借金の遺産相続

相続するのは財産だけでない!借金の相続とは?

 

相続人とは、例えば3人家族の夫が亡くなった場合、残された妻や子供が相続人になります。
借金を抱えた人が亡くなった時、相続人は財産だけではなく借金もすべて引き継がれます。ですから亡くなった人が残した借金は相続人に対して返済義務が引き継がれ、借金を払わなければなりません。
これを自分には関係ないと、支払わずにいると利子がどんどんたまり、借金の額も増えていってしまい、裁判などを起こされてしまうと財産である家や車などを差し押さえられたりすることもあります。

 

借金は必ず相続しないといけないの?相続放棄をするには?

 

亡くなった人が残した借金の額が多ければ返済するというのは大変ですよね。
借金の返済が出来るほどの財産があればそれを返済に当てることが出来ますが、借金の額が多ければそうはいきません。

 

そんな時は相続放棄という選択肢も考えなければなりません。

 

法律上、相続が開始してから、または自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申し立てをして、認められれば相続放棄が出来ます。

 

相続放棄に必要な書類等として、

  • 申述書
  • 相続人の戸籍謄本
  • 亡くなった人の戸籍謄本
  • 被相続人(亡くなった人)の徐住民票
  • 収入印紙
  • 申述人の認印

などです。

 

しかし注意することは、借金が放棄出来たとして財産は残ると思ってはいけません。
相続を放棄するということは、不動産や預金などのすべての財産も相続を放棄するということなのです。

 

そして相続放棄をする場合、相続人となる人すべてが相続放棄の手続きをしなければいけません。
亡くなった人の妻や子供だけが相続放棄をしても、亡くなった人に親や兄弟がいれば次はその人に相続権が移るからです。
相続放棄する時は家族にきちんと話をしてからするようにしましょう。

 

残された借金は相続の対象。相続したくない場合は放棄する方法もあることを知っておこう!

 

多額の借金が残ってしまった家族。亡くなった事に悲しむ間もなく借金の事で悩んでいる人もいるでしょう。

 

そんな時は相続放棄という手で借金の返済から逃れることが出来ますが、気を付けておく事は

  • 3ヶ月以内に申し立てをすること。
  • 相続放棄をすると相続権が他の身内に移るということ。
  • プラスの財産も放棄しなければいけないこと。
  • 相続放棄の撤回が出来ないこと。(ただし、脅迫などによって相続放棄をした場合、詐欺によって相続放棄をした場合は例外で取り消しにすることができます。)
  • 相続財産に手をつけてしまった(売ってしまったなど)場合、相続を承認したとされ、相続放棄が出来ないこと。

などを知っておきましょう。

 

相続放棄をする時はトラブルにならないように家族ときちんと話をしてからすることが大事です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

知って得するカードローンの雑学記事一覧

ネット銀行のカードローンが流行る理由。メリット・デメリットから考察

申込者が急増しているネット銀行のカードローンとは何かかつてカードローンは、銀行や消費者金融が主流でした。ですが、インターネットの爆発的な普及により、銀行も電子化を余儀なくされ、2000年にジャパンネット銀行が設立されてからは、インターネット専業銀行が増え、取り扱う商品やサービスも多様化しています。そ...

» 続きを読む

「カードローン」と「フリーローン」の違いは? どっちで借りるのがお得か検証

「カードローン」と「フリーローン」は何が違うのか?借入前に知っておきたい基礎知識カードローンとフリーローンについて簡単に説明します。〇「カードローン」個人向け無担保融資のことで、担保が必要なくお金を借りることができ、個人の信用を重視したローンになります。原則として安定した収入があり、定職についている...

» 続きを読む

カードローンの返済は経費にできる?金利は?意外と知らない確定申告の裏ワザ

事業のために借りたお金が、全部経費になるわけではない!自営業や個人事業主として働く人が、事業資金を借金することはよくあることです。本来は、金利が安い銀行で事業資金として借り入れるのがベストなのですが、提出書類が多く、審査に時間もかかるため、短期間に資金調達が必要な時には不便です。そこで、金利の高いカ...

» 続きを読む

銀行と消費者金融以外のカードローンやキャッシングって何があるの?

銀行よりも低金利!?労金のカードローンの魅力とはカードローンと聞くと、銀行や消費者金融を思い浮かべる人が多いと思いますが、取り扱っている金融機関は他にもあります。労金も、その一つです。労金とは「労働金庫」の略称で、労働組合や生協の組合員だけでなく、一般人でも利用可能です。全国には12の労金があり、そ...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンの借金を残したまま死んだらどうなるの?

相続するのは財産だけでない!借金の相続とは?相続人とは、例えば3人家族の夫が亡くなった場合、残された妻や子供が相続人になります。借金を抱えた人が亡くなった時、相続人は財産だけではなく借金もすべて引き継がれます。ですから亡くなった人が残した借金は相続人に対して返済義務が引き継がれ、借金を払わなければな...

» 続きを読む

キャッシングの際にマイナンバーの提示が必要になる?番号見られるのいやなんだけど

金融機関にもマイナンバーを知らせなければいけないの?2015年10月から、マイナンバー制度の番号通知が始まりました。マイナンバー制度とは、国民総背番号制度のことで、住民票を会得できるすべての人を対象に12桁の番号を配布します。当面は給与支払いが生じた企業に対してのみ、マイナンバーを提出しなければなら...

» 続きを読む

年金だけでは厳しい!65歳以上でも申し込みができるカードローンはあるの?

65歳以上でも申し込み可能なカードローンが増えているって本当?かつての日本のサラリーマンの定年は60歳に設定されていたので、キャッシングやカードローンの申込に際して、年齢制限を設けている金融業者がたくさんありました。いまでも年齢制限はあるのですが、年金支給の引き上げに伴って60歳を過ぎても働くシニア...

» 続きを読む

完済し終えたカードローン放置するとどうなる?使わないなら解約すべき理由と方法とは

借り入れたカードローンの完済を成し遂げ、一安心。その達成感を味わい、以降は借り入れることもなく、そのまま契約した際に使ったカードが家に眠っているという”元債務者”が多く存在しています。実は完済した時点で借り入れ先の会社との契約が終わったというわけではなく、そのままにしているとほぼ自動的に契約更新され...

» 続きを読む

同じ金利なのに!カードローンの返済方式によって利息が変わる?

カードローンの返済方式には色々種類があるということは知っていても、カードローンを利用する時に返済方式まで意識することはあまりないのではないでしょうか?しかし、同じ金利でも返済方式が異なれば支払う利息金額も変わってきます。カードローンを選ぶときには、返済方式にも目を向けてみてください。ご利用は計画的に...

» 続きを読む

カードローンはどんな人が使っている?利用者の数や利用目的、ユーザー層を徹底解説!

カードローンとは、文字通りカードを用いてATMなどで利用するローンのことです。お金を借りるということが一昔前に比べて一般的になってきたのは、便利に利用できるカードローンの普及が大きく影響しています。とは言っても、カードローンを利用しているなんて話はあまり大きな声で言えないし、人にも聞けないものです。...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンでよく聞くリボルビング払いってなんだろう?

クレジットカードの返済で良くも悪くも話題になる、「リボ払い」。実は消費者金融の返済方法もリボ払いだというのは知っていましたか?「返済額がよくわからなくってしまった、あと一体いくら残っているんだろう?」そんな状況に陥らないために、リボ払いとは一体何かについて一から解説していきます。現在リボ払いに苦しん...

» 続きを読む