借金の遺産相続

相続するのは財産だけでない!借金の相続とは?

 

相続人とは、例えば3人家族の夫が亡くなった場合、残された妻や子供が相続人になります。
借金を抱えた人が亡くなった時、相続人は財産だけではなく借金もすべて引き継がれます。ですから亡くなった人が残した借金は相続人に対して返済義務が引き継がれ、借金を払わなければなりません。
これを自分には関係ないと、支払わずにいると利子がどんどんたまり、借金の額も増えていってしまい、裁判などを起こされてしまうと財産である家や車などを差し押さえられたりすることもあります。

 

借金は必ず相続しないといけないの?相続放棄をするには?

 

亡くなった人が残した借金の額が多ければ返済するというのは大変ですよね。
借金の返済が出来るほどの財産があればそれを返済に当てることが出来ますが、借金の額が多ければそうはいきません。

 

そんな時は相続放棄という選択肢も考えなければなりません。

 

法律上、相続が開始してから、または自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申し立てをして、認められれば相続放棄が出来ます。

 

相続放棄に必要な書類等として、

  • 申述書
  • 相続人の戸籍謄本
  • 亡くなった人の戸籍謄本
  • 被相続人(亡くなった人)の徐住民票
  • 収入印紙
  • 申述人の認印

などです。

 

しかし注意することは、借金が放棄出来たとして財産は残ると思ってはいけません。
相続を放棄するということは、不動産や預金などのすべての財産も相続を放棄するということなのです。

 

そして相続放棄をする場合、相続人となる人すべてが相続放棄の手続きをしなければいけません。
亡くなった人の妻や子供だけが相続放棄をしても、亡くなった人に親や兄弟がいれば次はその人に相続権が移るからです。
相続放棄する時は家族にきちんと話をしてからするようにしましょう。

 

残された借金は相続の対象。相続したくない場合は放棄する方法もあることを知っておこう!

 

多額の借金が残ってしまった家族。亡くなった事に悲しむ間もなく借金の事で悩んでいる人もいるでしょう。

 

そんな時は相続放棄という手で借金の返済から逃れることが出来ますが、気を付けておく事は

  • 3ヶ月以内に申し立てをすること。
  • 相続放棄をすると相続権が他の身内に移るということ。
  • プラスの財産も放棄しなければいけないこと。
  • 相続放棄の撤回が出来ないこと。(ただし、脅迫などによって相続放棄をした場合、詐欺によって相続放棄をした場合は例外で取り消しにすることができます。)
  • 相続財産に手をつけてしまった(売ってしまったなど)場合、相続を承認したとされ、相続放棄が出来ないこと。

などを知っておきましょう。

 

相続放棄をする時はトラブルにならないように家族ときちんと話をしてからすることが大事です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン