一度完済したけどまた借りてる・・・過払い金請求するときはどうなるの?

一度完済した金融業者から再び借金している場合、過払い金の請求はできるの?

 

借りたお金を一度は完済し、借入残高をゼロにした実績のある金融業者から再度借り入れをすることは、よくあることです。
これは、金融業者の多くが利用者と包括契約を結んでいるからです。
金融業者から個別契約でお金を借りる場合は、貸し出しの目的が明確で、返済額や期限が設定されています。
ですが包括契約の場合は、お金を借りる目的が自由で返済期限はあるものの、お金を完済しても返済が終わっていなくても契約が続くため、再度利用する人が多いのです。
そして一度完済し、再び同じ金融業者に借金をしている状態であっても、過払い金の請求は可能です。
途中に完済したことも含めて、すべての取引を一連のものとして、過払い金請求をすることになります。

 

すでに完済した借金の過払い金請求をしても、ブラックリストには載らない!

 

すでに完済した借金の過払い請求をすると、払いすぎた利息分が返金される可能性が高いです。
また、完済した分の過払い金請求をしたことで、ブラックリストと呼ばれる個人信用情報機関に情報が登録されることもありません。
誰にも知られずに、簡単に払いすぎたお金を取り戻すことができるので、弁護士や司法書士に相談してみるとよいでしょう。
ただし、過払い金請求をした金融業者からは、二度と借り入れができなくなるというデメリットも理解しておいてください。

 

返済途中の借金の過払い請求を行い、完済できなかった場合にはブラックリストに載るので注意が必要

 

一度借金を完済した後、再び借り入れをしている金融業者に過払い金請求をする場合には、注意しなければならないことがあります。
それは、過払い金の返金額で借り入れ残金を清算できれば問題ありませんが、それでも借入金が残ってしまった場合は任意整理に進むことになり、ブラックリストに名前が載ってしまうということです。
任意整理をしたという記録は、個人信用情報機関に5年間登録されます。
そのため、新たな融資を受けられなくなったり、現在使用中のクレジットカードやキャッシングのカードが利用できなくなる可能性もあります。
その点を考慮した上で、過払い金請求をするかどうかを判断しましょう。

 

過払い金請求について詳しくはこちら

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン