年金だけでは厳しい!65歳以上でも申し込みができるカードローンはあるの?

65歳以上でも申し込み可能なカードローンが増えているって本当?

 

かつての日本のサラリーマンの定年は60歳に設定されていたので、キャッシングやカードローンの申込に際して、年齢制限を設けている金融業者がたくさんありました。

 

いまでも年齢制限はあるのですが、年金支給の引き上げに伴って60歳を過ぎても働くシニア世代が増えたこともあり、カードローンの審査対象年齢は65歳から70歳までになっている金融業者が多くあります。

 

65歳以上でも70歳未満であれば、カードローンの審査を通る可能性があるのです。

 

 

収入が年金だけでもカードローンの借入は可能?

 

とはいえ金融業者の立場になってみれば、65歳以上の申込者がその後何年間、健康に働き続けることができるのかを疑問視するのは、当然なことといえます。

 

ですが、少額であってもカードローンの審査に通るためには、年金以外の一定収入があることが原則です。

 

収入源が年金しかない場合は、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングの審査は通りません。

 

カードローンの申し込みを考えているということは、おそらく処分可能な資産もないかと思いますので、借金をするよりも行政の生活福祉資金貸付制度や年金担保貸付制度を活用したり、生活保護の受給を検討することをおすすめします。

 

 

65歳以上でカードローンを借りるための条件とは

 

年金受給を受けている65歳以上のシニア世代であっても、パートやアルバイトからの安定収入があれば、カードローンの審査に通る可能性は十分にあります。その場合、70歳未満までは利用できるところがほとんどです。

 

借り入れをする場合には、銀行や大手の消費者金融などを選ぶと、トラブルに巻き込まれるリスクを下げられます。金利は金融業者によって異なります。

 

店頭まで行かなくても、WEB上で問い合わせや申し込みができるので、まずはリサーチをしてみてください。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン