日本の税収は40兆円、でも国家予算は100兆円。その差を埋めるものとは?

税収と予算の差は約60兆!その差は国債で補っている!

ある年の国家予算を見てみると、日本の一般会計の歳出(国家予算の支出)は103兆円、一方収入に当たる税収は43兆円しかないため、103兆円の支出の大部分の残りの60兆円は国債という借金で補っています。

 

国の収入は基本税金であり、税金だけでは賄えず不足分は国債を利用するしかないのです。

 

そして国債の期限が来れば利子をつけて返済をしなければいけなく、その資金を作るために分かっている国債(借金)以上の国債を発行し、その新しい国債で国債を返すというやり方を行っています。
日本は予算をまかなうために国債で自転車操業をしている状態になっているのです。

 

ギリシャより実は危険かも!国債=国の借金って知ってた?

国債とは債券と呼ばれる有価証券の中でも国家が発行するもので、日本の場合は「日本政府」が発行しており、「国の借金証書」なのです。
国債は国の借金の申し出を承諾して国民がお金を貸しますよということなのです。

 

ギリシャではデフォルト危機が問題になっています。
ギリシャは2008年のリーマンショック以降、財政不安が一気に深刻化したためデフォルト危機に陥ってしまい、国が破綻すればギリシャの国債なども無意味になってしまいます。
これはギリシャの通貨でもあるユーロが原因で、ユーロが自国通貨ではなかったことがここまで大きな問題になってしまったのです。
しかし日本は自国通貨なのでこのような心配はないと考えられていますが、やはり日本も国のさまざまな事業にはとにかくお金がかかるため借金をせざるを得ない状況にあるので安心はできない状態にあります。

 

国債は国民が購入しなくても銀行などが購入をしていて、その購入している銀行を利用していればそのお金が資金運用に使われているので結果日本の借金は国民全員の銀行口座を担保にして賄われているのです。

 

国債はそのまま国民の借金として積み重なっていることを知っておこう!

国が頼りにしている国債は誰が貸しているのか?

 

それは国民です。

 

なので国債=国の借金=国民の借金ということになるのです。
もし国は破綻すればその借金はほぼ国民にかかってくることになります。2015年3月の時点で1053兆円もの大金が国の借金となり、国民1人あたりで計算すると830万円もの借金をかかえていることになるのです。

 

830万円といったら、アコムの最大限度額800万円よりも大きいんですから、びっくりしてしまいますよね。

 

日本は海外に向けても国債を発行していますが、購入者がほとんど無い状態なので海外から借金をしていないので日本の借金を解決できると考えられていますが、日本の借金があまりにも多くギリシャよりも危険な状態にあると言えるでしょう。

 

日本という国を支えているのは政府でもなく、銀行でもなく、国民1人1人が支えているということです。

 

 トップページに戻る