キャッシングで借りたお金で株式投資やFXには勝てない!その理由は?

キャッシングしたお金で株式投資やFXはできるの?

 

株式投資やFXを始める時に、どのように用立てたお金かを審査されることはありません。
そのため、キャッシングで用意したお金で、株式投資やFXを行うことはできます。
そして、銀行や消費者金融などのカードローンの中には、資金使途が自由な商品があり、実際に株式投資やFXに使っている利用者もいるようです。
その背景には、アベノミクスが始まった2012年以降、株高・円安が進んだことで、投資のチャンスだと感じた人が多かったことがあるのでしょう。

 

株式投資やFXで借金が増えるリスクがある!

 

とはいえ、素人が株式投資やFXで利益を得るのは、簡単なことではありません。
投資家が株やFXで勝つことができるのは、相場の変動に耐えられる豊富な資金力と、強い精神力を持っているからなのです。
資金力があれば、多少の含み損は仕方がないと割り切れます。
ですが、キャッシングした少ない資金で投資を始めると、世界的な経済危機など予測不可能な事態で大きな損失を受けた場合、それをリカバーすることはできません。
また、株式投資やFXは委託保証金を預けることで、信用取引ができるようになります。
もし、レバレッジ取引をしている間に為替レートが下がってしまったら、追加保証金を支払わなければなりません。
つまり、借金が増える可能性もあるのです。

 

お金を借りて投資をしてもかえって借金が増えるリスクが!投資に重要なメンタルコントロールとは?

 

株式投資やFXを始めて儲かると、レバレッジ取引にチャレンジしたくなるものです。
委託保証金を入れることで、株なら3倍、FXなら最大25倍まで売買可能ですから、儲けが大きくなると考えるからです。
レバレッジをかけることで、少ない資金で大きな投資ができるのは事実です。
ですが、負けた時の損失も大きく、キャッシングで投資をしている程度では、資金がすぐにショートし、追証を支払えずに借金となれば、自己破産で免責も受けられないと、悲惨な末路につながりかねないのです。
投資はあくまでも余剰金で行うもので、キャッシングも含めて借金で行うのはおすすめできません。
どうしても投資がしたいのであれば、株の現物取引を検討してはいかがでしょうか。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン