ネット銀行のカードローンが流行る理由。メリット・デメリットから考察

申込者が急増しているネット銀行のカードローンとは何か

 

かつてカードローンは、銀行や消費者金融が主流でした。
ですが、インターネットの爆発的な普及により、銀行も電子化を余儀なくされ、2000年にジャパンネット銀行が設立されてからは、インターネット専業銀行が増え、取り扱う商品やサービスも多様化しています。
その一端を担うのが、ネット銀行のカードローンです。
ネット銀行のカードローンも、キャッシングのための融資であることに変わりはありません。
ですが、店頭まで足を運ぶことなく、すべての手続きをインターネット上で行うことができ、即日融資が可能なところが多いです。さらに、コンビニや通常の銀行と提携することで、カードを使って現金をATMから引き出すことも可能です。
また、ネット銀行は店舗を持たない分、経費を抑えた運営ができます。その分、カードローンの金利を低く抑えられるのです。
さらにネット銀行といえど銀行なので、融資限度額が大きいことも魅力です。

 

一般の銀行とネット銀行では、どんな違いがあるのか

 

一般の銀行の場合、店舗で申し込みが可能ですし、カードローン専用の契約機が設置されていることも多いので、遅い時間までカードローンの申し込みができ、20時まで即日融資を受け付けているところもあります。
ですが、店舗がある銀行は運営経費がかさみますので、ネット銀行と比べると金利は高めです。
一方のネット銀行は低金利でカードローンを提供できる反面、手続きがインターネットと郵送に限定されるので、申し込みのタイミングによっては、即日融資が難しいことがあります。
用途や緊急性を考えて、借りる先を検討する必要があるでしょう。

 

ネット銀行のカードローンを利用するメリットとデメリットとは?

 

一番のメリットは何かと聞かれれば、やはりカードローンの金利が低いことです。
そして、ネット銀行への振り込みやキャッシングを行う際には手数料が不要なこと、いつでも借り入れや返済ができることもメリットといえます。
申し込みを自宅で完結でき、家族に知られずに申し込みができることも、人気の理由なようです。
ネット銀行でカーロドーンを申し込むデメリットとしては、必ず口座の開設をしなければならないことです。
口座を開設してあるネット銀行ならスムーズに手続きを終えられますが、そうでない場合は口座開設に時間がかかり、融資の実行までに1週間以上かかるケースもあります。
こうしたメリット・デメリットも検討した上で、ネット銀行のカードローンを利用してください。

 

人気のネット銀行カードローン一覧

 

従来の店舗型の銀行カードローンも負けていない!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン