返済したら終わりになるわけではないカードローンの契約、知ってましたか?

借り入れたカードローンの完済を成し遂げ、一安心。
その達成感を味わい、以降は借り入れることもなく、そのまま契約した際に使ったカードが家に眠っているという”元債務者”が多く存在しています。

 

実は完済した時点で借り入れ先の会社との契約が終わったというわけではなく、そのままにしているとほぼ自動的に契約更新されることになるのですが、知っていましたか?

 

これは消費者金融やクレジットカード会社との最初の契約の際、
借り入れ限度額、金利、返済方法をあらかじめ決め、その後継続的に借り入れ限度額の範囲内で返済と借り入れが行える「包括契約」となっているからです。

 

「年会費無料なんだし、使わないけどまあこのまま持っていてもいいか」と放置しているよりも、いっそのこと解約をしてしまった方が実は良かったというケースもあるので、そのことについて詳しく解説していきます。

 

なぜカードローンを解約するの?そのメリット、デメリットについて。

カードローンを解約することでのメリットはまずなんといっても、
余計な借り入れを防ぐことができる!」でしょう。

 

当たり前なのですが、カードを持ち続けていることによって、例としては
「給料日まで待てば買えたのに、給料が出たら一括返済すればいい、とキャッシングをして買ってしまい、一括返済もせずにまた数か月の返済で利息を無駄に払う結果に…。」
のような、もともと借り入れる予定もないのについ借りてしまい、再びキャッシングの借入額が膨れていく方は少なくありません。
無計画に借りてしまえる誘惑を断ち切るという意味で、解約は大きなメリットとなります。

 

ですが裏を返すと、本当に今月は困ってしまった、どうしても借り入れたいという場合に再度契約をし直さなければならない、書類を用意して審査を受けて、の手間がかかる上に必ずしもまた審査に通るかはわからない、というのはデメリットになり得ます。

 

上記のメリット、デメリットは考えれば誰にでもわかることなのですが、もうひとつ、解約をすることによって大きなメリットがあります。

 

カードローンやクレジットカードと契約すると、規約の中に定められている「個人信用情報機関」への自分自身の個人情報やローンの返済状況などの金融情報の提供に同意していることになっているのはご存知でしょうか?

 

借り入れを完済していても、消費者金融やクレジットカード会社との契約は信用情報に残ったままになります。
住宅ローンなどいわゆる大型ローンを組む際に、かならずこの「個人信用情報機関」の信用情報の項目がチェックされるのですが、当然ここで借り入れなどがあると審査は不利になるのは想像に難くありません。

 

 

貸す側からすると、借り入れが残っているということは「ほかの返済を優先するかもしれない」と思うのは誰でもわかりますよね。

 

しかしすべて完済していて契約のみが残っている場合でも、「いつでも他で借りることができる」という疑念を持たれてしまう要因となるのです。

 

住宅ローンのように額もかなり大きい契約となると、そんな細かい点でも審査に不利になるので、将来を考えた際、今後カードローンで借り入れをしないのであれば速やかに解約するのが良いでしょう。

 

住宅ローンについて知りたい方はこちら

 

過去の契約が信用情報に残ってしまうと審査に不利に…カードローンの解約方法教えます。

カードローンの解約は、信用情報機関に情報が反映されるまで、企業によって異なりますが通常1〜2か月ほどかかります。

 

注意しなければならないのは、1000円以下の借り入れ残高が残ってしまっている「無利息残高」が残っている状態での解約はできないということです。

 

無利息残高」は読んで字のごとく利息が発生せず請求もされず、支払い期限も設定されないのですが、厳密には完済扱いにはなっていません。

 

まずこの端数の残高をネットバンキングでの返済や店頭窓口銀行振込などで清算してから解約の手続きに臨みましょう。

 

解約の手続きは、コールセンターへの電話か、店頭窓口に直接出向くことになりますが、各社のホームページなどを参照しコールセンターに問い合わせるのがもっともスムーズに解約を完了させることができるのでオススメです。

 

 

自分の現状を把握し、契約内容を改めて確認した上で、解約すべきか決めましょう。

自分では完済をし終えた、と思っていても無利息残高が残っている場合がありますので、今一度、自分のカードローン契約の現状を見直してみる機会は必ず必要です。

 

カードローンとの契約は自動延長で更新されていく場合がほとんどなので、実際は何年も1000円以下の借入残高が残っていた、なんて気持ちの良い話ではありませんよね。

 

借り入れを行うことは計画的に返済ができるのであれば暮らしを豊かにしてくれますが、頻繁に行うのであれば少し自分の収入と支出が見合ってないのかもしれません。

 

改めてご自身の家計状況、人生設計を見つめなおし、将来の住宅ローン、自動車ローンなどのいわゆる大型ローンに備えて、使わないカードローンはできることならすぐ解約ができるように、現状をしっかりと把握しておきましょう。


自動車ローンについて詳しく知りたい方はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

知って得するカードローンの雑学記事一覧

ネット銀行のカードローンが流行る理由。メリット・デメリットから考察

申込者が急増しているネット銀行のカードローンとは何かかつてカードローンは、銀行や消費者金融が主流でした。ですが、インターネットの爆発的な普及により、銀行も電子化を余儀なくされ、2000年にジャパンネット銀行が設立されてからは、インターネット専業銀行が増え、取り扱う商品やサービスも多様化しています。そ...

» 続きを読む

「カードローン」と「フリーローン」の違いは? どっちで借りるのがお得か検証

「カードローン」と「フリーローン」は何が違うのか?借入前に知っておきたい基礎知識カードローンとフリーローンについて簡単に説明します。〇「カードローン」個人向け無担保融資のことで、担保が必要なくお金を借りることができ、個人の信用を重視したローンになります。原則として安定した収入があり、定職についている...

» 続きを読む

カードローンの返済は経費にできる?金利は?意外と知らない確定申告の裏ワザ

事業のために借りたお金が、全部経費になるわけではない!自営業や個人事業主として働く人が、事業資金を借金することはよくあることです。本来は、金利が安い銀行で事業資金として借り入れるのがベストなのですが、提出書類が多く、審査に時間もかかるため、短期間に資金調達が必要な時には不便です。そこで、金利の高いカ...

» 続きを読む

レディースローンと普通のカードローンってなにが違うの?

女性のためだけのレディースローン。なにが優遇されるの?レディースローンは名前の通り女性が利用しやすくなっている女性専用のカードローンのことです。最近では女性でも社会で働く人が多くなったことでカードローンなどの利用が増えてきています。そして女性でも正社員、派遣社員、パートなど、収入があればローンを組め...

» 続きを読む

銀行と消費者金融以外のカードローンやキャッシングって何があるの?

銀行よりも低金利!?労金のカードローンの魅力とはカードローンと聞くと、銀行や消費者金融を思い浮かべる人が多いと思いますが、取り扱っている金融機関は他にもあります。労金も、その一つです。労金とは「労働金庫」の略称で、労働組合や生協の組合員だけでなく、一般人でも利用可能です。全国には12の労金があり、そ...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンの借金を残したまま死んだらどうなるの?

相続するのは財産だけでない!借金の相続とは?相続人とは、例えば3人家族の夫が亡くなった場合、残された妻や子供が相続人になります。借金を抱えた人が亡くなった時、相続人は財産だけではなく借金もすべて引き継がれます。ですから亡くなった人が残した借金は相続人に対して返済義務が引き継がれ、借金を払わなければな...

» 続きを読む

キャッシングの際にマイナンバーの提示が必要になる?番号見られるのいやなんだけど

金融機関にもマイナンバーを知らせなければいけないの?2015年10月から、マイナンバー制度の番号通知が始まりました。マイナンバー制度とは、国民総背番号制度のことで、住民票を会得できるすべての人を対象に12桁の番号を配布します。当面は給与支払いが生じた企業に対してのみ、マイナンバーを提出しなければなら...

» 続きを読む

年金だけでは厳しい!65歳以上でも申し込みができるカードローンはあるの?

65歳以上でも申し込み可能なカードローンが増えているって本当?かつての日本のサラリーマンの定年は60歳に設定されていたので、キャッシングやカードローンの申込に際して、年齢制限を設けている金融業者がたくさんありました。いまでも年齢制限はあるのですが、年金支給の引き上げに伴って60歳を過ぎても働くシニア...

» 続きを読む

カードローンの延滞には気をつけよう

お金を借りる時によく耳にするのは、延滞により金融機関が所有するブラックリストに名前が載るというものです。実際はブラックリストではないのですが、延滞をすることにより使用する人間にペナルティが与えられることは事実です。特に現在は総量規制が施行されていますので、金融機関の間での借入金と返済状況の情報交換は...

» 続きを読む

カードローン利率の計算方法

カードローンを利用するときに一番気になるのは、利率ですよね。利率とは借りるお金に対する利息の割合を示す言葉なんですが、いくら簡単に借りることができても利率が高ければカードローンを使うことによって多額の損をする場合があります。特に金利には種類があり、日にちで金利がかかるものや月でかかるもの、年間でかか...

» 続きを読む

カードローン限度額の設定方法

カードローン限度額を決める時に必要なのは、借り入れを希望している人がどの程度社会的信用があるかどうかです。会社に勤務していても会社の世間的認知度などによっても変化しますし、正社員とパートアルバイトでは限度額に大きな差が出ると言っても過言ではありません。その上年齢や他に借入をしているかどうかも審査条件...

» 続きを読む

完済し終えたカードローン放置するとどうなる?使わないなら解約すべき理由と方法とは

借り入れたカードローンの完済を成し遂げ、一安心。その達成感を味わい、以降は借り入れることもなく、そのまま契約した際に使ったカードが家に眠っているという”元債務者”が多く存在しています。実は完済した時点で借り入れ先の会社との契約が終わったというわけではなく、そのままにしているとほぼ自動的に契約更新され...

» 続きを読む

同じ金利なのに!カードローンの返済方式によって利息が変わる?

カードローンの返済方式には色々種類があるということは知っていても、カードローンを利用する時に返済方式まで意識することはあまりないのではないでしょうか?しかし、同じ金利でも返済方式が異なれば支払う利息金額も変わってきます。カードローンを選ぶときには、返済方式にも目を向けてみてください。ご利用は計画的に...

» 続きを読む

カードローンの借入限度額を増額する方法と知っておくべき注意点を解説!

カードローンは契約時に指定された借入限度額までなら何度でも借入ができます。もし、借入限度額まで借入を行っているものの、まだ追加で融資が必要であるなら、限度額の上限を引き上げる「増額」が可能な場合があります。商品によっては増額の設定がなかったり、契約した借入限度額がその商品の最大の借入限度額であれば増...

» 続きを読む

カードローンはどんな人が使っている?利用者の数や利用目的、ユーザー層を徹底解説!

カードローンとは、文字通りカードを用いてATMなどで利用するローンのことです。お金を借りるということが一昔前に比べて一般的になってきたのは、便利に利用できるカードローンの普及が大きく影響しています。とは言っても、カードローンを利用しているなんて話はあまり大きな声で言えないし、人にも聞けないものです。...

» 続きを読む

デメリットを理解してカードローンを正しく使いこなそう!

「最短即日融資」「ネット完結手続きOK!」「30日間無利息」・・・・・・カードローンを検討していると、商品に対してこのような宣伝文句が使われているのをよく見かけます。こういった言葉からは、カードローンが使いやすそうで便利な存在であるような親近感を感じ取ることができます。実際に、カードローンは長年にわ...

» 続きを読む

カードローンの選び方で重視すべきポイントとは?金利、審査、バレにくさなど

もし皆さんが以下のようなカードローンの選び方をしているのなら、ぜひこの記事を最後まで読んで、もう一度カードローンの選び方について考えなおしてみてください。たまたまCMを見たから好きなタレントがイメージキャラクターだからカードローンの名前が気に入ったこれらの選び方はようするに「なんとなく」という、適当...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンでよく聞くリボルビング払いってなんだろう?

クレジットカードの返済で良くも悪くも話題になる、「リボ払い」。実は消費者金融の返済方法もリボ払いだというのは知っていましたか?「返済額がよくわからなくってしまった、あと一体いくら残っているんだろう?」そんな状況に陥らないために、リボ払いとは一体何かについて一から解説していきます。現在リボ払いに苦しん...

» 続きを読む