消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

 

消費者金融のカードローンは即日融資にも対応しており、「今日中にお金が必要!」、「明日までにお金を借りたい!」というニーズにもしっかりと応えてくれます。
ただ、希望する借入金額が大きくなると審査基準は厳しくなるため、希望通りの借り入れができない場合もあります。

 

とくに、10万円単位で考えた場合には、50万円以下か、60万円以上かで審査の傾向は異なるでしょう。
実は、消費者金融で60万円以上を借りる場合には必ず収入証明書類の提出が必要になるのです。

 

そのため、申し込みまでに準備する書類も増えますし、金融機関側が審査結果を出すまでに時間がかかることもあります。

 

この記事では、消費者金融で60万円〜90万円を借りたいという方のために、絶対に満たさなくてはいけない必須条件と審査で見られるポイント、必要になる書類について説明をしていきます。

 

また記事の後半では、消費者金融で60万円〜90万円を借りたときの返済金額の目安についてもまとめているので、ぜひ最後まで読んでください。

 

人気の消費者金融TOP3はこちら!

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

アコム

消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

アイフル

  • 金利:3.0%〜18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

 

消費者金融で60万円以上を借りるための必須条件

 

消費者金融のカードローンで融資を受けられる金額は審査によって決定されます。

 

そのため、「どうしても60万円借りたい」という場合でも、審査の結果、限度額は30万円までという可能性も十分にあるのです。

 

また、消費者金融で借り入れをするときは必ず総量規制の範囲内で限度額が決定されます。

 

総量規制とは貸金業法という法律で決められているルールであり、貸金業者が貸し付けできる金額に上限を設定することで過剰貸付が起きるのを防ぐ役割を担っているのです。

 

総量規制では「申込者の年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけない」とされています。
つまり、消費者金融で60万円を借りるには必ず180万円以上の年収が必須になるのです。

 

もっと知りたい!総量規制についてはこちら!

 

消費者金融で60万円〜90万円の借り入れに必要な年収

 

借入希望額 必要な年収
60万円 180万円
70万円 210万円
80万円 240万円
90万円 270万円

 

法律上は年収270万円があれば消費者金融で90万円までは借りることが可能です。

 

ただし、総量規制は貸し付けの上限金額に対する規制なので、審査次第では年収の3分の1以下であっても借り入れができないということもあります。

 

むしろ、総量規制のギリギリまでを初回契約で借りるのは、ほぼ不可能だと思った方が良いでしょう。

 

総量規制には貸金業者からの借り入れがすべて含まれる

総量規制の対象は消費者金融やクレジットカード会社が行う貸し付けです。

 

「年収の3分の1を超えてはいけない」というルールは1社からの借り入れではなく、複数社からの借り入れがある場合でも変わりません

 

例えば、年収300万円の人がすでに70万円の借り入れを消費者金融から行なっているとします。

 

その場合、新たな申し込みで借りられる上限金額は30万円までとなるのです。

 

他社借入が多いと審査でも不利になるので、もし利用していないカードローンがあるのであれば解約してしまっても良いでしょう。

 

カードローンの完済後は解約すべき?気になる方はこちら!

 

消費者金融が年収を確認する方法

総量規制に抵触していないかを調査する義務は金融機関側にあるため、私たちが年収の3分の1を超えないように希望金額などを調整する必要はありません。

 

しかし総量規制に抵触する場合には希望通りの借り入れはできないので、自分自身でもおよその額を把握しておくことは重要でしょう。

 

消費者金融が申込者の年収を確認する方法は2つあります。

 

  • 1つ目がカードローンの申し込み時に年収を申告させる
  • もう1つが収入証明書類を利用者に提出させる方法です。

 

申込者の自己申告ではなく、収入証明書を利用した方が正確な数字を把握できます。

 

そのため、貸金業法では一定の条件に該当する場合には必ず書類による年収確認を行わなければいけないとされているのです。

 

消費者金融で60万円以上を借りるには収入証明書類が絶対必要!

 

総量規制では、次のどちらかに該当する場合には収入証明書類が必ず必要になります。

 

【収入証明書類が必要なケース】
  1. 1社から50万円を超える金額を借りるケース
  2. 他社借入との合計が100万円を超えるケース

 

消費者金融で60万円〜90万円までを借りる場合には「1社から50万円を超える金額を借りるケース」に該当するため、融資を受けるには収入証明書類を準備しなくてはいけません。
提出する収入証明書類は最新の物を準備しましょう。

 

書類に不備がある場合には再提出が必要なので、融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。

 

提出できる収入証明書類は金融機関によって異なりますが、法律上は以下のような書類が有効だとされています。

 

【法律上、有効な収入証明書類】
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書

 

会社員の方は給与明細書が準備しやすいでしょうが、いくつか注意点がありますので確認しておきましょう。

 

  • 地方税額の記載がない給与明細書の場合には直近の2ヶ月分が必要であり、ボーナスの支給があった方は直近の賞与明細書も必要
  • 給与明細書に「書類の発行元(勤務先の名称)」、「本人の氏名」などが明記されていない場合には有効にならない
  • 給与明細書だと会社によってフォーマットが異なることも多いので、会社員の方は源泉徴収票の使用をおすすめ

 

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

アコム

消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

アイフル

  • 金利:3.0%〜18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

 

条件をクリアしても60万円を借りられない?限度額は審査で決まるので注意

 

消費者金融で60万円を借りるためには、最低でも以下の3つの条件を満たしていないといけません。

 

【消費者金融で60万円を借りる最低条件】
  • 年収が180万円以上であること
  • 有効な収入証明書類を提出できること
  • 商品の限度額が60万円以上であること

 

大手の消費者金融であれば商品の限度額は数百万円ということが多いのでBの心配はいらないでしょう。

 

ただし、3つの条件をすべて満たしていたとしても必ず60万円を借りられるわけではないのです。

 

カードローンで融資を受けるときは希望借入金額を申告しますが、金融機関の審査によって実際に借り入れできる金額が決まります。

 

そのため、審査に通過したものの、希望した金額を借りることができないという可能性もあるのです。

 

 

初回契約の場合には限度額は低めになりやすい

カードローンを希望の限度額で契約できるかを左右する要因の一つは信用情報の評価です。

 

信用情報機関にはカードローンやクレジットカードの契約状況、利用状況が登録されており、どの金融機関でいくら借りているのか、しっかりと返済はされているのかなどを把握できます。

 

例えば、高額な借り入れの審査に通り完済した経験があるといった場合には信用情報の評価は高くなるのです。

 

一方で、カードローンなどを利用したことがなく、金融機関との取引実績が乏しいという方は信用情報の評価は高くありません。

 

そのようなケースでは金融機関からの信頼をすぐには得られないため、初回契約からまとまった金額を借りるのは難しいのです。

 

 

限度額を決定する審査のチェックポイント

消費者金融のカードローンは1万円から契約することができるので、数万円の少額融資であれば安定した定期収入さえあれば審査の心配はいらないでしょう。

 

しかし、初回契約で60万円〜90万円を借りたいという場合には十二分に支払能力があると評価されないと難しいでしょう。

 

希望通りの限度額で契約をするには、主に次のような項目がポイントとなります。

 

【希望限度額で契約するポイント】
  • 総量規制に抵触しない十分な収入があること
  • 正社員や公務員などで収入が安定していること
  • 勤続年数が1年以上であること
  • ローンやクレジットカードを遅れなく支払いしていること
  • 他社借入が少ないこと

 

60万円を借りたいという方は年収180万円が総量規制におけるラインとなりますが、通常は総量規制のギリギリまで借りられるということはないです。

 

審査の通過という観点では、収入の額ではなく安定性が重要だと言われますが、ある程度の限度額で契約をするにはやはり収入の多さも大切になります。

 

限度額60万円以上の審査は厳しめ!希望の金額を借りるコツ

 

消費者金融のカードローンは限度額が最大500万円や800万円ということもあるので、かなり大きな金額の融資にも対応しています。

 

そのような金額と比較すると「60万円〜90万円」というのは少額にも思えますが、収入証明書類が必要な50万円以上を借りるのは簡単ではありません。

 

とくに限度額が小さくなりやすい初回契約の方だと60万円以上をすぐに借りるのは難しいでしょう。

 

ただ、希望の限度額で契約ができなくても諦める必要はないのです。

 

例えば、次のような方法で必要なお金を準備することができます。

 

  1. 2社からお金を借りる
  2. 徐々に限度額を増額していく
  3. 目的別ローンなどで借りる

 

2社からお金を借りる

 

1社で60万円を借りることができなくても、30万円を2社から借りられる可能性はあるのです。

 

1社で60万円を借りる場合には収入証明書類が必須になります。

 

しかし、60万円を30万円ずつ2社に分けて借りる場合、法律上では収入証明書類は不要です。

 

希望する借入金額が大きい方が審査基準は厳しくなるので、1社で希望の金額を借りられなかった方は、複数社からの借り入れも検討してみてください。

 

ただ、申し込み2社目以降は他社借入がある状態となるので、多少、審査では不利になります。

 

 

徐々に限度額を増額していく

 

また、限度額は初回契約の後からでも徐々に増やしていくことができます。

 

1社の金融機関と取引実績を積み重ねていけば増額しやすくなるので、時間の猶予がある方は焦らずに実績を積み借入枠を大きくするタイミングを待ちましょう。

 

金融機関によっては特定の条件を満たした利用者に増額を打診する連絡を行う場合もあります。

 

ただし、増額する場合であっても総量規制は適用されるため、年収の3分の1を超えることはありません。

 

総量規制が原因で希望する金額が借りられないという方は収入をアップさせた上で、収入証明書類を提出する必要があります。

 

増額の条件や方法についてアイフルを例に解説しています!

 

目的別ローンなどで借りる

 

ローンは金融機関や商品によって審査基準が異なるため、ある商品では希望金額の借り入れができなくても、他の商品ではできたというケースもあるのです。

 

もし60万円〜90万円を借りたい目的が1つに決まっているのであれば、カードローンではなく目的別ローンを利用するという方法を検討しても良いでしょう。

 

借りたお金の使い道に制限はありますが、カードローンよりも低金利な商品が多いのが目的別ローンの特徴です。
]
また、資金使途がはっきりとしていることに加え、契約途中の追加借入もできないため金融機関にとっては貸し倒れの危険性が低く、安心して貸し付けができるローンだとも言えます。
カードローンと比べると利便性、融資スピードは劣りますが、選択肢の1つとして覚えておいてください。

 

 

【60万円〜90万円】消費者金融でお金を借りたら毎月の返済はいくら?

 

次に消費者金融で60万円〜90万円を借りた場合の毎月の返済金額について説明していきます。
カードローンの毎月の支払金額は金融機関によって計算方法が異なるため、同じ金額を借りた場合であっても返済金額が違うということがあるのです。

 

消費者金融の大手4社であるアイフル、アコム、プロミスの返済金額をまとめました。

 

【60万円〜90万円】毎月の最低返済金額

 

借入金額

アイフル

アコム プロミス
60万円

18,000円
16,000円

18,000円 16,000円
70万円 21,000円

18,000円

21,000円 18,000円
80万円 24,000円

21,000円

24,000円 21,000円
90万円

27,000円
23,000円

27,000円 23,000円

 

※各社の返済金額は借入金額ちょうどを借りている場合です。借入残高によって返済金額が変動するため、元金の減少とともに毎月の返済金額は小さくなります。

 

最低返済金額以上であれば多めの入金も可能

上の表の返済金額は「最低返済金額(ミニマムペイメント)」です。

 

そのため、借入残高ごとに決められた金額以上であれば、任意の額を返済することができます。

 

金融機関によって最低返済金額の算出方法は違いますが、その金額でずっと完済まで支払いを続ける必要はありません。

 

余裕があれば多めに入金することで早く元金を減らせ、早期完済に近づきます。

 

ずっと最低返済金額で支払いをしていると完済までに年数がかかり、多くの利息を負担しないといけないのです。

 

また、最長返済回数にも決まりがあるので、必ず期間内に完済できる返済計画を立ててください。

 

 

滞納した場合には遅延損害金が発生する

もしカードローンの返済を滞納してしまうと遅延損害金が発生します。

 

各社には適用される金利とは別に遅延利率という金利が決められており、返済日に1日でも遅れた場合には、通常よりも高めの金利が適用され多くの利息が発生してしまうのです。
遅延利率は利息制限法という法律によって上限が決められていますが、それでも返済の負担が増えてしまうことには変わりありません。

 

消費者金融で60万円以上を借りるというのは決して少額の借り入れではないので、延滞をしないように注意しましょう。

 

延滞してしまうとどうなるの?アコムを例に解説しています!

 

消費者金融で60万円借りるには収入証明書類が必須!借りる前の返済計画もしっかりと

 

消費者金融は貸金業法に基づいて貸付業務をしているため、60万円〜90万円を借りる場合には借入希望金額の3倍以上の年収があり、そのことを源泉徴収票や確定申告書などの書類で証明する必要があります。

 

これらは法律に基づく決まりなので、年収が低く総量規制に該当する方、収入証明書類を提出できない方だと希望金額の借り入れはできません。

 

また、60万円以上という金額は少額ではないので、申し込みをする前にしっかりと無理のない返済計画を立てましょう。

 

事前に毎月の支払い金額、完済までの期間、最終的な支払い総額を把握していれば、途中で返済に困ってしまうというリスクを小さくできます。

 

 

消費者金融の公式サイトでは返済シミュレーションができるので、申し込みをする前に一度利用してみてください。

 

 

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

アコム

消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

アイフル

  • 金利:3.0%〜18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を解説

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

即日融資の関連記事一覧

少額なのに低金利借り入れの裏ワザ

毎月の家計をやりくりするのに銀行カードローンを利用している人は多いです。給料が入ったらそのまま全額返済、そしてまた足りなくなった分だけ借り入れ…。銀行なら消費者金融より低金利ですし、何より便利ですよね。銀行カードローンは確かに低金利ですが、今やそれを上回る低金利の消費者金融も登場しています。2016...

» 続きを読む

アメリカの消費者金融って年利390%ってホント?規制が求められるペイデイローンと...

アメリカの消費者金融「ペイデイローン」って何?アメリカにも「ペイデイローン」という消費者金融がありますが、その性質は日本とはまったく異なります。日本の消費者金融や銀行系カードローンは、安定収入があれば、ある程度まとまった額を、一度に借り入れることができます。ですがアメリカのペイデイローンは、クレジッ...

» 続きを読む

消費者金融の金利の設定って各社で違うの?金利の相場や知っておきたい知識について解...

利便性とそのサービスに定評がある大手消費者金融ですが、その営業時間は24時間ではありません。夜中に借入したい、または週末にお金を即日で借りたい、そんな場合は申込方法を考えて審査に臨む必要があります。今回は人気のある大手消費者金融の営業時間をまとめていきたいと思うので、それぞれの緊急度に合わせた申込の...

» 続きを読む

なぜ最近の消費者金融は○○銀行のグループが多いの?

消費者金融と銀行がタッグ!どのようなメリットがあってグルーブになっているの?2010年の貸金業法の改正により消費者金融は高金利の貸付を禁止され、過払い請求の支払いなどによって消費者金融の経営が悪化し、中小企業の消費者金融などは倒産が相次ぎました。銀行も融資の利用者が減り、利益が大幅に減少していたため...

» 続きを読む

消費者金融とヤミ金は別モノですよ!

誤解が選択肢を狭くする!消費者金融はあくまで合法な金融機関消費者金融と聞くと「怖い」や「ヤクザが取立てに来る」というイメージがある人もいるでしょう。サラ金という言葉もありますが、昔に使われていた言葉でサラ金は消費者金融の事なのです。消費者金融=闇金と思っている人も多く、消費者金融と闇金は全く別物とい...

» 続きを読む

キャッシングで借りたお金の金利交渉ができるって本当?

既存の借金の金利を下げられる?金利交渉ができる噂は本当?金利交渉ができる噂は本当のようです。金融業者は多重債務者になった人に対して債務整理をされ自己破産にでもなってしまえば借金を回収する事が出来なくなってしまうので、このような事態を避けるために金融業者の方から金利を下げる交渉を持ちかけられることもあ...

» 続きを読む

消費者金融の取り立ては怖い?取り立て今昔物語

夜討・朝駆けや会社押しかけは当たり前!実際にあった怖い取り立て取り立てと聞くとイメージするのがTVドラマのような怖い人たちが家や会社に来て取り立てたり、拉致や監禁など恐怖を与えるような取り立てを思い浮かべませんか。実際にそういう取り立てもあったそうで、家族や友人までにも取り立てに来て、精神的にも追い...

» 続きを読む

無利息期間を設定しているキャッシング会社の本音

お金を借りる際、つまりキャッシングを利用するときには最初から利息を支払うのが当然でした。しかし最近では消費者金融業界に総量規制が導入され、多くの人が銀行カードローンを利用するようになり消費者金融を利用する人が激減しました。そのため消費者金融では利用者を増加させたいという目論見があり、一定期間無利息金...

» 続きを読む

2019年ゴールデンウィークは10連休&改元の境目!各金融機関の営業日程と改元対...

すっかり春めいてまいりました今日この頃。いよいよ平成最後であり令和最初のゴールデンウィークが迫ってきましたね。2019年のゴールデンウィークは過去最長の10連休となっています。しかも5月1日からは改元もあり、例年とは違ったざわつきを感じます。そんな10連休ですが、各金融機関の営業は当然ながらお休みで...

» 続きを読む

消費者金融から200万円を借りられる?総量規制と審査の高い壁を解説

申し込んだら即日で融資をしてもらえる消費者金融は便利な存在です。しかし消費者金融から200万円もの金額を借りるのは、以下の2つの壁をクリアしなければいけません。かなり厳しいハードルを乗り越えなければいけないのです。総量規制の壁審査の壁この記事では消費者金融から200万円を借りるために必要な条件や方法...

» 続きを読む

消費者金融のアプリを使いこなそう!スマホアプリならではのメリットを解説

アコムやアイフルなどの大手消費者金融で利用できる「アプリ」についての解説記事です。消費者金融アプリを使いこなせば、利用手続きが楽になったり、返済が順調に進んだりといった多くのメリットが得られます。どの消費者金融でアプリを利用できるのかアプリはスマホのみ使用可能?タブレットやパソコンからは使えない?消...

» 続きを読む

消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説し...

消費者金融のメリットの1つは即日融資も可能という借り入れまでのスピードですが、まとまった金額を借りたいという場合でもしっかりと対応可能です。ただし、「数万円だけ借りたい」というときと比べて、審査基準は確実に高くなるので注意が必要です。また、100万円を超えるような高額借入の場合には、より慎重に返済計...

» 続きを読む

永久保存版!安心して利用できる消費者金融一覧!大手から中小規模の貸金業者まで

消費者金融選びは嫁選びに例えられることもあります。つまりそれに失敗してしまうと、良質なカードローンライフを送れなくなり、返済もままならないという状況にもなりかねないのです。ここではそんな消費者金融選びに失敗しないため、絶対オススメできる優良消費者金融だけを集めてご紹介していきたいと思います。今すぐお...

» 続きを読む

大手消費者金融の営業時間まとめ!申込方法を理解して即日でお金を借りよう!

利便性とそのサービスに定評がある大手消費者金融ですが、その営業時間は24時間ではありません。夜中に借入したい、または週末にお金を即日で借りたい、そんな場合は申込方法を考えて審査に臨む必要があります。今回は人気のある大手消費者金融の営業時間をまとめていきたいと思うので、それぞれの緊急度に合わせた申込の...

» 続きを読む

消費者金融の借入を全額返済しよう!その手順からメリット・デメリット、注意点まで解...

消費者金融の借入額を、一括で返済しようとする方はそこまで多くはないと思います。しかしいざ全額返済可能な額になったら、なるべく早急に一括で返済することをおすすめしています。ここではそんな気になる全額返済の手順、メリット、デメリットからその注意点までをまとめていきたいと思うので、絶賛カードローン利用中の...

» 続きを読む

消費者金融の増額審査を受けて借入限度額をアップするには?

消費者金融を利用している人の中には、急な出費が重なってしまって今の限度額では足りないと悩んでいる人もいると思います。そのような場合には、限度額を増額してみてはどうでしょうか?ただし、限度額を増額するには増額審査を受けなければなりませんし、増額審査に通過するにはそれなりの条件を満たしていなければなりま...

» 続きを読む

農家でも消費者金融は利用可能?農家属性が審査に与える影響と、借入の可能性を徹底検...

どんな仕事をしていても、「少し生活費が足りない!」、「あとちょっとだけ資金が必要!」ということはよくあるはず。農家のように毎月の収入にバラつきが出る仕事をしている場合は、余計に消費者金融のカードローンのお世話になりたいもの。今回は農家にターゲットを絞り、その借入方法から審査難易度、消費者金融からの借...

» 続きを読む

消費者金融は学生でも審査に通る?カードローン・学生ローン利用時の注意点を解説

学生であっても普段の生活の中でお金が必要なシチェーションはたくさんあります。ただ、学生のアルバイトだけだと自由に使えるお金が限られており、預貯金も少ないでしょう。そんなときには消費者金融を利用すれば、お金を借りることが可能です。消費者金融はテレビCMなども行なっており知名度が高いため、名前を聞いたこ...

» 続きを読む

消費者金融でお金を借りるなら返済方法が重要!期日に返せないときの対処法も紹介

消費者金融からお金を借りるとき、審査にばかり目がいってしまいますが、借りた後のこともしっかりと考えておきましょう。消費者金融には様々な返済方法があるので、自分にとって都合の良い方法を選択することが大切です。また、返済方法や金利について正しく理解すれば、何も考えずに返済していくよりもずっと利息の負担を...

» 続きを読む

消費者金融で5万円を借りたい!借入条件や返済シミュレーションまで徹底解説!

「急に5万円の支払いが必要になった…」「給料日まであと数万円あれば乗り切れる」このような時に便利なのが消費者金融です。申し込みも簡単で、審査にも時間がかからないので、すぐにお金を借りることができます。しかし、いくら手軽に借入できるとはいえども、利息や返済額がどのくらいになるか知らずに申し込むのは危険...

» 続きを読む

消費者金融で60万円〜90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を...

消費者金融のカードローンは即日融資にも対応しており、「今日中にお金が必要!」、「明日までにお金を借りたい!」というニーズにもしっかりと応えてくれます。ただ、希望する借入金額が大きくなると審査基準は厳しくなるため、希望通りの借り入れができない場合もあります。とくに、10万円単位で考えた場合には、50万...

» 続きを読む