「カードローン」と「フリーローン」の違いは? どっちで借りるのがお得か検証

「カードローン」と「フリーローン」は何が違うのか?借入前に知っておきたい基礎知識

カードローンとフリーローンについて簡単に説明します。

 

〇「カードローン」
個人向け無担保融資のことで、担保が必要なくお金を借りることができ、個人の信用を重視したローンになります。
原則として安定した収入があり、定職についている方なら申込ができます。

 

※メリット
・枠内であればいつでも何度でも引き出せる。

 

※デメリット
・借金をしているという感覚が薄れてくる。
・自由に何度でも引き出せるためいつまでたっても完済できず、総支払いばかり増える。

 

・金利が他と比べて高い。
などです。

 

〇「フリーローン」
目的を問わないローンのことで、事業性資金や投機性資金以外であれば目的は問われません。
基本的には無担保で利用できますが、担保があればより大きな金額を借りることができます。
審査では、年収、信用情報、返済能力の有無を審査されます。

 

※メリット
・金利が他に比べて低く、10%未満というところが多い。
・資金使途に制限がない。

 

※デメリット
・カードローンのように枠内であればいつでも引き出せるというわけではなく、一度借入すると後は返済のみになってしまう。
・再び借入する際は再度申込をして審査を受け、契約しなければいけない。
・カードローンのように即日融資ができないため、融資までに一週間以上時間がかかり契約に時間がかかるので、カードローンのような便利さはない。
などになっています。

 

一度借りれば追加で借りることができないのでデメリットに書きましたが、早く完済したいという人にとってはメリットになるでしょう。

 

「カードローン」と「フリーローン」の使い分けについて。お得に借りられるのはどっち?

どちらが得というのははっきり言えませんが、「カードローン」にも「フリーローン」にも双方にメリットがあります。

 

借りすぎを防ぎたいなら「フリーローン」、必要なときに何度も利用したいなら「カードローン」ということがいえます。

 

借り入れの目的がはっきりしていて、そのためのまとまったお金が必要ということあれば、金利も低いフリーローンのほうが返済が楽になるでしょう。
しかし今すぐにお金が借りたい、いつ必要になるかわからないときのためにお金を引き出せるところをもっておきたい、という人であれば、カードローンを作っておくほうがいいでしょう。

 

利用する人の状況に応じてどちらを利用するかで、利用したほうが得になるでしょう。

 

借りやすさや返済方法で違いのあるカードローンとフリーローンを上手に使い分けよう!

生活をしている上で、何度もお金が必要になるような人ならフリーローンよりもカードローンを利用するほうが使い勝手がよく便利でしょう。
しかし借りすぎてしまうという危険があるので注意しましょう。

 

教育費や旅行など何度もお金が必要にならない、まとまったお金が必要という人、借金を早く完済したい人にはフリーローンの方がいいでしょう。

 

自分の利用方法に合った方を利用するようにしましょう。

 

必要に応じた使い方もまとまった金額もカードローンがお得

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン