住宅ローン金利比較

こんなにも低金利!ネット銀行と大手銀行の金利を比較

 

ネット銀行は営業する為に最小限必要な店舗のみ保有し、インターネットや電話等の通信手段を使った取引がメインになる銀行の事です。

 

住宅ローンを組むとき、多くの大手銀行は1%〜2%の低い金利で住宅ローンを設定していますが、ネット銀行では1%より低い金利の設定になっています。

 

ネット銀行は住宅ローンの金利が安く、繰り上げ返済手数料が無料といったサービスもあります。

 

 

なぜ低金利にできるの?ネット銀行が低金利にできるからくりとは?

 

ネット銀行が低金利に出来る理由は、大手銀行のように多くの店舗が構える必要がありません。
また多数の銀行員を雇う必要がないので経費が安く抑えられます。
その分利用者に還元する事ができるので、金利を安く出来るのです。

 

 

ネット銀行だと低金利だが審査は厳しい!支払い能力のある人にはおすすめの住宅ローン

 

ネット銀行の審査は簡単に通りそうなイメージがありますが、実際は一般の銀行の審査よりも厳しくなっています。
直接顔を合わせないため、収入や勤め先といったものが審査にモノをいいます。そのため審査にも時間がかかり、申し込みから融資まで数ヵ月を要することもあります。

 

ネット銀行の審査基準として
・最低年収の設定が高め。
一般の金融機関では年収150万円〜200万円以上としている所が多いですが、ネット銀行は300万円以上と高めの設定になっています。

 

・申し込みプラン以外の金利は不可。
金利が1%の住宅ローンに申し込んだらこの金利だけで審査が行われます。

 

・規定の申込書類以外の添付書類は考慮されない。
ネット銀行以外であれば、より審査が有利になるように、必要書類以外に資格関係や所有する資産などを証明する書類などを求められますが、ネット銀行はこのような書類は考慮されません。

 

自営業や小規模の会社に勤めている場合は少し難しいですが、ネット銀行は確実に返済をしてくれる人を対象にしているので、収入が多い人は申し込んでみてください。

 

住宅ローンについて詳しくはこちら

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン