カードローンの返済は経費にできる?金利は?意外と知らない確定申告の裏ワザ

事業のために借りたお金が、全部経費になるわけではない!

 

自営業や個人事業主として働く人が、事業資金を借金することはよくあることです。
本来は、金利が安い銀行で事業資金として借り入れるのがベストなのですが、提出書類が多く、審査に時間もかかるため、短期間に資金調達が必要な時には不便です。
そこで、金利の高いカードローンを利用する人が少なくないのです。
カードローンを申し込む際に、資金使途を事業費決済にしておけば、利息を必要経費にすることができます。
ですが、生活決済にしておくと、契約違反になる可能性があるので注意が必要です。
とはいえ、借り入れたお金がすべて、経費になるわけではありません。
借りたお金で仕事に必要な物品を購入すれば、それは経費にできます。
このように、経費にできる範囲を理解しておくことも大切です。

 

カードローンの利息を経費にすることはできる!

 

カードローンの借入金を経費で落とすことはできませんが、お金を借りたことで発生する利息については、経費として認められます。
帳簿をつける際には、カードローンの元金を返済する金額は「勘定項目:借入金」「摘要:借入金返済」に記載することになります。
ですが、返済する利息については、「勘定項目:利子割引料」「摘要:借入金の利息」として記帳できるのです。
この仕訳をきちんと理解すれば、カードローンの利息は経費計上できます。

 

カードローンの返済を経費計上するための方法を知り実践しよう!

 

カードローンでも利息を経費計上できることを知っていると、仮に月の返済が2万円あって、利息が6000円程度だった場合、毎月6000円、年額で72000円を経費として「勘定項目:利子割引料」「摘要:借入金の利息」に記帳できることになります。
これを知っておくことと、支払う税金を少なくすることにつながるのです。
審査が早く、無担保・無保証で借りられるカードローンを上手に使って、事業を円滑に進めるのもよいのではないでしょうか。

 

節税対策にも人気のカードローン特集

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン