カードローン在籍確認の言い訳を準備しておこう!在籍確認の仕組みも解説

カードローンに申し込むと、必ず勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます

 

自分で電話に出ることができればいいのですが、同僚や上司が電話に出てしまうと「今の電話は何の用件?」と聞かれてしまい、答えに困ってしまうかもしれません。

 

そこで事前にカードローンの在籍確認電話への言い訳を準備しておくことをお勧めします。

 

  • なぜカードローンの在籍確認電話の言い訳を準備しておく必要があるのか
  • どのような言い訳があるのか
  • 在籍確認電話が無いカードローンもある

 

この記事では以上のような事を解説していきます。
カードローンに申し込む前に、在籍確認への言い訳の重要性を確認しておきましょう!

 

カードローンの審査について詳しく知りたい方はこちら

 

 

カードローン在籍確認の電話が職場にかかってきた時の言い訳が必要な理由

在籍確認は勤務先に電話をかけて行う仕組み

そもそもなぜ在籍確認の電話が勤務先にかかってくるのでしょうか?

 

在籍確認の仕組みを確認しておきましょう。

 

在籍確認の目的は、カードローン申込み時に利用者が申告した勤務先が正しいかどうかをチェックするためです。

 

カードローン事業者側にとって、勤務先が正しいかどうかは審査において重要な情報です。

 

  • 無職なのに勤務先があるかのように偽る
  • 審査に通りやすくするために大手企業に勤務しているように偽る

 

このような一部の申し込み者の嘘を見抜くためにも在籍確認が必要なのです。

 

在籍確認は原則としてカードローン業者が勤務先に電話をかけて行います。

 

勤務先で申し込み者が実際に電話に出る必要はなく、職場の同僚が電話に出ても構いません。

 

もし本人がカードローン業者からの在籍確認の電話に出ることができれば、在籍確認はその時点で終了します。

 

なぜなら勤務先に申し込み者が確実に在籍していることが証明されたからです。

 

実際に在籍確認の電話例を見てみましょう。

 

 

 

申し込み者:A
在籍確認の電話をかけるカードローン担当者:サトウ

 

本人が電話に出た場合

カードローン業者「私サトウと申しますが、Aさんはいらっしゃいますでしょうか?」

申し込み者A「はい、私がAです」

 

本人が在籍確認の電話に出られれば在籍確認は終わります。
後で解説するような「在籍確認の言い訳」も必要ありません。

 

在籍確認についてもう少し詳しい情報を知りたい方はこちら!

 

 

職場の同僚が在籍確認電話に出てしまった場合

職場の同僚が電話に出た場合は少々複雑になります。

 

カードローン業者「私サトウと申しますが、Aさんはいらっしゃいますでしょうか?」

同僚「ただいま電話を代わります」
本人に電話を取り次いでもらえれば在籍確認は終了します。

同僚「ただいま席を外しております」
席を外しているということは、一時的にその場にいないだけで勤務先に在籍していることは確定するので在籍確認は終了します。

同僚「そのようなものはおりません」
→勤務先に在籍していないとみなされて在籍確認は失敗します。

同僚「すでに退職しております」
→現在は在籍していないとみなされて在籍確認は失敗します。

 

在籍確認の電話では用件を一切話さないために「怪しまれる」

在籍確認の電話の際にはカードローン業者名は一切出さず、在籍確認担当者の個人名でかかってきます
もし社名や用件を電話に対応した同僚が尋ねても、カードローン業者が絶対に答えることはありません。

 

この毅然とした対応にはメリットとデメリットが同時に発生します。

 

まずメリットとしては職場にカードローン申し込みがバレにくいという点です。
カードローン = 借金」はきわめてプライベートなものであり、勤務先には知られたくないでしょう。

 

カードローン業者が在籍確認で社名や用件を電話で話さないおかげで、カードローンへ申し込んだ事を勤務先に知られることはありません。

 

デメリットは「何の用件だったのか同僚に怪しまれる」ということです。

 

職場の個人宛に仕事の電話がかかってくるのが当たり前の勤務先・職種もあるでしょうが、逆に滅多なことでは電話がかかってこない立場の人もいるでしょう。

 

ましてやアルバイト・パートのような立場の人に、仕事の電話がかかってくるはずがありません。

 

不自然な電話だと怪しまれるでしょう。

 

これが言い訳を用意すべき理由につながります。

 

在籍確認の電話への言い訳が必要

個人宛にかかってきた電話がいったいどんな用件だったのか、同僚や上司が詮索してきたときの言い訳を用意しておかないとどうなるでしょうか?

 

ローンの仕組みに詳しい人であれば「カードローンの在籍確認ではないか?」とバレてしまう可能性があります。
また以下のような色々な誤解を抱かれる可能性があります。

 

  • 私用を勤務先の電話で話しているのではないか
  • 仕事関係で怪しい取引でもしているのではないか
  • 何らかのトラブルに巻き込まれているのではないか

 

このような理由で「さっきの電話は何だったの?」という同僚や上司からの質問に、流暢に言い訳をしないと後で面倒なことになってしまう可能性があるのです。

 

在籍確認なしってホントにあるの?気になる方はコチラ♪

 

カードローン在籍確認への言い訳実例3つを紹介

保険の営業電話

生命保険の営業電話がかかってきた」という言い訳は非常に安全でお勧めできます。

 

携帯電話普及前と比べて勤務先に保険の勧誘電話はかかってくることは少なくなりましたが、まだまだ根強く残っているのも事実です。

 

個人名で電話をかけてくることが多いカードローンの在籍確認電話と共通しており、言い訳がしやすいです。

 

不動産の営業電話

投資用のマンションを購入しませんか?」という不動産営業電話がかかってきたという言い訳です。

 

この手の営業電話は実際に近年増えており、どこからか入手した電話データベースを用いて手当たり次第に電話をかけてきます。

 

この言い訳のポイントとしては、電話がかかって来たことを迷惑に感じているように演じる点でしょう。

 

投資用マンションの営業電話は非常にしつこいです。

 

勤務先だけでなく、携帯電話や自宅の固定電話にも度々かかってくるので、誰もが迷惑に感じているでしょう。

 

そこで「また投資用のマンションの営業電話ですよ…本当にかんべんして欲しいです」と迷惑そうな顔で同僚に話せば、言い訳としては完璧です。

 

誰もが共感してくれるでしょうし、それ以上は根掘り葉掘り聞かれることも無いはずです。

 

クレジットカードに申し込んだ

クレジットカードに申し込んだので、その本人確認の電話だった」という言い訳です。
世間体があまり良くないカードローンとは違って、クレジットカードなら勤務先の人の心象も悪くならないでしょう。

 

ただしこの言い訳は勤務先にクレジットカードに詳しい人がいると、少々厄介なことになりかねません。

 

「どのクレジットカードに申し込んだのか?」「なぜそのクレジットカードにしたのか?」といったことを詮索されたり、後日審査に通ったかどうか聞かれたりするかもしれません。

 

実際に申し込んでもいないクレジットカードのことを色々と聞かれてしまうと、答えに困ってしまうでしょう。

 

「審査に通ったならカードを見せてくれ」とまで聞いてくるような、いわば無神経な人も中にはいます。

 

世の中にはクレジットカードマニアな人がいて、他人が持っているカードに異常に興味を示すことがあるのは覚えておきましょう。

 

生命保険、投資用のマンションの営業電話だったという言い訳の方が安全です。

 

在籍確認についてもう少し詳しい情報を知りたい方はこちら!

 

カードローン在籍確認の言い訳としてNGなもの

クレジットカードの在籍確認電話への言い訳としてNGなものも紹介しておきましょう。

 

家族、知人からの私用電話

携帯電話が普及した現在は、私用電話が勤務先にかかってくることはまずありません。

 

「家族や知人からの電話だった」という言い訳は不自然に思われるでしょう。

 

家族からの電話だったという言い訳をしてしまうと「わざわざ勤務先にかけてくるほど緊急の連絡だったのか?何か家族にあったのか?」と心配されてしまうこともあるかもしれません。

 

事情を詮索されては面倒なことになります。

 

「よくわからない電話でした」

「なんだかよくわからない電話でした」という曖昧な言い訳は避けたほうが無難です。
何かやましい電話だったのではないかと勘ぐられる可能性があります。

 

 

電話での在籍確認がないカードローンもある!言い訳が面倒な人はお勧め

在籍確認電話への言い訳は、ようするに嘘をつくわけですからちょっとした「演技力」が必要です。
真面目な人ほど演技をすることができずに、しどろもどろな言い訳になってしまい勤務先に怪しまれるでしょう。

 

そこでお勧めなのは「電話での在籍確認が無いカードローン」です。
在籍確認を保険証や収入証明書などの書類で代用するために、勤務先に電話はかかってこないカードローンも一部存在します。

 

SMBCモビット「WEB完結申し込み」

消費者金融大手のSMBCモビットの「WEB完結申し込み」は、電話での在籍確認が無い最も有名なカードローンでしょう。
通常の申込み方法では電話による在籍確認が行われますが、「WEB完結申し込み」であれば書類で代用されます。

 

勤務先へ電話がかかってくるのを絶対に避けたい人はお勧めのカードローンです。

 

SMBCモビットの申込み・審査・返済までの流れはコチラ♪

 

SMBCモビットの「WEB完結申し込み」の特徴

  • 電話での在籍確認が無い
  • 代わりに書類提出で在籍確認を行う
  • 自宅への郵送物は無し
  • 本人への電話連絡も原則無し
  • カードレスなので振り込みかセブン銀行ATMでのキャッシングのみ

 

申し込みには銀行口座などの制限がある
WEB完結申し込みは以下の3つの条件をすべて満たさなければいけません。

 

  1. 銀行口座を登録
  2. 以下のいずれかの銀行口座が必要です。

    三菱UFJ銀行(旧三菱東京UFJ銀行)、三井住友銀行、ゆうちょ銀行

     

  3. 勤務先を確認する書類の提出
  4. 電話の代わりに以下の書類で在籍確認を代用します。

    A)健康保険証:全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、組合保険証のいずれか1点
    B)給与明細書:直近の1ヶ月分
    ※AとBの両方が必要

     

  5. 収入証明書の提出
  6. 給与明細書、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書のいずれかが必要になります。

 

SMBCモビットのWEB完結申し込みについて詳しくはコチラ♪

 

 

カードローン利用を怪しまれないように在籍確認電話は完璧に言い訳しよう!

カードローンの在籍確認電話への言い訳の必要性や、お勧めの言い訳について解説してきました。

 

社会人であれば個々のプライベートをあまり詮索するべきではありませんが、勤務先によっては在籍確認電話をきっかけに根掘り葉掘り聞かれることもあるでしょう。

 

それがきっかけでカードローン申し込みがバレてしまったり、何かやましいことがあるのではと怪しまれたりすることがあるかもしれません。

 

この記事で紹介した言い訳を事前に練習しておき、勤務先の同僚や上司に対してとっさに演技できるように準備してからカードローンに申し込んでください。

 

演技力に自信が無い人や嘘をつくのが苦手な人は、在籍確認の電話自体が無い「SMBCモビットのWEB完結申し込み」を選ぶのも一つの手です!

 

 

あわせて読みたい関連記事はコチラ♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

カードローン在籍確認の言い訳を準備しておこう!在籍確認の仕組みも解説

カードローンに申し込むと、必ず勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。自分で電話に出ることができればいいのですが、同僚や上司が電話に出てしまうと「今の電話は何の用件?」と聞かれてしまい、答えに困ってしまうかもしれません。そこで事前にカードローンの在籍確認電話への言い訳を準備しておくことをお勧めします...

» 続きを読む