消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

 

消費者金融のメリットの1つは即日融資も可能という借り入れまでのスピードですが、まとまった金額を借りたいという場合でもしっかりと対応可能です。
ただし、「数万円だけ借りたい」というときと比べて、審査基準は確実に高くなるので注意が必要です。

 

また、100万円を超えるような高額借入の場合には、より慎重に返済計画を立てた方が良いでしょう。

 

この記事では、消費者金融で100万円以上の高額借入をしたいという方に向けて、100万円以上の審査に通過するための条件と毎月の返済金額について説明していきます。

 

 

即日融資可能のカードローンについてくわしくはこちら

 

当サイトおすすめの消費者金融トップ3はこちら

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

アコム

消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

アイフル

  • 金利:3.0%〜18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

 

消費者金融なら100万円の借り入れも可能!大手カードローンの限度額

 

基本的に、カードローンは個人向けの無担保ローン商品なので少額での利用に向いています。
ただ、各消費者金融のカードローンはかなり高額な借り入れにも対応しているのです。

 

知名度の高い5つの消費者金融カードローンの限度額は次のようになっています。

 

大手カードローンの限度額

 

消費者金融 限度額
アイフル 最大800万円
アコム 最大800万円
プロミス 最大500万円
SMBCモビット 最大800万円
レイクALSA 最大500万円

 

大手だとプロミス、レイクALSAだけは限度額が最大500万円ですが、他3つのカードローンは最大800万円までとなっています。
上記の5つなら、どこを選んでも100万円以上を借りられる可能性があるのです。

 

一方、もう少し規模が小さい消費者金融の場合には限度額が低く、100万円を借りられないケースもあります。
例えば、アルク、フタバ、スカイオフィスなどはいずれも限度額が最大50万円です。

 

サービスの利便性も大手の方が良いので、100万円以上借りたいときは中小消費者金融ではなく、大手を検討しましょう。

 

当日中に100万円を借りたい方はこちらが参考になります

 

消費者金融で100万円を借りる方法|審査通過の条件とは何?

 

消費者金融で100万円以上を借りたい場合、限度額10万円〜20万円くらいの少額で申し込みをするときよりも審査基準は厳しくなります。
具体的な審査基準を各金融機関は非公開としていますが、利用限度額が高ければ、その分、審査基準が厳しくなるのは当然でしょう。

 

また、消費者金融は貸金業法における総量規制の対象になるため、年収の3分の1超を借りることはできません
つまり、消費者金融で100万円を借りたい場合、最低でも年収300万円以上が必要になるのです。

 

 

総量規制による貸し付けの制限金額

 

年収 貸し付けの制限金額
450万円 150万円
300万円 100万円
150万円 50万円

 

総量規制の対象となるのは貸金業者であり、具体的には消費者金融、クレジットカード会社(キャッシング)です。
すでに他の貸金業者からの借り入れがある場合には、その金額も含めて年収の3分の1以下になるように制限がかけられます。

 

例えば、年収300万円の方が、消費者金融A社で限度額30万円のカードローンを契約しているとします。
その状態で、消費者金融B社に申し込みをしようとすると、他社借入30万円があるため、新規で借り入れが可能なのは最大で70万円までになるのです。

 

加えて、総量規制によって決まる貸し付けの制限金額は法律上の上限なので、それ以下の金額であれば審査に通過できるというわけではないので注意してください。

 

もっと知りたい!総量規制についてはこちら

 

消費者金融が年収を確認する方法

 

消費者金融は利用者が提出する収入証明書類をもとに年収を確認します。
貸金業法では、1社から50万円超を借りる場合、他社借入を含めて100万円超を借りる場合のどちらかに該当するときは必ず収入証明書類によって年収の確認をすることが義務付けられています。

 

消費者金融から100万円以上を借りたいときは、次のような収入証明書類を準備してください。

 

【収入証明書類】
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • など

 

※ 給与明細書に地方税額の記載がある場合には直近1ヶ月分、ない場合には直近2ヶ月分が必要です。また、ボーナスの支給があった方は賞与明細書の提出も必要になります。

 

会社勤めの方は最新年度の源泉徴収票を準備すると良いでしょう。
給与明細書とは違い1年分の収入が1枚で分かります。

 

給与明細、源泉徴収票などがない自営業者の方は確定申告書で大丈夫です。
ただし、税務署の受付印がないものは無効なので注意してください。

 

収入証明書不要のカードローンはこちらで紹介しています♪

 

消費者金融が他社借入総額を確認する方法

 

総量規制は他の貸業者社からの借り入れも対象になりますが、消費者金融はどうやって利用者の他社借入総額を把握するのでしょうか?
カードローンの申し込みをする際には、他社借入の状況も申告しますが、正確な金額は信用情報機関のデータでチェックされます。

 

 

消費者金融、クレジットカード会社などは信用情報機関に加盟しており、利用者の契約状況、利用状況はすべて登録されることになるのです。

 

消費者金融に申し込みをすると、その会社は信用情報機関に申込者のデータ照会を行います。
すると、その人が契約しているカードローンなどの限度額を把握することができ、総額いくらの契約をしているかを知ることができるのです。

 

 

また消費者金融は借入金額ではなく、契約金額で判断することが多いので注意してください。
たとえ、借りている金額は少額でも、契約限度額が高額であれば借りられる金額は小さくなるのです。

 

消費者金融1社ですぐに100万円が借りられないときの対処法

 

もし消費者金融の審査に落ちてしまった、年収が足りずに100万円を借りることができないという場合には次の3つの対策を検討しましょう。

 

カードローンの限度額を100万円まで増額する

新規で100万円の融資を受けられなかった場合には、はじめは少額で契約をして徐々に限度額を増額していくという方法があります。
希望借入金額を下げることで、まずは契約することを優先して、そのカードローンを増額申請して限度額100万円を目指していくのです。

 

契約直後や、いきなり100万円までの増額申請は難しいですが、利用期間が長くなると実績ができるため増額申請がしやすくなります。
また、カードローン会社から増額を打診する連絡が来ることもあるので、タイミングを見計らって限度額を増やしていきましょう。

 

増額方法についてプロミスを例に解説しています!

 

消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

 

複数社で100万円を借りる

1社で100万円を借りることができないときは、2社〜3社に分けて合計100万円を借りるという方法もあります。
1社から100万円以上の高額融資は難しい場合でも、分割することで借りられる可能性があるのです。

 

ただ、借入件数が多い状態でのカードローン審査は不利になると言われているため、できれば2社までに抑えられると良いでしょう。

 

ただし、複数社で借りると1社ずつの利息が高めになる可能性が高いというデメリットがあります。
カードローンは限度額が高いと、金利は下がる傾向にあるため、反対に、少額借入だと上限金利が適用される可能性が高いのです。

 

複数社からの借り入れは一つにまとめることができます!くわしくはこちら

 

銀行カードローンを利用する

年収が300万円に満たない場合には、総量規制の対象となる金融機関からだと100万円を借りることはできません。
ただ、銀行カードローンには貸金業法ではなく、銀行法という別の法律が適用されるため、年収の3分の1超でも借り入れができます。

 

しかし近年、銀行は自主規制によって貸金業法に近い基準で融資をするようになってきており、法律上は可能であっても、実際に総量規制を超える金額を借りるのは簡単ではないので注意が必要です。

 

年収などの問題で消費者金融から100万円の借り入れができないときは、銀行カードローンを検討しても良いでしょう。

 

銀行カードローンなら低金利で借りられます!

 

消費者金融で100万円を借りるときの金利は何パーセント?

 

100万円を超える高額借入では適用される金利がとても重要です。
少額借入は短期間で完済しやすいということもあって金利による支払総額への影響は小さいのですが、長期返済になりやすい高額借入はできるだけ低金利で借りた方が良いでしょう。

 

まず、貸金業法(利息制限法)では消費者金融の貸付金利に対する上限が決められています。
そのため、どの貸金業者からの借り入れでも以下の金利を超えることはありません。

 

利息制限法における金利上限

 

元金 金利上限
10万円未満 年20.0%まで
10万円以上100万円未満 年18.0%まで
100万円以上 年15.0%まで

 

消費者金融で限度額100万円の契約をすると、金利は年15.0%以下になるのです。
法律に違反した金利で貸し付けをした場合には、超過分の利息は無効であり、金融機関への処分も下されます。

 

また、大手の消費者金融の中だと、アコムでは限度額に応じた適用金利が公開されているため、もう少し細かく金利が分かります。

 

アコムの限度額ごとの適用金利

 

限度額 適用金利
1万円〜99万円 年7.7%〜年18.0%
100万円〜300万円 年7.7%〜年15.0%
301万円〜500万円 年4.7%〜年7.7%
501万円〜800万円 年3.0%〜年4.7%

 

限度額が100万円以上であれば、たとえ100万円全額を借りていない状態でも年15.0%を超える金利が適用されることはありません。
加えて、アコムでは限度額が100万円だと年7.7%〜年15.0%の間で金利が決定されることになるのです。

 

消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

 

【100万円〜150万円まで】毎月の返済金額はいくらになる?

 

カードローンの毎月の返済金額は金融機関によって違い、最低返済金額(ミニマムペイメント)以上であれば好きな金額の支払いができるのが一般的です。
今回は、大手消費者金融の最低返済金額を目安にして毎月の返済金額を表にまとめました。

 

100万円〜150万円を借りた場合の毎月の返済金額

 

借入金額

アイフル
(サイクル制/約定日制)

アコム プロミス SMBCモビット レイクALSA
100万円 30,000円/26,000円 30,000円 26,000円 26,000円 27,000円
110万円 31,000円/27,000円 33,000円 28,000円 30,000円 32,000円
120万円 32,000円/28,000円 36,000円 31,000円 30,000円 32,000円/td>
130万円 33,000円/29,000円 39,000円 33,000円 34,000円 37,000円
140万円 34,000円/30,000円 42,000円 36,000円 34,000円 37,000円
150万円 35,000円/31,000円 45,000円 38,000円 38,000円 42,000円

 

返済金額はカードローン会社によっても違いますが、アイフルのように返済日を固定にするか、35日サイクルにするかによって変わる場合もあります。
上記の金額は最低返済金額なので、可能ならできるだけ多めに返済をしていくようにしましょう。
返済期間が長くなると利息が発生する日数も増えるため、最終的な支払総額も多くなってしまうのです。

 

余裕がある月には、増額返済、随時返済をすると早めに完済をすることができます。

 

アイフルの返済額についてくわしくはこちら

 

アイフル

 

100万円を借りたときの最終的な返済総額は?

まずは毎月の支払いができるということが重要ですが、最終的にどのくらいの返済金額になるのかも把握しておきましょう。

 

限度額が100万円であれば適用金利は15.0%以下になります。
適用金利を15.0%、12.0%、7.7%、返済期間を2年間、3年間、4年間と仮定して返済総額をまとめました。
返済総額は消費者金融の返済シミュレーションによって算出したものなので、参考値として見てください。

 

100万円を借りたときの返済総額

 

返済期間 金利年7.7% 金利年12.0% 金利15.0%
2年間 1,082,163円 1,127,252円 1,163,668円
3年間 1,123,113円 1,190,399円 1,247,934円
4年間 1,165,046円 1,255,607円 1,335,856円

 

100万円を借りて、4年間で完済しようと思うと、利息だけで約30万円以上も支払うことになるので注意が必要です。
もし100万円の使い道がはっきりとしている場合には、目的別ローンやフリーローンと呼ばれる商品を検討しても良いでしょう。

 

目的別ローンの方が金利が低い可能性もある

目的別ローンとは、メディカルローンや教育ローンなどのように資金使途に決まりがあるタイプのローンです。
また、申し込み時に必要な金額が分かる見積書や支払い書などを提出します。
そして、目的別ローンでは最初にその金額が融資され、その後は返済のみをしていくことになるのです。

 

お金の使い道がはっきりとしていて、追加借入ができないため、貸し倒れのリスクが低く、金融機関としては低金利での貸し付けができます。
たとえば、アイフルの目的別ローンでは、利用目的に応じて以下のような金利が設定されています。

 

目的別ローンの金利設定(アイフル)

 

利用目的 金利(実質年率) 限度額
ブライダル 年13.0%〜年17.0% 100万円まで
お悔み 年9.8%〜年12.0% 100万円まで
デンタル 年13.0%〜年17.0% 50万円まで
メディカル 年9.8%〜年12.0% 100万円まで
出産 年9.8%〜年12.0% 50万円まで
教育 年9.8%〜年12.0% 100万円まで
自動者 年13.0%〜年17.0% 50万円まで
トラベル 年13.0%〜年17.0% 50万円まで

 

他にも、目的別ローンは追加でお金を借りることができないので返済計画が立てやすいというメリットもあります。
借入目的が1つという場合には目的別ローンの利用も検討してください。

 

アイフルのローンの種類についてくわしくはこちら

 

消費者金融で100万円を借りるには300万円以上の年収が必須!返済計画を立て無理なく利用しよう

 

消費者金融は総量規制の対象なので、年収300万円以上でないと100万円を借りることはできません。
また、年収が300万円以上であっても初回契約で高額融資を受けることは難しい場合もあります。

 

カードローンの審査では、年収などに加えて、信用情報の評価も重要になるため、金融機関との取引実績が少ない場合には信用が足りず、大きな金額を借りるのは難しいのです。

 

どうしても100万円をすぐに借りたい方は年収の条件をクリアしているのなら申し込みをしてみましょう。
もし、100万円をすぐに借りられなくても、限度額を増額したり、2社以上から借りたりするという方法もあります。

 

ただ、100万円というまとまった金額を借りるときはより慎重に返済計画を立ててください。
毎月の返済金額を無理なく支払えるのか、最終的にどのくらいの返済総額になるのかを把握してから申し込みをしましょう。

 

 

当サイトおすすめの消費者金融トップ3はこちら

プロミス

  • 金利:4.5%〜17.8%

CMでもおなじみ消費者金融の最大手!サービスの良さで他を圧倒しています。
消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

アコム

消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

アイフル

  • 金利:3.0%〜18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説します!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

消費者金融関連コンテンツ

少額なのに低金利借り入れの裏ワザ

毎月の家計をやりくりするのに銀行カードローンを利用している人は多いです。給料が入ったらそのまま全額返済、そしてまた足りなくなった分だけ借り入れ…。銀行なら消費者金融より低金利ですし、何より便利ですよね。銀行カードローンは確かに低金利ですが、今やそれを上回る低金利の消費者金融も登場しています。2016...

» 続きを読む

アメリカの消費者金融って年利390%ってホント?規制が求められるペイデイローンと...

アメリカの消費者金融「ペイデイローン」って何?アメリカにも「ペイデイローン」という消費者金融がありますが、その性質は日本とはまったく異なります。日本の消費者金融や銀行系カードローンは、安定収入があれば、ある程度まとまった額を、一度に借り入れることができます。ですがアメリカのペイデイローンは、クレジッ...

» 続きを読む

消費者金融の金利の設定って各社で違うの?金利の相場や知っておきたい知識について解...

利便性とそのサービスに定評がある大手消費者金融ですが、その営業時間は24時間ではありません。夜中に借入したい、または週末にお金を即日で借りたい、そんな場合は申込方法を考えて審査に臨む必要があります。今回は人気のある大手消費者金融の営業時間をまとめていきたいと思うので、それぞれの緊急度に合わせた申込の...

» 続きを読む

なぜ最近の消費者金融は○○銀行のグループが多いの?

消費者金融と銀行がタッグ!どのようなメリットがあってグルーブになっているの?2010年の貸金業法の改正により消費者金融は高金利の貸付を禁止され、過払い請求の支払いなどによって消費者金融の経営が悪化し、中小企業の消費者金融などは倒産が相次ぎました。銀行も融資の利用者が減り、利益が大幅に減少していたため...

» 続きを読む

消費者金融とヤミ金は別モノですよ!

誤解が選択肢を狭くする!消費者金融はあくまで合法な金融機関消費者金融と聞くと「怖い」や「ヤクザが取立てに来る」というイメージがある人もいるでしょう。サラ金という言葉もありますが、昔に使われていた言葉でサラ金は消費者金融の事なのです。消費者金融=闇金と思っている人も多く、消費者金融と闇金は全く別物とい...

» 続きを読む

キャッシングで借りたお金の金利交渉ができるって本当?

既存の借金の金利を下げられる?金利交渉ができる噂は本当?金利交渉ができる噂は本当のようです。金融業者は多重債務者になった人に対して債務整理をされ自己破産にでもなってしまえば借金を回収する事が出来なくなってしまうので、このような事態を避けるために金融業者の方から金利を下げる交渉を持ちかけられることもあ...

» 続きを読む

消費者金融の取り立ては怖い?取り立て今昔物語

夜討・朝駆けや会社押しかけは当たり前!実際にあった怖い取り立て取り立てと聞くとイメージするのがTVドラマのような怖い人たちが家や会社に来て取り立てたり、拉致や監禁など恐怖を与えるような取り立てを思い浮かべませんか。実際にそういう取り立てもあったそうで、家族や友人までにも取り立てに来て、精神的にも追い...

» 続きを読む

無利息期間を設定しているキャッシング会社の本音

お金を借りるキャッシングを利用するときに、利息を支払うのが当然でした。しかし最近では総量規制が導入され、多くの人が銀行カードローンを利用するようになり、消費者金融を利用する人が激減しました。そのため消費者金融では利用者を増加させたいという目論見がありまして、一定期間無利息金利を設定しています。無利息...

» 続きを読む

2019年ゴールデンウィークは10連休&改元の境目!各金融機関の営業日程と改元対...

すっかり春めいてまいりました今日この頃。いよいよ平成最後であり令和最初のゴールデンウィークが迫ってきましたね。2019年のゴールデンウィークは過去最長の10連休となっています。しかも5月1日からは改元もあり、例年とは違ったざわつきを感じます。そんな10連休ですが、各金融機関の営業は当然ながらお休みで...

» 続きを読む

消費者金融から200万円を借りられる?総量規制と審査の高い壁を解説

申し込んだら即日で融資をしてもらえる消費者金融は便利な存在です。しかし消費者金融から200万円もの金額を借りるのは、以下の2つの壁をクリアしなければいけません。かなり厳しいハードルを乗り越えなければいけないのです。総量規制の壁審査の壁この記事では消費者金融から200万円を借りるために必要な条件や方法...

» 続きを読む

消費者金融のアプリを使いこなそう!スマホアプリならではのメリットを解説

アコムやアイフルなどの大手消費者金融で利用できる「アプリ」についての解説記事です。消費者金融アプリを使いこなせば、利用手続きが楽になったり、返済が順調に進んだりといった多くのメリットが得られます。どの消費者金融でアプリを利用できるのかアプリはスマホのみ使用可能?タブレットやパソコンからは使えない?消...

» 続きを読む

消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説し...

消費者金融のメリットの1つは即日融資も可能という借り入れまでのスピードですが、まとまった金額を借りたいという場合でもしっかりと対応可能です。ただし、「数万円だけ借りたい」というときと比べて、審査基準は確実に高くなるので注意が必要です。また、100万円を超えるような高額借入の場合には、より慎重に返済計...

» 続きを読む

永久保存版!安心して利用できる消費者金融一覧!大手から中小規模の貸金業者まで

消費者金融選びは嫁選びに例えられることもあります。つまりそれに失敗してしまうと、良質なカードローンライフを送れなくなり、返済もままならないという状況にもなりかねないのです。ここではそんな消費者金融選びに失敗しないため、絶対オススメできる優良消費者金融だけを集めてご紹介していきたいと思います。今すぐお...

» 続きを読む

大手消費者金融の営業時間まとめ!申込方法を理解して即日でお金を借りよう!

利便性とそのサービスに定評がある大手消費者金融ですが、その営業時間は24時間ではありません。夜中に借入したい、または週末にお金を即日で借りたい、そんな場合は申込方法を考えて審査に臨む必要があります。今回は人気のある大手消費者金融の営業時間をまとめていきたいと思うので、それぞれの緊急度に合わせた申込の...

» 続きを読む

消費者金融の借入を全額返済しよう!その手順からメリット・デメリット、注意点まで解...

消費者金融の借入額を、一括で返済しようとする方はそこまで多くはないと思います。しかしいざ全額返済可能な額になったら、なるべく早急に一括で返済することをおすすめしています。ここではそんな気になる全額返済の手順、メリット、デメリットからその注意点までをまとめていきたいと思うので、絶賛カードローン利用中の...

» 続きを読む

消費者金融の増額審査を受けて借入限度額をアップするには?

消費者金融を利用している人の中には、急な出費が重なってしまって今の限度額では足りないと悩んでいる人もいると思います。そのような場合には、限度額を増額してみてはどうでしょうか?ただし、限度額を増額するには増額審査を受けなければなりませんし、増額審査に通過するにはそれなりの条件を満たしていなければなりま...

» 続きを読む

農家でも消費者金融は利用可能?農家属性が審査に与える影響と、借入の可能性を徹底検...

どんな仕事をしていても、「少し生活費が足りない!」、「あとちょっとだけ資金が必要!」ということはよくあるはず。農家のように毎月の収入にバラつきが出る仕事をしている場合は、余計に消費者金融のカードローンのお世話になりたいもの。今回は農家にターゲットを絞り、その借入方法から審査難易度、消費者金融からの借...

» 続きを読む

消費者金融は学生でも審査に通る?カードローン・学生ローン利用時の注意点を解説

学生であっても普段の生活の中でお金が必要なシチェーションはたくさんあります。ただ、学生のアルバイトだけだと自由に使えるお金が限られており、預貯金も少ないでしょう。そんなときには消費者金融を利用すれば、お金を借りることが可能です。消費者金融はテレビCMなども行なっており知名度が高いため、名前を聞いたこ...

» 続きを読む