ちゃんと知ってる?ゆうちょ銀行と銀行の違い

金融商品の呼び名と預入可能額が違う!

 

日本で一番大きな銀行はどこかと聞かれたら、あなたは答えることができますか?
実は、「ゆうちょ銀行」なのです。
とはいえ、ゆうちょ銀行は、いわゆる民間の銀行とは性質が異なります。
2007年10月に郵政民営化されて名称変更したゆうちょ銀行と、その他の銀行との違いを、きちんと説明しておきましょう。
ゆうちょ銀行とその他の銀行では、金融商品の呼び方が違います。一般の銀行では顧客が預けるお金を「預金」といいますが、ゆうちょ銀行では「貯金」といいます。
これは、ゆうちょ銀行が郵便局時代の金融商品の大半を、引き継いだ名残りです。
次に、一般の銀行は運用や融資に回す資金として活用するため、企業だけでなく個人からも、できるだけ多く預金を集める努力をしています。
ですが、ゆうちょ銀行には1人につき貯金ができる限度額を、普通貯金と定期貯金合わせて1000万円と定めています。
財形貯金には別途限度額が設けられていますが、郵便局から引き継がれた貯金も合わせて、その預入限度額が適用されるのです。

 

ゆうちょ銀行と銀行が、それぞれ優れているところって何?

 

では、ゆうちょ銀行とその他の銀行の優位点は違うのでしょうか。
まず、ゆうちょ銀行の優位点は、全国各地にネットワークがあることでしょう。ゆうちょ銀行の店舗だけでなく、ゆうちょ銀行が委託している郵便局の貯金窓口やATMが利用できるのは魅力です。
そして、ゆうちょ銀行のATM利用料は、時間帯や平日・休日に関わらず無料です。
一方のその他の銀行の優位点としては、預金だけでなく、あらゆる金融サービスを受けることができることです。
結婚や子育ての資金支援信託や教育資金贈与信託、遺言信託など、顧客のライフスタイルに合わせた金融商品を提供することで、様々なサポートやサービスをしてくれます。

 

ゆうちょ銀行と銀行のサービスを理解して、上手に使い分けよう

 

ゆうちょ銀行とその他の銀行では、顧客に提供するサービスが違います。
都市部で生活する分には、メガバンクを筆頭にしたその他の銀行を利用する方が利便性は高いでしょう。
ですが、地方で暮らす人にとっては、ゆうちょ銀行の方がATMを見つけやすいという下実があります。
とはいえ、ゆうちょ銀行では住宅ローンなどのオリジナル金融商品がなく、他銀行の取り扱いをしているだけなので、生活口座にしていても、審査などで有利にならないというデメリットもあります。
そうしたそれぞれの特性を理解した上で、必要に応じて上手に使い分けることをおすすめします。

 

ゆうちょ銀行のカードローン『したく』の詳細はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン