アメリカが円高にしたがる理由とは? 今さら聞けない為替の基本

円高と円安では何が違うの?まず基本を理解しよう

 

 

まず、「円安」と「円高」が何を指すのかから、おさらいしましょう。
円安とは、ドルやユーロといった外国の通貨に対し、円の価値が低い状態のことをいいます。具体的には、1ドルが100円から110円に変わった時に、「円安ドル高」と表現します。これまでは1ドルを100円で変えていたのに、それからは110円出さないと買えないということです。
一方の円高は、ドルやユーロといった外国の通貨に対し、円の価値が高い状態のことです。それまで1ドルを買うのに100円必要だったのに、90円で良くなったということで、「円高ドル安」と表現します。

 

 

アメリカが円安を望む理由とは?

 

 

ではなぜ、アメリカは円安を望むのでしょうか。
「円安ドル高になると、日本の輸出が有利になり、輸入では不利になります」というのが、教科書的な解答でしょう。
ですが、貨幣価値は相対的なものであり、円安になる原因はいくつかあります。
いま世界中の投資家は、より金利の高く、安定的に資産運用できる国に資金を投入しています。そして円は、世界各国の通貨の中でも、安全性が高いと認識されています。
2015年5月に急激に円安ドル高に転じたのは、アメリカの中央銀行であるFRBが金利の引き上げを示唆したこと、日本の金融緩和により円の価値が下がったことによります。
円安が始まることで、円安はさらに加速します。そして、2016年1月には、日本もゼロ金利の導入に踏み切りました。
さらに円安が続けば、アメリカのドルが強くなることが予想されます。
輸出入のメリット、デメリットだけでなく、通貨価値の向上という側面が、アメリカが円安ドル高を容認する理由と考えるのは、あながち的外れではないはずです。

 

 

今後の日本の為替政策とアメリカの介入に注目しよう!

 

 

2016年4月、麻生財務大臣はG20蔵相会議で「円高是正のために為替介入が必要」と各国に訴えましたが、日銀が発表している実質執行レートをみると22年ぶりの超円安であることがわかります。
アベノミクスの経済政策により、円安によるGDPのマイナスが続いているのです。
ここで麻生財務大臣の言葉のまま為替介入しても、日本のGDPが増えるとは思えません。
イギリスのEU脱退など、世界の金融市場が大きく揺れ動く中、日本政府がどのような手を打とうとするのか、それにアメリカがどう介入するのか、今後の動きが気になるところです。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン