キャッシングの金利交渉

既存の借金の金利を下げられる?金利交渉ができる噂は本当?

金利交渉ができる噂は本当のようです。
金融業者は多重債務者になった人に対して債務整理をされ自己破産にでもなってしまえば借金を回収する事が出来なくなってしまうので、このような事態を避けるために金融業者の方から金利を下げる交渉を持ちかけられることもあります。

 

自分からも金利交渉を持ちかける事は出来ますが、すべての金融会社が交渉できるという訳ではありません。
それに金利交渉ができると大っぴらに言ってしまえば、誰も彼もが金利交渉を持ちかけてくるので金融業者はあまり金利交渉をしていると言えないのです。

 

金利交渉できるタイミングはいつ?なぜ金利を下げてくれるのか?

借り入れの契約をしたときに金利を下げてと言っても始めから下げてはくれません。ある程度の期間利用していなければ交渉は出来ないでしょう。

 

金利交渉のタイミングとしては返済が困難になった時、滞納してしてしまう前が交渉のタイミングです。
滞納してしまってからだと解決するまでに時間がかかってしまうので返済が困難な状態になってしまうようであれば出来るだけ早く相談しましょう。

 

そして金利交渉する場合は、返済が困難な理由、例えば返済が困難なほどの収入、支出が多い、債務状態に陥っているなどというような情報を金融会社に伝える事が重要になります。

 

なぜ金利を下げてくれるのか?
金融業者は貸したお金は回収したいものです。自己破産などをされてしまえば貸したお金は回収できなくなるのでそういうことは避けたいはずです。
少しでも返済できるような手段を持ちかけてくるでしょう。

 

実際金利交渉に成功した口コミもあり!返済が苦しいときは提案してみるのもアリ

成功例として28%の金利が5%になったり、金利を0にしてもらえたなどの例もあります。
金融業者は貸付金の回収不能になり会社に損失が出ては困るので貸倒の状態を避けるためにも金利交渉に応じてくれるでしょう。
金利交渉に応じることで、貸したお金が全部回収できないよりは金利を下げてでも返済をしてくれる事の方が会社として大きな損失をしなくて済みますからね。

 

返済が困難な情報を用意して苦しい状態であっても返済への意欲があることが理解されれば金利を下げてくれるでしょう。

 

場合によっては法的手続きで処理をしなければいけないこともあるので、返済に困ったと思い始めたら早めに金融会社に相談してみましょう。

 

相談してもどうにもならない場合は債務整理で借金整理

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン