や消費者金融で取り扱われていますが、それぞれ金利や借入までのスピードは異なるのはご存知ですか?カードローンならどこでも同じだろうと...

» 続きを読む