銀行と消費者金融以外のカードローンやキャッシングって何があるの?

銀行よりも低金利!?労金のカードローンの魅力とは

 

カードローンと聞くと、銀行や消費者金融を思い浮かべる人が多いと思いますが、取り扱っている金融機関は他にもあります。労金も、その一つです。
労金とは「労働金庫」の略称で、労働組合や生協の組合員だけでなく、一般人でも利用可能です。全国には12の労金があり、その営業エリアに居住していれば、カードローンの申し込みができます。
労金のカードローンの借入限度額は300万円で、カードローンの利用限度額に関わらず金利は一定です。
ですが、対象者によって適用される金利は変わり、労金に出資している労働組合の構成員であれば7.075%、生協の組合員やその家族であれば7.475%、一般の利用者は8.475%で利用できます。
銀行や消費者金融のカードローンと比較しても、労金の方が金利は安いです。
労金のカードローンは、条件を満たしていて、年収150万以上であれば、正社員に限らず、契約社員や派遣社員、パート、アルバイトでも審査が通る可能性があります。

 

都道府県によって利用条件が異なるJAのカードローン。審査がゆるめって本当?

 

カードローンの借り入れができる金融機関の一つに、JAバンクがあります。
JAバンクは所在地によって融資の条件が異なるため、詳細は居住エリアで確認する必要があります。
利用限度額は10万円〜500万円となっており、借り入れの際には口座開設が必要です。
JAのカードローンの魅力は、審査が他の金融機関よりゆるめということです。
カードローンを申し込むJAの居住区内に住んでいて、満20~70歳で安定収入があり、保証期間の保証が受けられれば、借り入れが可能です。
希望限度額が100万円未満なら年収の確認書類も不要ですし、インターネットでも申し込みができるので、審査に自信がない人は試してみる価値はあります。

 

カードローンを借りるときは自分に合ったものをリサーチしよう!

 

貸金業法の改正で総量規制が設けられてから、銀行をはじめとする金融機関で、個人を対象にしたカードローンを扱うことが増えました。
どうしても、インターネット広告などが多い銀行系のカードローンに目が留まりがちですが、内容的にはそん色がない労金やJAも選択肢の一つです。
金利の低さや審査のゆるさなど、自分にメリットの大きい金融機関を探して、カードローンを申し込むことをおすすめします。
いろいろなカードローンの比較サイトで情報を収集し、自分でリサーチすることから始めてみましょう。

 

毛色が違うといえば、銀行と名前がついていますがゆうちょ銀行のカードローンも一般の銀行とは違う特徴があったりしますね

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン