なぜ最近の消費者金融は○○銀行のグループが多いの?

消費者金融と銀行がタッグ!どのようなメリットがあってグルーブになっているの?

2010年の貸金業法の改正により消費者金融は高金利の貸付を禁止され、過払い請求の支払いなどによって消費者金融の経営が悪化し、中小企業の消費者金融などは倒産が相次ぎました。

 

銀行も融資の利用者が減り、利益が大幅に減少していたため、互いに生き残ってくために提携を組み始めたのです。

 

消費者金融と銀行がタッグを組む一番のメリットは、儲かるからです。
消費者金融側からすれば銀行のもつ「信用性」、「ブランド力」、「資金力」を求め、銀行側からは同じ融資額でも銀行より高い金利で回収できる消費者金融のノウハウを求めていたのではないでしょうか。

 

銀行と提携することで、銀行が融資を行い、審査は銀行傘下の消費者金融が行うことで、個人をターゲットにした消費者金融のノウハウを生かして消費者金融が保証業務をするという体制を作ることで利用者を増やそうとする思惑なのでしょう。

 

借りる側にメリットはある?銀行カードローンが借りやすくなった理由

銀行のカードローンは経営基盤がしっかりしていて、銀行と消費者金融の中間的位置にあります。

 

銀行のカードローンから借りるのメリットとして、
・総量規制の対象外になり、年収の3分に1以上の借入が可能。
なぜなら銀行は貸金業法が適用されず、銀行法が適用されるからです。

 

・金利が消費者金融と比べて安い。
・利用限度額が高いので、借入希望金額が大きい人にはオススメ!
・安心感がある。

 

などのメリットがあり、消費者が利用しやすくなったのです。
高額を借りたい人や専業主婦、そして安心感を求める人には向いているでしょう。
しかし銀行なので消費者金融の審査より厳しいため審査に自信がない人や即日融資を求める人には向いていないのではないでしょうか。

 

今まで銀行は企業などを中心に行ってきた貸付を、個人にも対象に広げたことで少しでも顧客を作ろうとしているのです。
貸金業法の改正により消費者金融から借入できない方にも対応することで利用者も増加しました。
そして消費者金融と手を組むことで今ではどこにでもあるATMを利用することができるため、消費者が身近に利用できるようになったことも利用者が増えた理由でしょう。

 

銀行カードローン一覧はこちら

 

銀行と消費者金融がグループになったことで借りるほうにも借りやすい環境に!

消費者金融で借りるのは怖い金利が高いなどのイメージがありますね。

 

そんな中、銀行のカードローンなら安心感があり、かつ消費者金融と変わらない審査スピードで借りられるようになったことで、銀行と消費者金融の良い所を生かして営業しているので消費者にも借りやすい環境になったのでしょう。

 

逆に消費者金融も銀行の傘下に入ったことで消費者金融特有の審査の柔軟さはそのままに、信用が増し利用者を増やしています。

 

借りられる金融機関へ、自分の必要な金額を申し込める事ができるようになったことで利用者は自分にとって本当に得なローンを組む事ができるようになったのです。

 

消費者金融キャッシング一覧はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン