借用書がないとお金を貸しても返してもらえないの?

なぜそんなに借用書が必要なの?

どうしてもお金が必要なとき、消費者金融からは借りたくないという時は友人や家族に「すぐ返すからちょっとお金を貸して」ということはありませんか。

 

友人や家族からお金を借りるという時、借用書を書く人は少ないでしょう。
友人だから、家族だからと信用して口約束で済ましてしまう事が多いのではないでしょうか。

 

しかしそれがトラブルをひき起こしてしまうのです。

 

お金の問題で一番大事なことは借用書の有無です。
お金の貸し借りには、法律的に民法という法律が適用され、「金銭消費貸借契約」という「法律行為」になります。
なので、借用書がなくてもお金を貸して欲しいというお願いを「いいよ」と答え、実際にお金を貸したら法律上契約が成立してしまうのです。ですから口約束でも金銭消費賃借契約は契約として成り立ちます。

 

しかし借用書がなければお金を化した相手が「借りてない」、「知らない」、「くれたんじゃないの?」としらを切ってしまいお金を返してくれないという金銭トラブルが後を絶ちません。

 

貸した側がお金を貸した事を主張しても証拠がない限りお金は返ってこないでしょう。

 

借用書が必要な理由はこのようなトラブルを防ぐためにも証拠として必要になるからです。

 

家族や友人だからと甘く考えてはダメ!後で大変な事になる!?

お金を貸しても友人だから、恋人だから、知人だから、家族だから…と安心している部分もあるのではないでしょうか。
自分に近い人たちだからこそ金銭トラブルも多く、ホットラインの相談も後をたたないほど多く寄せられていて、一番多いトラブルが恋人との金銭トラブとされています。

 

「この人はそんなことしない!」と思っていてもトラブルになってしまうとその人の事も信用できなくなってしまいますよね。

 

親しい人に借用書を書かせるなんて水くさいと思うかもしれませんが、ことわざでもあるように「親しき仲にも礼儀あり」で、親しい人でも後のトラブルにならないためにも借用書を書いてもらうことで、相手との関係も崩れず保つことができるでしょう。

 

借用書には2つの効果があり、
1つ目がお金を借りる側に条件を守らなければいけない、返済しないといけないという動機付けになるという事。

 

2つ目が、もし裁判になってしまった場合に証拠としての効果があるという事で、この借用書がなければ裁判になっても難航してしまうので借用書がある方が早く解決するのです。

 

借用書は確実に返済をさせるための保険とも言えるようなものなのでお金の貸し借りの時は必ず借用書を作るようにしてください。

 

お金を貸してといわれても、後のトラブルを避けるために消費者金融からの借り入れを勧めてあげよう!

お金に困っている家族や友人がいれば助けてあげようと思う人もいるでしょう。
しかしお金のトラブルほど怖いものはありません。
お金を貸しても「返さない」、「借りてない」など、仲の良かった友人や家族とトラブルになるとそこで関係が壊れてしまいます。

 

そうならないためにも、自分がお金を貸すより、消費者金融から借り入れするとこを勧めてあげましょう。

 

消費者金融なら、最低金額が1000円から借り入れする事ができるところもあり、消費者金融だからと大金を借りなければいけないという事もないし、最近では法律も厳しくなってきているので安心して利用できるようになり、とても借りやすくなっています。

 

家族や友人との関係を守るためにもお金を借りるなら消費者金融で借りることをオススメします。

 

消費者金融ならプロミスがオススメ

 

借金問題解決の一歩目はおまとめローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

 

借用書がないとお金を貸しても返してもらえないの?

なぜそんなに借用書が必要なの?

どうしてもお金が必要なとき、消費者金融からは借りたくないという時は友人や家族に「すぐ返すからちょっとお金を貸して」ということはありませんか。

 

友人や家族からお金を借りるという時、借用書を書く人は少ないでしょう。
友人だから、家族だからと信用して口約束で済ましてしまう事が多いのではないでしょうか。

 

しかしそれがトラブルをひき起こしてしまうのです。

 

お金の問題で一番大事なことは借用書の有無です。
お金の貸し借りには、法律的に民法という法律が適用され、「金銭消費貸借契約」という「法律行為」になります。
なので、借用書がなくてもお金を貸して欲しいというお願いを「いいよ」と答え、実際にお金を貸したら法律上契約が成立してしまうのです。ですから口約束でも金銭消費賃借契約は契約として成り立ちます。

 

しかし借用書がなければお金を化した相手が「借りてない」、「知らない」、「くれたんじゃないの?」としらを切ってしまいお金を返してくれないという金銭トラブルが後を絶ちません。

 

貸した側がお金を貸した事を主張しても証拠がない限りお金は返ってこないでしょう。

 

借用書が必要な理由はこのようなトラブルを防ぐためにも証拠として必要になるからです。

 

家族や友人だからと甘く考えてはダメ!後で大変な事になる!?

お金を貸しても友人だから、恋人だから、知人だから、家族だから…と安心している部分もあるのではないでしょうか。
自分に近い人たちだからこそ金銭トラブルも多く、ホットラインの相談も後をたたないほど多く寄せられていて、一番多いトラブルが恋人との金銭トラブとされています。

 

「この人はそんなことしない!」と思っていてもトラブルになってしまうとその人の事も信用できなくなってしまいますよね。

 

親しい人に借用書を書かせるなんて水くさいと思うかもしれませんが、ことわざでもあるように「親しき仲にも礼儀あり」で、親しい人でも後のトラブルにならないためにも借用書を書いてもらうことで、相手との関係も崩れず保つことができるでしょう。

 

借用書には2つの効果があり、
1つ目がお金を借りる側に条件を守らなければいけない、返済しないといけないという動機付けになるという事。

 

2つ目が、もし裁判になってしまった場合に証拠としての効果があるという事で、この借用書がなければ裁判になっても難航してしまうので借用書がある方が早く解決するのです。

 

借用書は確実に返済をさせるための保険とも言えるようなものなのでお金の貸し借りの時は必ず借用書を作るようにしてください。

 

お金を貸してといわれても、後のトラブルを避けるために消費者金融からの借り入れを勧めてあげよう!

お金に困っている家族や友人がいれば助けてあげようと思う人もいるでしょう。
しかしお金のトラブルほど怖いものはありません。
お金を貸しても「返さない」、「借りてない」など、仲の良かった友人や家族とトラブルになるとそこで関係が壊れてしまいます。

 

そうならないためにも、自分がお金を貸すより、消費者金融から借り入れするとこを勧めてあげましょう。

 

消費者金融なら、最低金額が1000円から借り入れする事ができるところもあり、消費者金融だからと大金を借りなければいけないという事もないし、最近では法律も厳しくなってきているので安心して利用できるようになり、とても借りやすくなっています。

 

家族や友人との関係を守るためにもお金を借りるなら消費者金融で借りることをオススメします。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン