キャッシングやカードローンでよく聞くリボルビング払いってなんだろう?


クレジットカードの返済で良くも悪くも話題になる、「リボ払い」。

 

実は消費者金融の返済方法もリボ払いだというのは知っていましたか?

 

「返済額がよくわからなくってしまった、あと一体いくら残っているんだろう?」

 

そんな状況に陥らないために、リボ払いとは一体何かについて一から解説していきます。

 

現在リボ払いに苦しんでいる方はこちらをご参考に

 

リボ払いってどんな返済方式?

リボ払いとは、毎月同じ金額を支払う返済方法です。

 

毎月の支払い金額をあらかじめ設定して、借入残高にかかわらずその金額を返済していきます。

 

例えば、毎月の返済額を1万円に設定したら、借入金額が10万円でも20万円でも返済額は毎月1万円、いくらお金を借りても毎月の支払いが一定で済むのがリボ払いの大きな特徴です。

 

リボ払いは分割払いとどんな点が異なる?

リボ払いとよく似た返済方法に「分割払い」があります。

 

クレジットカードやショッピングなどで分割払いを利用することもあると思いますが、リボ払いと分割払いはどのように異なるのでしょうか?

 

リボ払いは、先ほど説明したように借入金額にかかわらず毎月の返済額は一定です。

 

ただし、借り入れ金額が大きくなってもあらかじめ設定した金額だけを返済するので、追加で借り入れをすれば借入残高は増えても毎月の返済額は変わらず、返済期間が長くなるという特徴があります。

 

一方、分割払いはまず返済回数を決めます。はじめに返済回数を決めるので、いつ完済できるかははっきりわかっています。

 

借入金額を回数で割った金額が毎月の返済額になるので、借入金額が大きければ毎月の返済負担は大きくなります。

 

また、追加で借り入れをした場合は、各借り入れを並行して返済していくことになるので返済の負担が大きくなります。

 

リボ払いにはどんな種類がある?メリットやデメリットは?

リボ払いにはいろいろな種類があります。

 

ぱっと見ただけでは、どんな返済方式なのかさっぱりわからないという人も多いのではないでしょうか?そこで、まずはリボ払いの種類を整理してみましょう。

 

リボ払いをざっくり分類すると…

リボ払いは「定額方式」と「定率方式」、また「元金方式」と「元利方式」との組み合わせによって大きく4種類に分類されます。

 

【元利方式と元金方式の違い】

  • 元利方式…毎月の固定の返済額の中にすでに利息が含まれている返済方法
  • 元金方式…毎月の固定の返済額に、借入残高に応じた利息が上乗せされる返済方式

【定額方式と定率方式の違い】

  • 定額方式…毎月の返済額があらかじめ固定されている返済方式
  • 定率方式…借入残高に一定の割合を掛けた金額を支払う返済方式

 

消費者金融のカードローンで採用されている返済方式は、「元利定額方式」と「元金定額方式」の2種類が圧倒的に多いです。

残高スライド方式は2種類ある!

リボ払いの種類をさっくり4つに分類しましたが、カードローンの返済方式の多くがさらに「残高スライド方式」か「借入時残高スライド方式」のどちらかを採用しています。

 

  • 残高スライド方式…借入残高が減少していくにつれて毎月の返済金額が小さくなっていく返済方式
  • 借入時残高スライド方式…最後に借り入れをした時点での借入残高に応じて返済金額が決定する返済方法

残高スライド方式は、返済が進むにつれて毎月の返済額が減るので、負担は小さくなる代わりに返済期間が延びやすいという特徴があります。

 

借入時残高スライド方式は、最後に借り入れをした時の借入残高によって返済額が決まるので、追加で借り入れをしなければ返済金額が変更されることはありません。

 

つまり、返済が進んでいっても基本的に返済額が小さくなることがないので、返済期間は比較的短く済むという特徴があります。

 

ただし、追加で借り入れをすると、その時点での借入残高に合わせて返済額が再設定されて、返済額が大幅に増えたり減ったりすることがありますので注意が必要です。

 

このように、リボ払いと言っても多くの返済方式に分類されますが、

 

  • リボ払いの性質
  • 「元利方式」と「元金方式」の違い
  • 「定額方式」と「定率方式」の違い
  • 「残高スライド方式」と「借入時残高スライド方式」の違い

をざっくり理解できれば、それほど複雑なものではないでしょう。

 

 

銀行カードローンに多い「残高スライドリボ払い」

残高スライドリボ払いは、銀行カードローンによく見られる返済方式です。

 

借入残高が減少するにつれて、自動的に返済額も減少していくという特徴があります。

 

残高スライドリボ払いのメリット

残高スライドリボ払いには、

 

  • 返済が進んでいくほど返済の負担も軽くなる
  • 毎月の返済額が低い傾向にある

というメリットがあります。

 

残高スライド方式を採用しているカードローンと、借入残高が10万円、20万円、30万円の場合の毎月の返済額を見てみましょう。

 

比較すると、残高スライドリボ払いを採用しているカードローンの方が毎月の返済額が低いのがよくわかります。

残高スライドリボ払いのデメリット

毎月の返済額が低ければ確かに返済は楽ですが…。

 

  • 返済額が徐々に少なくなっていくので返済期間が長期化しやすい
  • 返済が長期化すると利息負担が増えるので総返済額が予想外に大きくなる可能性がある

というデメリットもあります。

残高スライドリボ払いの注意点

残高スライドリボ払いは、返済が進むにつれて自然に返済額が減少する返済方法です。毎月の返済額が少なくなればなるほど返済期間は長期化しますし、総返済額も大きくなってしまいます。

 

返済の長期化を防ぐには、積極的に繰り上げ返済などを行うことが重要です。

 

銀行カードローンについて詳しくはこちら

 

リボルビング払いの仕組みをよく知っておかないと、高額な金利を支払うことになるので注意

リボ払いは、無理なく決まった額だけ返済をしていけるというのがメリットといえますが、計画的に利用しないと取り返しがつかない状況になる危険性があります。

 

カードで買い物をしてリボルビング払いの返済中に新たな買い物を重ねていったとしても、返済金額は一定ですから借金をしているという感覚が鈍くなりがちなのです。

 

気付けばいつまでたっても返済が終わらないという事態に陥ることが多いので、簡単な支払い方法だからといって飛びつかない方がいいでしょう。

 

多重債務に陥り債務整理をする人が増えたのは、安易に返済をリボルビング払いにしてしまうことが元凶とも言われています。

 

リボ払いを利用するなら、計画的に買い物をして利用残高、返済完了までの期間を常にチェックしておきましょう。

 

現在リボ払いに苦しんでいる方はこちらをご参考に

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン